エンジニアに必要なスキルとプロジェクト管理のスキルマップ | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

エンジニアに必要なスキルとプロジェクト管理のスキルマップ

本棚とパソコン

エンジニアは技術者と呼ばれる事も多く、仕事内容から専門的なスキルが必要になります。

今回はエンジニアのスキルとスキルを管理する為のスキルマップについて、解説をしていきます。

エンジニアに必要なスキル

卓上のPC

エンジニアになる為に必ず必要な資格がない事は、多くの書籍やネット上で解説をされています。

エンジニアとして働く上で資格は必須ではありませんが、それぞれの業種で必要なスキルがあります。

それぞれの職種の特徴と必要なスキルについて、代表的なものを解説していきます。

プログラマー・システムエンジニア

ITエンジニアの代表的な職種のプログラマー・システムエンジニアの仕事内容と必要なスキルとして解説していきます。

プログラマーとシステムエンジニアの仕事内容は違いますが、必要なスキルについては共通するものが多いので、まとめて解説させて頂きます。

プログラマー・システムエンジニアの仕事内容

プログラマー・システムエンジニアはシステムを開発するのが仕事です。

システムエンジニアの仕事は上流工程と呼ばれ、顧客と打ち合わせをし要件を引き出し、システムの設計をします。

プログラマーの仕事は下流工程と呼ばれ、システムエンジニアが設計した仕様書からプログラミングしてシステムを実際開発するのが仕事です。

プログラマー・システムエンジニアに必要なスキル

プログラマー・システムエンジニアに必要な代表的なスキルについて、解説をしていきます。

プログラマー・システムエンジニアは開発するシステムに応じて少しずつ差があるので、共通的なスキルを解説します。

プログラミング

プログラマー・システムエンジニア共にプログラミングスキルが必要になります。

ただプログラミング言語には非常に多くの種類があり、それぞれのプログラミング言語に得意な事、苦手な事があります。

全てのプログラミング言語の知識は必要ありませんが、需要が高いJava・JavaScript・PHPなどのプログラミング言語取得しておくと様々な分野で活躍する事ができます。

またAI開発・ビッグデータ解析などに使用される事が多く、日本でも徐々に需要が高まっているPythonはこれからプログラマー・システムエンジニアを目指す方はもちろん、現在エンジニアに就職・転職を目指している方にもオススメです。

データベース

システム開発を行う場合、規模によって違いますがデータベースを使用する事が多いです。

データベースは大量のデータを保持したり、抽出する事ができる入れ物だと認識して頂ければ大丈夫です。

プログラマー・システムエンジニアがデータベースで必要なスキルはSQLの知識です。

SQLはデータベースを操作できる言語で、プログラミングする際にもソースと合わせて記述する事が多く、必要なスキルの1つです。

Webデザイナー

エンジニア職種の中でも女性にも人気のWebデザイナーの仕事内容と必要なスキルについて、解説をしていきます。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事はWebサイトを始めとするWebコンテンツのデザインを行うのが仕事です。

Webデザイナーが作成したデザインを基にHTMLコーダー・Webプログラマーが実際のWebコンテンツを開発していきます。

ただWebデザイナーでもフリーランスとして独立している場合は、Webデザイン以外にもHTMLコーダーやWebプログラマーのスキルを取得している事で対応できる案件が大幅に増えます。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキルについて、解説をしていきます。

デザインセンス

Webデザイナーにもっとも必要なスキルは、デザインセンスです。

またデザインの基本以外にも流行などを常に把握し続ける事も重要になります。

デザインの学習をした事がない方は、カラーの勉強などから徐々に学習して行くのがオススメです。

HTML

HTMLはHyperText Markup Languageの略でWebページを表示する為に作られた専用言語です。

Webページを作る上では必須のスキルですが、HTMLコーダーがWebデザインを基に作成する場合もあれば、Webデザイナーがコーディングする場合も少なくありません。

Webデザイナー本人が直接コーディング作業を行わない場合でもWebデザインを作る時に何がHTMLで出来て、どこからWebプログラムでなければいけなかを把握しておく事は非常に重要です。

CSS

CSSはCascading Style Sheetsの略でWebページのデザインを統一させることが出来る言語です。

WebページのデザインはHTMLだけでも表現する事が出来ますが、CSSを使用する事でデザインの統一性だけでなく、コーディングにかかるコストを軽減する事ができます。

またメンテナンス性にも優れており、既に公開されているWebコンテンツのデザインを一新する時などにもCSSを編集するだけでデザイン変更する事ができます。

HTMLと同様にCSSのコーディングもWebデザイナーが行う場合も多く、Webデザイナー本人がコーディングしない場合でもWebでCSSで出来る表現について知る為にもCSSは必要なスキルです。

