ネットワークエンジニアとは?仕事内容や将来性を徹底解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

ネットワークエンジニアとは?仕事内容や将来性を徹底解説

はじめに

本棚

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク機器を用いてネットワークの情報のやりとりを支えるエンジニアのことです。情報をやりとりするネットワークの通信設備や通信網のことを指して通信インフラと呼びます。

ネットワークは現代では身近でだれにでも使えるものですが、それを維持するにはネットワークについての知識やネットワーク機器についての知識が必要です。その知識を持ち、日常生活に不可欠なネットワークを維持しているのがネットワークエンジニアです。

プログラミングをするエンジニアのイメージとはやや外れていて、構築の仕事には機器を設置したりコードを繋いだりといった仕事も含まれています。また保守の仕事はどちらかと言えば小さい会社などでパソコン機器の故障についてよく尋ねられる人のほうがイメージとしては近いかと思います。

この記事ではこのあまり存在を知られていない、縁の下の力持ち的存在でもあるネットワークエンジニアについて、給料やなりやすさ、将来性の点から紹介していきます。

ネットワークエンジニアの仕事は楽しい?

喜ぶ男性

大きな流れとして、クライアントからのヒアリング→要件定義→システム設計・構築→運用・保守・監視というフェーズで仕事をこなします。やるべきことも必要な知識も多くあるので、これらすべてを担当しているネットワークエンジニアは少ないです。技術的にはすべてこなせたとしても、一部のフェーズを担当し、他のフェーズを担当する仲間と連携してトラブルの対応などにあたることが多いです。担当しているフェーズによっては必要な知識が全く違います。

ネットワークエンジニアとして未経験の場合は、監視、保守、運用などの所謂下流フェーズから入っていくことが多いです。上流フェーズに移動できる将来性があるといえるでしょう。

必要なものは業務に関する専門的な知識やスキルだけではありません。特に用件定義や設計などを行う場合は担う業務が組織の根幹にかかわってくるだけに、チームを組んだりコンペに参加したりする機会が他のエンジニアより多いです。そのため、ITに詳しくない顧客に分かりやすく説明できる高いコミュニケーション能力が必要です。

ネットワークエンジニアに向いているのは、几帳面で丁寧な人です。ネットワークに関係する数字の確認や、発生したトラブルを分割して対応するなどの細かな作業が多く、一つ一つに丁寧に対応する必要があります。そのため物事の確認に細かすぎるくらいの人が向いています。決して楽ではありませんし、責任も重い仕事ですが、やりがいも大きく、またフェーズごとに違った面白みがある仕事です。

クライアントからのヒアリング

クライアントとやり取りをし、クライアントの抱える問題点や要望を洗い出すフェーズです。

クライアントから把握した問題点や要望から、費用対効果も当然加味して、最適なネットワークシステムの設計ができるよう、一番最初の構想を練ります。

場合によってはコンペ形式で他のネットワークエンジニアの案と競わなければならなくなることもあるので、それを勝ち抜くためには技術だけではなく、このフェーズでクライアントの問題点や要望を正確に把握するヒアリング力と、専門知識のない人にもわかりやすく説明できるコミュニケーションスキルが必要となります。

要件定義

クライアントからのヒアリングで洗い出した問題点や要望をまとめ、ネットワークの全体の構想を決めるフェーズです。

業務の開始後に要望や条件の変更があるとすべてやり直しが必要になってしまうので、ネットワークの専門知識に加えてクライアントとのコミュニケーション能力が必須となります。だいたいは確認の必要からクライアントからのヒアリングとセットになって行われるフェーズです。

システム設計・構築

システム設計

要件定義で決定した全体の構想からさらに詰めて、具体的にどのようなネットワークを作成するかを決定するフェーズです。

まず基本設計でどのような構成にするか、どの機器を用いてどのような機能で実現するかなど、ネットワークの全体の方針を決定します。そこからアドレスなど実際の機器の設定値といった詳細を決定し、さらに監視・保守などの方法をはじめとしたネットワークの運用方法を決定していきます。

ネットワーク機器についての専門知識が必要となります。また複数人でチームを組んで作業を行うことが多いフェーズです。このためチームワークを円滑にする協調性も必要となります。

構築

ネットワーク設計に基づいて機器を設定し、ネットワーク機器同士をケーブルで接続するなど、ネットワークの構築を行うフェーズです。

機器の設定と接続を行い、ケーブルを実際に敷き、設計通りに動くことを確認するなど、手作業が多く肉体労働的な側面がある一方、ネットワークを作っているという実感のあるフェーズです。実際の機器を繋ぐ作業なので、備品が足りない、機器が繋がっていないなどアクシデントも発生します。これに対処できる柔軟さが必要となります。

運用・保守・監視

一般人にとって最も身近なフェーズでしょう。何かあっても他のフェーズよりは被害のコストが少ないため、ネットワークエンジニアとして最初に監視や保守を任されることが多いです。しかしもちろん簡単な仕事でも責任の軽い仕事でもありません。ネットワークが停止してしまったら復旧するまで仕事にならないということも十分あり得ます。

運用

ネットワークが正常に通信ができるように維持管理を行うフェーズです。

パソコンの数や機器のアップデート、ユーザーのアカウント管理など、システムは状況に合わせて少しずつ変えていく必要があります。これを維持するため、ネットワークの全体構成や、ネットワーク機器の特性などITに関する幅広い知識が必要です。

保守

ネットワークに障害が発生した場合に、復旧の対応をするフェーズです。

障害が起きなければ発生しない仕事のため、運用や監視と兼務する場合が多いです。ネットワークは常に稼働しているため、時間を問わず業務が発生する可能性があります。そのため場合によっては夜勤や残業も発生します。

ネットワーク機器に関する専門的な知識のほかに、トラブルについての問い合わせに対応したり、上のフェーズの担当者にトラブルを的確に伝えたりするコミュニケーション能力も必要です。

監視

ネットワークが正常に動いているかを監視するフェーズです。

こちらも四六時中発生する業務で、トラブルが起きた間だけ発生する保守の業務と違い、毎日行われるので交代制で夜勤があるケースがほとんどです。ネットワークが正常に稼働しているかをチェックするだけでなく、ネットワーク機器の負担をチェックすることも主な業務です。ネットワークに問題が発生したらそれを報告し、場合によっては保守や運用などのスタッフとともにトラブル解決にあたります。

ネットワークエンジニアの仕事とは!

ネットワークエンジニアの年収は高い?

ドアから覗いている女

クライアントからのヒアリングから設計、構築、運用まで一通りできる人だと年収400~700万円と言われています。未経験からでもチャレンジ可能ですが、その場合年収300万程度からのスタートです。

実力と実績が重視される職種で、経験に応じて年収が上がるケースが多いですが、他にも仕事に関連するIT系の資格をとることで昇進・昇給を決めているという方針の会社もあります。

ネットワークエンジニアとして評価されるのは、使用できる製品が幅や大手企業などでの大規模なネットワーク開発の経験などで、これらをアピールできれば評価され、年収は高くなります。なかには年収1000万円というケースもあります。

正社員でなく派遣社員や契約社員などでも実力によっては高い年収を得られます。

ネットワークエンジニアの将来性は?

閃いてる男

近年はクラウドサービスが発展しており、物理的なサーバーを使用する企業が減りつつあります。物理的なサーバーを用いなくてもサーバー構築が行えるようになっているのです。そんな中でもネットワークエンジニアの需要はあるのでしょうか?

