6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラマーを始めIT業界の職種は現在学生から現役の社会人まで就職・転職を希望する方が年々増えています。

特にwebデザイナーの仕事は今まで男性が中心だったIT職種ですが、若い女性を中心に就職・転職希望者が増加しており注目を浴びています。

しかしwebデザイナー未経験者が気にされる噂が年収の低さです。

今回はwebデザイナーの年収が本当に低いのか、年収を上げる方法などについて解説をしていきます。

webデザイナーとは

働く女性

webデザイナーの名前を聞いた事があり興味を持っている方は多いですが、webデザイナーの仕事内容などの基本的な情報をご存知ない方も少なくありません。

まずはwebデザイナー未経験者の方向けに基本的な情報から解説をしていきます。

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーの仕事内容は企業・個人からwebサイト、webコンテンツ作成の依頼を受けます。

数年程前まではwebデザイナーの主な仕事は依頼を受けたwebサイト、webコンテンツのデザインのみが基本でしたが、現在では徐々にデザイン部分だけの仕事では需要が減りつつあります。

しかしwebデザイナーの仕事が無くなると言う訳ではなく、これまでHTMLコーダーやwebプログラマーが担当していた部分に仕事範囲を広げて行く事でこれからも需要のある職種と言えます。

結果今webデザイナーの仕事はレイアウト・構成の制作、デザインの制作、HTML・CSSを使用したコーディングまでが仕事になる事が多いです。

また更にJavaScriptなどクライアントサイドのプログラミングも担当する事も珍しくありません。

今後はwebデザイナーとして簡易なプログラミングまでは出来るスキルが必要になる可能性が高いです。

webデザイナーが活躍している企業・会社

webデザイナーが活躍している企業・会社にはどんな所があるのか、一部ご紹介していきます。

株式会社ANSWER(http://answer-tokyo.info/profile.html

株式会社ANSWERは居酒屋・キャバクラなどナイト系の仕事を専門にwebサイト、デザイン・webページ制作などを行っている会社です。

ナイト系のwebサイトは集客を目的としたサイトの為、そのお店の特徴を引き出せるデザインなどが必要ですが、株式会社ANSWERは今までのノウハウを活かしたデザインができる会社で多くのwebデザイナーが在籍しています。

日本ビジネスアート株式会社(https://www.jbakk.co.jp/

日本ビジネスアート株式会社はアサヒビール株式会社、株式会社ファンケル、カルビー株式会社など大手企業と取引がある有名な会社です。

webデザイナーも70名以上が在籍しており、webデザイン会社の中でも大手になります。

webデザイナーの平均年収

今回の本題でもあるwebデザイナーの収入について、解説をしていきます。

webデザイナーの平均年収は350万円前後です。

ただ収入面は後述する働き方などによっても大きく変動します。

webデザイナーの年収って低いの?

パソコン

webデザイナーの平均年収は350万円と解説しましたが、そもそも年収400万円は他の職種などと比べて低いのかなど収入面について、解説をしていきます。

他職種との比較

webデザイナーの収入を多職種と比較して解説をしていきます。

IT業界の他職種と比べてもwebデザイナーの収入は低く、プログラマー・システムエンジニアと比較した場合平均年収で50万円から100万円ぐらいwebデザイナーの方が低くなります。

また日本の平均年収が男性500万円前後、女性が300万円前後です。

webデザイナーの仕事は男女でそれ程収入面に差がでない職種なので、男性の平均年収からすると低い事になります。

女性の平均年収と比較すると平均年収は高い事になりますが、それでも男女の平均年収で考えると決して高い収入にはなりません。

年収のボーダーライン

webデザイナーの仕事はIT業界の職種であり、比較的残業が多い職種になります。

年収はお住いの地域や家族構成など様々な条件が入ってきますが、年収300万円以下になるのであれば、webデザイナーになるのは辞めておく事をおすすめします。

IT業界ではみなし残業などで残業代が基本給料に含まれている求人などもあり、労働時間がそのまま収入に反映されない事もあります。

webデザイナーになる為の第一歩と考えて給料が安くてもと考える方もいらっしゃいますが、最初は良くても長時間労働に対して給料が低いのでは、心が折れてしまいます。

未経験者の方でもある程度自分の生活が保証される就職先を探す事が重要です。

ただ平均年収が350万円の為、未経験者の方が300万円以上の収入を最初から確保するのも簡単でないのも事実です。

努力次第で年収は上がる?

