◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP ビジネス教養コース【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
2月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月生は満員となっております。2月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

エンジニアに興味をお持ちの皆様、こんにちは。

近年エンジニア職種への就職・転職希望者が増加しています。

AIを始めとするIT化が様々な業種や企業で取り組まれており、現在の仕事が将来無くなってしまうのではないかと考え、転職するのであれば、IT化が進む程より活躍ができるエンジニアが良いと将来性に期待が持てる事などが挙げられます。

しかし数年前まではIT土方と呼ばれたり、近年でもブラック企業などで話題にも上がっている事から、敬遠されている方も少なくありません。

今回はそんな気になるエンジニアのライフワークを徹底解説していきます。

なおエンジニアに実際に転職した人の記事も、ご覧ください

勤務形態とライフプラン

パソコンを見る男

エンジニアのライフワークを解説するには、まずエンジニアの勤務形態について解説をする必要があります。

他の業種でも正社員や派遣社員・契約社員はありますが、それに加えてフリーランスエンジニアとして働く勤務形態があり、それぞれの勤務形態で働き方や収入面の安定性に大きな違いがあります。

それぞれの勤務形態の特徴は、下記になります。

正社員

エンジニアとして働く勤務形態として正社員があります。

正社員エンジニアのメリットは収入面と福利厚生の安定です。

他の勤務形態に比べて、将来設計などがしやすく、日々新しい技術が生まれるIT業界でも不安に感じる事は少なくすみます。

残業時間の多さは入社する企業や業種によって差はありますが、ブラック企業に入社しなければ36協定などによりある程度プライベートの時間なども確保しやすい勤務形態になります。

また他の職種と違い年功序列ではなく、実力主義の業界ですので正社員として入社しても努力しなければ中々昇格する事ができません。

ただし日本ではまだまだエンジニアの評価が低く扱われている所も多く、ある程度の昇格した時点でプロジェクトマネージャーなど管理側にキャリア変更しなければそれ以上の昇給・昇格が望めなくなる所も少なくない為、注意が必要です。

エンジニアとして一生現役で働きたい方は、後述するフリーランスエンジニアとしての独立なども検討する必要があります。

派遣社員・契約社員

派遣社員・契約社員の勤務形態でエンジニアとして働く方法があります。

派遣社員・契約社員で働くメリットは、正社員契約などの場合はブラック企業に入社してしまうと残業代が貰えない所もありますが、派遣社員・契約社員エンジニアの場合は基本は時給制の契約になる為、働いた時間分確実に収入が増えていきます。

また正社員の場合は、企業内での自分の役割が限定的になりやすい傾向にあり、プロジェクトメンバーにアサインされても新しい技術を習得する機会が少ないですが、派遣社員・契約社員は派遣先や契約先が変わる事で新しい経験を積む事ができます。

ただ派遣法の改正により同一の派遣先には、3年以上継続的に派遣する事ができない為、気に入った派遣先でも正社員として雇用されなければ、3年おきに派遣先を変更しなければいけません。

年齢を重ねる程、派遣先が減ってしまう為、収入面などが不安定になる可能性が高く、ある程度経験や実績を積んだ段階で正社員に変更する事をオススメします。

フリーランスエンジニア

エンジニアとして働く勤務形態としてフリーランスエンジニアとして働く方法があります。

大工など他の職種でもフリーランスとして働ける職種はありますが、フリーランスエンジニアはスキルや実務経験とパソコンがあれば受注できる仕事も多く、自由な働き方ができます。

