プログラマーのやりがい、仕事内容について解説! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【2月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーのやりがい、仕事内容について解説!

AI開発、ビッグデータ解析、クラウド化など、ここ数年話題になっているIT業界の単語がたくさんあります。そんなIT業界において最も有名なプログラマーに就職・転職を希望する方が増えています。

しかし、プログラマーの仕事内容について詳しく知らない方も少なくありません。また、いくら将来性があってもやりがいがなければ魅力を感じない方も多いと思います。

そこで今回はプログラマーの仕事内容とやりがいについて解説をしていきます。

プログラマーとは?

生徒とマックブックまずはプログラマーの基本的な仕事内容やプログラマーの種類について解説をしていきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容を一言で言うと、システム開発の下流工程になります。

システム開発には上流工程下流工程の2つがあります。一般的なシステム開発において、上流工程はプログラマーの上位職種であるシステムエンジニアが担当をします。上流工程では、顧客から要件を聞き出し、それをシステムにするための基本設計を行います。具体的には、画面レイアウトや開発するシステムの概要を作ります。

プログラマーが担当する下流工程は、システムエンジニアが作った基本設計から実際にプログラミングを行うための詳細設計を行います。詳細設計で作成した設計書を基にプログラミング言語を使用してプログラミングして実際に動くシステムを作ります。

また、詳細設計とプログラミングだけでなく、プログラムが正常に動作するかのテストや後任者に引き継ぐ事ができるようにプログラムの仕様書などのドキュメントを作成することもプログラマーの仕事です。

プログラマー職種紹介

意外に知られていないのですが、実はプログラマーは開発するシステムによって種類がわかれています。

その業務に関する知識が必要なことも、そもそも職種が分かれていることもありますが、プログラマーの種類だけでなく、プログラミング言語にも種類があり、その数は200種類を超えると言われています。それぞれのプログラミング言語に得意不得意があり、開発するシステム毎に人気のあるプログラミング言語が変わってきます。

代表的なプログラマーの種類とそれぞれで使用するプログラミング言語は、下記になります。

webプログラマー

webプログラマーwebサイトやwebコンテンツを専門に開発するプログラマーです。

webプログラマーが使用するプログラミング言語として代表的なものは、JavaScriptPHPです。

また、webプログラミングをするためにはマークアップ言語のHTML・CSSの知識も必要不可欠になります。

人気急上昇!未経験でもWebプログラマーになる方法

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは名前からも推測できる様に、ゲームを専門に開発するプログラマーです。

ゲームプログラマーが主に使用するプログラミング言語はC++C#が大きなシェアを持っています。

他のプログラマーに比べてゲームプログラマーはキャラクターの動作やBGM設定などをプログラムする必要があるため、プログラミングをする規模が大きくなります。

【徹底解説】ゲームプログラマーの仕事内容とは?

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは冷蔵庫・電子炊飯器など、電子機器に組み込まれるプログラムを開発するプログラマーです。

主に使用するプログラミング言語はC言語ですが、機器専用の言語が使用されることもあります。

組み込み系のプログラマーは、機器の販売後はプログラムを修正することができないという性質上、プログラマーの中でも特に正確なプログラミングが求められる仕事になります。

【未経験者向け】組み込みエンジニアとは何か?転職方法も解説!

プログラマーのやりがい紹介

必勝

プログラマーの仕事内容や種類について解説をしてきましたが、次はプログラマーがやりがいを感じることのできる瞬間について紹介していきます。

①開発したプログラムが動いたとき

プログラミングの作業は基本的に地味な作業の積み重ねになります。プログラミングをして、エラーが発生した際にそのエラーの原因を調べて修正する、といったような作業を繰り返していきます。

そのため、プログラミングを完了させ、エラーも修正し終わった後にプログラムが正常に動いたときにはとても大きな達成感を感じることができます。

特に大規模なシステム開発であればあるほど、その感動も大きくなります。

②自分の成長が感じられたとき

プログラミングは続ければ続けるほどスキルが向上していきます。

同じようなシステムをプログラミングする場合でも、経験が浅い時には数時間かかったプログラミング作業が経験を積んだ後では数分でこなせるようになったりもします。

常に自分の成長が確認できるわけではありませんが、定期的に過去の自分と現在の自分を比較してみると確かな成長を実感することができます。

職種ごとのやりがいも紹介

パソコンを見せる女性

プログラマーのやりがいには、その職種だからこそのやりがいもあります。

プログラマーの職種ごとのやりがいについて、代表的なものを解説していきます。

システムエンジニアのやりがい

プログラマーの上級職にあたるシステムエンジニアのやりがいについて解説をしていきます。

システムエンジニアが担当する上流工程では顧客と打合せなどをする機会も多いため、納品したシステムの意見や感想を直接聞く事も少なくありません。

納品したシステムが無事に稼働し、顧客から感謝された時には大きなやりがいを感じることができます。

ゲームプログラマーのやりがい

ゲームプログラマーのやりがいについて、解説をしていきます。

ゲームプログラマーになる人はゲームに思い入れがあり、自分なりのこだわりを持っている方が多いです。そのため、自分がこだわった部分が完成したときには他職種のプログラマーよりも思い入れが強いこともあり、大きなやりがいを感じる事ができます。

