3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

はじめに

「プログラミングを学びたくて、とりあえず独学で勉強を始めたものの、学習が続かなく挫折してしまった。」

こんな経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。もしかしたら、今この記事をご覧のあなたもその一人かもしれません。

それは独学が悪いのでしょうか?それとも他の原因があるのでしょうか?

プログラミング学習は、挫折せず、いかに学習を継続するかがとても大切です。この記事では、プログラミングで挫折してしまう原因と、挫折しないための3つの学習方法をお伝えします。

プログラミング学習は、なぜ挫折してしまうのか?

そもそも何でプログラミング学習が挫折してしまうのか、その原因を考えていきましょう。挫折しないための心得は以下の記事でも紹介していますので、興味がある方はこちらもご参考ください。

プログラミング学習で挫折してしまうのは、主に3つの理由があります。

エラーの解決方法が分からない

プログラミングはエラーとの闘いと言っても過言ではありません。プログラムはコードが1つ違うだけで、全く動かなくなってしまうくらい繊細です。

特に学習を始めて間もない頃は、分からないことがたくさんあるため、「プログラムが動かない」「エラーの解決方法が分からない」ということが何度も起こります。

こんな時にプログラミングができる人に質問できれば良いのですが、独学だとネットで検索したり、参考書に頼ることになります。自分で理解できれば問題ないのですが、エラーの内容によっては理解が難しいこともあり、この状態が続くと挫折に繋がってしまうのです。

スキル習得に時間がかかる

これはプログラミングにかかわらずに言えることですが、何かスキルを習得しようとするとそれなりに時間がかかります。

プログラミングも、学習による「インプット」と、実際にコードを書く「アウトプット」を何度も繰り返すことでスキルが身についていきます。短期間で簡単にできるようになるものではありません。

一人で長期間に渡って勉強をし続けるというのは、結構大変なことです。短期間でなかなか成長が感じられず、挫折してしまう。これもよくあるケースかと思います。

モチベーションが維持できない

上記でご紹介したような「理解できない」「成長が感じられない」状態が続くと、どうしてもモチベーションを維持するのが困難になってきます。

受験勉強のように、仲間と一緒に頑張る!みたいなことも、独学の学習では感じられないため、自分の気持ちが折れてしまうと、気づいたら学習をやめてしまうことも少なくありません。

プログラミングを独学で学ぶメリット・デメリット

ここからは、独学によるプログラミング学習のメリットとデメリットは、何があるのか見ていきましょう。

独学によるプログラミング学習のメリット

これまで、独学が挫折に陥りやすい理由を説明してきましたが、独学にも以下のようなメリットがあります。

  • 金銭的コストが小さい
  • 自分のペースで学習を進められる
  • 学習を自走する力が早いうちに身につく

 

特に三つ目の「学習を自走する力」は、プログラミング学習において大事なスキルの一つです。

ある程度スキルが身についてきても、世の中には新しい技術がどんどん生まれているため、学習に終わりはなく常に学習をし続けるスタンスが大切です。

そのため、学習し始めの段階でこの経験を積むことができるのは、独学の大きなメリットではないでしょうか。

独学によるプログラミング学習のデメリット

逆に独学におけるデメリットは以下が挙げられます。

  • 周りに相談できない
  • モチベーションが続きにくい
  • 学習初期の頃につまづきやすい

何度もお伝えしているようにプログラミングでは、エラーが日常茶飯事です。学習し始めの頃に頼れる人がいない、というのは独学における一番のリスクかと思います。

独学のプログラミング学習で、挫折しない3つの方法

ここからは本題でもある、独学でも挫折せずにプログラミングを学ぶ方法を3つご紹介します。少しでも参考になれば幸いです。

①学習する目的・目標を定める

あなたがプログラミングを学ぼうと思ったきっかけは何でしょうか。

「自分の手でWEBサービスを作りたい!」「手に職をつけて将来のキャリアに繋げたい!」など、色々な理由があるかと思いますが、学習を始める際に必ずゴール(目的・目標)を設定することをお勧めします。

自分が何のために、プログラミングを学びたくて、どこを目標に学習を進めていくのか。これが明確か、そうでないかでモチベーションの保ちやすさは大きく変わってきます。

何も考えずに、漠然と学習を進めるだけでは、どうしても学習の壁にぶつかった時に心が折れてしまいます。ゴールを定めていると、そんな挫けそうな時にも気持ちを支えてくれます。

「よし、頑張ろう!」と自分のエネルギーに変えていけるのです。

②自分に最適な教材を使用する

最近はドットインストールProgateなど、無料でプログラミングを学べるサービスも増えてきました。本屋で参考書を手に取るのも良いですが、初心者の方は上記のようなサービスを利用してみることをお勧めします。

プログラミングは専門用語が多いため、最初の理解に時間がかかります。

例えばドットインストールは動画サービスのため、視覚的に分かりやすく効率良く学習を進めることができます。Progateはイラスト中心のスライド形式でプログラミングが学べます。直感的に学べていつでも復習できるのが特徴です。

逆に参考書は、より深いところを学習するのに最適です。学習している分野の理解を深めたい人は参考書の方が適しているでしょう。

学習方法は「」や「学習のフェーズ」によって合う合わないがあります。色々試してみて、自分の目的に適した方法を取捨選択することが、効率良くスキルを習得するポイントです。

③前に進まない時は、人の手助けを借りる

独学の学習方法と言っておいて、最後に身も蓋もないことを言いますが、どうしても自力での解決が厳しい場合は、人の手を借りましょう。

人に頼ることは決して悪いことではありません。自分でエラーを解消できなかった時に、「自分にプログラミングは向いていない」と挫折してしまうのは勿体無いです。どうしようもなかったら、人に教えを請うのもあり。この選択肢があるだけで救われます。

世の中には、教室に通って学ぶプログラミングスクールや、オンラインでプログラミングを教えてもらえるサービスなど、たくさんのサービスがあります。スクール毎に様々な特徴があるので、以下の記事で自分に適したスクールを見つけてみてください。きっと自分に適した学習方法が見つかるはずです。

まとめ

独学でプログラミングを学ぶために、挫折してしまう原因から、挫折しない方法まで一気にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

記事内でお伝えした通り、独学の学習では「目的を決めてモチベーションを保つこと」「自分に最適が学習方法を見つけること」が、挫折を防ぐ上で一番の処方箋になります。

独学でも、プログラミングはできます。その都度、自分の目的に適した学習方法を選んでいきましょう。この記事がきっかけになり、プログラミングを学び続けていただけたら、これ以上に嬉しいことはありません。

プログラミングの可能性は無限大です。一緒に頑張っていきましょう!

DMM WEBCAMP について

DMM WEBCAMPは、3ヶ月で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアとしての転職を保証するコースです。

プログラミング完全未経験でも、エンジニアになるための効率的なカリキュラムや、受講生のニーズに寄り添ったキャリアサポートにより、転職後の離職率は0%(2018年11月実績)です!

「プログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「将来性のあるスキルを学び、手に職をつけたい」
「ルーティンワークではなく、クリエイティブな仕事をしたい」

以上にあてはまる転職希望者の方は、ぜひこの機会に無料カウンセリングにお越し下さい。

DMM WEBCAMPで新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみてくださいね!

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事