4月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月生は満員となっております。4月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

システムエンジニア・プログラマーなど最近はIT業界エンジニアの活躍がテレビやネットで話題に取り上げられています。

IT業界が将来性もあり、エンジニアへの就職・転職を考えている方も年々増加傾向にあります。

しかしいざエンジニアを目指そうと思っても、色々な種類があり、仕事内容もわからず戸惑ってしまう方も少なくありません。

そこで今回はエンジニアの種類と仕事内容について、詳しく解説をしていきます。

エンジニアについて

タイピングしている手とキーボード

エンジニアの種類と仕事内容に入る前に、そもそもエンジニアとは何かについて、解説をしていきます。

エンジニアは技術者とも呼ばれ、IT業界を始めエンジニアと呼ばれる仕事は多く存在します。

最近ではエンジニア=ITエンジニアと思われる方が多いのには、IT業界では専門的な知識を使用して仕事をし、役割毎にエンジニアとしての職種が分かれているからです。

クラウド化、AIなどIT化が進むにつれて、エンジニア業界以外の仕事は人件費を下げて仕事を失う方が増える一方でエンジニア業界は慢性的な人材不足を抱えています。

エンジニアの仕事がつらい?

 

エンジニアへの就職・転職を考えた時に気になるのが、エンジニアの仕事がつらいと言う話を聞いた事があると思います。

エンジニアになるには、プログラミングなど専門的な知識が必要で未経験者が転職するのは簡単ではありません。

新卒の場合も重要な就職でエンジニアになっても、つらい仕事で辞めてしまうのは勿体ないですよね。

結論からお話しすると、必ずしもつらい仕事とは限りません。

前提としてクラウド化、AI化などIT化が進み仕事を失う方が増える一方で、ITエンジニア業界は慢性的な人材不足に悩まされています。

人手不足からエンジニア1人当たりの業務量が増え、結果として労働時間が長くなる事が少なくありません。

ただエンジニアの種類や企業によっては、基本的には残業がない所もあります。

実際残業時間が多い場合でも、エンジニアの仕事はデスクワークが殆どな為、拘束時間は長いですが、肉体労働に比べて肉体の負荷はそれ程高くありません。

エンジニアの仕事が好きな方は、残業時間が多い事から収入面は他の職業よりも収入が高い傾向にあります。

エンジニアの種類と仕事内容

会議風景

Startup Stock Photos

代表的なエンジニアの種類と仕事内容について、解説をしていきます。

同じエンジニアでも、種類によって収入面・労働条件・必要なスキルなど違いがあります。

エンジニアへの就職・転職を考えている方は、ご自身が興味のある仕事を見つける事が重要です。

システムエンジニア

エンジニアと言う名前に持つ中で、日本でもっとも有名なのがシステムエンジニアです。

実は海外ではシステムエンジニアと言う職種はなく、日本由来の職種名になります。

システムエンジニアはIT業界エンジニアの総称として使用される事もありますが、広義に使われる以外にもシステムエンジニアと言う職種もあります。

システムエンジニア仕事の仕事内容は、下記になります。

システムエンジニア仕事の内容

システムエンジニアの仕事内容は、まずクライアントからシステムの要件を引き出し、システムの設計書となる仕様書を作成します。

小規模なシステム開発であれば、システムエンジニアが開発業務を行う事もありますが、基本プログラマーがプログラミングを行います。

システムが開発された後は、受け入れテストを行います。

総称として使用されるだけあり、システムエンジニアの活躍の場が多くシステムエンジニアの中でも設計だけを専門的に行う方やテストだけを行う方もいらっしゃいます。

プログラマー

システムエンジニアと同様、エンジニア業界で有名な職種の1つがプログラマーです。

プログラマーの中にも開発するシステムの種類によって、それぞれ必要となるスキルや知識に違いがあります。

代表的なプログラマーの種類ごと仕事内容について、解説をしていきます。

プログラマーの共通的な仕事の内容

それぞれのプログラマー内の職種について、解説をしていく前にプログラマーの共通した仕事内容について、解説をしていきます。

プログラマー共通の仕事内容は、システムエンジニアが作った仕様書を基にプログラミング言語を使用してシステム開発を行うのが仕事です。

ただ勘違いされやすいのが、プログラマーの仕事はプログラミングのみだと考える方が少なくありません。

詳細設計書の作成や仕様書などのドキュメント作成など、プログラミング以外の仕事もあります。

Webプログラマー仕事の内容

Webプログラマーはプログラマーの中でもWebコンテンツに特化したプログラマーです。

例えばAmazonなどで使われているショッピングカートや問い合わせメールのサーバー側など、動的な部分の制作が主な成果物になります。

他にもWebベースのゲーム開発などについても、Webプログラマーが開発します。

必要なスキルはプログラミング言語の中でもWebに特化したPHP・JavaScript・Rubyなどのいずれかは必ず習得しなければいけません。

またWebサイトなどの基本となるHTMLやCSSの知識は必須です。

業務系プログラマーの仕事の内容