また、ゲーム開発は大規模な開発になることもあり、連携するエンジニアの数も多いため、開発チーム一丸になってゲームが完成した時は達成感があります。

やりがいについてより詳しく知りたいという方はぜひ以下の記事をご覧ください。

エンジニアのやりがいを職種ごとに解説

プログラマーのやりがいの見つけ方

老眼プログラマーのやりがいについて代表的なものをご紹介しましたが、実際にプログラマーとして働いていてもやりがいを見つけられないという方もいらっしゃいます。

そこで、プログラマーがやりがいを見つける方法についてご紹介していきます。

①目標を持つ

プログラマーは長い労働時間のほとんどをパソコンに向かいあって過ごします。そんな毎日をただ繰り返しているだけでは、やりがいを感じることができません。

そこで、仕事の中で目標を決めることが重要です。

最初の内はすぐに実現できる目標を設定し、達成したら少しずつ高めの目標を設定していくのが効果的です。目標達成時の自分へのご褒美などを設定することだけでも仕事のやりがいにつながるでしょう。

システムエンジニアの目標設定|設定例と注意点と目標がないときの対処法

②身近な人に評価してもらう

プログラマーの仕事以外にも言えることですが、他人から評価してもらうことで仕事へのやる気が出ます。

自分なりに上手に出来たつもりでも周りから反応がないと、どう思われているかモヤモヤしてしまいます。身近な人から正しく評価してもらうことでやりがいに繋がります。

プログラマーのモチベーション管理術

疲れた女プログラマーの仕事にやりがいを見つけることも重要ですが、そもそもモチベーションを維持できなければ仕事を継続するのは難しいです。

プログラマーのモチベーションを維持するための管理術について解説をしていきます。

①勉強会で刺激を受ける

プログラマーの仕事はマンネリ化しづらい仕事ですが、数年プログラマーの仕事を続けていくと、どうしても受ける刺激が減ってきます。そんな時におすすめなのが、勉強会への参加です。

プログラミングスキルや新しい技術などIT技術を勉強するために、日本各地で勉強会が開催されています。勉強会への参加は無料のものもあれば、数千円程度で参加することができるものもあります。

勉強会には様々な分野の現役プログラマーやプログラマーを目指している方など多くの人が集まります。自分が今まで経験した事のない業界のプログラマーと意見交換をしたり、プログラマーを目指している方にアドバイスをすることで新人の頃を思い出したり、と刺激を受けることが非常に多いです。

エンジニアとしてのスキルアップを望む方は勉強会がオススメ

②副業で別の仕事をする

最近は大手企業の中でも副業が許可されている企業が増えています。多くのプログラマーが一度はフリーランスとして独立を考えたことがあると思います。

プログラマーの仕事は残業が多く、時間が決められている副業は難しいですが、プログラミングスキルなどを使って空いた時間に仕事をプログラマーの仕事を受けるのには向いています。

正社員としてプログラマーとして働いている時は、時間単位で収入が変動します。それに対して副業などで請負契約を結んでフリーランスプログラマーとして仕事をする場合は、原則出来高制になるのです。ただそれだけのことですが、実際にやってみると正社員で働いていた時とは心持も変わり、さらに効率を重視したり、基本設計から行ったりする案件などもあるため、大きな刺激になります。

1度体験したことがある方ならわかるかもしれませんが、実力に対して報酬を得られているという実感があると仕事への意欲がより湧きやすくなります。

エンジニアの副業にオススメWebライティングを1から解説

まとめ

今回はプログラマーの基本的な仕事内容とやりがいについて解説をしてきましたが、いかがでしたか。

プログラマーの仕事は労働時間が多いことや、繁忙期の仕事の膨大さからモチベーションを維持できなくなってしまい、辞めたくなってしまう方も多いです。

しかしその一方で、プログラマーの仕事を辞めて一度別の職業についてもまたプログラマーに戻ってくるという方も少なくありません。それだけプログラマーの仕事には魅力ややりがいがあります。

今挫折してしまいそうな方は、今回ご紹介した方法でプログラマーのやりがいを探してみたり、勉強会などに参加して新しい刺激を受けてみてはいかがでしょうか。

2月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。