プログラミング教育の必修化って実際どうなの?【目的から実態まで徹底解説】 | WEBCAMP NAVI
【3月の受講枠も残りわずか】

プログラミング教育の必修化って実際どうなの?【目的から実態まで徹底解説】

プログラミング教育 必修化

 

2020年度、学習指導要領の改訂によって全国の小学校でプログラミング教育が必修化されました。
近年、プログラマーという言葉を耳にする機会も増えたのではないでしょうか?

実際に今年度から取り入れられているものの、プログラミング教育がどのようなものかよくわからないという人も多いでしょう。

「プログラミング教育って何?」
「プログラミング教育の目的は?本当に必要なの?」
「子供がついていけるか不安…」
このような疑問や不安を抱いている人もいると思います。

そこで今回は、

  • プログラミング教育とはなにか
  • 学習指導要領の概要と改訂ポイント
  • プログラミング教育必修化の背景とねらい
  • プログラミング教育必修化後の実態と問題点
  • おすすめの学習方法

などについて、詳しく解説していきます。

この記事を読めば、プログラミング教育の必修化に対する疑問や不安が解消されるでしょう。
ぜひ最後まで読み進めてくださいね!

プログラミングってなに?

伝える力を身につけたい人におすすめの本

2020年度から全国の小学校で導入されるプログラミング教育ですが、該当世代の子供を持つ保護者世代では具体的にプログラミング教育がどんなものなのかを理解していない方が大半なのではないでしょうか。

「将来、IT企業に就職するの…?」
「プログラマーになるの?」

こんな風に思う人もいると思います。

まずは、プログラミングとは何かを理解していきましょう。

そもそもプログラミングって?

プログラミングとは、簡単に言うと、「コンピューターへの指示を順番に記述する作業」です。

コンピューターはプログラムの内容を読み取り、指示された通りの処理を実行、得られた結果を返すという流れでプログラムを構築しています。
これら一連の作業をプログラミングと呼びます。

Wikipediaでは、プログラミングは以下のように説明されています。

コンピュータープログラミング英語Computer Programming)とは、ある特定のコンピューティングの結果を得ることを目的として、実行可能コンピュータープログラムを設計・構築するプロセスのことである。

 

プログラミングの存在意義

後で詳しく説明しますが、プログラミングを学ぶことで論理的思考力や問題解決能力が養われ、効率的に作業を行う能力を身につけることができます。

プログラミング教育=プログラマーの養成という意味ではありません

ITが発達している近年、私たちの身のまわりにはプログラミングによって動いているものが、たくさん存在します。
スマートフォンやパソコンのツールだけでなく、炊飯器や冷蔵庫などの家電製品、自動車、駅の券売機、自動販売機などもすべてプログラミングによって稼働しているものです。

現代社会において、プログラミングは私たちの生活に欠かせない存在になりました。


新たなキャリアへの第一歩!正社員エンジニアを目指しませんか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
経済産業省認定の充実したカリキュラム
✔条件を満たすことで受講料最大70%オフ
✔受講生の97%が未経験者!

参加満足度99%
まずは気軽に無料のキャリア相談へ!
※最短1分で申し込み可能

プログラミング教育必修化の背景と目的

プログラミング教育 背景

今年度から、全国の小学校でプログラミング教育が必修化された経緯やその目的を詳しく紹介します。

わざわざ小学校の義務教育にプログラミング教育を組み込むぐらいですから、しっかりとしたワケがあるはずです。
これを理解すれば、プログラミング教育の必修化に対する不安がなくなるでしょう。

プログラミング教育必修化の背景

なぜ今年度からプログラミング教育が必修化されたのでしょうか。

今回のプログラミング教育の必修化は、社会からの影響でした。

人工知能等の第四次産業革命により、社会の在り方が変わるので、学校教育も変わる必要がありました
日本は世界的に見てもIT人材が不足しています。
単純な作業はAIが行うようになる中で、これからは知識・技能や対人スキルに加えてAIやコンピューターを使いこなす能力が必要になると予想されます。

このように社会の変容に合わせて、プログラミング教育必修化という教育の改革が行われることになりました。

学習指導要領の改訂

今回のプログラミング教育の必修化は学習指導要領の改訂によるものでした。

学習指導要領とは文部科学省が定める初等教育(小学校)と中等教育(中学校)の教育課程の基準をまとめたもので、全国で統一されたカリキュラムのことをいいます。

学習指導要領は、時代の変化に合わせて約10年ごとに改定され、教科書の内容も学習要領の改訂によって変わります。

文部科学省は、新学習指導要領のポイントを以下のようにまとめています。

  • 情報活用能力を、言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置付け
  • 学校のICT環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮
出典:新学習指導要領に関する概要資料

2020年度からプログラミング教育が必修化される小学校では、以下の2点が特に重視されています。

  • 文字入力など基本的な操作の習得
  • 新たなプログラミング的思考の育成
出典:新学習指導要領に関する概要資料

このような文部科学省による学習指導要領の改訂によって、今回のプログラミング教育が必修化されました。

必修化の目的

では、プログラミング教育の必修化を今回の新しい学習指導要領に追加した目的は何でしょうか。

文部科学省や総務省、経済産業省による未来の学びコンソーシアムのパンフレットには、プログラミング教育の必修化の目的を以下のように示していました。

  1. プログラミング的思考力の育成するため
  2. 現代社会における情報技術の価値を知るため
  3. 各教科の学びを確実なものにするため

❶プログラミング的思考力の育成をするため

文部科学省はプログラミング教育を通して得られる思考力をプログラミング的思考力と呼んでいます。

新学習指導要領ではプログラミング的思考力を以下のように定義していました。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号をどのように組み合わせたらいいのか、記号の組合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、ということを論理的に考えていく力。

プログラミング的思考力は、論理的思考・創造性・問題解決力・実行力などその様々な力から成り立っています
目標やゴールから逆算して物事を順序立て結論を導き出し、実行するという一連の流れを行う能力が求められています。

❷現代社会における情報技術の価値を知るため

プログラムの動きの良さや社会が情報技術によって支えられているということに気づき、親しみを持ったもらうことが目指されています

また、それらを理解したうえで、情報技術を利用して問題解決をしたり社会に貢献することが期待されています。

❸各教科の学びを確実なものにするため

各教科内容を指導する中で利用することで、新たな視点から学習することが可能になります。

単にプログラミングを学ぶのではなく、既存の教科でも生かすことでその他の教科もより深く理解できるようになるでしょう。

2020年小学校プログラミング教育の実態

ここまで、プログラミング教育について説明してきましたが、実際にどのような形で子供たちの授業にプログラミングが組み込まれているのでしょうか?

プログラミングか関する学習活動の分類

  • 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの
  • 学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの
  • 教育課程内で各教科等とは別に実施するもの
  • クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの

一言でプログラミング教育といっても、プログラミング教育は上記のように4つの種類に分けられます。
様々な方向からプログラミング教育を導入し、子供たちがプログラミングに触れる機会が設けられているようです。

具体的な授業内容例

未来の学びコンソーシアムで具体的なプログラミング授業の実施例がいくつか例示されていました。

未来の学びコンソーシアムとは、文部科学省、総務省、経済産業省などの協力によって設立された、小学校を中心としたプログラミング教育の公式ポータルです。

スポーツとデータ分析。地域スポーツチームを応援しよう

対象学年:小学校4年生

対象教科:総合的な学習の時間

コスト・環境:パソコン・ウェブブラウザ、児童1名でパソコン1台を利用

学習分類:学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの

出典:未来の学びコンソーシアム

主語と述語に気を付けながら場面にあったことばを使おう

対象学年:小学校2年生

対象教科:国語

コスト・環境:学校所有のタブレット型端末1人1台利用

学習分類:学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの

出典:未来の学びコンソーシアム

 

プログラミング言語を学んで直接プログラミングに触れるのでなく、存の教科にプログラミング教育が組み込まれる形であるということがわかります。

プログラミング教育を経て得られる力

プログラミング教育の主な目的を上で説明しましたが、それらに加えて以下のような力が育成されると考えられています。

  1. 主体性
  2. プレゼンテーション能力

❶主体性

学習指導要領では「学びに向かう力」と表現されている主体性ですが、これは社会人になってからも求められる重要能力です。
身近な問題を発見し解決するために、コンピュータを活用して主体的に取り組む態度が育成されます。

一般的に、つまずくことが多いプログラミングを通して、困難に対しても主体的に取り組もうとする意欲が期待できるでしょう。

❷プレゼンテーション能力

プログラミング作成後にクラスで発表会をすることで、人に伝える力、プレゼンテーション能力の向上が期待できます
直接的にプログラミング教育では明言されていませんが、今後必要となってくると考えられる「表現力」を伸ばすこともできるでしょう。


「新たなキャリアへの第一歩!」
転職成功率98%を誇る【DMM WEBCAMP】は
働きながら正社員エンジニアを目指せる
通学型オンライン型どちらでも受講可能
✔受講生の97%が未経験者!

参加満足度99%
まずは気軽に無料のキャリア相談へ!
※最短1分で申し込み可能

プログラミング教育の問題点や心配の声

今年度から小学校で導入され、徐々に中学校や高校にも拡充される予定のプログラミング教育ですが、まだまだ問題点もあり、心配の声もあがっています。

以下の問題点は、必修化が決定してから実際されるまでの期間や予算が不十分だったことが主な原因であると考えられます。
みんなが平等に教育を受けられるよう、対策や解決が重要でしょう。

教員の負担が増える

プログラミング教育をするのは専門の教員ではなく、他の教科も担当している従来と変わらない一般教員です。

2020年度から小学校でのプログラミング教育の必修化と同時に英語も必修になりました。
こうした教育の改革により、教員一人当たりの負担は増えているのが現状です。
教員にもコンピュータ操作の得意不得意があり、指導面で教師毎の個人差がでてしまう可能性があります

環境の整備不足

プログラミング教育にはPC機材などのICT環境の整備が欠かせません

学習指導要領による必修化のため、地域を問わず平等に環境が準備されなければなりません。
しかし、必修化実施直前の時点で、実際には予算不足の自治体もあったようです。

文部科学省は2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針で目標とする水準を以下のように示しています。

学習者用コンピュータ…3クラスに1クラス分程度準備(=1日1コマは1人1台で学習可能な環境)

指導者用コンピュータ…授業を担任する教師1人に1台

出典:教育のICT化に向けた環境整備5カ年計画

既存の教育時間が削られる

プログラミングだけに特化した新しい教科ができるわけではありません

授業の具体例からもわかるように、あくまで既存の教科にプログラミング学習も組み込むという形がとられています。
しかし、プログラミング教育の導入によって従来の教育方針は変わってしまうことは避けられません。
プログラミング教育の導入によって、本来学習するべきことが厳かにならないよう、配慮が必要になるでしょう。

中学校高校でもプログラミング教育が必修化?

2020年度から小学校では全国的にプログラミング教育が必修化されましたが、中学校や高校でも今後必修化されることが決定しています。

情報活用能力の向上を目的として中学校高校にもプログラミング教育の必修化が導入されるようです。

中学校

学習指導要領の改訂により、2021年度から全国の中学校でプログラミング教育の必修化が実施されます。

改訂前は、「技術・家庭」の授業の一環としてプログラミング教育が含まれていました。

新学習指導要領では、プログラミング、情報セキュリティに関する内容の充実が図られている点が特徴的です。

改訂後のプログラミング教育ではネットワークの活用、コンピュータとの双方向性が求められるようになるといえるでしょう。

高校

高校では、2022年度から学習指導要領の改訂が決まっており、プログラミング教育の必修化が実施されます。

今まで選択必修科目として設置されていた情報の授業ですが、情報科では新たに必修科目として「情報Ⅰ」が設置されます。
全ての生徒が、プログラミングの他にネットワークやデータベースの基礎について学習することが求められています

小学校中学校に比べると、より実践的な学習の導入となるでしょう。
小学校だけにとどまらず、プログラミングに触れる機会がたくさん設けられることで、IT人材の育成も自然とできるかもしれませんね。

親御さん必見!プログラミング教育の準備法

成長

プログラミング教育が必修化されると聞き、「我が子はついていけるだろうか…」「親が準備してあげられることは何かないか」と考えますよね。

ここまで読んでわかったと思いますが、直接エンジニアになるためのプログラミング言語を学ぶわけではないですし、教員も含めて全員初心者なので心配する必要はありません。

親が特別準備することもないといっていいでしょう。

もしなにかできることがあるとすれば、子供向けのプログラミングスクールに通わせる、教材を購入して自宅で学習する機会を与えるという選択が考えられます。

先ほど紹介した未来の学びコンソーシアムでは、無料で気軽に始められるものから本格的な有料の教材までを簡単に検索できるようになっています。

おわりに

多くの人が正しく理解していなかったプログラミング教育の必修化について、目的から実際の授業の内容まで細かく解説してきました。

今後IT力が重要になると予想される国際社会のためにも、プログラミング教育の必修化は大事であることを理解していただけたのではないでしょうか?

日本の未来を背負っている子供たちにとって、プログラミング教育は重要な教育です。

今後も社会の変化に合わせた教育改革が必要となっていくでしょう。