8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

みなさんは「今の職場じゃ将来が暗い」「転職したいけど失敗したくない」と悩んではいませんか。

転職にはお金も体力も必要なので慎重に動きたいですよね。

そんな転職したい人におすすめな業界がIT業界です。

でも、「IT業界ではどんな仕事をするの?」「必要なスキルは?」と不安に感じると思います。

そこで今回は

  • IT業界の特徴と成長性
  • IT業界での仕事と必要なスキル
  • IT業界に向いている人
  • IT業界に転職するまでのステップ

を説明します。

IT業界に興味のある人の参考になれば幸いです。

IT業界とは?業界の特徴と成長性

夜景

ITとはInformation technologyの略で、情報通信産業のこと。

みなさんがいつも使っているスマートフォンやインターネット、インターネット上での買い物サービスなど、IT業界が関わる技術は幅広いです。

AIやビックデータなど、最近テレビなどで取り上げられて話題のものも多くなっています。

世の中のシステムやデータを管理しやすくしたり、便利にするものです。

IT業界は業界全体を見てもここ数年急上昇している業界で、今後も伸びると予想されています。

しかし、IT業界はずっと成長しているにも関わらず人手不足が深刻化しているのです。

業界に若い人を積極的に採用する傾向があるため、未経験からの転職がしやすい業界になっています。

IT業界での仕事と必要なスキル

書く

IT業界で働くと一言で言っても様々な仕事の分野があります。

仕事の分野によって必要なスキルの変わってきます。

IT業界への転職を考えるならどのような職種があって、自分は何になりたいのかを考えることが重要です。

プログラマー

IT業界での仕事としてプログラマーがあります。

みなさんがIT業界で働くと聞いて、最もイメージしやすい職種なのではないでしょうか。

プログラマーはシステム開発やWEB製作の設計図のようなものをもとに、プログラミング言語を使って実際のシステムを形にする仕事です。

プログラマーに必要なのはプログラミングスキル。

世の中にはJava、PHP、C#などたくさんのプログラミング言語があります。

多くの言語を扱えれば強いですが、実際は一つの言語を使いこなすのも大変です。

そのため、仕事をする企業の環境で使う言語を習得することが必要になります。

しかし、プログラミングの技術は常に新しく進歩し続けるので、一度習得したらそれで終わりというわけではありません。

継続して技術を学び続けられる学習意欲が重要になります。

プログラマーは特に人手不足のため未経験からでも採用されやすいです。

物作りに興味のある人におすすめな職種になります。

Webデザイナー

IT業界にはWebデザイナーという職種もあります。

WebデザイナーはWebサイトなどの見た目のデザインを考え、形にする仕事です。

Webデザイナーに必要なスキルは、

  • 見やすいサイトを作るためのデザインの知識
  • デザインをコーディングするための実装スキル(HTML、CSS、Javascriptなど)
  • IllustratorやPhotoshopといった、イラストや図などを作るグラフィックツールのスキル

などです。

Webデザイナーはサイトの見た目の綺麗さはもちろん、どこにどの情報を並べたらユーザーが使いやすいかという点まで考える必要があります。

どんなに優れたサイトでも見た目が整っていないと使いにくく、誰も利用してくれません。

一見華やかな職種に思われやすいですが、Webデザイナーの技術は流行り廃りが激しいです。

そのため、流行に乗って新しい知識を常に付けていかなければなりません。

Webマーケター

WebマーケターもIT業界で重要な職種です。

今の社会ではインターネットでの情報収拾は当たり前ですよね。

そうなるとWeb上でお客さんにサイトを見てもらって、その先にある商品を買ってもらえるかは非常に重要になってきます。

WebマーケターはWebサイトにきたお客様のニーズを読み取り、分析し、いかに商品を気持ちよく買ってもらうか戦略を立てる仕事です。

Webマーケターになるには

  • マーケティングの知識
  • 集客データなどの数値を読み取る分析力
  • 情報収拾能力

などが必要となります。

企業の売り上げに直結する部分が大きいため、その役割は責任がありとてもやりがいのある仕事です。

営業

IT業界では営業職も転職先としておすすめです。

IT業界の営業だと、「何か特別な知識が必要なのでは…」と思うかもしれませんが、基本的にはなくても務まります。

営業職に転職するには、

  • クライアントと自社のエンジニアとの間を繋ぐ、コミュニケーション能力
  • クライアントが必要としている技術を見極めるヒアリング能力
  • 的確な問題解決力