業務系プログラマーは特定の分野に特化したシステム開発を行うプログラマーです。

例えば金融関係、医療関係、物流関係などが代表的です。

必要なスキルとしては、プログラミング言語の中でもデスクトップアプリケーション開発に使われるJava・.NET・C++などが代表的です。

また基本的にはOracle、SQLServerなどのデータベースを使用する為、SQLを始めとするデータベースの知識も必要になります。

そして業務系プログラマーの場合、それぞれの業務に対する知識が重要です。

例えば医療関係であれば、病院運用の基本を理解していなければ、修正や後戻りが頻発してしまう事も珍しくありません。

スマホアプリプログラマー仕事の内容

スマホアプリプログラマーは名前の通り、スマートフォンのアプリ開発を行うプログラマーです。

スマホアプリは企業に所属するプログラマーだけでなく、個人で開発をする方も多い職種になります。

必要なスキルとしては、Java・Swiftなどのプログラミング言語が代表的です。

他のプログラミング言語でもスマートフォンアプリ開発は行えますが、主流のプログラミング言語を使用する事でライブラリなどが豊富な事から、特別な理由がなければ上記のプログラミング言語を利用する事がオススメになります。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebに関連するデザインを行う仕事です。

Webデザイナーはエンジニア業界の中でも人気が高く、特に女性も多くWebデザイナーとして活躍しています。

Webデザイナー仕事の内容

Webデザイナー仕事の内容は、Webサイトなどを中心としたWeb関連のデザイン全般です。

Webデザイン会社も多く存在しますが、フリーランスでWebデザイナーとして活躍も出来ます。

仕事の流れとしては、Webデザイナーが作成したデザインを基にWebプログラマー・HTMLコーダーが開発を行います。

デザイナーと言う名前ですが、HTML・CSSなどのマークアップ言語やPhotoshop・illustratorのスキルも必要になります。

そして何よりもデザインセンスが必要で、その時々の流行を把握しておく事も重要です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは名前の通り、ネットワーク専用のエンジニアです。

Webでも業務システムでも殆どがネットワークを使用しており、エンジニア業界の中では必要不可欠なエンジニアです。

ネットワークエンジニア仕事の内容

ネットワークエンジニアの仕事では、Webコンテンツを始めとするインターネット回線だけでなく、社内システムなどのイントラネット回線もネットワークエンジニアの仕事です。

ネットワークエンジニアは設計・構築・保守に分かれています。

設計・構築を担当する場合は、他のエンジニア職種と同じく残業が発生します。

しかし保守担当の場合は、ネットワークトラブルが発生した際にすぐに対応できる様に、24時間保守を担当するネットワークエンジニアがシフト勤務で働く事が多いです。

シフト勤務で働く場合は、夜勤になる事もありますが、基本残業なしの企業も少なくありません。

ネットワークエンジニアは残業が嫌いな人にオススメの仕事です。

必要なスキルは、ネットワークの知識とネットワーク機器Ciscoの知識などが代表的です。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベース専門のエンジニアです。

データーベースはネットワーク同様、システムを運用させる為にはなくてはならない物です。

データベースは大量のデータを保持し、自由にデータを引き出したり、格納したりする事ができます。

なお、未経験からデータベースエンジニアになるための記事もありますのでこちらも併せてお読みください。

データベースエンジニア仕事の内容

データベースエンジニアの仕事は、データベースを最適な状態に設計・構築する事です。

データベースの調整次第で、快適なレスポンスで使う事ができます。

逆にデータベースエンジニアの設計・構築が悪い場合は、システム側のレスポンスにも大きく影響します。

必要なスキルとしては、Oracle・SQLServerなどのデータベースの知識とデータベースを操作するSqlの知識があります。

今後もデータベースエンジニアの需要は高く、将来性のある職種の1つです。

まとめ

今回は数多くあるエンジニアの代表的な職種とその仕事内容について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

同じIT業界のエンジニアでもその役割は、それぞれの専門性に分かれており、必要なスキルや勤務体系などにも違いがあります。

これからエンジニアを目指そうと考えている方は、まずご自身が何のエンジニアになりたいかで、必要なスキルを学習する事をオススメします。

またエンジニア業界で働きたいと漠然と考えている方は、どのエンジニアになっても無駄にはならないプログラミングについて、学習するのもオススメです。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

4月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月受入枠は満員となっております。4月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事