ただ良くも悪くも収入面は不安定になる傾向があります。

仕事を切らさずに受注し、働き続けられる方であれば、個人事業主でも年収1,000万円を超える方も少なくありません。

逆にスキル不足や仕事の受注経路が確保出来なければ、アルバイトよりも低い年収になる方もいらっしゃいます。

受注する仕事次第で働く場所・服装・時間に捕らわれる事がありません。

年齢も気にせず現役エンジニアとして収入を確保する事が出来る為、管理職などにキャリア変更したくない方にもオススメです。

残業と時間外学習

暗闇でパソコンを見る男

エンジニア未経験者の方がエンジニアとして働く事をイメージした時に、多くの方気になるのが残業時間と勤務時間外の学習です。

この2点がエンジニアの仕事でプライベートの時間がなくなり、仕事尽くめの暗いライフスタイルをイメージさせる原因になっています。

エンジニアの残業と時間外学習の実態について、解説をしていきます。

残業について

結論からお話すると他の職業に比べて、エンジニアの仕事はどれも残業が多いです。

しかしネットワークエンジニアを始め、保守・運用段階ではシフト勤務で残業が殆ど発生しない職種もあります。

残業時間が多い分、残業代が出る様に労働契約が結ばれていれば、その分収入面は平均収入が高いと言うメリットもあります。

また肉体労働ではない為、プログラミングを始めとするエンジニア業務が好きな方であれば、それ程苦痛に感じずに楽しみながら働く事もできます。

フリーランスエンジニアの場合は、収入面の増減が発生してしまいますが、受注する仕事量を調整事で労働時間を調整する事ができます。

時間外学習

エンジニアとして働き続けるには、プライベートの時間も個人的に学習する必要だと言う話を聞いた事がある方もいらっしゃると思います。

結論からお話しすると時間外に学習をしないでもエンジニアとして働く事はできます。

ただ既に解説をしましたが、エンジニア業界は実力社会です。

プライベートの時間も学習している方と学習していない方では、前者の方が昇給・昇格がはやくメリットがあります。

エンジニアのライフワーク

街

ここまでエンジニアの働き方について解説してきましたが、より深く仕事面とプライベートの時間についてのライフワークについて、詳しく解説をしていきます。

仕事面のライフワーク

まずは仕事のライフワークについて、勤務形態に応じて解説をしていきます。

正社員の仕事面のライフワーク

正社員エンジニアの仕事面のライフワークは、構築・保守などの役割によって差はありますが、基本は朝出勤して夕方の定時まで働き、その後は必要に応じて残業が発生します。

多くの企業はエンジニア一人一人に担当する部分を決めている為、個人でのスケジュール管理が重要になります。

企業によって違いがありますが、平日毎日残業を行う方もいれば、平日は比較的残業を減らし休日出勤をして仕事を終わらせる方もいらっしゃいます。

正社員でも他の業種に比べて、残業の調整などは自己管理で出来る企業も多く、所属する企業次第ではある程度自由な働き方できます。

派遣社員・契約社員の仕事面のライフワーク

派遣社員・契約社員の仕事面のライフワークについて、解説をしていきます。

派遣社員・契約社員は時給制の契約になっている事が多く、派遣元と派遣先の契約である程度の勤務時間が決まっています。

残業が発生するところは多いですが、構築プロジェクトメンバーにアサインされていなけい保守メンバーであれば、ある程度毎月の残業時間に差はありません。

正社員の様に自由に日々の残業時間は調整しづらいですが、リズムがつかめれば仕事とプライベートの両立がしやすいです。

フリーランスエンジニアの仕事面のライフワーク

フリーランスエンジニアの仕事面のライフワークについて解説をしていきます。

フリーランスエンジニアが受注する仕事の多くは、成果物を納品する請負契約になります。

時間単位で契約する案件でなければ、納期を厳守すれば働く日・働く時間・服装・場所を自由に選ぶ事ができます。

ただ自由な反面、自己管理が出来ていなければ納期前は昼夜問わず働き続けなければいけません。

プライベートタイムの使い方

既にプライベートタイムに学習するメリットについて、触れましたが、プライベートの時間を学習するメリットや取り組み方などを勤務形態ごとに特徴を解説していきます。

正社員のプライベートタイム

正社員のプライベートタイムで学習する大きなメリットは、昇給・昇格に関わる点です。

またプライベートで学習する時間を確保する事で、仕事の効率を上げる事ができれば、結果的に残業時間を減らす事に繋がり、プライベートの時間を確保しやすくなります。

他にも新しい技術を習得する事で、活躍の場を広げる事ができ、同僚からの信頼に繋がります。

派遣社員・契約社員のプライベートタイム

派遣社員・契約社員のプライベートタイムで学習するメリットは、時給単価アップなどがあります。

好んで派遣社員・契約社員としてエンジニアでいる方は別にして、プライベートでも学習する最大のメリットは正社員のキャリアアップです。

契約社員の方はもちろん、派遣社員の方も派遣法の改正により出来るだけ早く正社員として採用される為に、活躍する方法としてプライベートの時間を削っても新しい技術を学んだり、活躍の幅を広げなければいけません。

フリーランスエンジニアのプライベートタイム

フリーランスエンジニアがプライベートタイムで学習するメリットについて、解説をしていきます。

ここまでで解説をした正社員、派遣社員、契約社員はメリットと言うレベルでしたが、フリーランスエンジニアの場合は、経験とスキルが収入面に直接反映されます。

スキルがなければ仕事を受注する事ができず、逆に最新の技術を習得していれば、年収1,000万円以上も夢ではありません。

ただ他の勤務形態と違って、少しずつ自分が習得していないスキルが必要な仕事を受注し、学習と収入を同時に行う事もできます。

当然ですが、フリーランスの場合は基本的には自己責任になる為、未収得のスキルが必要な案件を受注する場合は事前にある程度の予習は必要になります。

まとめ

今回はエンジニアのライフワークについて、解説をしていきましたが、いかがでしたか。

一昔前と違い働き方改革や日本内でのエンジニアの評価が向上する事で、厳しい労働状況に置かれる事も減りつつあります。

仕事の自己管理が出来れば、他の職業よりも自由な働き方が出来ます。

エンジニアを目指す方は、スケジュール管理なども意識して学習をする事をオススメします。

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

2月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月受入枠は満員となっております。2月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事