7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界の話題は毎日のようにテレビやネットで話題になっている事もあり、以前に比べてプログラマー、システムエンジニアに就職・転職を希望する方が増えています。

そんなIT技術でもっとも有名なプログラミングが2020年から義務教育で必修化される為、お子さんをお持ちの保護者の方は興味を持っている物のどんな風に対応すれば疑問に思っている方も少なくありません。

そこで今回は小学校の必修化前にプログラミング教育で知っておくべき内容を実例を交えて解説していきます。

プログラミング教育とは

喜ぶ子供

まずはプログラミング教育の基本的な内容から解説をしていきます。

勘違いしている方も多いのですが、プログラミング教育はプログラマーが使用するプログラミング言語の学習をする教育ではありません。またプログラミングと言う教科が授業に追加されるのではなく、理数系の授業または生活の授業などの一部で取り組まれるものであり、小学校の授業だけでプログラマーなどに必要な知識が全て習得できる訳ではありません。

それでは何故小学生でプログラミング教育が必修化されるかについて、その目的などを解説していきます。

そもそもプログラミングって何?

上記内容でプログラミング=プログラミング言語ではない事を知って頂けたと思いますが、それではプログラミングとは何かと疑問に思った方が多いのではないでしょうか。

プログラミングはコンピュータに自動で処理をさせる為のプログラムを組む事です。プログラミング言語はプログラミングのもっとも主流な方法で、人間とコンピュータの両方が理解できるように指示・命令をソースコードとしてプログラミングするものです。

その為、小学校で必修化されるプログラミングはプログラミングの勉強であってプログラミング言語の勉強ではありません。プログラミングすることでデスクトップアプリケーション、スマートフォンアプリ、webサイト、電子レンジの制御、冷蔵庫の制御などが行えます。

今や仕事はもちろん、私生活でも皆さんの周りにプログラミング技術は無くてはならないものです。

小学生にプログラミングを教える目的は?

プログラマーにすぐなれる技術でないのであれば、小学生にプログラミングを教える目的が何か疑問を感じたのではないでしょうか。

プログラミングを小学生に教える目的は、プログラミングを学習する事で身に就く論理的思考と問題解決能力です。プログラミング言語以外にもパズル感覚で処理を組み合わせてプログラミングが出来るビジュアルプログラミングがありますが、プログラミングをする以上はどれも論理的に考えなければ、目的のプログラムは完成しません。

またプログラミングを行うと想定していない動作をしたり、エラーが発生してしまいその解決に対して自分で問題を解決する為の能力を養う事ができます。小さい内からプログラミングに触れて興味を持ってもらったり、将来多かれ少なかれ必要になるシステムやパソコンへの抵抗を無くす事も目的になります。

導入事例

実際私も小学生の子供にScratchを使ったプログラミング教育を実施してみましたが、数日で効果を確認する事ができます。

最初はキャラクターを指定した動きをさせる簡単なものから徐々にレベルアップをしてゲームを作る勉強へステップアップしていったのですが、一通りScratchの処理を教えると自分で考えて最後の方は自分で考えてゲームを作るようになっています。

そして始めのうちは想定していない動きにをキャラクターがした時は質問をしてきていましたが、徐々に自分で解決する為に調べたり、考えたりする変化が生まれてきます。

また一番驚いたのは、プログラミング教育をしている時以外でも子供が大好きなゲームをしている時もただ遊ぶだけではなく、どんな仕組みで動いているかを考える様になっている事です。

もちろん学校の宿題などでわからない所がある時も質問の仕方が「わからない」だけではなく一度論理的に考えて、その結果わからない所を質問にくるので質問のレベルが変わっています。

現在のIT業界

スマホとパソコン

プログラミングをせっかく触れるのであれば、プログラマー・システムエンジニアなどでお子さんが将来IT業界で活躍を期待する保護者の方も少なくありません。

そこで現在のIT業界について、解説をしていきます。

エンジニアやプログラマーが不足している!?

エンジニアやプログラマーは現状慢性的な人材不足の問題を抱えています。

冒頭でプログラマー・エンジニアに就職・転職を希望する方が増えている事に触れましたが、残念ながら即戦力として働ける人材でなければ、企業側は採用しない事が多く人材不足状態が解消されていません。

逆に言えばプログラミングスキルを習得しており、即戦力として活躍できれば採用されやすいと言う事になります。

エンジニア、プログラマーの仕事とは

エンジニア、プログラマーの仕事内容について、解説をしていきます。

どちらもプログラミングの知識や技術を使ってプログラムを作る職種ですが、役割に違いがあります。エンジニアはシステムエンジニアと呼ばれ上流工程を担当します。上流工程は顧客から要件を引き出しシステム化する為の基本設計を行うのが仕事です。

プログラマーはエンジニアが作った基本設計を基に詳細設計を行って仕様書を作成します。仕様書から実際にプログラミングを行いテストをしてプログラムが完成します。これは基本的な流れであり、プログラムの規模が小さい場合はエンジニアが全て対応する場合などもあります。

またエンジニアとプログラマーの関係性は、エンジニアがプログラマーの上位職種になり、一般的にはプログラマーとして経験を積んで人がエンジニアになります。

どちらも収入面は安定しており、将来性もある為、将来子供の選択肢としてプログラミングを習得する事は十分メリットがあります。

必須化の前に対策すべきこと

パソコンを見る男

ここまでプログラミング教育の基本について、解説をしてきましたが、結局保護者の方は何をすれば良いか不安は払拭されていません。

ここからは実際に必須化される前に保護者の方対策すべき事について、解説をしていきます。

必須化の前に何をどうすればいい?

プログラミング必須化される事は良い事ばかりではありません。

大きな理由としては教える先生もプログラミングの知識がある方が多い訳ではなく、むしろプログラミングの知識がある方が先生にならない可能性の方が高いと言えます。またプログラミングの知識があってもプログラミングを教える先生ではない為、子供に最適な教えて方をしてくれるとは限りません。

プログラミングはお子さんにとって初めて聞く単語なども出てくる為、苦手意識を持たれる可能性があります。一度プログラミングが楽しくないと思ってしまうと、プログラミングに苦手意識を持ってしまうお子さんも少なくありません。

学校の必須化前にお子さんが苦手意識を持たないように、最善の形でプログラミングに触れられる様にする必要があります。

子供向けのプログラミングイベント4選

お子さんが学校の必須化前にプログラミングを体験できるおすすめのイベントをご紹介していきます。

CodeCampKIDS

CodeCampKIDSはプログラミングスクールで有名なCodeCampが子供向けのプログラミングスクールです。

小学校低学年向けに体験ができるイベントを定期的に開催しており、おすすめです。

体験できる内容はビジュアルプログラミングで、初めてパソコンに触るお子さんでも参加する事ができます。

CodeCampKIDS

トレンドマイクロ 親子ワークショップ『ストーリープログラミング』

ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロが親子で参加できるプログラミング体験するイベントを開催しています。

こちらもビジュアルプログラミングが使用されており、パソコン初心者のお子さんでも参加する事ができます。

トレンドマイクロ 親子ワークショップ『ストーリープログラミング』

CoderDojo Japan

CoderDojo Japanは世界各地で開催されている無料または格安でプログラミング学習ができるスクールです。

ボランティア開催されている為、開催されている場所によって受講できる内容が違いますが、親子で参加する事ができる場所も多いのでおすすめです。

CoderDojo Japan

【参加無料】キッズプログラミング体験教室

キッズプログラミング体験教室は冬休みなど長期休みに合わせて、定期的にプログラミング体験ができるイベントです。

参加費は無料で馴染みのあるお子さんも多いタブレットを使ってプログラミングを学ぶ事ができます。

【参加無料】キッズプログラミング体験教室

子供向けプログラミングスクール

プログラミングの体験だけでなくお子さんにプログラミングを学ばせたい保護者の方におすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

STAR Programming SCHOOL

STAR Programming SCHOOLでは、タブレットプログラミングコース・Scratchプログラミングコース・ロボットプログラミングコース・webプログラミングコースの4コースがあり、プログラミング初心者のお子さんから本格的なwebプログラミングまで学ぶ事ができます。

全国展開されており、受講料も比較的安いですが、授業内容も評判が良くおすすめです。

STAR Programming SCHOOL

まとめ

今回は小学校のプログラミング教育について解説をしてきましたが、いかがでしたか。

今後プログラミングの需要は更に高くなる傾向があり、お子さんの将来の選択肢を広げたい保護者の方にプログラミングを学ばせる事は非常に有効です。

ただしプログラミング教育の初期段階では学校側の授業内容にあまり大きな期待はできない為、プログラミングスクールなどを利用する事をおすすめします。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事