プログラマーになるにはどんなことをすべき?学習法や採用情報を解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーになるにはどんなことをすべき?学習法や採用情報を解説

ノートパソコン

はじめに

プログラマーになりたい。文系だけど大丈夫だろうか。未経験だけど転職は可能だろうか。そのように考えている方は多いのではないでしょうか。今日はプログラマーになるのに必要なことを確認しながら、実際に就職した場合の平均年収やフリーランスとしての働き方などを見ていきます。

誰でもプログラマーになれる

暗闇の中でパソコンに触る男

プログラマーになるにははっきりとした技術が求められますが、だからこそ自分の努力次第で何とでもすることができると言い換えることができます。正しい手順で時間をかければ誰でもプログラマーになることは可能だと言えます。年齢が若ければ全くの未経験でもポテンシャル採用で働くことも可能でしょう。年齢が上がれば上がるほど確かな技術を求められます。ですが30代未経験でもチャンスはあるのです。

エンジニアが供給不足

現在はエンジニアが供給不足の状態です。慢性的に不足している状態が続いています。ITはものすごいスピードで進化し、それに伴うITサービスも需要が増え多様化しています。人工知能によるプログラムの自動化の動きがあるにせよ、実際に現在ほとんどのプログラムを書いているのは人間です。ITの進化のスピードに人材確保が追いついていない状況なのです。

そのため企業はITの素養がある人材が欲しい状況です。特に資格などなくても採用したいと考えています。会社によっては数ヶ月もの研修期間を採用後に設けているところもありますし、資格取得のサポートや学習のための書籍購入費を補助しているような会社も多いです。未経験でもOJTで指導するからとにかく人材が欲しいと考えている会社も少なくないようです。

学習環境が多い時代

現在は学習環境が豊富にあります。学習の方法が分からなければグーグルで検索することができます。最低限の環境、つまりパソコンとインターネットさえ整っていれば学習をすぐにでも始めることが可能となっています。自らプログラミング学習サイトで学んでもいいでしょうし、プログラミングスクールに行くという選択肢も大いにありです。

学習環境の選択肢が豊富で、そして費用の負担もそれほど大きくはなくて済むので、自分の置かれている環境のハンデなど関係なく頑張ったら成果をあげることができます。それがプログラミングの世界です。努力が結果にシンプルに繋がりやすい職業とも言えます。

学歴より成果物で見られる

プログラマーの求人を見ていると、ほとんど全てが高校卒業以上となっています。大学卒業の条件は課されていない場合がほとんどなのです。学歴よりも技術を重視している証拠です。企業の採用担当者が学歴を軽視している訳ではありませんが、それよりも「何ができるか」と見る傾向にあるということです。採用するかの判断材料は提示する必要がありますので、何かしらの成果物を見せた方が採用確率がぐんと上がります。経験者ならなおさら、未経験者でも用意した方がいいです。

やっておくべきこと

閃いてる男

では、プログラマーになるためにやっておくべきこととは具体的に何でしょうか。順を追ってみていくことにします。

学習サイトで基礎を勉強

まずは学習サイトで基礎を学ぶことをおすすめします。基礎といっても、体系的に一から独学で学ぶと挫折に繋がる恐れもあるので、プログラミングの世界に楽しく触れることができるように学習していくのがベストです。

Web上にはドットインストールやプロゲートといった学習サイトが豊富にあるので、プログラミングの世界観に触れて、どの言語を学んでいくかなど具体的に考えていけばいいです。

主な学習方法を選ぶ

ある程度学習の方向性や学びたい言語が決まってきたら、どのように体系的に学んでいくかを決めていきます。大きく独学、オンラインスクール、通学に分けられるかと思います。もちろんそれらの組み合わせも選択肢にはあります。

独学の特徴は何よりも費用を抑えて学んでいくことができることにあります。先ほども触れたようにWeb上には無料・有料のプログラミング学習サービスが豊富にあります。学び方を自分で調べて、自分でカリキュラムを作成して、モチベーションを保ち続けられる人には最高の学習方法となり得ます。しかし実際には独学でのプログラミング学習の挫折率は9割を超えるなど厳しいものとなっていますので、オンラインスクールか通学と組み合わせて学習するのがおすすめではあります。

