AWSのセミナーはどんな感じ?参加するメリットや情報サイトを紹介 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【2月枠も残りわずか】転職保証コース

AWSのセミナーはどんな感じ?参加するメリットや情報サイトを紹介

机を囲む人々

AWSについて学び始めると、学びたいことがすぐに出てこなかったり難しい言葉が多く理解できなくて困ったことはありませんか?
AWS自体、100種類以上のサービスの総称なので学び始めたもののすぐ挫折してしまった方は多いのではないでしょうか。
1人で学ぶのは難しいですが、AWSについてのセミナーに出て学ぶのはいかがでしょうか?

<セミナーの利点>

喜ぶ男性

セミナーに参加する利点はモチロン学べることもありますが、それだけではありません。
スキルアップと共に得られるものが多く、今回はその中でも3つのポイントに絞ってご紹介します。
・技術向上
エンジニアにとって技術の向上は常に不可欠です。
セミナーに参加し、最新の情報交換や同じレベルのエンジニアと学ぶことによって今の技術をより進化させることが可能です。
現状のスキルではわからなかったこともセミナー内で習得し、今後更なる技術向上につながるはずです。

・人脈の拡大
同じ参加者同士で情報交換をすることによって、その方との仲を深めることが出来ますよね。
セミナーの場ではそういった出会いがものすごく重要だと思います。
普段エンジニアは外に出ることが少ないので、同じ職業の違う立場の方と接することは非常に少ないと思います。
こういった場で人脈を広げていくと、後々有利になると思います。

・疑問の解決
セミナーに参加する以上は何か課題があって参加していると思います。
セミナーは普段から抱いている自分の疑問の解決の場でもあります。
あくまで自分のために参加するものなので、セミナー参加の前にはしっかりと準備をして参加するようにしましょう。

<AWSセミナーの種類>

スタートアップ

・利用検討向けの相談会
AWSの利用を検討している方向けにAWS個別相談会というものがあります。
場所はアマゾン ウェブ サービス東京オフィスまたは大阪オフィスとなっており、参加費は無料です。
毎週月曜日~金曜日で開催しており、申し込みは以下のサイトから行えます。
AWS個別相談会

・疑問解決の個別相談会
導入決定後も相談会があります。それはAWS導入相談会というものです。
AWSを導入し始めたものの、疑問点が多く周りに相談できる人がいない人向けの相談会となっています。
こちらは主宰がAWS専業ベンダーとして、ビッグデータコンピテンシーや移行コンピテンシーの取得や
MSPプログラムの認定などを受けているプレミアコンサルティングパートナーのcloudpackが行っており、
AWSの基本的な部分から導入完了までをサポートしてもらえます。
毎週、東京は木曜日、大阪は水曜日に相談会を開催しているようですので、下記のフォームより申し込みを行ってください。
AWS導入相談会

・学習の手立てを解説
公式にAWSベーシックトレーニングというものがあります。
AWSの基礎を身に着けるためのWeb教材となっております。
150種類を超える無料のデジタルトレーニングでAWSの基礎を学ぶことが出来ます。
入門編としてはうってつけの教材となっていますので、まず最初に学び始める際に見ることをオススメします。
セミナーとしてはクラスルームトレーニングというものがあります。
下記からお近くのクラスルームを検索できますので、是非探してみましょう。
クラスルームトレーニング

・高度な専門技術についての説明
AWSの専門家による専門家のための無料のデジタルトレーニングです。
Web教材の主な利点は自分のペースで学習できること、認定されたインストラクターの教材なので間違いがないこと、
AWSの認定が取得できること、自分に合ったロールベースの学習パスに従いクラウドスキルを磨けることです。
以下から確認することが出来ます。
高度な専門技術についての説明

<セミナー紹介サイト>

パソコンで作業する男

ここまでセミナーの種類について説明いたしましたが、実際に参加する場合はどのように見つけたらよいのかを解説します。

・国内のクラウドセミナー・イベントスケジュール
スケジュールのページはこちら
前項でもご紹介しましたが、こちらがAWS公式のページとなっております。

・はじめてのアマゾン ウェブ サービス オンデマンドセミナー
はじめてのアマゾン ウェブ サービス オンデマンドセミナーのページはこちら
こちらは国内のクラウドセミナー・イベントスケジュールと違い、導入向けのセミナーとなっております。
オンデマンドセミナーなのでお好きなタイミングで視聴することが出来ます。

・TECHPLAY
TECHPLAYのサイトはこちら
TECHPLAYはAWSやプログラミング、IT技術に関するセミナーやイベントをまとめたサイトです。
AWS公式ではなく非公式のセミナーも多いので、人脈を広げるには最適です。

・Doorkeeper
Doorkeeperのサイトはこちら
TECHPLAYと同様ですが、こちらはマーケティングに関するセミナーも含まれています。
Doorkeeperはセミナーやイベント終了後も、一度参加したコミュニティから情報が届くため、
継続的に参加しつづけることができます。
また主催者は参加者がイベントを忘れた時に備えてリマインダーの設定を行えます。

・connpass
connpass
connpassはエンジニア向けのセミナー・勉強会に特化したサイトです。
Twitter、Facebookの連携機能がありますので、知り合いや友人が参加したイベントのお知らせが届きます。
エンジニア・プログラマー仲間がいる人は気になるイベントを見つけられるきっかけが得られます。

<まとめ>

AWSのセミナーについていかがだったでしょうか。最初は一人で学び始めたものの、限界を感じて挫折してしまった方は多いと思います。セミナーに参加することによってAWSの知識を深めるモチベーションのアップや、AWS運用における人脈の形成、疑問の解決の場となれば幸いです。

2月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。