【9月枠も残りわずか】転職保証コース

ITエンジニア転職に重要な点は?未経験からエンジニアになる方法も

ITエンジニア転職の現状

男の人

はじめに IT エンジニア転職の現状についてですが、業界動向として以前より IT エンジニアの人手不足は深刻な状況に陥っています。それに伴って全体的な求人数は多くなっていて、未経験者 OK の企業も増えてきています。

そこで未経験者の方は、「スキルが無い状態でも無事に採用されれば、会社の研修でスキルを伸ばせるのでは?」と考えられてるかもしれませんがそう上手く行かないケースもあります。

ここでは IT エンジニア転職の成功例と失敗例の両方をご紹介し、IT エンジニアに必要な能力とは何か?について解説します。

ITエンジニア転職の成功例とその理由

自分の弱点を見極めて、強みが活かせる道に!

IT 関連製品を扱う V 社で製品導入担当 SE として働く A さんは、V 社の製品の知識にスキルが偏ってしまう事に不安を感じ転職を決意しました。A さんは次の転職先の候補に「何となく」大手である W 社に入社することを検討し、転職エージェントの方に相談しましたが、「そもそも志望動機に矛盾があります。その動機では今度は W 社の製品の知識にスキルが偏るだけですよ?」との意見をもらい、転職エージェントと転職先を再検討することにしました。

そこで A さんは応募先の会社毎に自分の経験やスキルがどう活かせるか当てはめてみて志望動機を考えてみることにしました。自己分析をした上で志望動機をしっかりと落とし込む事によって本当にやりたい事が何かを見極めることができました。

そのため、A さんは無事に自分の経験とスキルとやりたい事がマッチした大手 SIer である Z 社に内定を貰うことができました。A さんは IT エンジニアになりたい動機がはっきり明確になっていて、志望動機に上手くつながった事で転職に成功しています。

ITエンジニア転職の失敗例とその理由

会社の雰囲気で転職先を選択した結果・・・

大学卒業後に金融機関の営業の仕事を選択た S さんは縦割りの組織が合わずに3年目に退職を決意しました。次の仕事はアイデアを実現できる仕事に就きたいと言う思いから未経験 OK の IT エンジニアの仕事に応募しましたが、書類選考に通過しても面接で不採用が続きます。不採用の原因は「志望動機が明確になっていない」という事が原因のようでした。

そして、いくつかの企業に応募するうちに未経験 OK の IT 企業であるX 社に内定を貰えすぐに入社することにしました。しかし S さんは X 社の事業内容や入社後の自分の役割について理解しないまま面接時の会社の雰囲気だけで入社を決意してしまったのです。

入社後、会社の雰囲気は S さんが求めていた通りであったのですが、肝心な業務内容であるプログラミング業務は S さんの症に合っていないものでした。これは S さんが自分のやりたい事と向いている事の自己分析を行わないまま転職してしまった事によって志望動機も明確にならず、さらに本当に IT エンジニアでやっていけるかどうかの自己分析ができておらず事前のスキルアップも行わない状態で転職に失敗したケースです。

ITエンジニア転職に必要な資格、能力

転職する際の会社の見極め方

成功例と失敗例にあるように転職の際に重要なポイントとして、自分が転職先でどのような業務を行うか、さらにこれまでの経験とスキルがやりたい事と一致しているかどうかのイメージを固めることができるかどうかが非常に重要となります。

見極めのコツの一つに応募先の会社の情報をホームページで検索してその会社が取り扱っている「製品情報」の内容を確認して仮に自分がその会社に入った場合、ホームページに記載している製品に関してどのような活躍ができるか想像してみるという方法があります。

もしかするとそこを切り口に志望動機のストーリーも作ることができるようになると思います。

未経験からITエンジニアになることは可能?

電話をしている女性

未経験がITエンジニアになるために必要なこと

未経験が IT エンジニアになるために必要な事の一つにプログラミング言語を習得することです。その他にも IT エンジニア向けに様々な資格があるので、転職の際に有利になるのでそれらの資格に挑戦するのも良いです。

ちなみに、選考の際に最も見られているポイントは「採用後のスキルアップを自主的に行う事ができるかどうか」になります。IT エンジニアの世界では同僚や先輩に教えてもらう事よりも、自主的に学習して成長し続けられるかどうかが非常に大事な要素となります。面接の際も必ずそこをポイントとして見られているので、まずは自分が IT エンジニアのスキルアップを継続できるかどうかの判定を行ってみましょう。

