◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんはプログラマーと聞くとどんなイメージをお持ちですか。

ある程度年齢を重ねている方だとIT土方とかブラック企業のイメージが強いかもしれません。

しかし小学生・中学生に将来なりたい職業を調査するとプログラマー・システムエンジニアなどのIT業界の仕事が人気でもあります。

今回はそんなプログラマーの仕事は楽しいのか、将来性があるかなどについてご紹介していきます。

プログラマーとは

プログラマーの仕事の楽しみなどについて、ご紹介していく前にまずはプログラマーの仕事について、ご紹介していきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容については、IT業界の代表的な仕事としてご存知の方も多いと思います。

実際プログラマーの仕事はIT業界では必要不可欠な存在です。

プログラマーの主な仕事内容は、システムを開発する事です。

具体的にはシステムエンジニアが顧客などと打ち合わせを行い、システム仕様書(設計書)を作成します。

このシステム仕様書(設計書)を基にプログラミング言語を使用してシステムとして形にするのが仕事になります。

プログラマーの種類

一言でプログラマーと言ってもその種類はいくつかに分類されます。

主に開発するシステムなどによって分別されますが、同じプログラマーでも求められるスキルなどに大きな違いがあります。

代表的な種類としては、下記になります。

Webプログラマー

WebプログラマーはWebコンテンツ・Webサイトなどを開発するプログラマーになります。

10年以上前から需要はありましたが、近年更に需要が高まっています。

主に使用する言語はJavaScript・PHPなどがあります。

またWeb関連の幅広い知識も必要になります。

業務系プログラマー

業務系プログラマーはそれぞれの業種に特化したシステムを開発するプログラマーです。

例えば医療・銀行などがあります。

Java・.Netなどのプログラミング言語の知識も必要になりますが、専門的な業務知識も必要になるプログラマーです。

組み込み系プログラマー

組み込み系のプログラマーは、冷蔵庫・電子炊飯器などハードと密接な関係があるシステムを開発するプログラマーです。

組み込み系のプログラマーは他の種類のプログラマーに比べて、開発するプログラムはシンプルなものが比較的多いです。

しかし他のプログラマーに比べて、販売後の修正する手段がない事が多くより正確なプログラミング技術が求められます。

主に使用されるプログラミング言語は、C言語関係や専門的な言語になります。

スマホアプリプログラマー

スマホアプリプログラマーは、現在パソコンよりも普及率が高いスマートフォンやタブレットのアプリ開発を行うプログラマーです。

将来性もあり、個人で開発も行える事からここ数年スマホアプリプログラマーの数が増加傾向にあります。

主に使用されるプログラミング言語は、Java・Swiftなどがあります。

プログラマーの仕事で楽しい時

それでは実際にプログラマーの仕事が楽しいと感じる時について、代表的なものをご紹介していきます。

上手にプログラミングができた時

プログラミング言語は専門的な知識も必要な上に、複雑です。

設計書通りにプログラムが動作したり、自分が思った通りの動作が行われた時に非常に嬉しく、楽しいと感じられます。

自身のスキルアップを感じられる時

プログラミング技術は、基本的な知識・技術についても一朝一夕では中々習得する事はできません。

最初の内は非常にシンプルなシステムをプログラミングするだけでも長い時間を必要とする事も少なくありません。

しかし知識や経験を積むことで、短時間で綺麗なプログラミングが行えるようになります。

日々自分のスキルアップを体験する事ができ、何年プログラマーとして経験を積んでも自身の成長を感じる事ができる職種です。

システムが完成した時

後述しますが、プログラマーの仕事は長時間労働になる事も多く、問題が発生する事も少なくありません。

その分納期までにシステムを完成できた時は達成感があり、駆け出しの頃はもちろんですが、経験を積んでも苦労した案件を達成できた時は感動する事も少なくありません。

顧客から褒められた時

現在世の中には様々なシステムやサービスがあり、何でも出来て当然だと思われている顧客も少なくありません。

そんな中自分が開発に携わったシステムが好評を貰えた時は、非常に嬉しく、プログラマーとしての楽しみを感じる事ができます。

また褒めて貰えなくても、安定していたり、不平・不満ができないだけでも喜びを感じる事ができます。

バグを修正できた時

プログラマーにとって切っても切れない関係がバグ(不具合)です。

バグ自体はプログラマーには決して嬉しいものではありませんが、バグを修正した時は状況にもよりますが、難解なパズルを解決できた様な達成感があり、プログラマーとして楽しいと思える瞬間の1つです。

