◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスという働き方が定着し始めた昨今、「フリーランスになりたい」という言葉をよく耳にするようになりました。

それほどまでにフリーランスは魅力的な働き方なのでしょうか?

今回は何故フリーランスが人気なのか、働き方や年収からアプローチして解説していきます。

まずフリーランスって?

そもそもフリーランスとはどのような人のことを指すのでしょうか?

フリーランスとは、個人事業主として会社に属さず働いている人のことを指します。

フリーランスは自分自身を会社と見立てて、スキルと知識を武器に企業や個人をクライアントとして働いていくワークスタイルを取っていることを指します。

ここからフリーランスが増加している理由は働き方について解説していきます。

フリーランスが増え続けている理由

日本のフリーランス人口は、ランサーズが実施した「フリーランス実態調査2018年版」によると、副業として仕事を行なっているフリーランスを合わせて、1119万人にまで登ります。

10人に1人がフリーランスとして働いているということになります。

経済規模も20兆近くの規模となり、大きな市場と変化しています。

何故これほどフリーランスは増え続けているのでしょうか?

働く機会の増加

一つ理由としてあげられるのは、働く機会の増加が掲げられます。

クラウドソーシングや、フリーランスエージェントなど、フリーランスに対するサポートが充実してきて、フリーランスとして働く敷居が低くなっています。

また、政府が副業を推進するなど、働き方が多様化してきたこともフリーランス増加の理由でしょう。

時間を自由に使える

フリーランスが人気の理由は、時間の自由さもその一つです。

企業に勤めていると、出社時間や退社時間も決められてしまい、拘束時間があります。

しかしフリーランスは自分自身で働く時間を決められるため、極端な話だと1ヶ月何もせずとも良いですし、逆に1ヶ月間働き続けても問題はありません。

また「日中に仕事をしなければならない」ということもないため、昼間はプライベートの時間として使い、夜に仕事を行なうなど、日毎の時間帯も自由です。

しかし普通の会社員と違い、固定給などは存在しないので、働かなければ給料が無くなってしまうので注意して下さい。

年齢を気にせず働ける

年金がもらえるか不安なのが、現在の働き盛りの世代です。

会社では定年を迎えてしまえば、退職しなければなりません。

しかし、フリーランスであれば仕事がある限り細くとも仕事を続けられることができます。

自分のコネクションを作って、継続できる仕事を作っていれば、自分のリタイアの時期は自由に決められます。

将来がどうなるか不安な昨今、年齢を気にせず働けることは大きなメリットになります。

退職後、時間を持て余すより、フリーランスで仕事を続けることで生きがいと共に収入を得る事が出来ます。

人間関係で悩まない

転職理由でも主な理由を占める人間関係です。

フリーランスは個人で働くため、上司という存在がいません。

社内営業をする必要もありませんし、自分自身で決定権を持つので上司の顔色を伺う必要もありません。

プライベートも自分のために使うことができるので、オフの日も羽を伸ばすことができるなど、余計なところにストレスや時間を使わなくても良いというのもフリーランスが人気な点の一つです。

収入を上げることができる

フリーランスは売上が収入に直結します。

税金の関係もありますが、月に100万円の売上を上げればそれが収入になります。

中抜きや会社が吸い上げるお金がないので、年収が高くなる傾向にあります。

営業やスキルアップ、自分の実力が直結するので全員が全員年収が飛躍的にアップするということはないですが、自分次第では年収を上げることができるのがフリーランスです。

自分のスキルやした仕事が直接収入になるので、結果を直接感じる事が出来ます。

フリーランスの働き方のタイプ

フリーランスは非常に多くの働き方があります。

本業をメインに置き副業で稼ぐ人、いくつかの仕事をフリーランスとしてこなす人、EC店舗を経営する人など様々です。

それぞれ分類して紹介していきます。

副業系すきまワーカー

フリーランスの中でも最も多くのウェイトを占める「副業系すきまワーカー」です。

副業系すきまワーカーとはその名の通り、本業として会社に属しながら、フリーランスとして副業を行なっている働き方を指します。

その人口はおよそ450万人に登ります。

その多くがアンケート回答やライティングなど、手軽に出来る仕事を行なっている方になります。

一番副業として手間がかからず、おすすめのタイプです。

副業系すきまワーカーの平均年収

気になる副業系すきまワーカーの年収は、74万円です。

副業なので、フリーランス活動においての収入はそこまで多くはありません。

しかし会社員で短期間で月収を6万円近く上げることは容易ではありません。

フリーランスの人口増加の要因の一つとして、通勤時間や家事の合間に気軽に出来るようになったことで、副業すきまワーカーが増加していることが挙げられるでしょう。

複業系パラレルワーカー

フリーランスとして人気が上がってきている複業系パラレルワーカーですが、耳にされたことはあるでしょうか?

