【小学校新学習指導要領】プログラミング教育に向けた対策とは? | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

【小学校新学習指導要領】プログラミング教育に向けた対策とは?

小学校で、2020年度からプログラミングの授業が導入されることが決まりました。プログラミングと聞くと難しそうな印象がありますが、実際にはどのような授業が行われるのか知っている方はそう多くいないのが現状です。プログラミング教育は何が目的で実施されるのか、家庭での対策は必要なのか、プログラミング言語を小学生が学ぶのかといった疑問点などを解消していきます。

【新学習指導要領】小学校でプログラミング授業が導入?

積み重なった本

2020年度から、小学校の新しい学習指導要領でプログラミング教育が必修化されることになっています。何故小学校で、プログラミングの教育を取り入れる必要があるのか、どのような授業をしていくのかをご紹介していきます。

文部科学省によるプログラミング学習の狙いとは

プログラミングが必修化するから、プログラマーの育成が狙いなのかと思う方もいます。

実際にはそうではなく、プログラミング学習を通じてプログラミング的な思考を育成することが狙いです。

プログラミング的な思考というのは、手順を順序立てて踏んで物事を解決する論理的な思考力のことです。目標のために何をすればよいのか考える力を養うために、プログラミング学習が取り入れられるようになります。

子どもの創造力や考える力を養うために、授業にプログラミングの学習が加わることになりました。論理的に考えられる力は、大人になってからすぐ身につけることは難しいものです。子どものうちから考え方を身につけることで、物事を解決する力やアイディア力を伸ばすことができます。

実際にはどんな授業をするの?

プログラミング学習という言葉のイメージから、授業でパソコンやタブレットを使いプログラミング言語を打ち込んでいる姿を想像する方もいます。実際に小学校の授業でプログラミングは、どのように授業に取り入れられていくのかをご紹介していきます。

プログラミングという新しい科目が増える訳ではなく、既存の科目の中で実践されていきます。プログラミングの教科書があり、テストでプログラミングの成績が評価されるというこではないのです。

既存の授業科目の中で取り入れられるため、どの学年でどのような内容をどのくらいの時間数行うのかは各学校によって異なります。

プログラミングの学習では、パソコンやタブレットなどの機器を必ず使用するわけではありません。機器を使用した学習と合わせて、アンプラグドと呼ばれる専用ツールや、紙と鉛筆などのアナログな方法で学習を行います。

既にプログラミングの学習を取り入れている学校では、小学校一年生の算数の授業でプログラミング的思考を養うための教育を行っています。特別に難しいことではなく、同じもののセットであるパターン、繰り返し行うものであるループなどの考え方を取り入れています。算数の単元理解を深めるというために、プログラミング教育が行われている例です。

<プログラミングの授業>

  • プログラミングという名前の新科目が増える訳ではない
  • 学年、内容、時間数は各学校が判断するため異なる
  • パソコンやタブレットの他に、専用ツールや紙と鉛筆での学習がある
  • プログラミング言語を教えるのではなく、プログラミング的思考を教える

小学校プログラミング教育必須化の対策ってもうしてる?

本

2020年度から必修になるプログラミング教育ですが、小学生の子どもがいる方は既に対策はしているのでしょうか。授業だけではプログラミングが理解できるのか、不安に思う方もいます。対策はしておいた方がよいのか、どのような対策がよいのかをご紹介していきます。

プログラミング授業に向けて対策は必要か

プログラミングは必ずしも、対策が必要という訳ではありませんが、対策をしてあると授業でスムーズに理解することができます。どのような教科でも、家庭での予習や復習は大切なことです。

プログラミングの授業では、プログラミング言語を学んだりプログラマーを育てる訳ではないということを理解して、対策をしていく必要があります。

家庭学習の習慣をつけるために、子どもと学習を進めるということも有効です。知りたいと思った子どもは、どんどん知識を吸収して学んでいくことができます。子どもが興味を持ち、知りたいと思ったことを親子で勉強することがおすすめです。

プログラミング授業の対策といっても、プログラミング言語を家庭で学習して対策をする必要はありません。子どもが論理的な思考を身につけられるような手助けのために、プログラミング授業が行われます。

おすすめのサイト

家庭でプログラミングの学習をするには、Webサイトや絵本などの利用がおすすめです。子どもが興味を持つ方法に合わせて、上手く使い分けて学習をしていくとプログラミングの授業で必要な思考能力が身につきやすくなります。家庭学習をするときにおすすめのWebサイトや本をご紹介していきます。

【文部科学省がモデル校で使用中】プログラミン

<プログラミン>

プログラミンは文部科学省が制作し公開している、プログラミング学習のためのWebサイトです。創ることの楽しさや方法論を学ぶことができます。既に、プログラミング授業を取り入れているモデル校で使用されている実績があります。

プログラミンは、プログラミング言語を入力するのではなく、処理が記されたブロックを組み合わせる視覚的な操作方法です。処理の内容は簡単なものですが、組み合わせる順番を考えたりアイディアを出すことがプログラミング思考を得るために、非常に有用です。

ログインモードがあり、別のパソコンで制作したものを編集することも可能です。学校で行ったものを、家で確認したり編集ができるため場所や機器にとらわれずに学習できるメリットがあります。

Rubyプログラミング少年団のサイト

<Rubyプログラミング少年団>

Rubyプログラミング少年団は、小学3年生以上の子ども達に向けたプログラミング学習のための団体が運営しているWebサイトです。Rubyは日本の開発者が制作したプログラミング言語で、近年では人気のあるプログラミング言語です。

教材の開発、プログラミング体験教室、ステップアップのためのプログラミング道場が開催されています。開催地が島根県なので、近隣にお住まいの場合は参加してみるのもおすすめです。

小学生がRubyを使用してプログラムをするための、スモウルビーとスモウルボットがWebサイトで配布されています。プログラムもパズルを組み合わせる感覚で行えるため、初めてプログラミングに触れる子どもにもおすすめです。

おすすめの絵本【ルビーの冒険】

<ルビーの冒険>

  • 出版:翔泳社
  • 著者:リンダ・リカウス
  • 翻訳:鳥井雪
  • 対象年齢:5歳から

ルビーの冒険は、プログラミング的思考を絵本で学べます。対象年齢5歳からなので、使われている言葉が簡単で分かりやすく、子どもだけではなくプログラミング初心者の方にもおすすめができます。絵本は親しみやすい温かい色合いの絵が特徴的です。

絵本ですが114ページと内容は充実しています。物語を読み進めていくだけではなく、子どもが実践できるアクティビティも用意されています。プログラミング言語を学ぶのではなく、論理的な思考をするために必要なことが理解できる作りになっています。

<絵本の内容>

  • 登場人物紹介
  • 全10章の絵本
  • 10項目のアクティビティ
  • 用語集

2020年、「プログラミング教育必修化」の前に取るべき行動の記事は下記のリンクをクリック。

https://web-camp.io/magazine/archives/22963

将来性

プログラミングを授業で取り入れていくことで、将来にどんな影響があるかをご紹介していきます。このタイミングで、プログラミングを必修授業とする理由は何かが理解できてきます。

IT人材不足の現状

IT業界は技術進歩が速く、求められるスキルもどんどん高度になっています。専門的な知識やスキルを身につけるには、時間が掛かるためその道のプロフェッショナルはどうしても数が少なくなり、人材が不足しているのが現状です。

プログラミング的思考を授業で学んでいくなかで、中にはもっと高度なプログラムをしたいと思う子どもがいるかもしれません。将来的にプログラマーを目指したいと思うような子どもが増えれば、日本のIT業界の問題である人材不足の解消や日本国内での技術進歩も期待ができます。

進化する社会に対して強い子供

これからの世の中は、どんなスキルが必要になってくるのか予測がつきません。AIの登場もあり、人間が想像するより高度なことが日常的に行われるようになりました。そのような環境で育つ子どもは、何を学んで身につけていけばよいのか考えていく必要があります。

プログラミング的思考は、どんな場合でも役に立つスキルです。何かを作り出すアイディアや、物事を解決するための手段を考えることは、様々な場面で必要になります。知識を身につけることも大切ですが、考え方を身につけることで柔軟に対応することができます。

これからも発展していく社会には、インターネットの技術は切っても切り離せない関係です。そのような社会でまず必要なのは、プログラミングの言語ではなく論理的に考えることができる思考能力です。

義務教育をきっかけに

義務教育でプログラミングを取り入れることで、どんな環境の子どもでもプログラムを学ぶ機会が与えられることになります。これまでは子どもが興味を持つきっかけとなる場面が、少なくプログラミングを学べる場所も多くはありませんでした。

プログラミングの授業を通して、子どもは何かを作ることの楽しさや考える力を身につけていきます。子どもならではの柔軟な発想やアイディアは、大人でも想像がつかないものを生み出します。

考える力を少しずつ身につけた子ども達が、プログラミング言語に興味を持つか持たないかはそれぞれです。授業を通して得た、創造力や解決力は子どもの将来にとって重要なスキルになります。

まとめ

小学校でプログラミングの授業が必修となりますが、プログラミング言語をパソコンに打ち込む訳ではありません。プログラミングに必要な、論理的な思考を身につけることが目標です。

物事の手順や解決するための方法を考えたりすることは、小学生の頃から身につけて考えるための下地を作ることが大切です。子どもの考える力を伸ばすために学校や家庭で何をしていくのかを理解することで、プログラミング授業の本質が見えてきます。

子どもの知りたいと思う気持ちを大切にし、楽しく学べる環境というのを学校でも家庭でも実現できることが理想です。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点