女性とパソコン

webデザイナーの平均年収について、解説をしてきましたが、ここまでの情報だけではwebデザイナーになるのを辞めようと考えている方もいらっしゃると思います。

しかしあくまで平均年収なので、努力次第では年収を上げる事も決して不可能ではありません。

ここからはwebデザイナーの年収を上げる方法について、解説をしていきます。

webデザイナー内の年収の差

webデザイナー内でも年収に差があります。

正社員・派遣・フリーランスでも年収に差があり、通勤型の勤務形態か完全在宅ワークの勤務形態かなどでも収入面に大きな差があります。

例えば大手企業でもwebデザインの仕事だけであれば年収は400万円台を超える事は殆どありませんが、フリーランスの場合は営業活動などをうまくできれば、年収1,000万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

もちろんフリーランスは収入面が不安定な為、軌道に乗れなければ、年収が200万円以下になる場合もある為、フリーランスになれば必ず儲かると言う訳ではありません。

年収を上げる方法

webデザイナーで年収を上げる方法ですが、冒頭のwebデザイナーの仕事内容で触れましたが、仕事の範囲は会社や個人の環境で変わってきます。

webデザインだけの業務では現在大手企業に勤めている方でなければ、平均年収を下回る事も珍しくなく未経験者の方が今からデザイン業務だけしかしないのであれば、そもそも就職・転職先を見つける事すら簡単ではありません。

しかしwebデザイン以外にもマークアップ言語まで仕事の範囲を広げると中小企業でも平均年収を上回る事もあります。

そしてJavaScriptや現在webサイト制作で主流になっているWordPressの導入やカスタマイズが出来れば、正社員でも年収500万円を超えられる可能性もあります。

フリーランスの場合はJavaScript、WordPressのカスタマイズにPHPなどのプログラミングが可能であれば、受注できる仕事範囲も広がり、上述した年収1,000万円以上稼げる方も出てきます。

一番の近道!スキルアップ

既にお気づきの方も多いと思いますが、年収アップの一番の近道は仕事範囲を広げる為のスキルアップです。

webデザイナーに必須のデザインのスキル以外にもHTML・CSS・JavaScript・PHPなどのコーディング、プログラミングスキルを習得する事が重要です。

マークアップ言語は比較的簡単ですが、JavaScript・PHPなどのプログラミング言語は一朝一夕で習得する事はできず、独学での勉強方法も多くありますが習得する前に挫折してしまう方もいる為、おすすめはできません。

プログラミングを習得してスキルアップをし、年収を上げたいと考えている方は勉強会やプログラミングスクールなどを利用して効率よく学習する事をおすすめします。

webデザイナーの勉強会についての記事は下記のリンクをクリック。

webデザイナーの上位職種、webディレクターとは

同じweb業界の職種にはwebディレクターがあります。

webディレクターの仕事内容は、webサイト制作するにあたり、全体的な調整や指揮などをするwebデザイナーの上位職種にあたります。

またwebプログラマーなどの人材確保などもwebディレクターの仕事に含まれます。

デスクトップアプリケーション開発におけるプロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャーの役割にあたります。

webディレクターの平均年収は450万円前後とwebデザイナーの平均年収と比べると100万円以上高い事になります。

他にもwebデザイナーに比べてwebディレクターの方が労働時間が短くなる事が多く、フリーランスとして独立を考えていない方はwebディレクターにキャリア変更をおすすめします。

webディレクターになるためには経験が必要

webディレクターになるためには、経験やスキルが必要になります。

webディレクターにはwebデザイナーのスキル以外にもSEO対策やwebプログラマーなどの仕事調整、顧客との打ち合わせなどwebサイト制作に関わる全ての人とコミュニケーションを取る為、コミュニケーション能力とwebの幅広い知識や経験が求められます。

webデザイナーになるには努力が必要ですが、webデザイナーの仕事に強い拘りがない方は最終的にwebディレクターになるのに必要なスキルや経験を積んでおく事をおすすめします。

まとめ

今回はwebデザイナーの収入面について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

webデザイナーの仕事内容は徐々に範囲を広げており、想像していたのと違うと感じた方も多いのではないでしょうか。

JavaScriptなどのプログラミング言語習得は少し時間がかかりますが、他のスキルに関しては比較的習得がしやすく未経験者の方がwebデザイナーを目指すのに最適です。

また平均収入は低いですが、子供が小さい主婦の方は働こうにもまとまった時間が確保しづらい方でも少しの空いた時間にwebデザイナーの仕事を在宅で行う事ができる為、おすすめです。

webデザイナーを目指すのであれば、最終的な目標などを持つことも重要です。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事