などが必要になります。

IT業界の営業職では、プログラミングなどの知識は必然ではありません。

しかし、お客様の問題を解決するに当たって、多少の知識は持っていた方がクライアントや自社エンジニアからの信頼に繋がります。

転職活動しながら基礎的な技術書に触れてみると良いでしょう。

IT業界に向いている人

考える人

IT業界は未経験からでも目指しやすい業界です。

しかし、確かに求人も多く需要が大きい業界ですが、誰でも転職できて長続きするかといえばそうではありません。

ここではIT業界に向いている人の特徴を紹介します。

この特徴はプログラマー、Webマーケターなど、どの職種にも問いません。

自分がいくつ当てはまるか確認してみてくださいね。

新しい技術が好きな人

IT業界に向いている人は新しい技術が好きな人です。

IT業界は日々すごい勢いで成長しています。

今までは当たり前になかった技術も、いつの間にか当たり前になっているなんてこともあるのです。

例えば、今は誰もが毎日利用しているGPS機能なども10年前にはほとんどの人が知りませんでした。

新しい技術の発達は私たちの生活をより便利で豊かなものにします。

そのため今までやっていた方法より優れたものが出てくれば、どんどん現場に導入されるのが特徴です。

IT業界では新しい技術に興味を持つことができなければ、働いていて辛くなっていきます。

新しい技術を楽しく学び続けられる人が、IT業界には向いています。

積極的に動ける人

積極的に動ける人もIT業界に必要な人材です。

前述した通り、IT業界は今深刻な人材不足となっています。

そのため新しく働き出したとしても、マンツーマンで常に先輩に仕事を教えてもらえるわけではありません。

自発的にわからないことを調べることができて、それでもわからないときはきちんと先輩に聞ける意欲のある人が求められています。

いつか誰かが教えてくれるだろうという受け身なスタンスでいると、いつまでも成長できません。

そして早期退職や転職を繰り返すことになるのです。

そのため積極的に学んで行動できる自走力のある人は、IT業界に向いています。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力の高い人は、IT業界に向いています。

営業ならまだしも開発エンジニアとして働くなら、高いスキルさえあればコミュニケーション能力はなくても良いのでは…と思われがちですが、そうではありません。

プログラマーとして現場で働くにしても、クライアントや現場のプログラマー、他社のエンジニアと関わる機会が多いです。

そのため現場での円滑なコミュニケーションが取れないと、

  • 決められた期間までにシステムの実装が間に合わない
  • やっていることの食い違いが起きてシステムが動かない

ということが起きます。

円滑なコミュニケーションが取れることは、IT業界で働くならどんな職種でも必要とされる能力です。

IT業界に転職するまでのステップ

世界中のビジネスマン

ここまで読んでIT業界に転職したいと思った方に向けて、IT業界に転職するためのステップを紹介します。

いきなり企業へ面接に行くだけでは採用されにくいので、ぜひ実践してみてくださいね。

興味のある分野を明確にする

IT業界に転職したいならまずは興味のある分野を明確にしましょう。

「IT業界は将来の成長性もあるし、需要も大きいので転職したい」と思うだけでは採用されません。

あなたはIT業界でも特にどんな分野に興味を持っていますか。

  • マーケティングでどうやったらサイトに集客できるのか興味がある
  • ユーザーが買い物をするサイトを作りたい
  • ユーザーが使いやすいサイトのデザインをやりたい

など、人によって興味のある分野は異なると思います。

やってみたいこと、興味のあることを明確にすることで転職先の企業を絞ることが可能です。

また、採用面接でなぜ自分がIT業界で働きたいかという志望動機に説得力を持たせるためにも、自分のやりたいことを理解することは重要です。

独学で勉強してみる

IT業界の興味のある分野を絞れたら、一度自分で勉強してみましょう。

最近ではわかりやすい技術書やプログラミング教材など、ITスキルを上げるための情報商材がたくさんあります。

無料で試せるものもあるので、転職して企業でやってみてやっぱり合わなかった…と早期退職しないためにも、まずはやってみてください。

それで楽しいと思えればIT業界への適性があるといえます。

また、自分で勉強してみたことが面接などで企業に意欲をアピールできるポイントにもなるのです。

IT業界へ転職したいなら、独学で一度勉強することがおすすめになります。

プログラミングスクールに通う

先ほど独学で勉強してみることを推しましたが、可能ならばプログラミングスクールに通ってみてください。

IT業界の技術は独学ではどうしても分からないことが出てきて、解決できないことがあります。

その点スクールでは講師が常駐しているところが多いので、問題を素早く解決して効率的に勉強することが可能です。

スクールに通うことは独学よりも時間もお金もかかるので、本気でIT業界で働きたいのだと転職先の企業へ印象付けることができます。

時間とお金に余裕があって、少し独学をしてみて楽しいと思ったらスクールへ通うことが、IT業界に転職する手段として適しています。

転職エージェントに登録する

IT業界に興味を持って勉強をしてみて、さらに興味が深まれば転職エージェントへ登録してください。

どんなに興味があっても、どの企業で働くのが自分に適してるか判断するのは中々難しいですよね。

そこで転職のプロを利用しましょう。

転職エージェントへ登録すると、今まで何人もの転職を成功に導いたキャリアカウンセラーが無料で転職相談に乗ってくれます。

そして、相談した上であなたの希望に合った求人を紹介してくれるのです。

さらに履歴書や職務経歴書、志望動機など、一人で転職活動をすると行き詰まってしまうものも添削してくれます。

転職エージェントの利用は無料なので使わない手はありません。

IT業界への就職を目指すなら転職エージェントへ登録し、転職相談をしましょう。

未経験からのIT業界転職はおすすめ

閃いてる男

IT業界は人材の需要に対して供給が追いついておらず、未経験の人の採用も他の業界より積極的に行なっています。

さらに業界全体が成長しており、その傾向は今後も続くと予想されています。

そのためIT業界は未経験からの転職におすすめな業界です。

IT業界に転職するには、業界内の職種やそれぞれの仕事に必要なスキルを知ることが重要になります。

まずはあなたが転職したい仕事を明確にしましょう。

そしてやってみたい仕事のスキルを身に付けるために、勉強を始めてみてください。

明確な目標とそれに近づく努力をして、IT業界への転職を成功させてくださいね。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事