飽きない事が少ない

プログラマーの仕事は、同じプログラミング言語を使用しても開発するシステムによって内容が全然違ってきます。

全てのプログラマーがと言う訳ではありませんが、他の職種に比べて飽きる可能性が低く、マンネリ化する事がありません。

日々新しい技術や問題に取り掛かる為、好奇心旺盛な方や飽き性な方はプログラマーの仕事に楽しみを感じる事ができます。

実力主義

日本の社会では年功序列の職業が多いですが、プログラマーの仕事は実力主義の世界です。

自分のスキルを高める事で、早く昇格したり、周りからの信頼を得る事ができる為、努力すればその分正しく評価されます。

他の職業であれば、新しい業務を行う事はあまり楽しみを感じられる機会が少ないですが、新しいスキルや新しい案件にチャレンジしていく事でより楽しみを感じる事ができる職種になります。

プログラマーが辛いと感じる時

残念ながらプログラマーの仕事は楽しいと感じられる時だけではありません。

プログラマーの仕事が辛いと感じる時には、下記のようなものがあります。

長時間労働

プログラマーのブラックなイメージとして長時間労働があります。

プログラマーの仕事が常に長時間労働になる訳ではありませんが、元々の納期を見誤っていたり、仕様の追加などにより納期がギリギリになる事も少なくありません。

また長時間労働に耐えられずにプロジェクトメンバーが体調やメンタルの病でダウンしてしまう等により、更に一人当たりの作業量が増えてしまい、結果としてて3日間帰れない事もあります。

そんな時はプログラマーの仕事が辛いと感じる方もいらっしゃいます。

新しい技術についていけない時

IT業界の技術は日進月歩で進化していきます。

数年前に開発された最新の技術や流行りは、習得した頃には古い技術になっている事も少なくありません。

好奇心旺盛な方であれば、プログラマーの仕事を楽しめる点にもなりますが、日々の仕事に加えて新しい技術を習得し続けなければいけない事を辛いと感じる方も少なくありません。

プログラマーになる為に必要なこと

プログラマーを始めとするIT業界の職種は人手不足の問題を抱えています。

しかし未経験者のプログラマー就職率は高くありません。

そこでプログラマーになる為に必要な事について、ご紹介していきます。

プログラミング知識

プログラマーに就職する為には、ある程度即戦力になれる事が重要です。

未経験でも採用される確率はゼロではありませんが、プログラマーになる為にはプログラミング言語の基本的な知識が最低限必要になります。

実務経験・実績

プログラマーになる為には、即戦力になれる事が重要な点については、上述でご紹介しましたが、いくら勉強したと言っても面接官はどれぐらいの実力が就職希望者にあるかを判断する事は簡単ではありません。

特にプログラマーの面接は、現役のプログラマーではなく人事などプログラミング知識が少ない方が担当する事が多く、実務経験や実績があれば、就職の成功率は非常に高くなります。

成果物

実務経験・実績と少し重複する部分もありますが、実際の実務経験がない場合でもポートフォリオや自分で作成したWebサイトなどの成果物があれば、ある程度実力を認めて貰う事ができます。

実務経験がない方は就職活動を行う前に、自分が習得したスキルを使用した成果物を作る事でプログラマーに就職するできる可能性が高くなります。

年齢

プログラマーなどのIT業界では、「30歳定年説」などがあります。

実際にプログラマーは30歳を過ぎても現役で働く事は決して不可能ではありません。

しかしプログラマー・システムエンジニアの職種は30代以降は管理職にならなければ、昇格・昇給できない企業が多く、若い段階で管理職に就く事が少なくありません。

その為、就職・転職活動をする場合30代を過ぎると就職成功率が著しく下がってしまいます。

逆に20代であれば、実務経験や知識が少ない方でも将来性を考えてプログラマーに就職できる可能性があります。

出来るだけ若い年代で就職・転職活動を行うのがオススメです。

コミュニケーション能力

一見プログラマーの仕事は他人とコミュニケーションを取る機会が少ないと思われがちですが、実際はプロジェクトメンバーと密にコミュニケーションが取れなければ、正確な仕様のやり取りが行えずバグを発生させる原因になる事も少なくありません。

その為、就職・転職活動をする際にコミュニケーション能力が評価に大きな影響を与える場合があります。

終わりに

今回はプログラマーの仕事の楽しさなど、プログラマーの実態についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

プログラマーの仕事は大変な所もありますが、好奇心が強い方や自分のスキルアップを楽しめる方にとっては非常にオススメの職業です。

また現在プログラマーを始めとするITエンジニアの仕事は将来性が高く、1度スキルを身に着けて就職すれば仕事に困る事はありません。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事