8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスと会社員の違いには、働き方や雇用関係などの他に福利厚生が大きな違いとしてあります。

しかしフリーランスと会社員では具体的に福利厚生にどの様な違いがあるかを知らない方も少なくありません。

今回はフリーランスにとっての福利厚生について、詳しく解説をしていきます。

現在フリーランスとして独立を考えている方や駆け出しのフリーランスの方は必見です。

そもそも福利厚生とは?

フリーランスの福利厚生について、解説していく前にまずは、福利厚生について、解説をしていきます。

そもそも福利厚生は大きく分けて、法律で決まっており、会社が負担しなければいけない社会保険料(法定福利)と法定外福利があります。

社会保険料は健康保険・労災保険が該当し、これを法定福利と呼びます。

もう1つが法定外福利と呼ばれているもので、交通費・住宅手当など仕事をする上で会社側が支給してくれる事が多い物になります。

フリーランスと会社員の格差が大きい

会社員の場合は、法定福利の社会保険料などは半額会社が払ってくれたり、法定外福利についても会社から会社員に支給されます。

しかしフリーランスの場合、基本的には法定福利も法定外福利もない為、年間数十万円以上会社員より多く支払わなければいけません。

仮に年間35万円の差があれば、10年間で350万円、30年間では1,150万円の差が出てきます。

当然案件を受注する際に費用が必要な場合などは、交通費を込みで見積もりや請求書を作成する為、法定外福利が全て損をする訳ではありませんが、何もしなくても支給される会社員とは違ってフリーランスの場合は、請求書を作成するなどの作業も自分で行わなければいけません。

福利厚生費は経費にできる?

フリーランスにとって大切な経費ですが、福利厚生費は経費として申告するかについて、解説をしていきます。

結論から先にお話しをしておくと、個人事業主としてフリーランスとしてご自身だけで業務を行っている場合は、福利厚生費を経費にする事は出来ません。

しかし下記の条件であれば、福利厚生費を経費として申告することが出来ます。

従業員を雇っている場合は経費にできる

上記でも記載した様に、従業員を雇っていない個人事業主の場合は、福利厚生費を経費として申告する事はできません。

しかし従業員を雇っている場合は、福利厚生費を経費として申告する事が出来ます。

福利厚生費として申告出来る代表的な物は社員旅行や通勤手当が該当します。

ただし従業員が専従者だけの場合は、申告が認められない可能性が高い為、注意が必要です。

福利厚生費を経費にするには条件がある

従業員を雇っている以外にも福利厚生費を経費にする為には、それぞれ条件が設定されており、条件を満たしていない場合は例え従業員を雇っている場合でも経費として申告する事が出来ません。

福利厚生費として申告する代表的な物の条件について、解説をしていきます。

フィットネスジムの利用

中小企業でも導入している事が多いのがフィットネスジムの利用です。

フィットネスジムを福利厚生費として申告する為の条件としては、従業員の全ての方が利用出来る環境にあり、非常識な金額になっていなければ、福利厚生費を経費として申告する事が可能です。

必ず目的として従業員のモチベーションアップに繋がる物でなければ、私的利用として判断されてしまう恐れがある為、従業員をベースに考えて行動をしなければいけません。

レクリエーション旅行

社員旅行と呼ばれる事も多いレクリエーション旅行についても、フィットネスジム同様に条件があります。

まず接待目的などで取引先と旅行に行く場合は、福利厚生の経費として申告する事は出来ません。

更に従業員の半数以上が旅行に参加していない場合も福利厚生の経費として申告する事が出来ません。

特に個人事業主の場合は、家族旅行を福利厚生として申告出来ると勘違いしている方も多い為、注意が必要です。

個人でも加入できる福利厚生サービス

個人事業主などのフリーランス向けに福利厚生代行業者が福利厚生サービスを提供しており、加入する事で個人事業主の方でも福利厚生を受けられるサービスになっています。

福利厚生サービスを利用するメリット

福利厚生サービスを利用する事で、得られるメリットについて、詳しく解説をしていきます。

加入者の家族も利用できる

詳細なサービスの前に、福利厚生サービスに加入する事で加入した個人事業主本人だけでなく、2親等までの家族であれば、福利厚生サービスを利用する事が出来ます。

割引価格で利用できる物もある

福利厚生サービスに加入する事で、様々な割引を受ける事が出来ます。

代表的な物としては健康診断の割引・宿泊施設割引・レジャー施設割引等が挙げられます。

加入する福利厚生サービスによって違いはありますが、大手企業の会社員と差を感じさせない程のサービスを受ける事が出来ます。

特に健康診断等は、フリーランスになると義務化されていない為、定期的に通わなくなってしまう為、習慣づける為にも福利厚生サービスへの加入を検討する事をオススメします。

給付金を受けられることもある

資格取得・結婚・出産などのタイミングで給付金を受け取られるサービスもあり、収入が安定するまで急な出費を補填してくれる為、非常にオススメです。

加入するならベネフィットプランがオススメ

ここまでで福利厚生サービスのメリットについて、解説をしてきますたが、福利厚生サービスも多くの企業が提供しており、どこに加入すればい良いか悩んでしまう方も少なくありません。

そこで私が福利厚生サービスでオススメするのが、ベネフィットプランです。

ベネフィットプランとは?

ベネフィットプランは福利厚生サービスの1つで、フリーランス向けに作られたサービスになります。

特にオススメする理由は、賠償責任補償です。

賠償責任補償はフリーランスの方であれば、常に意識しなければいけない賠償問題が発生した場合に、補償をしてくれるサービスです。

当然加入出来るサービスによって違いはありますが、健康診断の割引なども充実しており、非常にオススメです。

任意で加入できるサービス

ベネフィットにはWELBOXと言う任意で加入できるサービスがあり、健康面や仕事で使用するスキル面のサポートが充実しています。

更にフリーランスにとって非常に嬉しい「所得補償制度」があります。

会社員と違ってフリーランスは病気やケガで入院してしまうと補償がなければ、無収入になってしまいます。

所得補償制度は病気やケガで働けなくなった時に最大1年間補償を受け取る事が出来ます。

まとめ

今回はフリーランスの福利厚生について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

フリーランスは場所や時間を選ばず自由な働き方が出来る反面、会社員に比べて福利厚生等の面でデメリットも少なからずあります。

これからフリーランスとして独立を目指している方やフリーランスとして独立して日が浅い方は、ただフリーランスのデメリットとして受け入れてしまうのではなく、デメリットを軽減する為の情報収集も怠ってはいけません。

今回ご紹介したベネフィットプランの様に福利厚生サービスを利用すれば、福利厚生のデメリットを軽減出来るのが良い例です。

福利厚生サービスに加入していない方は、是非今回ご紹介したベネフィットプラン等を参考に加入する事を強くオススメします。

 

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事