【9月枠も残りわずか】転職保証コース

【徹底解説】エンジニアのキャリア

キーボードを触る

これからIT系エンジニアを目指している方も、あるいは現在すでにIT系エンジニアであるという方も、ご自分のキャリアについてどの程度深くお考えでしょうか。なんとなくコードを書くのが好きだから、自由度の高い仕事だから、というような漠然とした理由でIT系エンジニアになった方も案外多いものです。
しかし、IT系エンジニアにとっては特に自分の今後のキャリアを考えることは重要なことです。
誰にとっても自分の今後のために計画を立てることは必要です。とりわけ技術の革新が数年という短いスパンで起こるIT業界ではとくに将来設計をしてそれを環境に合わせて更新していかなければ、自分のスキルを正しく伸ばすことはできません。
この記事では、エンジニアのキャリアを考える上で、初歩的なところを説明します。
キャリアとはどういうものなのかから、どうやってキャリアを考えればいいのか、そして具体的には何を目標にすればいいのか。IT業界では技術は日々進歩してしまい、ここまでやればできたことになる、という具体的な指針になりにくいです。
そのためまず資格の取得を目指し、エンジニアとして働く中で得られた知識と自分で得た総括的な知識を示すものを得ておくのがよいと思います。
今後自分がどうなりたいかを見据えて働くことができれば、日々の業務をがむしゃらにこなすだけの働き方よりより多くのものに気づき、得ることができるようになります。この記事でその一歩を踏み出していただければ幸いです。
エンジニアとは工学に関する専門的な知識やスキルを持った人材のことをさします。
エンジニアリングは工学のことをさします。日本では特に資格も必要なく名乗ることができる職種です。語源が工学であることから理系の印象が強いです。しかし種類にもよりますがIT系エンジニアは学歴とは関係なく働く中で知識を得るという方も多く、文系理系を問わない職種であるといえます。

エンジニアの種類(システムエンジニア、インフラエンジニア)

システムエンジニアとは

システム開発の所謂上流工程を全体的に監督する仕事です。
まずシステムを依頼したクライアントに提案を行います。クライアントの要望を細かくヒアリングし、人員や予算を加味して最大限の落としどころを見つけます。このためヒアリング能力とコミュニケーション能力は必須です。そこから設計・開発をし、全体のテストを行ってから納品します。仕様書など文章を書く機会が多いので、文章力とクライアントにもプログラマーにもわかりやすく物事を説明できる論理性が求められます。プログラミングやデータベースなどのシステム開発のための幅広い知識が必要なのはもちろんのこと、チームを組んでシステム開発をするため、それをまとめるリーダースキルも必要です。

インフラエンジニアとは

インフラとはインフラストラクチャーの略で、基盤などの意味があります。水道や電気もインフラです。我々がこうしてインターネットを通じて様々な情報を調べることができるのも様々なデータを受け渡す基盤であるITインフラが存在するからなのです。
この基盤であるITインフラの構築や監視、メンテナンスといった仕事を行うエンジニアです。
インフラはどれも年中無休で安定した稼働が求められるため、夜勤が存在する場合もあります。ITインフラに障害が起きた場合は早急に対処するため緊急の呼び出しなどもありうる仕事です。細かい作業が多いため、インフラに対する知識や技術だけでなく、忍耐力や体力が求められる仕事です。

キャリアパスとキャリアプランの違い

階段を上る男

キャリアパスとは

キャリアは経歴、パスは経路のことをさします。会社員となった場合、たいていは役職も部下も持たない一般社員から始まりますが、そこから係長や部長、役員になるまでにどのような過程を経るのかということを説明したものです。
これがなければ昇進への道はあまりに漠然としており、目的意識を持ちにくくなってしまいます。昔は日本では年功序列といってただ仕事をこなして年月が経てば昇進できるという制度が存在しましたが、現在はなくなりつつあります。具体的な目標を会社側からも設定することで、社員の自己啓発とモチベーションアップを図るという狙いがあります。
エンジニアのキャリアパスについて更に詳しく知りたい方は下記のリンクをクリック!

キャリアプランとは

メジャーな言葉ですが、プランは計画です。仕事における達成したい目標を設定し、そのためにどんな仕事をするのかという計画がキャリアプランです。個人で作成することもありますが、会社側から作成を要請されることもあります。このような計画を会社と社員とが共有することで、会社としても必要な教育や資格制度がわかりやすくなりますし、社員側からも勤労意欲が向上するというメリットがあります。
キャリアプランの成功例は下記のリンクをクリック!

