子供から大人まで取得できるプログラミング検定について | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【3月枠も残りわずか】転職保証コース

子供から大人まで取得できるプログラミング検定について

はじめに

2017年3月に発表された新学習指導要領では、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが発表されました。
これにより現在、プログラミング教育への関心は高まっています。

発表によると実際に「プログラミング」という教科が作られるわけではないようですが、
今後プログラミングに興味を持つ子供が増えてくることが予想されます。
もし、自分の子供がプログラミングに興味を持ったら何をしていけばよいのか?
その一つの答えがプログラミング検定だと思いますので、本記事では子供から大人まで取得できるプログラミング検定についてご紹介いたします。

就職とプログラミング検定の関係とは?

プログラミングプログラミング検定を取ることで就職に対してどう変わるのか?
まずは就職とプログラミング検定の関係をご紹介します。

採用が競争になったとき有効材料

プログラミング検定を持っている人は持っていない人に比べ、
明確にプログラミングのスキルを持っていることが証明出来ますよね。

プログラミング職で募集をかけていて、その両者が応募してきた際にあなたが面接官だったらどう思うでしょうか?
実際にプログラミングしているところをその場で見れるわけでもなく、働き始めてからでないとわかりませんよね。

ですがプログラミング検定を持っていると、その検定で使用する部分に関しては問題なくこなせることが証明できます。
よって採用で競争になったときには必ず有効材料となるでしょう。

あくまでも実践に使えるのが大事!

上記で”検定で使用する部分に関しては問題なくこなせることが証明できる”と書いてありますが、
プログラミング検定をとるための対策をしてとるのではなく、あくまでも実践に使えることが大事になります。

せっかくプログラミング検定を持っているのにその範囲のことが出来ないことが判明すると、本当に自力でとれたのか疑われますよね。
なのでプログラミング検定を取った後もプログラミングに触れ、技術力を落とさないようにしましょう。

取っておいて損はない

これは資格全般に言えることですが、プログラミング検定も同じで取っておいて損はありません。

むしろプログラミングに興味を持って覚えようとしているならその到達度が明確になりますので、子供がプログラミングを学んでいるのであれば積極的に進めてあげましょう!

小学生も始められるおすすめプログラミング検定

考えている子供プログラミング検定を受けることは学習のモチベーションアップにも繋がりますし、将来的には就職に繋がることもわかりましたね。
ここからは小学生でも始められるおすすめのプログラミング検定をご紹介します。

javaプログラミング能力認定試験

JavaはC言語の構文を引き継いだプログラミング言語です。

現在、プラットフォームに依存しないので様々な環境で使われており、Androidアプリなどにも使用されているプログラミング言語です。
Javaを理解することで他のプログラミング言語にも入りやすくなるので、一番最初に受けたいプログラミング検定だと言えます。
javaプログラミング能力認定試験は、初心者から上級者まで試験が分かれています。

認定基準と受講料は以下の通りです。
・1級(受講料7,600円):実際にコーディングを行ったり、プログラムの仕様変更を行ったりする実践的な試験
・2級(受講料6,200円):Javaに関する一般的な知識を有していることはもちろん、小規模なプログラムが適切に書けること
・3級(受講料5,100円):Javaに関する基本的な知識、簡単なプログラミング、オブジェクト指向について基本的な概念を理解していること

2・3級は筆記試験、さらに選択問題となっているため小学生や中学生でも対策を立てやすくなっております。
1級のみ完全な実技試験なので、小学生には少し難易度が高いかもしれません。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催している民間資格試験です。
主にC言語を用いた応用プログラミングを作成する能力を認定するものです。

こちらもjavaプログラミング能力認定試験と同様に1級、2級、3級と分かれています。

認定基準と受講料は以下の通りです。
・1級(受講料7,600円):C言語を駆使し、応用プログラムが作成できる能力を有していること、使用しているOSについて理解していること
・2級(受講料6,200円):500行程度の小規模のプログラムが適切に書けること、各種基本アルゴリズムを理解していること
・3級(受講料5,100円):C言語の概念を理解し、簡単なプログラムが書けること

サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催ので民間資格となりますが、履歴書には問題なく記載できるのでオススメです。

小学校ではもはやプログラミングは必修科目

はじめにもお伝えしましたが、小学校でプログラミングは必修科目となります。
なぜ小学校で必修科目になったのか、その背景には何があるのでしょうか。

IT人材が枯渇

経済産業省が2016年6月に発表したところによると、IT系人材(IT企業及びユーザ企業情報システム部門に所属する人材)は、
現在の人材数は90万人に対し、約17万人も不足しているそうです。
(※IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました(経済産業省)
経産省調査
今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大することになると言われています。
これにより、小学校からプログラミングを勉強しておくことで将来プログラミングでいかに就職が有利になるかわかりますね。

<新たに日商プログラミング検定が創設>

2019年1月より、日本商工会議所が「日商プログラミング検定」を創設することが発表されました。
日本商工会議所がなぜ日商プログラミング検定を創設したのか、その内容を簡単にまとめました。

・中小企業のIT化支援に資することを目的
日本商工会議所も小学校での必修化をはじめ、就職活動においてIT需要が増大すること、これを担うIT人材の不足が深刻化していること、ITスキルをもつ人材がいないことを懸念しています。
プログラミングは今後、すべての企業人に求められる素養とし、この試験を通じて、学生・社会人を問わず多くの方にプログラミングを学んでもらい、IT人材の育成・確保のみならず、中小企業のIT化支援に資することを目的としています。

・言語はC言語、java,VBA
レベルはENTRY、BASIC、STANDARD、EXPERTとし、Scratchから始まりC言語、java、VBAと難易度が上がるにつれ使用言語が増えていきます。
各内容は以下の通りです。(公式サイトより引用)
ENTRY(受講料3,000円):初学者向けに、ビジュアル言語を用いた簡単なプログラミングおよびプログラミング的思考を問う
BASIC(受講料4,000円):企業人の素養として求められる、プログラミングの基本知識、簡単なアルゴリズムについて問う
STANDARD(受講料5,000円):企業においてIT化を先導できる、プログラミングに関する基本知識・スキルを言語別に問う
EXPERT(受講料6,000円):仕様書をもとにソフトウェアの一部が作成できるなど、IT技術者としての基本的能力を言語別に問う

・日程は2019年1月から
ENTRYが2019年1月から開始されます。
その他ですが、BASIC・STANDARDが2019年4月より開始、EXPERTが2019年10月より開始となっております。
こちらも受験資格に制限はなく、インターネットを介して試験が行われるため筆記試験はありません。
試験会場は各地商工会議所および各地商工会議所が認定した試験会場となり、パソコンを使用して試験を行いますが自宅での受験は不可能となっています。

検定の勉強はプログラミングスクールがおすすめ

プログラミングを勉強したことがある方はわかると思いますが、プログラミングは独学で学んでいくのはとても大変ですよね。
そこで、受講料はかかりますがプログラミングスクールという選択はいかがでしょうか。
ここでは、プログラミングスクールのメリットをご紹介します。

・実践的スキルも身につく
独学で学ぶ場合はその知識のみとなってしまうことが多いです。
しかしプログラミングスクールでは、実践的なスキルも身につけることが出来ます。
例えばですが、システム開発だけでなくその運用も学ぶことが出来ます。
開発だけだと独学でも問題ありませんが、実際の運用は学ぶことが難しいとされています。
次に、現場で欠かせない効率化を学ぶことが出来ます。
実際に作業する場合は効率化を行って取り組んでいくことが多いですが、独学だと効率化に気付きにくいです。
なのでプログラミングスクールで講師に教えてもらえる環境はとても大きいです。
最後に、仲間がいることで最新情報を得られることが出来ます。
これは独学では完全に不可能なので非常に大きいメリットとなります。

・何を勉強するかメンターが教えてくれる
自分が今何を勉強すべきなのか、全てメンターが教えてくれます。
独学では学ぶために寄り道を多くしてしまうことが多いのですが、メンターに言われる通り学ぶことで余計な勉強をすることを防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

子供がプログラミングに興味を持つのは、小学校の必修化によるものが多くなってくると思います。

自分の子供にプログラミングを聞かれることも多くなるかもしれませんので、
これを機に子供と一緒にプログラミング検定の取得は目指してみてはいかがでしょうか?

3月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。