◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラマーはIT業界の中でも知名度があり、システム開発を行う上では必須の職種になります。

プログラマーの名前を知らない方は殆どいないと思いますが、一言でプログラマーと言っても複数の種類がある事はご存知でしょうか。

今回はそんなプログラマーの職種について、それぞれ詳しく解説をしていきます。

プログラマーとは

まずはプログラマーの職種についてご紹介していく前に、プログラマーの仕事の基本的な内容について、解説をしていきます。

プログラマーはプログラミング言語を使用して、プログラミングを行いシステムを実際に形にするのが仕事です。

プログラミング言語には複数の種類があり、プログラミング言語によってそれぞれ得て不得手があります。

またプログラマーの仕事はプログラミングだけを行っているイメージをお持ちの方も多いですが、実際はプログラミング作業に入る前に詳細設計や仕様書を作成したりとプログラミング以外にも多くの作業があります。

プログラマーとシステムエンジニアの違いについて

プログラマーと同じくIT業界で有名な職種に、システムエンジニアがあります。

プログラマーとシステムエンジニアの違いに疑問を持たれる方も多いので、解説をしておきます。

システムエンジニアは日本特有の職種で、大きく分けて2つの意味合いで使用され、1つ目は広義でIT業界で働く職種で総称して使用される場合です。

この場合はプログラマーもシステムエンジニアと言う事になります。

もう1つはシステム設計を行う職種をシステムエンジニアと呼び、システム開発の上流工程と呼ばれます。

逆にプログラマーはシステムエンジニアが作成したシステム設計・仕様書を基にプログラミングを行う下流工程になります。

よく使用される例えとしては、建築家がシステムエンジニアで大工がプログラマーです。

プログラマーの職種

ここからは本題となるプログラマーの職種をそれぞれの将来性や使用するプログラミング言語などの特徴について、解説をしていきます。

Webプログラマー

WebプログラマーはWebサイトやWebコンテンツなどを開発するプログラマーです。

Web関連サイト・Webコンテンツの開発において、

WebデザイナーがHTML・CSSコーダーで静的なデザイン部分を作り、動的な部分や問い合わせメール送信などの部分をWebプログラマーが実装します。

Webサイト・WebコンテンツなどのWeb関連の需要は非常に高く、Webプログラマーはこれからも安定した将来性が望めます。

Webプログラマーが主に使用するプログラミング言語はJavaScript・PHP・Rubyなどが代表的です。

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは電子機器などに組み込まれるプログラムを開発するプログラマーです。

プログラマーの中でも組み込み系プログラマーは、もっとも正確性が求められるプログラマーになります。

当然プログラマーは正確性が非常に重要な事ですが、他のプログラマーはもしリリースされた後にバグが発見された場合でも修正できる方法が準備されている事が多いのに対して、組み込み系プログラマーはバグが発生した後に修正する手段が殆どありません。

例えばスマートフォンなどのアプリなどでバグが発生した時には修正パッチなどがリリースされますが、電子炊飯器や冷蔵庫などは販売後は機器にシステム的な不具合が発生した場合は、機器回収をしない限り修正する事ができません。

このため、より正確性が重要視される職業であると言えます。

組み込み系のプログラマーが主に使用するC言語関係が主体で、他にも専門の開発言語を使用する事があります。

アプリケーションプログラマー

アプリケーションプログラマーは近年急速に普及したスマートフォン・タブレットなどで使用されるアプリを開発するプログラマーです。

アプリケーションプログラマーは、複数のプログラマーで開発する事もありますが、個人でも開発する事ができるのが特徴になります。

スマートフォンやタブレットはまだまだこれからも将来性がある事から、それに伴いアプリケーションプログラマーの需要も十分見込めます。

ただし様々なアプリが急速に増えている事から、個人でのアプリ開発で安定した収入を見込むのは簡単ではありません。

アプリケーションプログラマーが主に使用するプログラミング言語はJava・Swiftなどになります。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーはその名前の通り、ゲームを開発に特化したプログラマーです。

ゲームプログラマーは他のプログラマーに比べて、グラフィックデザイナーなどの複数の職種と関わり合いを持つ為、コミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション能力以外にもそれぞれの業種に関して基本的な知識がある事で、より優秀なゲームプログラマーになれます。

ゲーム業界は現在小学生・中学生などから非常に人気で、ゲーム自体の需要があり今後も将来性の高さが期待されます。

ただソーシャルゲーム業界・コンシューマーゲーム業界などがある為、ゲームプログラマーに就職・転職を希望する場合は、自分の希望するゲーム業界なども調べておく事をオススメします。

