8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

みなさんは「転職をしたいけど、志望理由が思いつかない」「志望動機を考えるのもめんどくさい」と悩んではいませんか?

転職をするためには履歴書や面接に必要な志望動機を企業ごとに考えなければなりません。

志望動機は転職するときに企業側が見る重要なポイントです。

そこで今回は

  • 志望動機が必要な理由
  • 転職するときの志望動機3選
  • 志望動機を見つけるポイント
  • 採用担当者が見ている志望動機NGポイント

を解説します。

志望動機がないと悩む人の参考になれば幸いです。

志望動機が必要な理由

メモ帳とペン

そもそもなぜ志望動機が必要なのでしょうか。

中途採用であれば即戦力な能力を評価して企業が採用してくれるのでは?と思いますよね。

しかし、現実は実力だけが採用されるわけではありません。

企業が最も恐れているのは採用者の早期退職です。

新しい人を雇うには広告費、人材紹介費などを合わせて一人当たりの平均40万円以上かかります。

採用した人を一人前に育てることを考えると、採用者の給料の数年分は会社の直接的な利益にはなりません。

企業はそれだけの費用を使ってでも人を採用して会社で働いて欲しいと思っています。

早期退職しない、企業への想いが強い人を選びたいのです。

それを人事の採用担当が見分けるポイントが志望動機になります。

志望動機が明確でないと、その人の能力は高くても「すぐに辞めてしまうのでは…」と企業に警戒されます。

転職するときの志望動機3選

メモを取る男

いきなり志望動機を書くにもどんな感じかわからないですよね。

ここでは転職するときの志望動機の例を以下の3つご紹介します。

1.同業界同職種に転職する場合

2.異業界同職種に転職する場合

3.未経験での異業界、異職種に転職する場合

1.同業界同職種に転職する場合

同業界の同じ職種に転職する場合です。

ここでは今まで働いていた業界の営業職から同業界の営業職へ転職する例を紹介します。

ポイントは、前職の企業では実現できないことが転職先では達成できる点です。

「貴社を志望した理由は、若くても実力があれば的確に評価されるからです。今までも営業をしており、社内でもトップの成績を残していました。毎日大変ながらもやりがいがあったため、もっと仕事の幅を増やしたいと思いました。そこで管理職に挑戦したいと会社に希望を出したのですが、前職の会社では年功序列の雰囲気が強く、管理職になるにはまだ数十年かかると言われました。貴社のことを調べると風通しの良い社風で、若手にチャンスが多い企業だと感じました。新しいことに今のうちから挑戦したいと思い、貴社を志望いたしました。」

2.異業界同職種に転職する場合

次に、業界は異なっても今までと同じ職種で転職をする場合の志望動機です。

この例は、製薬会社で営業をしていた人が生命保険の営業へ転職する場合になります。

営業職への適性はあるので、前職の業界で叶わなかった自分のやりたいことが転職先でならできるとアピールするのがポイントです。

「私が貴社を志望した理由はお客様の顔を直接見て営業をし、人の役に立ちたいからです。
私は今まで製薬会社の営業として働いていました。患者さんに品質の良い薬を届けたいと思い、毎日病院の医師や薬剤師に薬の正しい情報を提供していました。しかし、自分の売った商品が実際に患者さんに提供されているかは確認できません。また、実際に患者さんの顔を見る機会もありませんでした。日々それがもどかしくもありました。貴社で働くならお客様の顔を直接見て営業ができるので、自分の売る商品が間接的ではなく直接お客様の役に立つのが実感できると考えました。」

3.未経験での異業界、異職種に転職する場合

未経験から異業界、異職種に転職するときの志望動機です。

例として、病院で事務職をしていた人が医療システムを作る会社のエンジニアに転職したい場合をあげました。

この場合は転職しようと思ったきっかけや、自分が転職先で活かせる能力を上手く織り交ぜて話すと想いが伝わりやすいです。

「私が貴社を志望したのは手に職をつけて人の役に立ちたいと思ったからです。前職では病院で事務の仕事をしていました。エンジニアになりたいと思ったのは、病院での患者様の情報がシステム化されたことです。これにより今まで不便だった入力情報がわかりやすくなったことに感動しました。それと同時にこのシステムのような多くの人の役に立つものを作ることに興味を持ちました。貴社で働くことができれば、病院の事務職で得た経験を使ってユーザー目線のシステムを作りたいです。」