エンジニアのキャリアパス

従来のエンジニアのキャリアパス

従来のエンジニアのキャリアパスは、
プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャーというものだけでした。
個人の資質によってはコードを書くのが非常に好きだから、といった理由でプログラマーを長く続けたりする方もいました。しかしほとんどのエンジニアは、長く続けるうちに自然とプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった現場の仕事やさらに上の段階でのリーダーになっていたのです。

キャリアパスの書き方

IT業界は技術が日進月歩し、新しい技術が日々生み出されています。このような変革の激しい業界では、ただ状況に流されて仕事をこなしているだけでは成長は見込めません。自分の手持ちのスキルだけで仕事を回すことは不可能ではありませんが、成長を怠っていては得られる仕事は減り、収入を伸ばすこともできないでしょう。
そのため、キャリアパスを書いて自身の成長をマネジメントしていく必要があります。
現在の自分ができること、過去の失敗経験や成功経験を棚卸します。そのうえで自らがこれからどの分野でどのようなことができるのか、解決できる課題は何かなどを具体的に考える必要があります。キャリアパスは現在の自分と将来の理想の自分との差を埋めるためのものです。将来の理想の自分をより具体的に思い描き、そのために何が必要かを一つ一つ書きだしてみてください。そしてその必要なものを得るために、プロジェクトに参加したり、資格を得たりする計画を立てましょう。

エンジニアのキャリアプラン

マックブックの前においてあるカプチーノ

キャリアプランとは

キャリアプランを立てるには、長期的に将来を見据え、目標を立てる必要があります。そのためには自分の理想は何かをまず知らなければなりません。年収や働き方、地位だけでなく、同僚との関係性や勤務地、その時の家族構成などを詳細に立ててみましょう。例えばあなたは10年後、何歳ですか?どのようなプロジェクトに参加していますか?住んでいるところは?在宅で働いていますか?社員ですか、フリーランスですか?支えてくれる家族や同僚との関係はどうですか?
こうした問いを一つ一つつぶして、現状と比較してみましょう。理想が具体的であればあるほど、現在の自分に必要なものや不足しているものがはっきりするはずです。それを埋めるために、いつまでに何をするのかを年単位、あるいは月単位で決めてしまいましょう。

エンジニアのキャリアプラン作成の重要性

エンジニアはキャリアは従来のほぼ一直線だったものとは別物になっています。
現在のエンジニアのキャリアはプロジェクトマネージャーだけではなく、ITコンサルタントやフリーランスエンジニアなど幅が広いです。これらのうちどれになりたいか、どんな働き方をしたいかによって、身に着けるべきスキルも違ってきます。
キャリアプランが作れなければこのスキルをいつまでに身につければいいか分からずに漠然と日々を過ごしてしまい、気が付いたら選択肢がほとんど残っていなかった、なんてことにもなりかねません。
そんなことにならないよう、できればエンジニアを選択したときに同時にキャリアプランを立てておきましょう。もちろん状況は刻々と変化しますので、それに合わせてキャリアプランも変化させてください。

エンジニアのキャリアプランの立て方

キャリアプランは、立て方自体はエンジニアであってもその他の職種であっても変わりはありません。
目標を立て、そのために必要な行動を計画に落とし込むことです。何をするというだけではなく、いつまでに、どのような手段で、といったことまで細かく決めてください。この計画は具体的であればあるほど好ましいですが、状況の変化に応じて変更できる柔軟さも大切です。通常のスケジュール調整と同じで、ぎちぎちに詰め込むのではなく後から修正が利くように空白期間をあらかじめ組み込んでおきましょう。
また、半年ほどの期間で実行する短期プランと大まかに目標を立てた3年前後の中期プランを同時に立てるのがよいとされます。
①まずはひたすら書き出す
この段階でダブりがあっても構わないので、とにかく頭の中の目標ややりたいこと、理想像を紙の上に吐き出しきるつもりで書いてみてください。言葉にすることで初めてわかることというのは多いです。
②モレなくダブりなくというかたちで書いたものを整理する
時系列順など順番を決めることで書き忘れていた部分があることや、意味がほとんど同じものがあることにも気づきやすくなります。
③こなすための作業とその量、こなすまでの期限などを設定する
このようにしてキャリアプランを立ててみてください。時間はかかると思いますが、これを行うことで計画が立てられるだけでなく、思考が整理されて自分自身への見方も変わるはずです。そしてエンジニアの場合は、自身が得たものを示すための手段として、何年までにこの資格を取る、といったように資格の取得をお勧めします。エンジニアは資格を取得しなくてもなれる職業ですが、資格の勉強をすることで偏りなく知識を得ることができますし、他人に対して自身の努力やスキルをわかりやすく示すこともできるようになります。

キャリアプラン作成例①

システムエンジニアのキャリアプランとしては、まずはじめてから3年以内に基本情報技術者やソフトウェア開発技術者などの基礎資格を取ることです。そして5年以内にはその上位の資格である高度区分の資格を取ります。この資格はいくつかありますが、たいていの人は関連した環境で働きながら技術と知識を同時に身に着け、知識を学習によって補って資格を取っています。
10年後には順当にいけば昇進して管理業務を任されることになるので、マネージャーとしての勉強をしてください。この辺りになると経営について意識することになるかもしれませんので、技術の勉強だけではなく、より包括的な経営についての知識を身に着けるべきでしょう。

キャリアプラン作成例②

インフラエンジニアは、専門家として技術を磨きつづけるか、管理業務を任される昇進の道に進むかという選択肢があります。
専門家を続けるにしても、インフラのみではなく、時代の変化に合わせてより幅広いスキルを習得する必要があります。
5年以内にインフラエンジニアの資格として代表的なLinuxとネットワーク機器の資格であるciscoの技術者認定資格の両方の取得を目指してください。
10年後には専門家であってもその知識を生かしてチームリーダーを任されることになるので、部下の管理や他部署との連携を視野に入れてコミュニケーション能力やマネジメント能力を磨く必要があります。

エンジニアの資格紹介

情報処理技術者試験が日本のエンジニアの国家資格としては最もメジャーなものになります。
基本情報技術者(FE)情報セキュリティマネジメントが基礎的かつ難易度の低い資格と言えるでしょう。基本情報技術者(FE)以上が履歴書に書ける目安です
そのため、まずは基本情報技術者(FE)を目指してみてはいかがでしょうか。
それよりも難易度の低い試験にITパスポートがありますが、これはエンジニアとしては履歴書に書くことは少ない資格です。これを取得しているエンジニアの方は、どちらかというと段階を踏んで勉強するため、つまり基本情報技術者(FE)の全単会として取得した方が多いといわれています。
データベーススペシャリスト(DB)、エンベデッドシステムスペシャリスト(ES)、プロジェクトマネージャ(PM)、システム監査技術者(AU)、ネットワークスペシャリスト(NW)、システムアーキテクト(SA)、ITサービスマネージャ(SM)、ITストラテジスト(ST)の8つが高度区分と呼ばれる試験です。
これらの試験は実務経験を1年以上積み、専門の勉強をした方が取得する傾向が強いです。

資格を取得するための方法

視覚といっても試験勉強の方法は学生の試験勉強とほとんど変わりがありません。ざっくりいうと、まず参考書を読んで必要な知識を身に付け、そのご問題集などで試験問題を解く練習をするということです。問題を解く中で躓いた部分は、知識が十分でない場合と問題の解き方がわかっていない場合の2パターンあるので、まずは再び参考書の該当箇所を読んで知識を身に着け、その後は何度も問題を解いて試験問題になれてください。また試験内容が変更になっているパターンもありますので、近年の過去問だけでなく予想問題集などもカバーできるとなおよいです。資格のホームページも必ずチェックして、試験範囲を確認するようにしてください。

まとめ

変革が激しいIT業界において、自身のキャリアパスを確認すること、キャリアプランを立てることはどちらも成長のために必須と言えます。半年や一年の折に触れて、自身がなりたい理想の将来像を描き、その理想までに何が必要かを確認するようにしてください。

その理想までの分かりやすい指針として、まずは資格の取得を目指すことをお勧めします。

資格は目標として設定しやすいだけでなく、他人から見てもわかりやすいスキルの証明になります。資格の取得のためには自分の知識を整理することや繰り返し問題集を解くことが必要となります。もちろん資格だけをすべての目標にしてしまうのではなく、今後自分がどうなりたいか、どんな働き方をして、何を達成したいかを常に見据えて働いてみてください。

それができれば、日々の業務の中でもより多くのものに気づき、得ることができるようになるでしょう。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある