新卒で入社した会社を3ヶ月で退社。話題のチームラボグループにエンジニア転職成功! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

新卒で入社した会社を3ヶ月で退社。話題のチームラボグループにエンジニア転職成功!

今回は、営業プロデューサーからチームラボグループにエンジニア転職されたDMM WEBCAMP卒業生の黒木さんにお話を伺いました。新卒で入社した会社を3ヶ月で退社した黒木さん。エンジニアを目指したきっかけや、初めてプログラミングを学んでみて感じたことなど幅広くお話を伺いました。

企画だけではなく、自分でモノづくりができるようになりたいと思った

–これまでのご経歴を教えてください。

大学卒業後、新卒で入社した映像やWEBサイトの制作会社で営業プロデューサーとして3ヶ月間働いていました。お客様の課題をヒアリングさせていただき、WEB制作を通じた企画・ご提案でビジネス上の課題解決を行なっていました。社会人歴としては3ヶ月程になります。

–3ヶ月ですか!会社によっては、まだ研修中の期間だったりしますよね。

そうですよね(笑)私が入社した会社は研修がなく、現場で覚えていくスタイルだったので、入社して1週間目から直属の上司と現場の打ち合わせに参加させてもらっていました。次の週からは、自分で企画書作って現場で経験を積ませてもらっていたので、5月には自分で営業したお客様の担当もさせてもらっていました。他の会社と比べてスピード感はあったと思います。

–入社してすぐに即戦力として働かれていたのですね。エンジニアに興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか?

もともと自分のアイデアを形にする企画の仕事に興味を持っていたので、お客様の課題を自分のアイデアで解決できる今の仕事にやりがいはありました。ただ、仕事を覚えていく中で、企画だけでなく制作まで自分で出来るようになりたいと思うようになりました。営業プロデューサーという仕事は、企画を考えることはできても、それを作ることができないのだなと思い、モノづくりができる”エンジニア”という職業に興味を持ち始めました。

–なるほど。そこからプログラミングを学び始めたのですね。

はい。最初の頃は、仕事の休みを利用しながら独学でプログラミングの勉強を始めてみました。ただ、手につけてみたものの基礎が全く分からなくて、すぐにつまずいてしまいました。

独学での勉強は厳しいなと思い、それからはプログラミングスクールを探し始めました。色々なスクールを見ている中で、転職保証のサービスを行なっているDMM WEBCAMPのことを知り、思い切ってエンジニアとして転職するもありかな!って思いました。

–そうだったのですね。とはいえ、3ヶ月での退社は勇気がいることだったと思います。

そうですね。前の会社は7月が決算なのですが、会社の方針として8月からは新卒という立場を抜けて、独り立ちしていかなければいけないタイミングでした。今後、顧客との繋がりもどんどん深くなっていくので、会社を退社するタイミングは今しかないなと思いました。何より「制作に携われるようになりたい」という自分の気持ちがどうしても強かったので、エンジニアを目指すことを決意しました。

コードを読むのが楽しくなるくらい学習に没頭できた

–DMM WEBCAMPでの学習はいかがでしたか?

メンターにいつでも質問できる環境があるのが良かったです。最初は本当に分からないことだらけだったのですが、メンターの方がとても協力的にサポートしてくださるのでスムーズに学習を進めることができました。

技術的なハードルが高く開発に苦戦していた時も、こちらから何も言っていないのに、次の日には開発のデモンストレーションを披露してくださいました。後から話を聞くと、その日の夜中に作業してくださったみたいで、流石にそこまでサポートしてもらえるとは思ってもいなかったので、とても感動しました。同時に「このまま頼りっぱなしじゃダメだな」と思って、より自己解決を心がけるようにもなりました。メンターの皆さんには本当に感謝しています。

–プログラミング学習は楽しかったですか?

楽しかったです。学習を進めながら他の知識もどんどん吸収したいと思うようになり、他の方が書いたコードを見るようになりました。この記述って何だろう?って気になったら毎回調べて、自分の知識を身につけていく流れが自然とできてきて、気づいたら他の方が書いたコードを読むのが楽しくなっていました。

–教室にはどれくらい通って学習していましたか?

基本的に教室が空いている11時〜22時はずっと教室で学習していました。自分は会社を辞めて無職だったので、社会人の方のように1週間のうち2日も休んでいられないという意識があり、1日でも休むのが不安でした。毎日コーディングしていても、特にストレスはなかったので、自然と毎日続けることができましたね。

–3ヶ月目のポートフォリオ制作では何を作りましたか?

