若手エンジニアが成長できる環境を提供する!チームラボエンジニアリングが取り組むエンジニア教育とは【DMM WEBCAMP企業インタビュー】 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

若手エンジニアが成長できる環境を提供する!チームラボエンジニアリングが取り組むエンジニア教育とは【DMM WEBCAMP企業インタビュー】

今の時代、エンジニアは売り手市場で様々な企業からオファーがくる引く手数多な職業となっています。企業のエンジニア不足が騒がれる中、チームラボエンジニアリング株式会社は経験が浅い若手のエンジニア採用・育成に力を入れて注目を浴びています。

今回のインタビューでは、チームラボエンジニアリング創業者の森山洋一さん(以下森山さん)と教育責任者の長門洋高さん(以下長門さん)に、DMM WEBCAMPの導入に至った背景から、チームラボエンジニアリングの教育体制、新人エンジニアのキャリア構築など幅広くお話を伺いました。

プログラミングスキルを習得して、これからエンジニアとして活躍したい!と思われている方は必見です。

チームラボエンジニアリング株式会社 創業者:森山 洋一(もりやま よういち)さん(左) 教育責任者:長門 洋高(ながと ひろたか)さん(右)

エンジニアを社内で育てることで、エンジニア不足を解決したいと思った

–まずはチームラボエンジニアリング立ち上げの背景について教えていただけますでしょうか?

森山さん今、チームラボグループはテクノロジーを用いてアートや展示、自社プロダクトの開発など様々な活動をしています。そんな中、創業当時からチームラボのビジネスの軸になっている事業がお客様のWEBサイトやスマホアプリケーションの企画・開発を行うソリューション事業になります。

ソリューション事業の案件数や売り上げが増えると、比例してエンジニアの数が不足するという課題が生まれます。今後のエンジニア増員を考えると、経験が浅い方でも自前で教育できる環境が必要だと感じていました。チームラボグループの事業領域は幅広いため、様々なスキルセットが必要です。サーバーサイドからインフラ、フロントまでマルチに対応できるフルスタックのエンジニアを0から育成し、幅広い案件で活躍できるようなエンジニアを育てたいという思いで、チームラボエンジニアリングを立ち上げました。

–エンジニア増員に向けて採用活動があると思います。ジュニアエンジニア(DMM WEBCAMP卒業生)を採用した理由はなんだったのでしょうか?

森山さん:エンジニアの母数を増やす過程の中で、求人媒体等の採用チャネルに加えてプログラミングスクールが1つの候補に上がりました。未経験からプログラミングを教えて、転職まで支援するサービスがあるのも当時は知らなかったので、試しに採用してみよう。ということになりました。実際にジュニアエンジニアを採用してみると、とても社内で活躍してくれていて、これはいける!と思い、本格的に導入させてもらいました。採用チャネルの一つとして活用させていただいています。

ジュニアエンジニア(DMM WEBCAMP卒業生)は入社後の成長が早い

–実際にジュニアエンジニアを採用してみていかがですか?

長門さん:教育担当をしている自分の視点で言うと、「ここから教えなくちゃいけないのか」というのがないので助かりますね。皆さん3ヶ月みっちり学習されて、基礎レベルはちゃんと押さえているので、例えば「Gitの使い方がわかりません」とか基本的な部分の質問はなく、こちらが教えたいことに集中して時間を使えるので助かっています。

森山さん:自分が見ていて思うのは、プログラミングスクール出身の方は覚悟が違うなということです。全くの異業種からエンジニアとして転職されるってすごく勇気がいることですし、全てを捨てて新しいキャリアにチャレンジしているので、入社後の伸びは目を見張るものがありますね。

–ジュニアエンジニアの働きぶりはいかがでしょうか?

長門さん:皆さん成長意欲が高く、分からなかったら分かるまで聞きまくるという、前のめりな姿勢で業務に励んでくれています。自分が席にいるときは毎回質問の嵐なので少し困っているくらいです(笑)。新しい言語にチャレンジする時も、本当に初めてコード書くの?って思うくらい理解が早いですね。今後にとても期待しています。

成長に必要なのは「どの案件を担当するか」ではなく「誰と一緒に仕事をするか」

–社内ではどのようにエンジニア教育を行なっていますか?

長門さん基本的にフロントエンドからバックエンドまで、触ったことのない領域がないように一通り経験してもらいます。中でもサーバーサイドのプログラミングや、開発を進める際の考え方など、エンジニアとして特に身につけてほしい部分には力を入れて教育しています。研修カリキュラムで不足している部分は、週に一回、座学の時間を設けて教えたりもしていますね。

–実際の案件の振り分けはどのようにされるのですか?

