難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西未経験からエンジニアになりたいプログラミングで人生を変えたい方はこの機会にぜひご検討ください!

以前はプログラマー・システムエンジニアと聞くとIT土方やブラック企業など良くない印象をお持ちの方も多かったです。

しかし現在ではITエンジニアに就職・転職を希望する方が年々増加しています。また、ITエンジニアになりたいお子さんが増えており、お子さんにプログラミングを学ばせたいと思っている保護者の方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、お子さんにプログラミングを学ばせる方法としておすすめのレゴを使った学習方法について解説をしていきます。

子供がプログラミングを学ぶメリット

考えている子供お子さんにプログラミングを学ばせる方法の前に、まずはお子さんがプログラミングを学習するメリットについて解説していきます。

お子さんがプログラミングを学習するメリットは大きく分けて5つあります。それぞれのメリットについて解説していきます。

プログラミングの学習により論理的思考が身に付く

プログラミングを学習する事で、自然と論理的思考が身に付きます。プログラミングはパズルに似ており、正しく動作させる為には正しい組み合わせが必要になります。結果として自分が行いたい最終的な処理に行き着くために順序立てて論理的にプログラミングを行っていかなければいけません。プログラミング以外の習い事では、論理的思考を見つけられる事は少なく、プログラミングが最適です。

論理的思考はプログラミングだけでなく、社会に出ても役に立つ為、プログラマーを始めとするITエンジニアにならない場合でも決して無駄にはなりません。

英語に触れられる

英会話が出来る様になるわけではありませんが、プログラミングを学習していくと自ずと英単語に触れる機会が増えてきます。

小学校低学年でプログラミングを学習し始めていれば、実際に英語の授業が始まっても苦手意識を持つことなく学習する事ができます。

プログラマーなど将来の選択肢が広がる

プログラミングスキルはプログラマーを始めとするITエンジニアになるうえで絶対に必要なスキルです。そのため、小さい頃からプログラミングについて学習しておけば将来の選択肢が広がります。

また、2020年からプログラミングが義務教育に組み込まれ、数十年後には簡単なプログラミングを行うことができるのが基本になっていく可能性があります。そんな時代にIT関連の仕事で活躍して行く為には、プログラミングの学習は必要不可欠です。

プレゼン力が身に付く

プログラミング学習をする事で、他の一人に成果物を紹介する機会が増えてきます。個人での学習でも保護者の方に説明する事で、プレゼン力が身に付きますが、プログラミングスクールで学習をする場合はより多くの人の前で自分がプログラミングした成果物を発表する場を設けている所も多く、お子さんにプレゼン力が身に付きます。

プログラミング自体も非常に重要なスキルですが、このように将来多くの仕事で役立つプレゼン力が身に付くのは非常に大きなメリットです。

親子で楽しみながら学ぶことができる

プログラミングはお子さんはもちろん、子供向けのプログラミング学習は大人でも一緒に楽しみながら学ぶことができます。プログラミングの学習方法にもよりますが、子供向けのプログラミングで有名なScratchを使用した学習であれば、自宅にパソコンさえあれば勉強する事ができます。

また、お子さんが作ったゲームをプレイしたり、保護者の方が作ったゲームを一緒に遊んだりと親子の交流にも役立つ為、運動が苦手なお子さんとの遊びにも使えます。

https://web-camp.io/magazine/archives/10501

レゴでプログラミング学習

ブロックプログラミングの学習方法には、書籍・Webサービス・勉強会など様々な方法があります。

その中でもお子さんにプログラミングを学ばせるのであれば、レゴを使ったプログラミング学習がおすすめです。レゴを使ったプログラミング学習がおすすめの理由は下記になります。

お子さんが好きなレゴブロックを使った学習

元々プログラミングを習いたいと思っている中学生以上のお子さんであれば、JavaScriptなどのプログラミングを学習する方法もあります。

しかし、小学校4年生ぐらいまでのお子さんはそもそもプログラミングで何が出来るのか知らない場合も少なくありません。保護者の方がいきなりプログラミングを教えても中々楽しんで学習してもらえない可能性が高いです。それどころか苦手意識を持ってしまい、プログラミングを嫌いになってしまうかもしれません。レゴを使ったプログラミング学習であれば、遊びの延長として学習することができる為、お子さんが最初にプログラミングの学習をするのに最適です。

プログラミングの成果がわかりやすい

プログラミング学習の一番最初に、文字出力による「Hello World!」を習う事が多いです。プログラミングで文字出力は非常に大事な事ですが、大人の方でも初見で「Hello World!」と出力したとしてもあまり感動を覚える方はいないと思います。ましてやお子さんであれば、何も楽しいと思えない事がほとんどです。