野球のデータ分析ができるツールを開発しました。小学校から大学まで自分は野球をしていたのですが、データ分析が好きでよく自分のチームや敵チームの分析を行なっていました。

初球に投手が投げる球種とコースが分かれば、打者も対策が打てます。この投手はどの球種でどのコースが多いのか等の数値データを取っていたのですが、大学の野球選手って数値に弱い人が多くて、分析した数値データをどう活用したらいいかわからない。という意見がありました。

それは分析をしている側からしても悔しかったですし、「どうしたら分かりやすく伝えることができるか」が課題にあったので、データを数値で見るよりも、色で見た目で視覚的にわかりやすく、ゲーム感覚で楽しめる分析ツールを作ろうと思いました。

–開発中に苦戦したことはありましたか?

データ入力の際に、何を軸にしてデータを処理すべきなのか、ここを決めるのには苦戦しました。このデータは投手のデータとするのか、打者のデータとするのか等、データをどう分かりやすくするのかについて何日も考えましたね。また、このツールは試合中にスマートフォンで利用することを想定していたので、スマートフォン上の使いやすさもこだわりました。

黒木さんが開発された分析ツール「Sweep」:マス目をクリックするとコースごとの投球数が表示され、投球割合の比較が示される

自分の中にある本質的な欲求を見つけることができた

–ここからは転職活動についてお話を聞かせてください。どういう軸で会社を選びましたか?

入社後の育成環境というところに自分は注目しました。前職は即戦力でやらせてもらえて成長スピードも早くてよかったのですが、逆に放置されることも多かったので、もう少し育成環境があればモチベーションも続いたのかなと思うところがありました。

自分はまだまだプログラミング歴も短いですし、これからより一層エンジニアとして成長していきたいので、育成環境の充実度を転職活動の軸に設定しました。

–キャリアアドバイザーの白井さんにもお話を伺いたいと思います。サポートする上で気をつけたことはありますか?

キャリアアドバイザー白井:黒木さんの場合、一番心配していたのは「3ヶ月での退職」というご経歴のところでした。企業からしても、採用した人には長く働いてもらいたいと思っているので早期退職は採用懸念になります。今回の退職はスキルアップ・ステップアップのためなんだということを、書類選考の時点からしっかり伝えていかないといけないなと思いました。誤解されないように、より良い印象を持ってもらえるように、履歴書、職務経歴書の書き方は特に意識してサポートさせてもらいました。

–黒木さんはキャリアサポートで印象に残っていることはありますか?

自分は「自己分析」が印象的に残っています。なぜ3ヶ月で会社を辞めたのか、なぜエンジニアを目指すのか。という理由の部分をきちんと深掘りして言語化することができました。間違いなく自分一人ではできなかったと思います。

また、たくさん自分と向き合って考えた中で「自分の思想を伝えるモノづくりがしたい!」という本質的な欲求を見つけることができました。自分の気持ちを引き出してくれた白井さんには感謝しています。

自己理解が深まり面接も自信を持って望むことができ、結果的に自分が志望していた企業から内定をいただくことができました。

–おめでとうございます!これからエンジニアとして働く今の心境はいかがですか?

ここからが新たなスタートだと思います。色んなことを経験してどんどん自分の学びを高めていきたいです。先輩方のスキルをたくさん吸収してエンジニアとして一人前になれるよう頑張りたいと思います!

「なぜエンジニアになるのか」を考えて欲しい

–最後に、これからエンジニアを目指す方にメッセージをお願いできますでしょうか。

プログラミングを学び始めると、どんな人でも途中で学習につまずく瞬間って訪れると思います。自分はエンジニアに向いていないんじゃないかと思ってしまったり。こういう経験は誰でも一回はあるのではないかと思っています。

でもその時に、自分は何のためにプログラミングを学習していて、何のためにエンジニアを目指しているんだろう?って考えて見て欲しいなと思います。自分の場合、「モノが作りたい」という絶対的な思いがあったので、どんな時でも頑張れました。

こうなりたいという思いがあれば、辛い時でも踏ん張れるし、エネルギーになると思うので、そこを見つけて頑張って欲しいなと思います。

–黒木さん、本日はありがとうございました!

DMM WEBCAMP について

DMM WEBCAMPは、3ヶ月で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアとしての転職を保証するコースです。

プログラミング完全未経験でも、エンジニアになるための効率的なカリキュラムや、受講生のニーズに寄り添ったキャリアサポートにより、転職後の離職率は1%(2019年4月実績)です!

「プログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「将来性のあるスキルを学び、手に職をつけたい」
「ルーティンワークではなく、クリエイティブな仕事をしたい」

以上にあてはまる転職希望者の方は、ぜひこの機会に無料カウンセリングにお越し下さい。

DMM WEBCAMPで新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみてくださいね!