◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP ビジネス教養コース【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
2月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月生は満員となっております。2月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

エンジニアの転職と言えば、転職者向けにご紹介しているWebサイトや求人情報がよく掲載されています。

しかしエンジニアの転職は転職者本人も簡単ではありませんが、採用担当者側も簡単に採用する事はできません。

そこで今回は転職者側ではなく、採用者視点でエンジニアの採用について、解説をしていきます。

エンジニアとは

パソコンを触る男

まずは基本的なお話ですが、エンジニアについて解説をしておきます。

エンジニアと言えば技術者を指しますが、最近ではIT業界で活躍するエンジニアを指す事も少なくありません。

ITエンジニアもシステムエンジニア・プログラマー・ネットワークエンジニア多岐に渡ります。

エンジニアにはプログラミングを始めとするITに必要な専門的な知識が必要です。

(エンジニアの種類の解説はこちら!)

エンジニアの転職事情

エンジニアの転職事情については、既にご存知の方も多いかもしれませんが、他の業種に比べて簡単ではありません。

様々な企業が最近話題のクラウド化やAI導入などについて検討している事もあり、更にIT化の方向に進んでいます。

IT化する事で人件費を下げられる一方で、IT化する為のITエンジニアが不足しています。

しかし人材が不足しているからと言って誰でも採用できる訳ではありません。

そこで今回の本題となるのが、エンジニアの採用についてです。

次項で採用担当者視点からエンジニアの採用について、解説します。

エンジニアの採用は採用担当者にとっても難しい

悩んでる男性

転職希望者からすると採用者の判定が厳しく思われるかもしれませんが、それだけ採用者もエンジニアの採用には真剣で判断が難しいと言う事です。

採用担当者側がエンジニアの採用が難しい代表的な理由は下記になります。

人件費を抑える為に優秀な人材が必要

テレビやネットなど多くのメディアでIT業界が非常に大きな利益が出ているのを目にします。

しかし全てのIT企業が儲けを出している訳ではありません。

寧ろ小さなIT企業では赤字の所も多く、孫請け以降では利益が多いとは言えません。

スキルがない人材を雇い入れて、人材を育てる余裕がある企業は少なく、人材を育てる余裕のある企業は新卒の人材獲得に動きます。

例えば転職希望者を採用し、転職者が年間で200万円の利益を出しても、その転職者に年間500万円の人件費が必要になれば、300万円の赤字となってしまいます。

採用担当者からすると人材不足の問題と人件費を無駄にしない為の板挟み状態なのです。

採用する事で利益を出せる人材を出せる見込みがなければ、採用に踏み切れません。

転職希望者の技術力を判定が必要

エンジニアの採用を決める為には、上述した様に採用する事で利益を生み出せる可能性が高い人材が必要になります。

エンジニアに求められる条件として、プログラミングなどの技術力が必要になります。

技術力がなければ、エンジニアとして即戦力の働きが期待できません。

採用担当者は即戦力として働ける人材かの技術力を見極めなければいけません。

ただ採用担当者が転職希望者の技術力を判断できるタイミングは、応募時の書類と面接の時だけしかありません。

転職希望者側からしてもそうですが、採用担当者としても判断できるタイミングが少ないのです。

また転職希望者と採用担当者の間で実力の判断に差があれば、それも問題になります。

例えば採用担当者が「プログラミングの経験はありますか?またどんなプログラミング言語を使えますか?」と質問したとします。

それに対して転職希望者が「2年間Javaの開発経験があります。」と回答した場合、その2年間の経験を採用担当者がどう判断するべきか難しいです。

あまり期待してしまえば、採用後に期待していただけの働きが行えなければ、赤字になってしまいます。

結果としてエンジニアとしての実績などから最低限のスキルがあると判断し、エンジニア経験がない方であれば、口頭だけでのやり取りの場合は基本的なスキルもないと判断する方が多い様です。

コミュニケーション能力の判定が必要

プログラマー・システムエンジニアは経験と技術力だけあれば、誰でも採用されると思っている方も多いですが、実際にエンジニア業界で働いた事がある方が採用担当者であれば、それだけで判断する事は殆どありません。

技術力や経験以外にもコミュニケーション能力は、採用を決める重要な判断基準になります。

エンジニア業界で問題となる開発にかかるコストのいくつかは、エンジニア同士または顧客とのコミュニケーション不足が原因と言っても過言ではないからです。

顧客とコミュニケーションが取れていなければ、開発するシステムの仕様に関わります。

初期段階でその仕様の違いに気づく事が出来れば、余分に掛かるコストは少なく済みますが、納品直前に仕様の差異に気づいた場合は設計の見直し、プログラミング、テストと全ての工程をやり直すコストが必要になってしまいます。

