9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


何かと話題になる事の多いIT業界ですが、今回はシステムエンジニア(以降、エンジニア)とプログラマーの違いに注目して解説をしていきます。

今回この違いについて、注目した点としてはIT業界に就職・転職を希望する方でプログラマーとエンジニアの違いについて、気になる方が多い事やそもそも仕事内容が知りたいなどの質問が多いからです。

実際、転職は今後の人生を大きく左右するイベントであり、気になるのも当然だと思います。

それではそれぞれの仕事内容や違いについて、解説をしていきます。

エンジニアとは

システム

今回解説をしていく一つ目の職業であるエンジニアについて、前提となるイメージを持って頂く為に、基本を先に解説していきます。

冒頭でも記述していますが、ここで言うエンジニアはシステムエンジニアを指しています。

エンジニアには大きく2つの意味を持ってIT業界で使われています。
1つはIT業界で働く専門職の総称として、もう1つはシステムの設計を行う仕事のみに限定してエンジニアと呼ぶ場合の2種類に分かれます。

今回は後者の設計者としての意味でエンジニアとプログラマーを比較します。

プログラマーとは

プログラマーはプログラミング言語などを使用してプログラムを作る仕事になります。

エンジニアが設計者なのに対して、プログラマーは実際にプログラムを作る事が仕事です。

また今回詳細は解説しませんが、プログラマーが使用するプログラミング言語には多くの種類があり、使用するプログラミング言語で、開発するシステムなどが大きく変わってきます。

なぜ、みんな聞きたがる?エンジニアとプログラマーの相違点。

転職などで慎重になっている事もありますが、このエンジニアとプログラマーの違いは、特に質問される頻度が高いです。

理由の1つは「エンジニアとは」で触れていますが、IT業界で専門知識を使って働く人の総称として使われる事で、プログラマーがエンジニアと呼ばれる場合もあるからです。

そして設計者として限定的な役割で使用されるエンジニアもプログラマーの仕事と密接に関係しており、混同してしまう場合が多いです。

仕事内容・収入面・必要なスキルと経験の観点から2つの仕事について、解説をしていきます。

仕事内容

エンジニア・プログラマーどちらもソフトウェア開発を専門に行う仕事になります。

しかし役割に違いがあり、エンジニアの主な仕事の流れは顧客が求めている要件を引き出し、それをシステムで実現させる為の基本設計を行います。

この時顧客からの要望を全て聞き入れるだけでなく、システムをより良く使用する為の提案や交渉なども行う事もあり、コンサルタント的な働きが求められる場合もあります。

また企業によっても違いますが、システムが完成した時の現地にて最終的なテストを行ったりする場合はエンジニアが担当する事も少なくありません。

それに対してプログラマーの仕事は、エンジニアが作った基本設計を基に、実際にプログラミングする為に必要な詳細設計を行ってからプログラミングします。

プログラミングが完了すると、単体テストや結合テストと呼ばれるシステムの動作確認テストを行います。

エンジニアの仕事を「上流工程」と呼び、プログラマーの仕事を「下流工程」と呼びます。

仕事が似ている点

エンジニアとプログラマー似ている点は、システムの開発に関わる所です。

使用するスキルや経験も似ており、プログラマーからエンジニアになる人や逆にエンジニアからプログラマーになる人など、IT業界職種の中でも非常に関係性が強い仕事になります。

また雇用形態としても正社員・派遣社員・フリーランスとそれぞれの働き方ができる点もエンジニア・プログラマーの仕事に共通しています。

収入面

エンジニアとプログラマーの収入面について、解説をしていきます。

エンジニアの平均年収は550万円前後と言われています。

それに対してプログラマーの平均年収は450万円前後で、エンジニアと比べて平均年収が100万円近く低くなっています。

ただプログラマーの年収は使用するプログラミング言語によっても差があります。

例えば最近話題になっているAI・ビッグデータ解析で使用されるプログラミング言語Pythonであれば、正社員プログラマーで年収700万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

逆にJavaScriptなど多くの方が習得しているプログラミング言語などの場合は、年収400万円を下回ってしまう場合もあり、エンジニアとプログラマーで必ずエンジニアの方が収入が低いとは限りません。

また正社員・派遣社員・フリーランスと雇用形態でも収入面に大きな違いがあります。

特にフリーランスは請負契約が基本となる為、正社員・派遣社員の時給単価と違って出来高制になっており、仕事を早く終わらせる程、収入が増えていきます。

フリーランスプログラマーの中には、年収1,500万円を超える方もいらっしゃいます。

もちろんフリーランスは仕事を終わらせることができなければ、1ヵ月に300時間働いたとしても収入はゼロになってしまいます。

収入面似ている点ここにあり

エンジニアとプログラマーで収入面で似ている点は、他の業種に比べて平均収入が高く、安定していると言えます。

ただエンジニアもプログラマーも残業が多い仕事で、平均収入を底上げしている部分には残業代が大きい所もあります。

将来性に関して言えば、今後もどちらの仕事も需要が見込める為、実務経験が数年あれば、今後仕事に困ると言う事はあまり考えられず、収入面の心配はありません。

必要なスキル・経験

エンジニアに必要なスキルは、プログラミング言語・データーベースの知識・開発するシステムの業務知識・プレゼン能力などが挙げられます。

プログラマーに必要なスキルは、プログラミング言語・データベースの知識が必要になります。

経験としては出来るだけ多くのプロジェクトや開発に携わる程、スキルアップをする事ができます。

経験年数は必ずしも必要と言う事はありませんが、1つの目安として転職の際には経験年数が重視される為、5年以上の経験があるとご自身のキャリアを考えると有利に動く事ができます。

なぜ、みんな聞きたがる?エンジニアとプログラマーの相違点。

必要なスキル・経験似ている点ここにあり

エンジニアとプログラマーのスキルや経験で共通している点は、プログラミング言語などシステム開発に使用するスキルです。

必要なスキルが似ている事から、プロジェクトによってエンジニアとプログラマーの役割が違う方や1つのプロジェクトでもエンジニアの仕事とプログラマーの仕事をする方もいらっしゃいます。

意外と勘違いされる事が多いのが、エンジニアもプログラマーもコミュニケーション能力が必要になります。

テレビドラマや映画などの影響からエンジニアやプログラマーはコミュニケーション能力が低くても問題ないと勘違いされている方がいますが、どちらの仕事にもコミュニケーション能力が必要不可欠です。

システム開発のプロジェクトでは、数十人以上の人が作業を分担して開発作業を行います。

この時コミュニケーションが不足してしまうと、仕様の伝達ミスやソース管理ルールを守らずデグレードしてしまったりと大きな問題に繋がる要因になってしまいます。

エンジニアとプログラマーの差はなくなってきている?

PCエンエンジニアとプログラマーの違いについて解説をしてきましたが、最近では両者の差がなくなってきています。

以前はプログラマーとして経験を積んだ方がエンジニアにキャリアアップと言う流れになっていましたが、最近ではプログラマーの経験なしでエンジニアから仕事を始める場合が増えてきます。

結果としてプログラマーの経験がないエンジニアのプロジェクトでは、システムの概要だけをエンジニアが作り、基本設計などもプログラマーが実施する場合や逆に簡易なプログラム回収であれば、エンジニアが現地でプログラミングまで行う場合など業務の境界線が曖昧になってきています。

プログラマーからエンジニアへ

エンジニアとプログラマーの境界線が曖昧になってきている事について解説をしましたが、今でもプログラマーからエンジニアにキャリアアップする流れはあり、プログラマーとしての下積みがあるエンジニアの方がよりプログラムを理解している為、活躍が期待できます。

エンジニアの経験しかない場合は、顧客から要件を引き出す時や基本設計のタイミングで無理な仕様を作成してしまう可能性があり、エンジニアから始める場合はプログラミングの勉強を別途行う事が重要になります。

将来性について

エンジニアとプログラマーどちらの仕事も将来性はあります。

しかしプログラマーの仕事はAIが発展する事で、求められるスキルや役割に変化が発生する可能性があり、これからプログラマーを目指す方は、AI開発に携われるプログラマーを目指す事が将来性を維持する上で必要になります。

逆にエンジニアは今後下流工程でAIの活躍が期待できる分、仕事量が増える可能性が高く今後もエンジニアの需要は高くなって行くと考えられます。

ただAIやビッグデータ解析など今まで求められてきた知識以外の知識や技術が求められる可能性が高い為、最新の技術に意識を向けた取り組みが必要になります。

まとめ

今回はエンジニアとプログラマーの違いについて、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

プログラマーもエンジニアもソフトウェア開発には欠かせない仕事で安定した職業ですが、IT業界は実力社会の為、就職・転職する事はあくまで通過点でゴールではありません。

転職・就職に成功した後もプログラミングを始めとしたITスキルを磨く為に、日々努力をする必要があります。

努力を怠ってしまうと、後から入社した新人が数年後には自分の上司になってしまったりと働きにくい環境になる可能性もあるので、注意が必要です。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

*カウンセリング予約に面倒な電話の必要はございません!


おすすめの記事