7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

最近老若男女問わずFacebookやInstagramなどを利用している方も多いと思います。

ただ数年前に一世を風靡したブログを投稿している方はそれ程多くありません。

しかし現在でもブログを投稿するメリットがある職業も多く、エンジニアもその1つです。

今回はエンジニアがブログを投稿するメリットについて、解説をしていきます。

そもそもブログとは

パソコンで作業する男

ご存知の方も多いですが、冒頭で少し触れたFacebookやInstagramなどが流行しており、ブログが何となくしかイメージ出来ない方もいらっしゃると思います。

まずはブログについて、基本的な事から解説をしていきます。

ブログはWeb Logの略

ブログはWeb Logの略でウェブサイトの1種です。

Web上に日記形式で情報を発信するモノです。

ブログを投稿する人の事をブロガーと言い芸能人などの有名人から、一般の方にもブロガーは現在でも多くいらっしゃいます。

SNSとブログの区別するポイント

ブログと比較される事が多いのが、FacebookなどのSNSです。

ブログもSNSの1つだと考えている方も多いですが、ブログとSNSは別物になります。

SNSはSocial Networking Serviceの略でコンセプトとしては知り合いに向けた情報発信がベースになります。

それに対してブログは不特定多数に向けた情報発信がコンセプトになっています。

またエンジニア的に違いを解説するとデータの持ち方についても違いがあります。

ブログは記事を投稿すれば、ブロガーが意図的に削除しない限りネット上に残り続けます。

それに対して、SNSは拡散力はありますが、ネット上に持続して残りにく性質を持っており、同じ情報発信でもブログとSNSには大きな違いがあるのです。

エンジニアが技術ブログを投稿するメリット

ジーンズと黒いスニーカー

それでは何故近年流行のSNSではなく、ブログの方がエンジニアにオススメなのか疑問をお持ちの方もいらっしゃつと思います。

結論からお話すると上記で解説をしたSNSとブログの性質上、エンジニアが情報発信して行くのであれば、ブログの方がメリットがあるかです。

エンジニアが技術ブログを投稿する事で得られる具体的なメリットは、下記になります。

Webの知識が自然と身につく

ブログを始める方法は大きく分けて2つあります。

1つは無料のブログサービスを利用して投稿する方法です。

もう1つはレンタルサーバや独自ドメインを取得して自分で1から構築を行う方法です。

前者はブログを無料で始められるメリットはありますが、Webの知識はあまり習得する事ができません。

しかし後者の場合、ブログを投稿する為に必要な仕組みがわかり、Webサーバーの構築やファイルのアップロードなどWebエンジニアに必要な知識を習得する事ができます。

Webエンジニアを目指しているエンジニア未経験者の方はもちろん、デスクトップアプリケーションなどを中心のエンジニアにもオススメです。

特にWordPressを使ったブログサイトを構築し、カスタマイズ方法を勉強する事で実践的な経験を積む事ができます。

技術ブログで知識を増やし、アウトプットの訓練になる

エンジニアがブログを投稿するのであれば、前提としてプログラミングを始めとするIT技術の技術ブログの投稿です。

技術ブログを定期的に投稿する為には、発信する情報となる技術の知識が必要になります。

エンジニアとしてプライベートの時間に新しい技術などについて調べる方も多いと思いますが、ただ勉強するだけでなく技術ブログとして投稿する事で勉強を習慣にする事ができます。

また技術ブログとして投稿する為には、情報発信するIT技術を正しく理解し、わかりやすく解説出来るアウトプット力が足りてていなければ、間違った内容を投稿し、恥を晒してしまうだけでなく、エンジニアとしての信頼も下がってしまいます。

習慣づけて技術ブログを投稿する事で、勉強とアウトプットの訓練になります。

備忘録として利用できる

ブログの基本は不特定多数への情報発信ですが、エンジニアの方であれば自分の経験した事や新しく学習した技術をブログとして投稿しておけば備忘録としても使用する事ができます。

習得した技術を忘れてしまったとしても投稿時に正しく理解出来ていれば、ブログは自分が一番理解しやすいと考えて投稿している為、備忘録としては優秀です。

またパソコンのローカルファイルと違いネット上に公開されている為、インターネット回線を利用できるデバイスがあれば、どこからでも参照する事ができるメリットがあります。

