8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

ITエンジニアになったらもう勉強は終わりだと思っていませんか?

残念ながらITエンジニアになってからが本番です。

業種によって覚えなくてはいけないことや、今覚えているプログラミングにも磨きをかける必要さえあります。

そこで、エンジニアに成り立ての人に読んで欲しいおすすめの本を10つご紹介します。

年収や給料がよいという点から、エンジニアになることをゴールにしている人もいます。

ですが、エンジニアになることはゴールではなくむしろスタートなのです。

エンジニアになってから必要なスキルを勉強するという探究心や向上心は職業柄必要ですし、本を読みあさる人もいるでしょう。

そこで今回は、初心者で読む本を迷っているのであれば絶対に読んでおきたい本をいくつかご紹介します。

Webエンジニア・デザインはこちら↓

https://web-camp.io/magazine/archives/11309

 

エンジニア初心者の本の選び方


エンジニアの初心者が書籍学習をするのはとてもよいことです。

ですが、エンジニアにおすすめされている本は山ほどありその数にうんざりしてしまうのではないでしょうか。

そして、うんざりしてしまった結果どうしても適当な本を手に取ってしまいあまり有意義な書籍学習を送れなかったという人もいるはずです。

そこで、初心者が選びたい本の選び方をポイントごとにご紹介します。

選ぶときのポイント①:適当に選ばない

エンジニアに対して向けられている書籍の数は星の数ほどあります。

有意義な勉強ができなかったと感じる場合は、自分に合ったものを選ぶのが大変と適当に購入してしまっているのではないでしょうか。

ですが、エンジニアの書籍学習に限らず書籍を適当に購入するのはおすすめとはいえません。

例えば料理でも同じ事がいえます。どんな料理を作りたいのかで選ぶ本を買えるはずです。

ダイエット食なのか、和食なのかはたまた洋食なのか、エンジニアの本もそれと同じ事がいえます。

今自分がどんな勉強をしたいのか、どんなことが必要なのかを見極めて本を選ぶ必要があります。

技術スキルの本なのかエンジニアマインドの本なのか

そして、今自分が学びたいことがどんなことなのかを想像してみましょう。

エンジニアの本は、大きく分けて2種類ありそれぞれ1人で勉強したいのか、複数人で勉強する方がよいのかに違いがあります。

例えば、技術スキルの本であれば複数人で読んだりするのがおすすめです。

エンジニアマインドの本であれば1人でじっくり書籍学習するのもありでしょう。

その理由は、技術スキルの本に関しては1人で読んでしまうと壁にぶつかった時に挫折しまいがちだからです。

誰か仲間がいればお互いに解決し合うこともできるためおすすめです。

そして、エンジニアマインドの本を1人でじっくり読むのがおすすめなのは、どんなことを意識して仕事に取り組むべきなのかなど、仕事意識について学ぶことができるためです。

今欲しい自分の本がどんなものなのか見極めることも大切ですが、今自分がどういう状況なのかを考慮することもとても大切です。

【厳選】エンジニアにおすすめの本10選


それでは早速、エンジニアの人におすすめした本を10つほどご紹介しましょう。

どんな本を購入しようか迷っているという人はぜひ参考にしていただけると幸いです。

リーダブルコード

まず最初に紹介するのは、エンジニア達がおすすめするより良いコードを書くためのテクニックが記載されている本です。

プログラムを記入する上で最も重要なのはソースコードです。

ソースコードというのは他人と共有するものです。

そのため、自分本位なソースコードの記載はおすすめできません。

そこで、リーダブルコードには読みやすいコード、有意義なコメントの付け方などがほどよいボリュームで入っています。

内容としては初心者でも既にエンジニアとして活躍している人でも入りやすいもので、中身も実践なものになっているため実務でもすぐに応用できるでしょう。

達人プログラマー

IT系エンジニアとして必ず必要なものといえば、プログラムです。

プログラムについてまだまだ初心者という人は絶対に読んで欲しいおすすめの1冊です。

会社にいる先輩とはうまくプログラムの話ができないと気に病んでしまうかもしれませんが、この1冊を読めば先輩プログラマーともしっかりコミュニケーションがとれるはずです。