志望動機を見つけるポイント

閃いてる男

転職するときの志望動機の例を紹介しましたが、志望動機は人や志望する会社によってそれぞれです。

そのため、自分と企業に合わせた志望動機をどうやって考えて良いか分からない人もいると思います。

そこで、志望動機を見つけるために必要な考え方のポイントを紹介します。

ぜひ一緒にやってみてください。

なぜ転職したいのか明確にする

まず大切なのが、転職したい理由を明確にすることです。

今の職場で何が不満なのか、どう改善したら満足なのかということを具体的に書き出してみましょう。

人間関係、給与面、やりたいことが実現できないなど、色々出てくると思います。

転職先を選ぶとき転職したい理由を明確にすることで「やっぱり転職しなければよかった」という後悔を防ぐことが可能です。

転職したいならまずは転職したい理由を書き出してまとめてみてください。

企業研究をする

志望動機を考えるときは企業研究することが重要です。

企業の理念や社風を理解することで、そこが自分の求める職場なのかがわかります。

HPを見るだけでなく、その企業が取り上げられたネット記事などもチェックしてみてください。

企業理解を深めることは転職先の企業とのミスマッチを防ぐのはもちろん、企業に興味を持っていることが採用担当にも伝わります。

応募する企業は転職理由を満たしているか

転職したい理由を明確にして企業研究をしたら、今自分が調べた企業は自分の前職に求めていた点を満たしているか確認してください。

ここで自分の希望を満たしていない企業に応募すると志望理由がチグハグなものになり、結局面接が上手くいきません。

例えば、前職では年功序列の制度が根強く残る社風が合わず、転職を考えたとします。

それにもかかわらず転職先が若手が挑戦する環境が整っていないと、またすぐに退職を考えますよね。

そもそも書類や面接の時点で企業側が合わないと思って不採用になる可能性の方が高いです。

応募する企業は転職理由を満たしているかを確認することは志望動機を考える上で重要になります。

応募企業に提供できる自分の能力を洗い出す

志望理由を考えるとき、応募企業に提供できる自分の能力を洗い出すことが必要です。

企業が中途採用者に求めるのは即戦力になること。

転職者が今までの仕事で得た強みは何か、その強みは転職先でどう実現性を持って活かしてくれるのかを企業は見ています。

例えば、今まで事務の仕事をしていて正確なPC操作が得意な人が、営業職に転職をしたいと思ったとします。

しかし、その志望理由が

「正確なデータ入力を得意としています。

人と接する仕事がしたいと思ったので営業職として働ける貴社を志望しました。

何もわからないですが、やる気はあるので採用してくだい。」

といって採用してくれる企業はありません。

一方で、

「正確なデータ入力を得意としています。

人と接する仕事がしたいと思ったので営業職として働ける貴社を志望しました。

仕事への正確さは前職でも上司から高く評価されておりました。

この正確性は営業として働く中でも、お客様の信頼を得るために活かせる能力だと思っています。」

と言うと志望動機に具体性が生まれます。

なぜ自分の強みの能力が転職先で活かせるのか、ということに重きを置いて志望動機を考えてください。

自身の能力と未来の将来性を繋げる

志望動機を考える上で大切なのは、自分の能力と未来の将来性を繋げることです。

転職先で自分がやりたいこと、活かせる能力がわかったら、次は3年後、5年後、10年後と自分のなりたい姿を考えましょう。

そこまでイメージできていることが企業にアピールできれば、転職先で長く働きたいという意思が企業に伝わり、採用してもらいやすくなります。

転職先で達成したい未来の目標がないと、計画性のない、長期的に物事を考えられない人だと思われます。

自分の能力を仕事に活かした上で、何を達成したいのか。

ここまで志望動機を落とし込めたら、あなたは企業から欲しいと思われる人材になれます。

採用担当者が見ている志望動機NGポイント

口が塞ぐ男性

ここまで志望理由を見つけるポイントを紹介しました。

ここでは面接で志望動機を述べるとき、企業がチェックしている志望動機のNGポイントを説明します。

これらの点を意識しながら志望動機を考えることであなたにしかない志望動機を作ることができます。

具体的でない

志望動機のNGポイントひとつめは内容が具体的でないことです。

採用側が企業のHPを軽く見ただけなんだなとわかってしまう社風や企業理念に共感しました、というだけでは志望理由として足りません。

上辺だけだと会社に興味がないのだと思われます。

社風に共感をしたなら、それを裏付ける理由として自分の経験を紐付けしましょう。

具体性に欠ける志望動機は採用担当の気持ちに届きません。

転職サイトの受け売り

採用担当者が見ている志望動機NGポイントは、志望動機が転職サイトの受け売りだということです。

企業の採用担当は今までに何人もの転職希望者の面接をしてきました。

そのため、転職サイトによく書いてある志望理由は「あー、またそれね。」と聞き飽きています。

使い古された言い回しは、志望動機が見つからなかった人だと印象付きます。

絶対にその企業に行きたい想いがあるなら、自分なりの動機付けをすることが必要です。

企業理解ができていない

転職するとき採用担当が見ているNGポイントはそもそも企業理解ができていないということです。

企業理解ができていない人はHPの内容すら軽くしか見ておらず、自分のやりたいことばかりを面接で話す人が多いです。

やりたいことが明確なのは良いことですが、それでは企業側はうちじゃなくてもいいんじゃないかと思います。

企業への想いを伝えるためにもひとつ一つの企業を丁寧にリサーチして面接に臨みましょう。

話がまとまっていなくて長い

話がまとまっていなくて長い点も企業の採用担当が見ているポイントです。

たとえ志望理由がはっきりとしていて、今やりたいこと、将来性が明確であっても、それをうまく話せないと意味がありません。

何分も長く、まとまらない話を続けると採用担当に不安を与えます。

面接で志望理由を聞かれた際、長さとしては1~3分程度でまとめるようにしましょう。

志望動機を見つけるなら自己理解を深めること

考える人

転職をするとき一番大切なのは自己理解を深めることです。

自分がなぜ転職したいか、転職先で活かせる強みは何かを考えることで、働きたい企業が変わります。

自分と企業の能力と方向性の紐付けをしっかり行うことで志望理由に深みが増し、採用されやすくなります。

さらに自分と企業の考えがマッチしているため、転職後の早期退職を防ぐことが可能です。

志望動機を軽く考える人も多いですが、転職を考えるなら志望動機を深く考えて、企業へアピールしましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事