本来、副業は本業があり、そのサブの役割として仕事を行うことを指していましたが、

複業系パラレルワーカーとは、「本業を複数持つという働き方」のことを指します。

将来の不安から、様々な仕事を行うことで知識や経験を蓄積し、リスクの分散も行うことができます。

複業系パラレルワーカーの平均年収

そんな複業系パラレルワーカーの平均年収は154万円と副業系すきまワーカーのおよそ倍になり、その人口は290万人になります。

副業というスタンスではなく、本業として取り組んでいることからも年収は高くなる傾向にあります。

得ている年収の約36%がこの複業の収入ということなので、他に行なっている複業と合わせると年収はより高くなります。

自由業系フリーワーカー

自由業系フリーワーカーとは、自身をその道のプロとして独立している人のことを指します。

例えば、定年退職や出産などを機会に、持っているスキルを活かして独立してフリーランスとやっていくパターンが多く見受けられます。

約53万人が自由業系フリーワーカーとして働いています。

自由業系フリーワーカーの平均年収

そんな自由業系フリーワーカーの平均年収は157万円です。

「自由にのびのびと好きなことをやる」という気持ちのもと働いている人が多い自由業系フリーワーカーです。

最近では共働きが増えてきており、子供の面倒を見ながら在宅で仕事をするという選択肢を選べるようになったことは、女性にとっても魅力的なのではないでしょうか。

家事の合間や自分のライフスタイルに合わせて副業する事が出来る為、主婦の方におすすめのタイプです。

自営業系独立オーナー

「フリーランスといえば」のイメージが強いのは、自営業系独立オーナーではないでしょうか。

先述した働き方は、収入源を確保していたり、生活の全てをフリーランスの収入で賄っているわけではありませんでした。

しかし、自営業系独立オーナーは個人事業主や法人経営社者として、フリーランス一本で収入を得ている人のことを指します。

その人口は322万人と決して少ない数字ではなく、副業系に次いで人気です。

自営業系独立オーナーの平均年収

自営業系独立オーナーの平均年収は、356万円になります。

思ったより低いと感じるかもしれません。

やはりフリーランスとして稼いでいくのは簡単なことではありません。

収入の不安定さは不安要素の一位でもあり、フリーランスの悩みのタネでもあります。

しかし、代わりに「自由で柔軟な生活が出来るようになった」という声が非常に多く、フリーランスになったことに満足している方は多くいます。

ちなみにアメリカのフリーランスの人口は?

アメリカはフリーランスが非常に多い国で、フリーランス先進国と呼ばれることもあります。

おさらいですが、日本のフリーランス人口は1119万人でした。

果たしてフリーランス先進国のアメリカのフリーランス人口はどのくらいになるのでしょうか。

3人に1人がフリーランス

アメリカのフリーランス人口は、なんと5730万人になります。

アメリカ全土の人口の約35%で、3人に1人がフリーランスになります。

前年度と比較すると8.1%の増加で、2027年にはフリーランスがノンフリーランスの人口を上回るとも言われています。

アメリカではフリーランスの働き方が主流

アメリカでは日本と違い、フリーランスという存在ができやすい社会構造になっています。

日本はゼネラリスト、つまり総合職のような形の職務が多いですが、アメリカはスペシャリスト、専門職がメインとなります。

そのため、一つの分野の経験や知識に特化し、独立していく人が多い傾向にあります。

その為、アメリカではフリーランスが多数を占めるようになったと考えられます。

アメリカでは浸透している働き方の為、日本に浸透するのも時間の問題だと思います。

まとめ

フリーランスが増加している理由、知っていただけたでしょうか。

副業系すきまワーカーが増えている理由として、副業のハードルが下がったことをあげましたが、やはり将来の不安なども少なからず影響しているかもしれません。

今後、会社に依存することがリスクになるような時代が来るという可能性もあります。

インターネットが発達し、情報も得られる機会が増えたので、フリーランスになるための準備もしやすくなっています。

知識やノウハウも得やすくなっているので、もしフリーランスに興味があるなら、副業でも良いので気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事