顧客とのコミュニケーション不足と同様、エンジニア間のコミュニケーション不足があれば、同じように後戻りが発生してしまえば、コストが膨れ上がってしまいます。

顧客と直接をやり取りをするSIerは当然ですが、客先に出向く機会の少ないプログラマーなどの職種でもある程度のコミュニケーション能力があると判断した人材でなければ、採用担当者としては採用する訳にはいきません。

転職希望者の向上心を判定する必要

転職希望者の年齢などにもよりますが、エンジニアとして働き続けて貰う為には向上心がある人材でなければいけません。

エンジニアとしての経験があっても、開発するシステムの種類が違えば、IT技術は共通でも公共・Web・医療・車など業種の知識は1から学習しなければいけません。

向上心がないエンジニアであれば、エンジニアとしての経験があっても同じ業種でなければ、戦力になるまで長い期間を要する可能性も低くありません。

採用担当者は転職希望者の向上心を見極める必要があります。

採用担当者が準備すること

気づく男

転職希望者を正しく評価する事ができなければ、ここまで何度か触れた利益よりも人件費が上回り赤字になってしまうパターンと逆に有益な人材を見逃してしまう可能性もあります。

採用担当者が転職者を判断する為に準備することについて、解説をしていきます。

事前に質問リストを準備する

面接などの際に質問内容を事前に決めておかずに、面接に挑む採用担当者もいらっしゃいますが、限られた時間で効率よく転職希望者を判断する為には、質問リストを準備する事が重要です。

質問リストについては、技術力やコミュニケーション能力を試す為の共通の質問と履歴書・職務経歴書からの質問を個別に準備するのがオススメです。

また向上心などの判断も出来る質問も準備しておかなければいけません。

ただ質問内容に拘り過ぎて、多くの人が意図すら掴めない質問にならない様に注意が必要です。

プログラミングの基礎取得

採用担当者がITエンジニアであれば、それ程問題にはなりませんが、人事の方が採用担当者の場合は転職希望者のスキルをより詳しく評価する為には、採用担当者自身もプログラミングの基本的な知識や用語について知っておかなければいけません。

何らかの技術面についての質問を行い、転職希望者からの回答が専門的な単語が含まれていた時にその使われ方が正しいか、間違っているかなどを判断できなければ判定ができません。

またプログラミングの知識があれば、転職希望者が書類選考などで提出したポートフォリオやGitHubの情報があった時にどれぐらいの実力があるかを知る大きなチャンスになります。

転職希望者が現在所属している企業の情報

先に勘違いが無い様にお伝えしておきますが、企業の情報を転職者から引き出す事ではありません。

エンジニア業界は広いようで意外と企業間の繋がりが少なくありません。

転職希望者が現在まだ退職しておらず、エンジニア業界に所属している場合は前もって自分の企業と関わりがないかを確認しなければいけません。

転職希望者が自ら応募してきたとしても、関係のある企業から引き抜きを行ったと思われてしまえば、トラブルになってしまう恐れもあります。

採用を考えるのであれば、トラブルを避ける為に事前の連絡を入れておいたり、また可能であれば転職希望者の簡単な評価を聞いておく事も重要です。

人材を紹介して貰えるルートを作る

これまで採用担当者が転職希望者を判断する為に基準などについても解説をしてきましたが、初見で判断するのは簡単ではありません。

そこで求人情報を一般公開して募集するのではなく、エージェントやプログラミングスクールなどと提携して人材を紹介して貰えるルートを作るのがオススメです。

派遣会社の場合は、派遣会社の担当者がIT業界の知識に詳しいか、詳しくないかで紹介して貰える人材に差がありますが、エージェントやプログラミングスクールであれば、事前に紹介して貰える人材のスキルについて教えて貰う事ができます。

特にプログラミングスクールであれば、そのプログラミングスクールで習得した知識は確約されている為、最低限の基礎を習得している人材を確保する事ができます。

採用担当者側にとっても転職希望者側にとっても正しい評価を得られる最適な方法の1つです。

プライベートの時間を使ってプログラミング学習を考えている方は、学習と人材探しの為にプログラミングスクールに通ったり、勉強会に参加すれば一石二鳥です。

まとめ

今回はエンジニアの採用について、採用担当者視点で解説をしてきましたが、いかがでしたか。

エンジニアを新しく採用を考えている採用担当者の方は是非参考にして頂ければと思います。

またエンジニアを目指して転職を希望している方や既にエンジニア経験がある方で、転職を考えている方も転職活動をする上で採用担当者側の視点で対策を行う事は非常に有効な為、参考にする事をオススメします。

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

2月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月受入枠は満員となっております。2月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事