Photoshop・illustrator

WebデザインはPhotoshopなどで作成する事が多く、Webコンテンツで使用する画像やイラストもWebデザイナーが準備する事が基本になります。

画像の編集などに必ずソフトの指定がある訳ではありませんが、シェアも性能的にもAdobe製品のPhotoshopとillustratorはWebデザイナーに必要なスキルです。

webデザイナーに興味ある方はこちらの記事も併せて」ご覧ください。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事内容と必要なスキルについて、解説をしていきます。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは名前の通り、ネットワーク専門のエンジニアです。

インターネット環境はもちろんですが、企業内や病院内のネットワークの設計・構築・運用もネットワークエンジニアの仕事になります。

ネットワークエンジニアはシフト勤務の企業が多く、エンジニア業界の中では残業が少ない職種としても有名です。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに必要なスキルについて、解説をしていきます。

ネットワークの知識

当然と言えば当然ですが、ネットワークエンジニアにはネットワークの知識が必要になります。

ネットワークの設計時・構築時にどれだけトラブルが発生した時に影響を減らせるかを考えられる知識がなければいけません。

またCiscoのネットワーク機器についての知識も重要です。

エンジニアの中では比較的必要なスキルは少ないですが、ネットワークはITの基盤となる為、責任ある重要な役割です。

エンジニアのスキルはスキルマップで管理

ホワイトボード

エンジニアのスキルについて、解説をしてきましたが、ここからは実際にスキルを管理する管理者視点で役立つスキルマップについて解説をしていきます。

エンジニアのスキルはスキルマップで可視化

皆さんはスキルマップについて、ご存知でしょうか。

現役エンジニアの方であれば、何度か耳にしたり実際に見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

システム会社には多くのエンジニアが所属し、仕事を受注したり、プロジェクトメンバーに誰をアサインするかを管理職は考えます。

しかしエンジニアが5人ぐらいの会社の管理職であれば、それ程問題になりませんが、数十人から数百人エンジニアが所属する会社ではエンジニアが個々に習得しているスキルを記憶や会話だけで把握しておくのは不可能です。

そこで役立つのがスキルマップです。

スキルマップはエンジニアとエンジニアが習得しているスキルを一覧にして可視化する物です。

エンジニアのスキルマップの作り方

スキルマップの作り方は非常にシンプルでExcelなどで作る事ができます。

最初の列にエンジニアの行を作っていき、2列目以降はスキルをどんどん列挙していきます。

後はエンジニアが所属しているスキルを10段階評価などの数値を入力していけば、完成です。

この時重要なのは、Java、PHP、Photoshopなどのスキル以外にもリーダー経験などのITエンジニアの具体的なスキルでない物についても追加しておく事が重要です。

エンジニア個々の情報はスキルシート

スキルマップのひな形が出来たら次はエンジニア個々のスキル情報を集めなければいけません。

1人1人面接をして作る方法もありますが、オススメはスキルシートを使用する方法です。

スキルシートはスキルマップのスキル一覧を基に、それぞれの評価値を決めておいてエンジニア自身に記述させるフォーマットです。

評価基準と記述するフォーマットを統一していれば、後は記述されたスキルシートを集計すればスキルマップが完成します。

エンジニアのスキルレベル評価基準は統一する

スキルシートを作成する時は、統一の評価基準を徹底する事が重要です。

例えば2人のAさんとBさんと言うプログラマーがいて「Javaの経験を10段階評価で自己評価はいくつですか?」としてしまうと、Aさんの方が経験が高くてもBさんの方が自己評価を高くして記述してしまう可能性もあり、スキルシートの信頼性に欠けてしまいます。

プロジェクト経験数や経験年数などを基準に評価できる基準を作る事が重要です。

エンジニアのスキルアップを棚卸する

スキルマップやスキルシートの作成は比較的簡単な為、多くの企業が既に実施しています。

しかし1度スキルマップを作った後棚卸をしていない企業が非常に多く、スキルマップの価値を発揮しきれていません。

エンジニアはスキルアップをしていく職業です。

スキルマップを作るまたは更新してから半年も立てば、評価点や習得しているスキルに差が出てきます。

スキルマップはエンジニアのスキルアップを把握する為に定期的な棚卸をする事が非常に重要です。

まとめ

今回はエンジニアのスキルとスキルを管理する為のスキルマップについて、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

エンジニアが活躍する為にスキルは必要ですが、管理職の方がエンジニアが習得しているスキルを把握し、プロジェクトを進めていかなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

業務を改善する為にもスキルマップなどの可視化は非常に重要です。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%