ネットワークエンジニアは現在人手不足で、これからもその状況は続くだろうといわれています。しかし求められているネットワークエンジニアは、基幹システムや業務システムの開発やネットワークシステムの保守といった従来のスキルだけをもつエンジニアではなくなっていきます。現在の技術に加えて、クラウド化に対応できる技術をもつネットワークエンジニアが今後さらに需要が増えていくでしょう。

他のエンジニアと同じく、技術の発展に合わせてスキルを磨くことを怠らない人間が必要とされ、需要も増大していくでしょう。

求人数は年々増加傾向

ネットワークエンジニアの求人数は自体はIT技術の進歩に合わせて年々増加傾向にあります。現在需要が高いのはクライアントからのヒアリングから設計、保守や監視まで一通りできる人材ですが、今後はその中でもさらにネットワークセキュリティの分野に詳しい人やクラウド化に対応できる技術を持つ人などが必要とされていくでしょう。

会社から施される教育だけではなく、自らもアンテナを広げてスキルアップを図っていくことができればキャリアを積み上げていくことができる仕事です。

おすすめのプログラミングスクール

喜ぶ子供

ネットワークエンジニアにはこれをとらなければなれないというような資格はありませんが、スキルを証明するための資格はあります。

求人によっては必須とされていることもあるので、これをとるためにスクールに通うことも選択肢に入ってきます。スクールは完全にオンラインのものや、人材派遣会社を兼ねているため無料のものもあります。

資格勉強だけでなく就職支援や実務の体験をさせてくれるところもあります。スクールの情報をよく調べ、自分に合ったスクールを選んでみて下さい。

KENスクール

早い段階から豊富な機材による実機での実践演習をしてくれることが特徴のスクールです。1対1の個人授業を重視しており、ほとんどの講座で通学日や時間、校舎の規制がありません。自主的な学習のサポートも充実しており、関東や関西、北海道にある各校舎ではパソコンを無料で開放して課題に使用することができます。実務演習だけでなく資格試験へのサポートも模擬試験や合格サポート制度などで行っており、高い合格率を誇っています。専任のキャリアコーディネーターが就職支援を行ってくれるところも魅力でしょう。

https://www.kenschool.jp/

Winスクール

企業からの要望により開発された実践講座をメインとしたスクールで、豊富な講座から選択できるところに特徴があります。一対一の個人レッスン、最新の設備環境などの環境が整っており、フリーレッスン制と豊富な講座を組み合わせて学べる点からライフスタイルや目標にあわせた学び方ができます。MOS(Microsoft Office Specialist)の一発合格率も99.3%と非常に高いです。キャリアカウンセリングで転就職のサポートも行っています。

https://www.winschool.jp/

リナックスアカデミー

リナックスは資格の名前から来ており、その名前の通り資格に強いスクールです。即戦力のための短期学習だけでなく基礎も教えてくれる初心者向けの堅実なカリキュラムで、少人数クラス担任制のため疑問をすぐに解決できるだけでなく同じ目標を持つ仲間を作ることもできます。

無料で授業のリトライができる「合格保証制度」があり、就職全体説明会、個別カウンセリング、職務経歴書・履歴書作成指導、模擬面接・面接指導など、個別担当制で協力に就職をサポートしてくれるセンターです。

https://www.linuxacademy.ne.jp/

未経験からネットワークエンジニアになるための方法を解説

まとめ

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク機器を用いてネットワークの情報のやりとりを支えるエンジニアのことです。大きな流れとして、クライアントからのヒアリング→要件定義→システム設計・構築→運用・保守・監視というフェーズで仕事をこなします。

ネットワークエンジニアとして評価されるのは、使用できる製品が幅や大手企業などでの大規模なネットワーク開発の経験などで、これらをアピールできれば評価され、年収は高くなります。また、今後の技術の発展に伴って、現在の技術に加えクラウド化に対応できる技術をもつネットワークエンジニアが今後さらに需要が増えていくでしょう。他のエンジニアと同じく、技術の発展に合わせてスキルを磨くことを怠らない人間が必要とされ、需要も増大していくでしょう。

ネットワークエンジニアに向いているのは、一つ一つに丁寧に対応できる物事の確認に細かすぎるくらいの人です。決して楽ではありませんし、責任も重い仕事ですが、やりがいも大きく、またフェーズごとに違った面白みがある仕事です。

 

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%