より良いエンジニアになるためにはどのようなことをすればよいのか、さほど難しくない内容で様々記載されています。

まさに達人プログラマーになるにはどうすれば良いのかが明確に記載されています。

SEの基本

SEの心構え、実際の実務の流れから自分の目標管理までエンジニアとしての基本がぎゅっとつまった1冊になっています。

そのため、初心者で入社したてという人におすすめできる本です。

その他にも、入社する前の就活生にもおすすめできます。

エンジニアとしての仕事とはどういうものなのかという全体的な様子をつかむことができる上に、理解が深まります。

理解がある上で業界に入るのと何も知らずに業界に入るのとでは全く違います。

この1冊でしっかりと学んでから業界に入ることで自分の想像との違いを埋めることができるでしょう。

エンジニアの成長戦略

エンジニアになるにはITの知識は必ず必要になってきますが、それ以外にも必要なスキルがたくさんあります。

この本ではそういったIT知識以外の部分のスキルを磨くための方法がたくさん記載されています。

まさに成長戦略の言葉のごとく、エンジニアのIT知識以外の部分であるコミュニケーション能力や知識などを成長させてくれる1冊いえるでしょう。

それ以外にもエンジニアに必要な情報がびっしり記載されているのでおすすめです。

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

IT系エンジニアというとプログラマーやシステムエンジニアを想像しがちですが、IT系エンジニアには種類があり、プログラマーやシステムエンジニアはその一部に過ぎません。

例えばサイトデザインを行っているのもIT系エンジニアの仕事で、この本はWebエンジニアの人向けの本になっています。

Webサイトのデザインだけでなくコーディングまで学ぶことができます。

もちろんデザインやコーディングだけでなく、Webサイトの作成方法や基本なども記載されていることから初心者でも学ぶことができ、おすすめです。

良いコードを書く技術

読みやすくて保守をしやすいコードが書けるようになることがエンジニアとして仲間からも喜ばれます。

他のコード本が難しく感じてしまう人にはおすすめで、簡潔にコードに対する情報が書いてあります。

ですので、この本を読破してから他のコード本を読めばすらすらと読むことができますし、何よりわからないことも少なく楽しく読み進めることができるはずです。

上級者の人には少し物足りない内容かもしれませんが、初心者にはとてもおすすめで、むしろ初心者が読んでおきたい本の1つといっても過言ではありません。

プログラマが知るべき97のこと

エンジニアにとって技術的なスキルを磨くことはとても大切です。

ですが、いざエンジニアになってみるとどうやって腕を磨けば良いのかという壁にぶつかってしまうこと間違いなしです。

その他にも、書籍学習するにしてもどんな書籍が良いのかわからないという人におすすめしたい1冊がこの本です。

この中には世界中のプログラマによるエッセイを収録しています。

実際のエンジニア達の生の声が収録されているので、エンジニアに成り立ての人にとっては糧になることばかりですし、新たな気づきも考えさせられる1冊になっています。

SQLアンチパターン

データベース設計やSQLの記述をする際に避けたいこともたくさんありますが、中でも避けたい事例を25個ほど紹介してくれるため、実務的にもわかりやすいです。

エンジニアとして陥りやすい失敗を、データベース論理設計、データベース物理設計、クエリの記述、アプリケーション開発の4つに分けて紹介してくれます。

失敗を避けるための方法を提案してくれるので参考にすると良いでしょう。

エンジニアの声としては、やはり活動し始めてからよりも新人の時に読んでおきたかったという声も多い本ですので初心者にもそして読んだことのないエンジニアにもおすすめです。

Team Geek

エンジニアをする上で何が大切なのかというと、チームワークです。

エンジニアとしての仕事は一人だけでなくチーム全体で協力し合うことでプロジェクトもゴールに進みます。

そして何より、チームワークが結束することでプロジェクトを成功に導くことができます。

むしろ、どれだけの協力者を集えるかが良いプロジェクトになるかの鍵になるという事を教えてくれます。

この本の著者はGoogleでプログラマーを経てリーダーを務めるようになったという偉大な人なので、エンジニアになった人にはぜひ読んで欲しい一冊です。

若手ITエンジニア最強の指南書

本の題名からもわかるように、この本は若手のエンジニア達に何が必要なのかを紹介してくれる本です。

技術的に必要な知識だけでなくスキルなども網羅しているのでわかりやすく共感もできます。

そして、ビジネスの場が初めての人におすすめなのは日々の仕事を上手にこなすヒューマンスキルについても記載されているため、就職前に読み込んでおくのもありでしょう。

エンジニアとしても仕事でのスキルも本で磨くことができるので、まだエンジニアとはどんなものかつかめていないという人におすすめです。

https://web-camp.io/magazine/archives/8805

自分に合った書籍学習でエンジニアとしての腕を磨こう

赤ちゃん
エンジニアとしての腕を磨くのはとても大変です。

そして何より技術スキルや対人スキルなど覚えることはたくさんありますし、書籍学習に頼るのはとてもおすすめです。

ですが、エンジニアにおすすめの本はたくさんありどれを選べばよいのかわからないという人は今回紹介した本をぜひ手にとってみてもらいたいです。

そうすることでエンジニアとしての腕を磨くことができるはずです。

エンジニアは向上心や探究心が大切ですので、腕を磨いて先輩エンジニア達と仕事を楽しみましょう!

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事