ゲームプログラマーが主に使用するプログラミング言語はC言語・C#などがあります。

ブラウザゲーム開発を行う場合は、JavaScriptなどが重要になります。

AIプログラマー

近年話題になっているAIですが、AI開発にもプログラマーは必要になります。

AIについては、まだまだ近年発達している技術で今後の将来性については期待できますが、未知数な部分もあります。

明確な将来性については、少し不明瞭な部分はありますが、AIプログラマーは需要に対して供給がまだ少ない為、比較的給料や報酬として高額な金額が設けられています。

プログラマーの中でも最新の技術を学びたい好奇心の強い方にオススメです。

AIプログラマーが主に使用するプログラミング言語はPythonになります。

少し余談になりますが、PythonはAI以外にもビッグデータ解析など最近注目を浴びている技術に使用されており、Python言語を取得する事が高額収入が見込める為、オススメです。

プログラミングの学習方法

プログラマーに就職・転職する場合は新卒でない限りはプログラマーの実務経験か最低限プログラミング言語の技術が必要になります。

プログラミング言語の代表的な学習方法は、下記になります。

書籍・eラーニングによる独学

プログラミング言語の学習で1番手軽に始められる方法が、書籍・eラーニングによる独学です。

書籍・eラーニングによる独学のメリット

書籍・eラーニングによる学習は習得するのに必要な金額が安く済ませる事ができ、順序立てて学習しやすいメリットがあります。

書籍・eラーニングによる独学のデメリット

デメリットとしてはプログラミング学習は、向き不向きはありますが、比較的習得難易度が高い技術で独学で学習する場合は理解できな所が出てきた場合、自己解決しなければ先に進む事ができません。

結果として習得に長い期間を要したり、最悪挫折する可能性が高くなってしまいます。

勉強会に参加しての学習

ご存知ない方も多いですが、プログラミング学習を始めIT業界の技術は色々な場所で勉強会が開催されています。

勉強会によって参加費は違いますが、無料から数千円程度で参加する事が出来ます。

勉強会に参加しての学習メリット

勉強会でプログラミンを学習をするメリットは、比較的安価で参加する事ができ独学に比べて、主催の講師の方や同じように学習している仲間に質問をする事ができる為、効率よく学習する事ができます。

また独学だけでプログラミング学習をしていると、自分だけがスムーズに学習できないなどの孤独感を感じますが、勉強会に参加する事で同じようにプログラミングについて、学習している仲間を見る事で孤独感が減り、挫折する可能性も下がります。

勉強会に参加しての学習デメリット

勉強会でプログラミング学習をするデメリットは、開催日に左右される為、自分のペースで学習する事ができない所です。

また都心部以外では勉強会の数が少なく、自分が学習したいプログラミング言語の勉強会が開催されていなければ、開催場所までへの移動時間や交通費が必要になるのもデメリットです。

そして最大のデメリットが勉強会に参加するメリットが参加者や講師と助け合って学習を進める事にある為、コミュニケーション能力が低い場合は、勉強会のメリットが減ってしまう点です。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通って学習する場合のメリット・デメリットについて解説します。

プログラミングスクールに通うメリット

プログラミングスクール通うメリットは、マンツーマンや少人数制を採用している所が多く、質問などがしやすい為、これまでに紹介してきた学習方法の中でももっとも効率よくプログラミングを習得する事ができます。

また講師には実際にプログラマーとして活躍された経験を持っている方や現役のプログラマーが採用されている所であれば、実際に現場で必要になる知識や技術についても相談したり、教えて貰う事もできます。

プログラミングスクールに通うデメリット

プログラミングスクールに通うデメリットは独学や勉強会などに比べて、習得にかかる費用が高くなる所です。

ただプログラミングスクールの中には、プログラミング技術を習得できなければ全額返金保証があったり、修了後就職先を紹介してくれるサービスがある所もあり、一時的に費用は必要になりますが、早く仕事を始める事ができ結果としては総収入はプログラミングスクールに通う事が良い事も少なくありません。

まとめ

今回はプログラマーの種類についてご紹介してきましたが、いかかがでしたか。

同じプログラマーでも開発するシステムなどによって求められるプログラミング言語や将来性などに違いがある事を分かって頂けたと思います。

これからプログラマーに就職・転職を考えている方は、どの種類のプログラマーになりたいかを決めてから、それに必要なプログラミング言語の学習をする事をオススメします。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事