経営者になる夢を叶えるため、証券会社の営業からエンジニアに転職! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

経営者になる夢を叶えるため、証券会社の営業からエンジニアに転職!

今回は、証券会社の営業からエンジニアに転職されたDMM WEBCAMPの卒業生の磯崎さんにインタビューしました。

プログラミングの勉強を始めた理由DMM WEBCAMPを受講した感想転職活動の話など、詳しくお聞きしていきたいと思います。

独立の手段として、エンジニアを目指した

―これまでの経歴を教えてください。

大学卒業後、新卒で証券会社に就職し、営業職として働いていました。

 

証券会社を選ばれた理由は?

経営者の方とお仕事ができるという点です。将来的に経営者になりたいという思いがあったので、そういった方と関わることができる証券会社の仕事は魅力的でした。

また、お金が増えて喜ばない方は、基本的にいませんので、自分の働きで人に喜んでもらえるという点も理由の1つです。

 

―証券会社で働いている中で、どういったきっかけでエンジニアを目指したのですか?

経営者になりたいという思いが、エンジニアを目指したきっかけです。独立してビジネスを始めるには、売るモノや提供するサービスがないと始まりません。そこで、プログラミングを学び、エンジニアとしてモノを作れるようになりたいと考え、エンジニアを目指すことにしました。

 

プログラミングの勉強を始めてみていかがでしたか?

学び始める前は、プログラミングに対して敷居の高いイメージがありましたが、勉強を始めるとすぐに抵抗感は無くなりました。最初は、証券会社での仕事の傍ら、ドットインストールなどの学習サイトを用いて独学していました。しかし、より学習に集中し、エンジニアへの転職を実現するためにも、プログラミングスクールに通うことにしました。

 

転職を強く意識して、プログラミングスクールに通うことを決意

―なぜたくさんのプログラミングスクールの中で、DMM WEBCAMPを選んだのですか?

転職を強く意識していたからです。
自分は元々、プログラミングスクールに通ってスキルを身に着けたあと、ある会社に転職したいという目標がありました。DMM WEBCAMPは、転職サポートに力を入れていて、卒業生がその希望していた会社に転職したという実績もあります。そうした転職活動での強みを重視して、DMM WEBCAMPに決めました。

 

―実際に、DMM WEBCAMPを受講してみていかがでしたか?

学習場所が気に入っています。
集中できる環境で、プログラミングの勉強に打ち込むことができました。また、カリキュラムの課題を消化していくうえで、分からないところがあると、単に答えを教えてくれるのではなく、自分の力で正解に辿りけるように工夫されたヒントをもらえたので、効果的にスキルを伸ばすことができました。

 

カリキュラムはどういったものだったのでしょうか?

3ヵ月の期間で、月ごとに異なる課題に取り組みました。

1ヵ月目は、個々に与えられた3つの課題に挑戦しました。段階的に難しくなっていきますが、それぞれの課題をこなす中で、プログラミングのスキルを伸ばしていきました。

2ヵ月目チーム開発に取り組みました。自分たちのチームの課題は、CDの通販サイトの作成でした。

3ヵ月目は、白紙の状態から、自分が作りたいものを作るという課題でした。自分は、人と食事をすることが好きなので、色々な人と出会って、一緒に食事を楽しむきっかけとなるサービスを作りたいと思い、マッチングアプリの作成に挑みました。

 

プログラミングを学ぶなかで苦労したことはありますか?

コードを書くための「ロジカルな頭」に切り替えるのに、手間取りました自分がしたい処理を実行する手段を導き出す、アルゴリズム的な考え方を身に着けるのは大変でしたが、同時に、自分の大きな成長にもつながりました。

 

では、プログラミングの楽しさはどういったものがありますか?

「こういうものがあったらいいな」という思いを、自分の手で実現することができるところです。また、プログラミングは学べば学ぶほど、自分のスキルアップを感じることができるので、ゲームのレベル上げのような感覚で楽しむことができます。やりたいことを、思い通りに実現できるようになると成長を実感します。

 

転職活動で、人生の目標と手段が見えてきた

キャリアアドバイザーの白井さんにも話を聞いてみました。磯崎さんの受講の様子を振り返ってみてください。

キャリアアドバイザー白井磯崎さんは、やりたいことが明確でした。他の受講者に比べて、何のためにエンジニアになるかどうしてプログラミングを学んでいるのか、という点でしっかりとした答えを持っています。そのため、向上心や成長欲に溢れ、目線を高くもっているという印象があります。そして、やるべきことにしっかりと向き合っていました。

 

磯崎さんの場合は、転職サポートでは、どういった点を重視しましたか?

キャリアアドバイザー白井自己分析や提出書類の添削、面接対策などを通じて、転職活動に挑む準備を万全に果たせるようにサポートしました。しかし、実際の転職活動では、磯崎さん自身で最終的な意思決定をしてもらいます。これからを前向きに見据えられる転職をすることが大切です。自分で決断することで、その人が納得できる転職をしてもらいたいと考えています。

 

磯崎さんから見て、DMM WEBCAMPの転職サポートはいかがでしたか?

非常に充実していました。自分は、大学4年生のときに行った就職活動には、十分に取り組むことができませんでした。実は、自己分析もしたことありませんでした。転職サポートの面談で、始めて自己分析を丁寧に行い、「自分の人生の目標や手段が何なのか」ということが明確に掴めてきました。目標と手段を分けることができた点も有意義でした。

 

磯崎さんの人生の目標と手段は、どういったものだったのでしょうか?

目標人に貢献することです。そして、その目標を実現するための手段が、人をワクワクさせられる楽しいサービスを作り出し、提供することです。

 

これからは追いつき追い越せ

転職活動の結果はいかがでしたか?

DMM WEBCAMP受講する以前から希望していた会社から内定をいただくことができました。

 

おめでとうございます。最終的に、その会社を選んだ決め手はどういったものですか?

技術力の高さが決め手です。自分は周りの人に負けないように頑張るタイプなので、優れたスキルを持っている人と働くことができる環境に身を置いて、そこで追いつけ追い越せという意気込みで成長を目指したいと考えています。

 

これからの目標を教えてください。

まずは転職先で経験を積み、自分のスキルを伸ばしていきたいです。そして、「人をワクワクさせたい」「楽しませたい」、という軸をブラさずに、どんどんアプリを作っていきたいです。具体的には、スマホの中だけでは終わらず現実に拡張するサービスを生み出したいと思っています。その中で、人に貢献するという目標を叶えるための方法の1つして、経営者になるかもしれません。

 

プログラミングを学ぶ意味を考えて欲しい

最後に、これからエンジニアを目指す方にメッセージをお願いできますでしょうか。

プログラミングを学ぶ意味をしっかりと考えて欲しいと思います。今の時代は、「ITは未来が明るいのかな」といった漠然とした思いで、とりあえずプログラミングの勉強を始める人も多いかもしれません。エンジニアを本気で目指すとしたら、自分が何のためにプログラミングを勉強するのかエンジニアになって何をしたいのか明確にイメージすることが大切だと思います。

磯崎さん、本日はどうもありがとうございました!

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。