9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


最近、プログラマーへの転職や就職を希望する若い世代がとても増えてきており、人気職になっています。

しかし、20代の新卒や第二新卒でない未経験者の方がプログラマーになるためには、プログラミングスキルを習得していなければ不可能に近いです。

そしてそういった方が努力の末にプログラマーとして転職した後に問題になるのが、スキル不足です。プログラマーは仕事を始めてもスキルアップが必要になります。そこで今回は、プログラマーのスキルアップの方法と未経験からの勉強法について解説をしていきます。

プログラマーとは

タイピングIT業界と聞くとプログラマーをイメージする方が多く、何となく将来性がある職業として就職・転職を希望する方が増えていますが、プログラマーの仕事内容など具体的なことはご存知ないという方も少なくありません。

そこで、プログラマーのスキルアップについて解説をしていく前にプログラマーの仕事について基本的なことを解説していきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、システムやソフトウェアを作ることです。しかし、システムやソフトウェアはプログラマーだけが作るのではなく、上位職種にあたるシステムエンジニアや、時にはデータベースエンジニアと協力して作ることになります。

システムエンジニアが顧客から要件を引き出し、システム化するための基本設計を行います。その後システムエンジニアが作った基本設計を基にプログラミングするための詳細設計書を作成し、詳細設計書を基にプログラミングしてシステムなどを作るのがプログラマーの仕事です。また、作ったシステムが正常に動作するかのテストもプログラマーが行います。

プログラマーの仕事はプログラミングだけだと思われる方も多いですが、詳細設計や仕様書の作成などプログラミング以外の作業もあり、実はプログラミング作業が全てというわけではありません。

プログラマーの年収

プログラマーの年収は平均450万円前後ですが、同じプログラマーでも条件によってその年収は大きく変化します。

例えば、開発に使用するプログラミング言語がJavaScriptのみのプログラマーであれば、平均年収を下回ることが多く、逆にAI開発やビッグデータ解析開発においてもっとも使用される機会の多いPythonプログラマーは年収700万円近くを維持できる場合もあります。

また、正社員や派遣社員であれば年収面は安定していますが、フリーランスの場合は出来高制になり年収1,000万円を超える方もいれば年収300万円以下の方もいらっしゃいます。フリーランスについて詳しく知りたいという方はぜひ以下の記事もご覧ください。

https://web-camp.io/magazine/archives/16476

プログラマーの将来性

プログラマーの将来性は他業種に比べれば期待できます。

しかし10年後以降、AIの進歩やプログラミングの自動化ツールが発展することによって、プログラマーの需要が徐々に減ってしまう可能性があります。

ただAIなどによって作成されたプログラムのチェックや修正またAI自体の開発をするにはプログラミング知識が必要となるため、今後の需要に合わせてスキルや経験を積んでいけばプログラマーとして働き続けることは不可能ではありません。

【種類別】プログラマーに求められるスキル

閃いてる男プログラマーの基本的な内容を解説しましたが、同じプログラマーでも開発するシステムやソフトウェアによって細分化されます。

それぞれのプログラマーの仕事内容と必要となるスキルについて解説をしていきます。

webプログラマー

まずはwebプログラマーの仕事内容・必要なスキルについて解説をしていきます。

webプログラマーの仕事内容

webプログラマーの仕事は、webサイト・webアプリなどのwebコンテンツを開発することです。webデザイナーが作成したデザインを基に、動的な処理の開発を行います。

例えば、通販サイトを開発するのであれば、買い物カートやお問い合わせページなどを開発するのがwebプログラマーの役割です。

逆にHTML・CSSを使用した静的な部分については、HTMLコーダーやwebデザイナーが担当するプロジェクトが多くなります。

webプログラマーに必要なスキル

webプログラマーに必要なスキルは、web開発系のプログラミング言語に関する知識です。特にJavaScript・PHPは現在web開発で大きなシェアを占めており、習得を求められるスキルになります。

また直接記述する場合は多くありませんが、HTML・CSSはwebコンテンツの基本であり、web開発をする為には必要不可欠な知識になります。

アプリケーションプログラマー

続いてアプリケーションプログラマー(以下アプリプログラマー)の仕事内容・必要なスキルについて解説をしていきます。

アプリプログラマーの仕事内容

アプリケーションプログラマーの仕事は上述した「プログラマーの仕事内容」の流れと基本的には同じで、システムエンジニアが顧客から要件を引き出し基本設計したものを詳細設計してプログラミングを行うことです。

アプリプログラマーに必要なスキル

アプリプログラマーに必要なスキルは、Java・.NETなどアプリケーション開発に必要なプログラミング言語に関する知識です。

そしてもっとも重要なスキルは、開発するシステムの業務知識です。例えば、銀行のシステムを開発するのであれば銀行の運用、医療関係のシステムを開発するのであれば病院運用の基本的な知識が必要になります。

要件を引き出したり基本設計はシステムエンジニアが行いますが、その業界では基本となっている内容はシステムエンジニアが記述しない場合も多く、プログラマーも基本的な知識が求められます。

アプリ開発未経験から、3カ月で2本のAndroidアプリをリリースした私なりの学習法【初心者向けアプリ開発3分tips】

ゲームプログラマー

最後にゲームプログラマーの仕事内容・必要なスキルについて解説をしていきます。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの仕事は名前の通り、ゲームを開発することです。

規模にもよりますが大規模なゲーム開発であれば、システムエンジニアやデザイナー以外にも音楽を担当する方やグラフィックを専門に扱う方など多くのスタッフとの綿密な連携が必要になる仕事です。

ゲームプログラマーに必要なスキル

ゲームプログラマーに必要なスキルは、C言語・Java・JavaScript・CSSなどのプログラミング言語に関する知識ですが、求められる言語はそれぞれのプラットフォームによって違います。

また、他のプログラマーにも言えることではありますが、多くのエンジニアや専門家と連携しないと開発を進められないゲームプログラマーには特に高いコミュニケーション能力が求められます。

未経験からプログラミングのスキルを身につける方法

階段を上る男冒頭でも触れましたが、現状未経験者がプログラマーに転職するためにはプログラミングスキルを習得しなければいけません。

また、プログラマーに転職しても基本的な知識だけでは仕事を進めることができないため、日々スキルアップが求められます。そこで、未経験からプログラミングスキルを身につける方法と新人プログラマーのスキルアップ方法について解説をしていきます。

おすすめの勉強方法

プログラミングスキルを習得する方法には大きく分けて2つの方法があります。それぞれの学習方法について解説をしていきます。

独学

1つ目は独学によるプログラミングスキルの習得です。プログラミングは本やインターネットサービスを利用することで、独学でも習得することが可能です。

メリットとしては、基本的な部分だけであればほとんどお金を払わなくても十分な知識を得られるという点です。

デメリットは、わからない部分やエラーの対応を自己解決する必要があり、習得までに時間がかかってしまうという点です。

プログラミングスクール

プログラミングスクールを利用してプログラミングスキルを習得する方法が2つ目の方法です。

プログラミングスクールを利用するメリットは、わからない部分やエラーが発生した時に講師に教えてもらうことができるため、比較的短期間でプログラミングスキルを習得することができる点です。

デメリットは、プログラミングスクールによっては受講料が高い場合や転職保証などのアフターサービスが付いていない場合があるという点です。など事前の下調べが必要になる事です。プログラミングスクール選びについては以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめの参考書

プログラミングスキルを習得するのにおすすめの参考書は、「ふりがなプログラミング」シリーズです。

プログラミングを始めて勉強する場合に参考書選びに重要なポイントは、挫折しない本を選ぶことです。最初から難しい本を買ってしまうと、基礎中の基礎を習得するだけでも時間がかかり、諦めてしまう場合が多いからです。

「ふりがなプログラミングシリーズ」ではそれぞれの言語で本が出されており、スラスラ読み進めることができます。

『ふりがなプログラミング』シリーズのご紹介 リブロワークス

新人プログラマーがスキルアップする方法

あったかいんだから新人プログラマーのスキルアップ方法について解説をしていきます。

おすすめの勉強方法を紹介

実際にプログラマーとして働き始めると、プログラマーとして働き続けるにはプログラミングの知識だけでは難しいということに気づきます。

プログラミングスキルは毎日仕事をしていく中で自然と向上していきます。必要なのはデータベースやマークアップ言語の知識などになります。

基本は本やインターネットサービスを利用した独学で習得できますが、短期間でスキルアップをするのであればプログラミングスクールを利用するのもおすすめです。

自分のスキルをアピールできる資格

他業種と比較すると、プログラマーやエンジニアにとって資格は、転職や就職にそれほど有効ではありません。

しかし資格を取得することで、他エンジニアに自分のスキルをアピールすることができます。

おすすめの資格は下記になります。

データベーススペシャリスト・Oracle Gold

プログラミング言語の資格は他プログラマーも習得していることが多く、プログラミング業界では資格よりも実務経験、という風習が強いこともあってあまりアピールになりません。

プログラミング言語のスキルではありませんが、プログラミングをする上で必要なデータベース関係の資格は自分のスキルをアピールすることができる資格になります。

まとめ

今回はプログラマーのスキルアップの方法と未経験からプログラミングスキルを習得する方法について解説をしてきましたが、いかがでしたか。

プログラマーの仕事は常にスキルアップが必要な仕事ですが、その分達成感や自分の成長が実感できる素晴らしい仕事です。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

*カウンセリング予約に面倒な電話の必要はございません!


おすすめの記事