しかし、レゴを使ったプログラミングであれば、初期段階でレゴが自分の作った通りに動作する為、自分が頑張って作った物を感じられます。

世界中でレゴを使ったプログラミング教育が実施されている

レゴを使ったプログラミング学習は日本だけでなく、世界中の国で行われています。少数派や独自の学習方法と言われるようなプログラミングの学習方法ではダメと言うわけでは決してありませんが、世界中でプログラミングの教育方法としてレゴが採用されているという事実はそれだけお子さんのプログラミング学習に適しているということを示しています。

既に多くの人がレゴを使ったプログラミング学習をしていることで、ネットや書籍を使って効率よく情報を集められ学習の効率が非常に良いのもメリットになります。

レゴを使ったプログラミング学習が子どもにおすすめな理由。ロボットプログラミングについても解説

レゴを使ったプログラミング学習方法

赤ちゃんパソコンそれでは実際にレゴを使ったプログラミング学習方法について解説をしていきます。

幼児・小学生向けプログラミングはレゴブースト

レゴを使ったプログラミング学習方法にはいくつか種類がありますが、初めてプログラミングを学習する幼児や小学生におすすめなのは、レゴブーストです。レゴブーストはトイザらスオンライン・Amazonなどの通販でも購入する事ができます。

トイザらスオンライン レゴ®ブースト

通常のレゴの様にパーツを組み合わせてロボットを作り、無料のスマートフォン・タブレット向けのアプリを使ってロボットの動きをプログラミングしていきます。実際にプログラミング言語を使ってコードを書くのではなく、アプリ上で直感的に操作を組み合わせてプログラミングが出来る為、保護者の方はもちろんお子さんも簡単に利用する事ができます。

レゴランドでプログラミング無料体験

小さいなお子さんであればレゴブーストがおすすめですが、小学校高学年や中学生になってくるとレゴブーストでは物足りないお子さんも増えてきます。

そこでレゴランドで開催されているプログラミング無料体験に参加するのがおすすめです。もちろん幼児、小学校低学年のお子さんがレゴストームを試す前に、レゴを使ったプログラミング学習がどういったものなのかを体験する場としてもおすすめです。最近はレゴランドの無料体験に参加する家族も多い為、レゴランドを利用する場合は、早い時間帯で予約を取りに行くことをおすすめします。

LEGOLAND ワークショップ

プログラミングスクールで学習する

レゴを使ったプログラミング学習には、レゴストームなどのキットは1万円を超える高価なものであるにもかかわらず、購入したっきりほとんど使わずに終わってしまう場合もあるというデメリットがあります。

プログラミングスクールの中にはレゴを使ったお子さん向けのコースが設けられている所もあります。プログラミングスクールを利用した場合のメリットは、下記になります。

プログラミングの学習を習慣にできる

プログラミングスクールに通う事で、プログラミングを学習する習慣を持つことができます。

自宅での学習だとついサボってしまったり、保護者が時間を確保できずに勉強できない時などがあります。

しかし、プログラミングスクールに通う事で、決められた時間に習慣づけて学習する事ができます。

次のステップに進みやすい

レゴを使ったプログラミング学習を行う事で、プログラミングに必要な論理的思考やプログラミングに必要な繰り返し条件分岐といった基本テクニックを習得する事ができます。

しかし、最終的にプログラマーなどのITエンジニアになるためには実際にプログラミング言語を習得する必要があります。レゴストームだけであれば保護者が時間を確保して習慣づけることで自宅でも学習する事が出来ますが、本格的なプログラミングを教えるのであれば、保護者もプログラミングに対してそれなりの知識が必要になってきます。

プログラミングスクールに通う事で、レゴを使ったプログラミング学習が終わった後も本格的なプログラミング学習に移る事ができ、お子さんのライフワークを変える事なく学習に打ち込めます。

集中できる環境

自宅の場合、お子さんにプログラミング学習を教えていくのは自然と保護者の方になります。自宅で保護者の方が教えることによってお子さんがリラックスしすぎ、全く集中して学習をしないという場合も少なくありません。

プログラミングスクールを利用することで、普段とは違う環境で勉強することプロの講師に教えてもらうことにより、程よい緊張感を持って集中して学習する事ができます。

まとめ

今回はレゴを使ったプログラミング学習について解説をしてきましたが、いかがでしたか。

お子さんにプログラミングを学ばせる時に重要な事は、プログラミングの学習が嫌いにならないようにすることです。

プログラミング自体はもちろん、プログラミングを学習することで付加的に習得する事ができる論理的思考などは、お子さんの将来に役立つ可能性が非常に高く、おすすめです。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

5月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
4月受入枠は満員となっております。5月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事