未経験からITエンジニアになる方法を紹介

未経験から IT エンジニアになるためにはプログラミング言語の習得が必要な要素ですが、ここではどのように学習すれば良いを解説します。

独学

プログラミング言語の構文や開発ノウハウについては書籍や WEB サイトを使って独学で進める事は十分可能です。

しかしそれは他のプログラミング言語を習得している経験者の場合の話です。未経験の場合でも独学で進める事が可能ですが、わからない事があってどうしても解決できない場合、書籍や WEB サイトだけではなかなか効率よく学習することができません。

プログラミングスクール

独学以外の方法では身の回りにプログラミング講師となる方がいるならその方に教えてもらうという方法もありますが、そう簡単に見つからないかと思います。

その場合、プログラミングスクールという選択肢もあります。講師はプログラマー経験者なので、わからない事があった場合でも質問に丁寧に回答してもらえるので自分の弱点を克服しスキルアップのスピードも独学に比べると早くなります。

デメリットとしては受講料が発生するので、独学よりも費用が割高になってしまう点があります。

主婦からITエンジニアに

指をさす女性

 

主婦からITエンジニアになった人の事例

ここでは主婦の方が未経験から IT エンジニアになった事例について紹介します。

ご紹介するのは 3 人のお子さんがいらっしゃる子育て中の S さんの事例になります。この方が最初に挑戦したのはオンラインのプログラミングスクールでした。S さんはプログラミングスクールに挑戦した動機について次のうように述べられています。

「最初の子供のときの育児休暇後は元の会社に復帰しましたが、3 人の子供がいる現在では会社勤めは難しいので在宅で働く事を検討しました。仕事の幅を広げる目的でプログラミングのスキル習得を志しました」

働く意欲が高い S さんはプログラミングの学習を開始しましたが、慣れないプログラミング言語の構文の学習に悪戦苦闘の日々が続きましたが諦めずに課題をこなして、学習スタートから 2 ヶ月後に S さんに在宅でのコーディングの仕事の機会がありました。そこでは習得されたスキルを活用し無事にクライアントから依頼された仕事もこなされたとのことです。

主婦からITエンジニアになる方法を紹介

プログラミングスクール

プログラミング言語を独学で学習するには多くの時間が必要になってきますが、時間の限られた主婦の方の場合思うように進まないかと思います。またプログラミングスクールに通う時間の確保も難しいと思われますが、そのような場合はオンラインで受講できるプログラミングスクロールを活用することができます。

オンラインであれば PC とネット環境があれば在宅で受講することができます。さらに書籍や WEB サイトによる独学も併用して行う事も可能になるので、あとはやる気さえあれば十分プログラミング言語を習得することができます。

40代、50代からのITエンジニア転職

ドアから覗いている女

40代、50代からのITエンジニア転職を成功させるには

さすがに 40 代、50 代ともなると年齢でふるいにかけられてしまって落とされるのでは?と言う不安があると思いますが実は全くの逆でこの年齢からでも転職のチャンスは十分あります。

というのも IT 業界というのは全体的に人手不足に陥っており、40 代以降の経験豊富な高スキルのエンジニアは即戦力として積極的に採用される傾向にあります。またマネジメント経験があれば組織のリーダー的な存在として転職の可能性はさらにアップします。

では実際に転職する場合、どのようなアクションが必要かについて下記に解説します。

40代、50代からITエンジニアに転職する方法を紹介

40代、50代からの転職をサポートしてくれる会社

40 代以降の経験者であれば転職エージェントを活用するのが有効な方法だと言えます。転職エージェントというのは企業が希望する人材を紹介するサービスのことです。ベテランの採用となると企業側としては求職者のミスマッチを防止する目的で積極的に転職エージェントを活用します。

求職者にとってもメリットが多く利用は無料です。具体的な流れは転職エージェントのサービスを行っている会社はいくつかあるので自分にあったサービスを調べて、エントリーするところからスタートします。

その後転職エージェントとの面談で希望の条件を伝えたり、気になる企業の求人状況について教えてもらったり、実際に応募するところまでサポートしてくれます。このとき履歴書や職務経歴書のチェックも行ってくれるので書類選考の確率もアップします。

このように自力で転職活動を進めるよりも転職エージェントを活用する方が効率良い事がわかると思います。

まとめ

未経験から IT エンジニアになる道は自分のやる気次第で十分可能である事が分かったと思います。また在宅ワークや転職エージェント等、時間が無い主婦の方や 40 代以降の方でも転職することも可能です。

IT エンジニアになるためにこれからプログラミング言語を習得してみようと考えた方は独学やプログラミングスクール等のうち自分にあった方法でチャレンジしてみてください。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある