7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミングとは一体どんなものなのか?プログラミングで出来ること、学習の難易度、おすすめの言語から稼げる言語ランキングまで、初心者でも分かりやすく解説します。

プログラミングとは何か?

プログラミングITエンジニアにとってプログラミングは基礎的スキルと言われていますが、具体的にはどんなことなんでしょう。

プログラムとは何か?

プログラムとは、単純に日本語で言えば「番組」とか「計画」「予定」とかに訳されます。「番組」とは、テレビやコンサートライブでは、番組タイトルや演目、曲目、出演者などの内容を表したものです。「計画・予定」はある物事・プロジェクトについて、その目的や、どのように進めていくかを表したものです。

ではコンピュータでいうプログラムとはどんなことでしょう。コンピュータが機能を実現するには、CPUに実行する命令が必要です。その命令の集まりを、コンピュータが理解できる形式で記録したものがプログラムです。

つまり設計者の意図がプログラムとも言えるでしょう。またプログラムを作成し意図した処理を行うようコンピュータに指示を与える行為がプログラミングです。

プログラミング言語とは何か?

コンピュータは機械であり、人間の言葉は理解できません。命令や指示を与えるにはコンピュータが理解できる言語でなければなりません。そのため、コンピュータが機能するためには「プログラム」「ソースコード」の2つが必要です。

プログラムはコンピュータが理解でき実行できる2進法の数値(01001010010などの)、機械語とかマシン語と言われる言語で書かれるもので、これは普通の人には手に負えないシロモノです。

一方ソースコードは、一定のルールで簡単な英単語と数字・記号を組み合わせたものなので一般人でも習得可能です。プログラミングとは、このソースコードを書く作業のことで、機械が認識できる言語で人間が書くことのできる言葉がプログラミング言語なんです。

プログラミングで出来る事

アイパッドとアイフォンPC上で動く iTunes・Skype・メモ帳や、WEB上で動くFacebook・YouTube、スマホ上で動く LINE・パズドラなど、さまざまなアプリケーションやゲームはプログラミングで制作されています。

またロボットを動かすことや、色々なシステムの自動処理や遠隔処理、人間とは比べ物にならないスピードの処理などがプログラミングによって構築されているのです。

また音楽業界ではシーケンサー(打込み)等を使って、パソコンでサウンドを作る音楽プログラミング、コンサートライブで演奏した音に合わせて動くCGをバックスクリーンに映すこともできます。今後もさまざまな分野で、その可能性は広がるでしょう。

言語ごとに出来る事

一口にプログラミング言語といっても、その種類は200以上あると言われていて、それぞれ言語によって出来る事が違います

その中から人気の高い言語をいくつかピックアップして、特徴や学習難易度などを紹介しましょう。いかに言語によって出来ることに違いがあるのが分かると思います。

PHP

Webページの作成やブラウザゲームなどの作成に適していて、Web業界で人気が高いプログラミング言語です。

開発実績も多くWordPressなどオープンソースの製品もそのひとつです。少ないコードで多くのことができ、ルールも少ないので覚えやすいという特徴があり、書籍や勉強会も多いので学習難易度は高くありません。

しかしWeb系の開発以外ではあまり使用されないので汎用性は高くありません。また開発現場ではHTMLやJavaScriptと組み合わせることが多いため、PHP単独での強みは弱いようです。

Java

Javaは汎用性が非常に高く、不動の人気を得ているプログラミング言語です。

ひと言でいえばオールマイティー、Web開発からアプリケーション制作、一般企業の業務システム、機械を制御するシステムまで何でもござれです。

難易度はPHPに比べると難しく、腰を据えて挑む必要はあるけれど人気言語だけに技術情報は豊富で学習環境は整っています。またマスターすれば他の言語にも入りやすく、世界でも人気がありニーズの高い言語です。

Python

Pythonは日本ではまだ馴染みが薄く求人数も少ないのですが、海外では広く使われ、「Facebook」の開発にも採用されたことから、これから需要が確実に高まると予想される成長株です。

特徴は「読みやすく、書きやすく、スタイリッシュ」。難易度もそれほど高くなく、またデータ解析や自然言語の解析など数字を扱うことに優れているので、今注目を浴びているAI(人工知能)開発に向いています。海外志向の強い人、新しいものが好きな人にはおすすめです。

Scratch(スクラッチ)

Scratchはマサチューセッツ工科大学が開発した教育用ソフトで、「ビジュアルプログラミング」という形式で目で見て分かる、子供にもプログラミングが分かるよう工夫された学習用言語です。

日本でも2020年には小学生の義務教育にプログラミング教育導入が決定しました。将来ITエンジニアが不足することが確実視される中で、人材の裾野を広げることを目的に開発された言語です。

初心者にオススメ言語ランキングTOP3

言語によって出来ることが違うことは理解できても、初心者にとって何の言語から学習すれば良いのかは迷いますよね。

そこでオススメの言語ランキングTOP3を紹介します。でもいちばん大切なことはンキングが1位でも、あなたにとって一番適しているとは限りません。自分がどんなエンジニアになりたいか(Web、アプリ、ゲーム、システム、AI開発?)を見極めてからランキングを参考にして下さい。

第1位  Ruby

Rubyは日本で開発され、プログラミングスクールでは一番教えられている言語です。国内での普及率ではJavaやC言語にはまだ及びませんが、米国のシリコンバレー等で爆発的に使われ、日本に逆輸入された形で今後需要が伸びることが予想されます。

特徴は読みやすく書きやすい、すくないソースコードで多くの機能が実現できるのが最大の魅力です。多くのWebサービスやアプリ、ゲーム、Twitterやクックパッド、業務システムなどに幅広く利用され、文法に縛られず自由度が高く柔軟性のある言語です。

初心者でも比較的学習しやすい言語ですが、大規模の開発には向いていないので、大企業よりも中小のベンチャー企業や起業を志す人にオススメです。

第2位 JavaScript

JavaScriptは、Webアプリケーションやゲーム開発などで幅広く使われる言語で、Web業界で活躍したいと思う人にオススメです。

ブラウザさえあれば開発が出来るので、環境を準備する手間が少ないので、いち早く学習が始められます。また学習の為のサイトや入門書などの書籍も多く、学習環境が良いと言えるでしょう。

ただJavaScriptだけでは少し不十分なので、HTMLやPHPなどとセットで覚えると良いでしょう。

第3位 HTML/CSS

学ぶ言語に迷ったら、HTML/CSSの学習から始めることをオススメします。

HTML/CSSはアプリやWeb画面のビジュアルを整える為に使用する言語です。どの言語を学習するにも、始めに使う画面の作成が必要になります。そのため、多かれ少なかれプログラミングで必ず必要になるのがHTML/CSSです。

HTMLは<head> </head>,<title> </title>などのタグを使って文書の構造を作ります。また、CSSは全体のデザイン、色や幅やサイズなど装飾を指定します。プログラミングの基本中の基本言語です。

覚えたら稼げる言語ランキングTOP3

閃いてる男どんな言語を覚えたら稼げる?いちばん気になるところですよね。

言語別平均年収、求人や案件の数、競争率、将来性などを総合的に見てランキングTOP3を選んでみました。

第1位 Scala

求人提示年収や人気度でトップクラスがScalaです。Javaの次世代として注目されている比較的新しい言語で、まだ求人数は少ないけれど、習得している人の数が少ないのが強みです。必要とする企業にとっては喉から手が出るほどほしいのがScala人材です。

Twitteなどの大手がScalaに移行し日本でもChatworkが採用したことなどで、将来的に非常に需要が高まり人材の奪い合いが予想され高収入が期待できる言語です。ただし学習難易度が高く習得するまでに時間がかかるのがデメリットです。つまり稼ぐ為にはそれなりの覚悟と努力が必要ということです。

第2位 C言語

C言語はプログラミング言語の元祖でありながら今なお開発が続いている現役の言語です。C言語で学習したことはほとんどの言語に通用し、あらゆる開発が出来る言語としてニーズが高いので求人数も非常に多く、平均年収も常にトップ10に入ります。

学習の面で見ると覚えることが多く難易度高いのですが、逆を言えばC言語エンジニアは他の言語エンジニアよりも優秀と見られるので採用に有利にはたらく可能性があります。将来的にもまだまだ稼げる言語であり続けると予想されます。安定性を重視する方にオススメです。

第3位 Python

Pythonは「言語ごとに出来る事」の中でも紹介しましたが、今後需要が増えるAI(人工知能)開発には欠かせない言語であり、年収ランキングでもScalaにつぐ位置にいます。

日本での求人数はまだ小さいですが、Google三大言語(C++、Java、Python)のひとつでもあります。今後も需要の増大が見込め、将来稼ぎたいと思う方は習得しておいて損の無い言語です。

まとめ

ここまでプログラミングについて、言語の特徴、初心者にオススメ言語ランキングや稼げる言語ランキングを紹介してきました。

その学習方法は参考書やスクールなど様々あると思いますが、書籍等で学ぶ独学はモチベーションの維持が難しく挫折することが多いとも聞きます。

初心者の方はプログラミングスクールで学ぶことをオススメします。最初に自分の進みたい方向性を見定めて、自分にマッチした方法で言語の種類、学習方法を選択して下さい。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

7月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事