森山さん:基本的に最初のうちは、こちら側から案件を指定しアサインさせてもらいます。というのも最初は経験が浅い中でやるので、「どの案件を担当するのか」よりも「誰と一緒に仕事をするのか」の方が圧倒的に個人の成長において重要です。なので、案件ではなく人にアサインするようにしています。

我々としてもやりたい案件を取り組んでもらえたほうが嬉しいので、ある程度の経験値が溜まってくると、自分で案件を選んでいくケースも増えてきますね。そこは本人と相談しながら進めていきます。繰り返しになりますが、最初は誰と仕事するかがとても大事です。のちの成長を分けるのでここは絶対に譲れないですね。

チーム開発におけるMTGの様子

自席で集中して開発に取り組むメンバー

オフィス風景(メンバー間のコミュニケーションが自然に生まれるよう、ミーティングスペースやワークスペースには壁がないデザインとなっている)

–エンジニアの「成長」と「キャリア」を意識して割り振られているんですね。その他に意識していることはありますか?

森山さん最初のうちは、幅広く設計から実装・テストまでのスキルを身につけてほしいと思っています。例えば実装しかしない役割をしていると、2〜3年でそれが当たり前になってしまって領域をなかなか広げられないんですよね。そうなるとその人も損だし、会社としてもその領域しかお願いできないから拡張性がない。そういう意味でも若いうちは色々な領域で経験積んでもらいたいと思っています。設計・実装・テストというフェーズをしっかりと身につけた上で、上流工程に進んでほしいとメンバーにはよく伝えていますね。

–エンジニアとして幅広い領域に携われるのは、スキルアップする上でとても魅力的ですね。

長門さん:分野を限らず様々な業界のお客さまの案件があるので、とにかく案件の数と種類は多いです。それだけ幅広い領域に携わるので、扱う言語も人によっては増えていきます。○○領域専門とかも特に設けていないので、自分の目指したいキャリアに合わせて、浅く広くでもいいですし、興味ある分野が出てきたら深掘りできたりと、柔軟にステップアップできる環境ではあるのかなと思いますね。

–一方で、事業会社と比べた際に、案件の関わり方について違いはあるのでしょうか?

長門さん:よく事業会社と比べて、エンドユーザーとの距離があるのではないか?開発したサービスにどこまで関わっていけるのか?を心配される方がいらっしゃるのですが、実はエンドユーザーとの距離が遠い案件てそんなにないんですよね。

単純な請け負いではなく、エンジニアも企画の段階から入るので、一方的にこの機能をこの技術で実装してくださいっていうオーダーは殆どありません。リリース後もお客様のビジネスにコミットして改善をし続けるので、違いはお客様が社内が社外かくらいで、エンジニアとして行う行為としては変わりがないと思います。

–チームラボエンジニアリングではどんな人を募集していますか?

長門さん:プログラミングが好きな人が大前提ですね。何よりプログラミングを楽しんでくれるのが一番だと思っています。最初は拙くても下手でも良いんです。好奇心や成長意欲が旺盛であれば、技術は後からついてきます。努力を努力と感じずに継続して学び続けている人は社内でも強いですね。そこで大事なのは、プログラミングを本気で楽しめているかなんだと思います。

インプットだけではなくアウトプットを意識する

–最後に、これからエンジニアを目指す人にアドバイスをお願いします。

長門さん自分にプログラミングは向いていないんじゃないか?って不安になる方もいるかもしれませんが、向き不向きは時間次第でどうにでも埋められます。向いていないと感じていても時間をかければ、経験者にも必ず追いつけると思うので、とりあえずコードをたくさん書いてみてください。

学習していてよくあるケースが、このエラーはどうやって解決すれば良いんだろうと、考え込んだり調べたりはするのだけど、なかなかコードを書かないパターンです。これだとなかなか前に進まないんですよね。それよりは、とりあえずコードを書いてみて、なにがダメなのか探っていくアプローチの方が吸収も早いし成長も早いので、心掛けてもらえると良いと思います。

森山さん:これからプログラミングを学ぶ人は、インプットだけでなくアウトプットを出すことに意識を向けた方が良いなって思います。プログラミングの善し悪しの判断は、結局アウトプットでしかできないんですよね。口では理解できていると言っても、本当に理解できているかはコードを見ないとわからないじゃないですか(笑)。

初めのうちはインプットが多くなるのは当たり前ですが、アウトプットを意識しながら学習を進めると、より良いエンジニアになれると思います。

–森山さん、長門さん、本日はお話をお聞かせいただきありがとうございました!

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは、3ヶ月で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアとしての転職を保証するコースです。

プログラミング完全未経験でも、エンジニアになるための効率的なカリキュラムや、受講生のニーズに寄り添ったキャリアサポートにより、転職後の離職率は1%(2019年4月実績)です!

「プログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「将来性のあるスキルを学び、手に職をつけたい」
「ルーティンワークではなく、クリエイティブな仕事をしたい」

以上にあてはまる転職希望者の方は、ぜひこの機会に無料カウンセリングにお越し下さい。

DMM WEBCAMPで新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみてください!