【9月枠も残りわずか】転職保証コース

世界で認められる人になりたい!未経験からエンジニアを目指した理由とは?

今回は、某携帯ショップの店員からエンジニアにご転職されたDMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO)卒業生の日暮さんにインタビューしました。

エンジニアになろうと思ったきっかけ、無料カウンセリングから転職成功までの心境の変化など詳しくお聞きしていきたいと思います。

仕事が自動化されていく中でキャリアに不安を感じた

–これまでのお仕事内容、ご経歴を簡単におしえてください。

前職は5年間、某携帯ショップで務めていました。新規のお客様の受付業務や電話対応、部下のマネージメント業務を中心に人と関わる仕事をしていました。

–仕事は楽しかったですか?

とてもやりがいを感じていました。お客様の課題を対面で解決したり、部下の成長を感じることができ、とても充実していましたし、なにより楽しかったです。

 

そこからなぜエンジニアを目指そうと思ったのですか?

年次を重ねるに連れて、書面にて行っていた受付業務が自動化されていき、私達の仕事が機械に取って代わっていくことに気づきました。
そこで自動化されている機械がプログラミングによって作られていること知り、プログラミングに興味を持つとともに将来の働き方に危機感を覚えました。
また、5年後、10年後のことを考えたときに作る側に回りたいと思ったのも理由の1つです。

–そうだったんですね。ここ数年で無人タクシーや無人コンビニなど様々な仕事が自動化されていますね。

そうですね。なかなか普段気づかないところでプログラミングの技術が生活に溶け込んでいると感じました。

独学で挫折したが諦めなかった

–なぜプログラミングスクールに通うことにした理由をおしえてください。

エンジニアに興味を持ってから参考書を購入し、独学でプログラミングを学びましたが、見事に挫折しました(笑)。ただ、早くエンジニアとして働きたいと思っていたため、エージェントサービスを使って転職活動にも取り組んでいました。いくつか求人を紹介していただきましたが、全くの未経験だったため希望している条件の会社に応募すらできなかったです。
そこで、ある程度学習してから転職活動したほうが自分の希望している会社に入れるのではと思い、プログラミングスクールに通うことにしました。

–プログラミングスクールがたくさんある中で比較検討されましたか?

はい。7社ほど無料カウンセリングや無料体験に参加し、比較検討していました。

–7社はすごいですね。結構時間がかかったのではないですか?

そうですね。2ヶ月くらいかかりました。
正直、プログラミングの知識はほとんどなかったため、話を聞いても何が良くて何が悪いのか、どこのスクールが自分に合っているのか判断ができませんでしたし、相当悩みました。

–何が決め手だったのでしょうか?

時間とお金をかけて、ある意味人生もかけているため、信頼できるスクールに通いたいと思っていました。
無料カウンセリングでは元エンジニアの方からIT業界の現状や今後、エンジニアの働き方に関して、サービスの詳細などお聞きでき、受講のイメージをすることができました。また、受講中の1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目に何をするのか詳しく説明していただけて、やるべきことが明確だったことから信頼できるスクールと感じました。
あとはネットで調べていく中で、キャリアサポートの評判が良かったことも理由の1つです。

自己分析を徹底したことにより転職活動が成功できた

–転職活動は大変でしたか?

とても大変でした。DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO)の中で一番大変でした。自分が想像していた以上にモチベーションが下がりそうな時期が有りましたがなんとか転職を成功させることができました。

–モチベーションが下がりそうなときはどのように乗り越えましたか?

キャリアサポートの中に自己分析をする時間があって、そこでエンジニアになりたい理由や将来の働き方、自分は何に喜びを感じる人間なのか、いままでの人生を振り返り、自分を理解することができました。

そこで自分は人に認められることで喜びを感じる人間だと理解することができ、どのようにキャリアを歩んでいくべきかイメージができたため、乗り越えられたと思っています。あとはキャリアサポートしていただけたキャリアアドバイザーの白井さんがいつも自分のことを気にかけてくれて、とても勇気づけられたことも転職活動を成功させることができた理由だとおもっています。

–キャリアアドバイザーの白井にも話を聞いてみたいと思います。キャリアサポートで意識していることを教えてください。

キャリアアドバイザー白井:自己分析に一番力を入れています。転職活動はとても根気が必要です。そこで自分のことを理解できていないと途中で諦めてしまったり、妥協してしまうケースが多いです。自己分析をすることによって自分の人生と仕事を紐付けることができるため、最後までモチベーションを維持することができ転職活動を成功することができると思っています。

キャリアアドバイザー白井:また、他に大事にしていることとして受講生が自ら意思決定できる環境を提供するように心がけています。内定をいただいても満足していない場合は継続していただくようにしています。また、面接を通じて意思決定をするための要素を再確認できることもあるからこそ、面談の回数は多く設定できるように意識しています。

–転職活動の結果を日暮さんに伺いたいと思います。

自己分析を行ったことにより、自分の言葉で想いを面接官につたえることができました。結果2社から内定をいただくことができました。

–おめでとうございます!転職活動で一番優先していた条件はなんですか?

自己分析した結果、まずは年収や働き方ではなく、開発エンジニアとして成長できる会社に転職することを最優先で転職活動を行っていました。そのため1社目の内定を頂いたときに白井さんに相談し、すぐに次の会社を紹介してもらいました。

–これからどんなキャリアを描いていきたいですか?

未経験からエンジニアになるためこれから2、3年はエンジニアとしての基礎を身に着けていきたいと思っています。兄弟が皆、独立していて、その背中を見て育ったこともあり、その後は独立したいと思っています。そして最終的には世界に認められる人になることが夢であり、それがエンジニアであれば最高だと思います。

一歩踏み出す勇気を持ってほしい

–最後に、これからエンジニアを目指す方にメッセージをお願いできますでしょうか。

エンジニアに興味をもっている人はたくさんいると思います。ただ、一歩踏み出しせる方はほんの一握りだと思います。一歩踏み出す勇気を持ってほしいです。こんな僕でもエンジニアとして転職することができたので、まずは自分で参考書を買って勉強したりして行動してみてください。このインタビュー記事が読者様の一歩踏み出す勇気になっていただけたら嬉しいです。

–日暮さん、本日はありがとうございました!

DMM WEBCAMP について

DMM WEBCAMPは、3ヶ月で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアとしての転職を保証するコースです。

プログラミング完全未経験でも、エンジニアになるための効率的なカリキュラムや、受講生のニーズに寄り添ったキャリアサポートにより、転職後の離職率は1%(2019年4月実績)です!

「プログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「将来性のあるスキルを学び、手に職をつけたい」
「ルーティンワークではなく、クリエイティブな仕事をしたい」

以上にあてはまる転職希望者の方は、ぜひこの機会に無料カウンセリングにお越し下さい。

DMM WEBCAMPで新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみてくださいね!