7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界では副業を解禁する会社も増えてきました。残業が多かったり、休日出勤の必要があるなど、もともと忙しいIT業界では、これまでは気軽に副業というわけにはいきませんでした。

しかし、これからは副業も可能となるでしょう。所得を増やすには投資なども考えられますが、ITエンジニアの副業には収入アップ以外のメリットがあります。

本記事では副業のメリット・デメリットや留意点、副業の探し方などをご説明します。

はじめに

働き方改革の一環として、政府では副業解禁の動きを加速しています。厚生労働省は2018年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公表し、副業や兼業の促進を図っています。

こうした流れの中、これまでは副業を禁止していた会社も副業を解禁するようになるでしょう。特に、IT関係の業務は、インターネットの普及によって手軽に副業ができるようになっています。

本記事では、ITエンジニアが副業をすることのメリットやデメリットや留意点、そして副業の探し方などをご説明します。

エンジニアの副業のメリット

喜ぶ男性エンジニアは副業を行うことで、単に所得が増える以上のメリットを得ることも可能です。以下でメリットを詳しくご説明します。

その時々でやりたい分野の仕事ができる

エンジニアであれば、当然IT関係のいろんな技術や適用方法などに興味を抱くこともあるでしょう。そして、それを仕事としてこなし経験を積むことで自分のスキルアップにつなげたいと考えることもあると思います。

それが現在の会社の業務範囲外のことであれば、残念ながら実現はなかなか難しいでしょう。しかし、副業が認められていれば、自分で副業としての就業先を探して働くことも可能です。

こうして実際に興味の仕事をこなせるのであれば、副業収入を得ながら、スキルアップという収入以上の成果を得ることができるのです。

案件単価が高い

エンジニアは専門的なスキルを持って仕事をこなしています。

もし、このスキルや周辺技術を使った副業を探すことができれば、専門スキルがものを言って時給の高い案件を担当して高収入を獲得できる可能性が高まります。

特に、IT系の業務では人手不足が顕著になっており、こうしたスキル保有者は引っ張りだことなるでしょう。

人脈が作りやすい

インターネットの普及により、法律や就業規則を別にすれば、IT関係の業務では時間や場所に縛られない働き方が可能となりつつあります。

こうした流れと相まって、正社員という雇用形態を超えて、フリーランスや起業といった働き方を選択する方も増えています。

こうした個人を中心とした働き方を実現するには仕事の質を高めるためのみならず、人脈の形成が重要な要素となります。

副業を行うことで、本業とは異なる場での人脈の拡大も可能となるのです。

副業を始める際に気をつけること

ポーズする男本業をこなしながら副業を円滑に行うには、留意すべき点がいくつかあります。以下で詳しくご説明します。

会社の雇用契約

まず、現在本業として働いている会社の雇用契約を確認しましょう。

雇用契約に副業禁止の規定があれば無断で副業を行った場合は就業規則違反となり、会社からペナルティを受けたり最悪解雇となる場合もあります。

副業認可の世の中の流れを考慮すると、就業規則はあっても上司などに相談し会社に正式に申請することで副業が可能となることも想定されます。

くれぐれも規則違反とならないように行動しましょう。

疲労を溜めない工夫が必要

ただでさえエンジニアは忙しい業務をこなしていますので、その合間を縫って副業を行う場合は「働きすぎ」に注意しましょう。

土日や帰宅後の時間帯など、本業の就業時間帯にさらに働く時間を増やすわけですからどうしても疲れが溜まりやすくなります。

本業のプロジェクトの都合で残業が増えたりすると、副業をこなすために深夜まで働くことになり、疲労を溜め込むという羽目になるということも考えられます。

本業の状況を勘案して副業への投入時間をはっきりと決め、副業ではそれを超えた作業をしないことが重要となります。

経験に合わせた案件選びを

ネットなどで副業を探していると、未経験の業務でも技術的あるいは知的興味から仕事を選び、なんとかなるさ、と楽観的に作業を始めてしまうというようなことがないように注意しましょう。

本業でもそうですが、未経験の仕事は往々にしてトラブルに巻き込まれる可能性が高いのです。副業でトラブルを招いては元も子もありません。

自分のスキルや実務経験に合わせて、無理のない仕事選びをする慎重さが必要です。

案件の種類

ブロックでは、スキルを活かして副業として行える仕事にはどんな種類の仕事があるのでしょうか?

プログラミングやWEB開発などの開発案件については、個人で開発を行う場合と共同開発の場合に分類できます。

開発案件以外では、スキルを活かしてプログラミングスクールのメンターや授業を受け持つ講師活動などがあります。

以下で詳しくご説明します。

単独での制作

プログラミングなどを納期を決めて請け負うというスタイルです。コーディングやデバッグなどは自分のペースで行えます。

クラウドソーシングなどには多くの案件が掲載されており、条件が合えば比較的安全に副業として実施できる方法です。

ただし、単価が安いなどのデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

共同開発

知り合いや所属のコミュニティが実施するソフトウェアやシステムの共同開発に参加するという方法です。

この場合は、自分の専門スキルと稼働可能な時間に応じてチーム内で自分の分担を決める必要があります。

さらには、分担を決めても、開発の進捗が思わしくない場合などには担当外のこともやらざるを得ない場面での対応方法も想定しておくことも必要です。案件の良し悪しを見極めることが重要です。

講師活動

プログラミングスクールを卒業後に、学ぶ側から教える側に回るという方法も考えられます。

プログラミングスクールでは授業の講師や生徒にアドバイスなどを行うメンターなどを必要としています。また、生徒のプログラムの添削などの作業もあります。

優秀な成績の卒業生が教える側として戻ってくるのはスクール側からも歓迎されるのではないでしょうか。

案件の探し方

老眼副業案件を探すには、以下の3つの方法があります。

  • 友人などに紹介してもらう
  • クラウドソーシングサイトから自分で探す
  • エージェントに頼む

以下では、クラウドソーシングサイトから自分で探す方法及びエージェントに頼む方法についてご説明します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングはインターネット上で大勢の人を対象に仕事を募集するという、2005年から始まった新しい仕事の形態です。

発注される仕事は、簡単なライティング、PCやスマホを使ったデータ収集といった高度なスキルは必要としない案件から、プログラミングといった専門的な仕事までいろいろです。

発注側は人手が必要な時に人材募集にコストをかけることなく人手を確保でき、受注側は自分のライフスタイルに合わせて仕事を選べる、在宅での仕事が可能などのメリットがあります。一方、高報酬を得られる案件は少ないという声もあります。

以下に代表的なサイトを紹介します。

クラウドワークス

2011年に開設され、東証マザーズに上場しているクラウドソーシングサイトです。

会員数は100万人を超えています。システム開発やアプリ開発、ホームページ制作やWEBデザインなどの専門スキルが必要な案件から、アンケート回答、Webコンテンツの作成などスキルを問わない簡単な作業まで多様な案件を多数掲載しています。

受注実績などが優秀な会員にはクラウドワークがプロ認定を行う制度もあります。

会員登録や仕事探しは無料ですが、仕事を受注すると契約金額の20%をシステム使用料として徴収されます。

クラウドワークス

ランサーズ

2008年に日本で初めてクラウドソーシングを開始したサイトです。

掲載案件数も100万件を超えており、多くの案件から自分の好きな案件を選択できるでしょう。

システム開発や運用のほか、Webの制作やデザイン、デザイン制作、ライティングなど、ライターやデザイナー向けの案件も多いサイトです。

会員登録や仕事探しは無料ですが、仕事を受注すると契約金額の5%~20%をシステム使用料として徴収されます。

ランサーズ

エージェントサイトから探す

エージェントは人材紹介サービスを行う会社で、エンジニアに代わって仕事を探してくれます。

仕事を持って働いている方は副業探しにはあまり時間をかけられないでしょう。また、自分で探すとなると、多数の案件から自分に合った案件を探すのは結構難しいでしょう。

探しているうちに掲載期間を過ぎたり、応募完了してもそこから契約に至るまでにはそれなりの手間がかかります。こんな事情を考えると、副業を紹介してくれるエージェントの利用が便利です。

エージェントによっては、転職やフリーランス向けの案件は得意でも、副業案件を豊富に扱っているとは限りませんので留意が必要です。以下に、副業を得意とするエージェントをご紹介します。

Midworks

Midworks(ミッドワークス)は2013年設立の新しい会社です。

スタートアップ企業やベンチャー企業とのチャネルを有し、最新技術を業務に取り入れているスタートアップ企業やベンチャー企業の週2~3日勤務の案件を多く保有していることが特徴です。

また、フリーランスに正社員並みの厚生施設を提供するなどフリーランスエンジニアにも積極的な対応を進めています。

Midworks

geeks job

geechs job(ギークスジョブ)は10年以上のフリーランス支援の実績を有するエンジニアやデザイナー向けのフリーランス専門エージェントです。

Web系の案件に強いことが特徴です。また、自社サービスとして、ソーシャルゲーム事業やメディア事業にも取り組んでおり、IT業界の事情に精通していると考えられます。

PHP、Ruby、JavaなどのWeb系のスキルを持つエンジニアが副業を探すには便利なサイトです。

geechs job

まとめ

いかがでしたでしょうか。会社勤めのエンジニアの方でも、これからは本業のみならず副業も込みで収入の道を探ることが必要となるかもしれません。

また、フリーランスの方であれば、複数の仕事を並行して行えるようにすることで収入の安定を図ることができるため、フルタイムでない仕事を探すこともあるかと思います。

こうした副業あるいは複業を探す参考になれば幸いです。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事