収入に繋げられる

ブログを投稿する事で、収入に繋げられる可能性があります。

ブログを収入に繋げられる方法は、下記になります。

フリーランスエンジニアの営業活動

エンジニアの中でもフリーランスエンジニアの方は、ブログで技術力をアピールして営業活動の一環としている方も少なくありません。

ただ余程有名なブロガーにならない限りは、技術ブログだけで直接スカウトが来る事は殆どありません。

しかしプログラミングやクラウド化などの具体的なIT技術の投稿を大量に行っておくと、営業先に非常に良い印象を与える事ができます。

結果としてブログが案件獲得に役立つ可能性は十分にあります。

フリーランスについて詳しく書いた記事がありますので併せてお読みください。

広告料で収入を増やす

皆さんもWebサイトを閲覧していると、サイドバーなどに広告が表示されているのを見たことがあると思います。

ブログを始めとするWebサイトに広告を載せて、報酬が支払われるのがアフィリエイトです。

アフィリエイトの契約はAmazon、Googleなどがあり、契約する企業によって報酬が発生する条件が違います。

例えばAmazonの場合はブログを閲覧した方が広告をクリックして商品を購入した時に報酬が発生します。

Googleが提供するアドセンスの場合は、広告をクリックするだけで報酬が発生します。

また報酬が発生する条件だけでなく、報酬の金額も違う為、アフィリエイトで収入を増やしたい方はどこと契約するのが自分のブログに合っているかを調べる事が重要です。

アフィリエイトで安定した収入を得られる様になる為には、ある程度のPV数がなければ収入源には出来ないので注意が必要です。

ただせっかくブログを投稿するのであれば、副業としてアフィリエイト契約を結ぶ価値は十分あります。

Webライターになれる

エンジニアにオススメの副業にプログラミングなどの記事を執筆するWebライターの仕事があります。

最近では副業を認めている企業も増えてきましたが、エンジニアの仕事の性質上、働く時間が決められている副業はなかなか手を出す事ができません。

しかしWebライターの仕事であれば、パソコンとインターネット環境さえあれば、場所や時間を問わず働く事ができます。

ブログで記事を投稿する経験とエンジニアとしての知識を活かす事で、副業として安定した収入源にする事ができます。

ブログを始める為に必要なこと

空白のノート

ここからは実際にブログを始める為に必要な契約などを解説していきます。

既にブログを始める為には、大きく分けて2種類の方法がある事については触れましたが、無料のブログサービスについては、基本的にはアカウント登録するだけで利用できる為、今回は割愛させて頂き、独自ブログサイトを始める方法について解説します。

レンタルサーバを契約する

まず最初にブログを公開する為のレンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーの契約はロリポップなどのサイトに申し込むことで利用する事ができます。

レンタルサーバーの契約には、それぞれ金額やサービス内容に違いがある為、事前に下調べが重要です。

URLとなる独自ドメインの契約をする

Webサイトを運用する為には、独自ドメインの契約をする必要があります。

ドメインはインターネット上の住所の様なもので、URLにもなります。

レンタルサーバーの契約とセットになっている場合もありますが、レンタルサーバーの多くは別途ドメインを取得する必要が多いです。

独自ドメインの契約はお名前ドットコム・ムームードメインなどが有名です。

こちらも取得するドメインや契約先によって金額が違う為、注意が必要です。

ドメイン取得後は上記で契約したレンタルサーバーにドメインを紐づける作業が必要になります。

独自WebページまたはCMSを準備する

ブログを始める為に必要な契約は、レンタルサーバーとドメインだけです。

しかしブログを投稿する為には、独自で1から作ったWebページを準備するかWordPressなどのCMSを利用してブログページを作成しなければいけません。

特に強い思い入れがなければ、最初はWordPressなどのCMSを利用すれば簡単に始められる上に、ブログの運用も簡単に行えます。

ただHTMLの勉強も合わせてブログを始めたいと思っている方は、独自のページ作成にチャレンジしてみるのもオススメです。

技術ブログを投稿する際の注意点

現役エンジニアの方にとっては当然の事ですが、ブログ投稿する際には著作権に注意をしなければいけません。

他の人が書いた記事をコピーして利用する事はもちろんですが、仕事でプログラミングしたコードを公開してしまうと著作権法に抵触する可能性があります。

また他サイトから引用する場合は、明確な引用ルールを守って投稿しなければいけません。

まとめ

今回はエンジニアが技術ブログ投稿をする事で得られるメリットについて、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

ブログは簡単に始められる上に、エンジニアにとって十分メリットがあります。

特にフリーランスエンジニアとして活動またはフリーランスエンジニアキャリア変更を考えられている方には非常にオススメです。

まずは趣味の一環として技術ブログを始めてみてはいかがでしょうか。

ブログの投稿が習慣にさえなってしまえば、アフィリエイトなどの副業として技術ブログを運用してみたり、Webエンジニアとして経験を積んだりと、様々な技術ブログの運用が可能です。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事