オンラインスクールの特徴は通学する手間が省けて講師から必要なことを聞きながら学習を進めていける点にあります。通学に比べてコストも安いです。プログラミングの学習は基本的に孤独なものです。自分の頭で考えて、自分で回答を探していくのがもっとも効果的だからです。挫折しない程度に自分で考えて、そして考え尽くしたところで相談できる相手がいるくらいがベストな環境です。1から10まで全て教わるようなスタイルで身につけるものではないので、適度に講師に聞くことができるオンラインスクールはやはり魅力的です。

最後に通学ですが、やはり最大の特徴はプログラミング仲間ができることにあると思います。誰かと一緒に学ぶことでモチベーションを保つことができて、さらに相談し合うこともできます。就職してからも同時期にプログラミングを学び始めたエンジニアとして交流を続けていくこともできるでしょう。ただ、費用が高いことと、通学に時間を取られたり仲間と馴れ合いになり学習時間が減るなどのデメリットもあります。

学習環境 モチベーション コスト
独学
オンラインスクール
通学

実際に成果物を作成

ある程度の学習が進んだら実際に成果物を作っていきます。学習を進める上で書いてきたコードを利用しましょう。例えばスクールで友人の住所を管理するアプリを作ったなら、それをベースにして写真を添付できる機能をつけたりなどしてカスタマイズしていけばいいです。学習時に作成したアプリなどが多ければ多いほど、作成できる成果物の機能は豊富になります。学んだことをうまく組み合わせて、プラスアルファで機能を持たせるくらいならば挫折もしないし作り安いです。

作りたいものが明確にあるのであれば、一から設計して成果物を作ってもいいですが、挫折には気をつけたいところです。作りたいものが明確にある人は、身近に講師がいて聞ける状態の時にその要望を伝え、相談しながら成果物を作り始めた方がいいでしょう。

ローカル環境で成果物を作ることになるかと思いますが、実際にWeb上に上げた方がアピールできます。ローカル環境で作成したアプリを、最終的には自分でサーバをレンタルして、ドメインを取得し、セキュリティに気を配りながらWeb上に載せるというところまで出来れば大きなアピールになるのは間違いないと思います。

実際に就職

パソコンを打つ男

成果物が完成したら実際に就職活動に入ります。エージェントに登録して紹介してもらうか、就職サイトの求人に自ら応募するかの大きく2パターンに分かれます。

現在の採用状況

現在、プログラマーの求人は豊富にあると言っていいでしょう。求人の種類は大きく分けて3つです。まず実務経験者、次に開発経験者、最後に未経験者です。

実務経験は当然ですが実際に仕事した経験を求めています。実務経験経験者であれば1年以上もしくは3年以上の実務経験を求める求人の数が目立ちます。

開発経験は仕事を問わず自分で開発した経験を求めています。つまり成果物の提示を求めていると解釈して間違いないです。実務未経験でも開発した成果物で評価してくれる会社です。

最後の未経験者は開発経験も何もないポテンシャル採用ということになります。ですが開発経験者と書いていない未経験者での求人でも、おそらく多くの企業の採用担当者は開発経験を重視するでしょう。プログラムを書いたことがないのですがプログラマーになりたいんですという人材を欲しい会社があるとは思えません。最低限の学習は必須と言ってもいいでしょう。

平均年収

求人情報・転職サイトを運営するdoda(デューダ)が2017年9月から2018年8月の1年間でデータを集計した職種別の平均年収によると、PHP、Ruby、JavaScriptなどのプログラミング言語を用いるWeb系プログラマーの年収は428万円となっています(doda:平均年収ランキング 最新版【職種別】)。

IT業界に強い転職サイト

すぐにでも仕事を探したい人にはワークポートをおすすめします。とにかく対応が早く、結果にコミットしてくれます。私の場合、登録をするとすぐに電話が掛かってきて、その場ですぐに電話面談となりました。そしてその後、履歴書、職務経歴書の添削を送ってくれ、その日のうちにエージェントがピックアップした求人を送ってきてくれました。

もう少しじっくり探したい人におすすめなのがマイナビエージェントです。転職業界大手だけあり、非公開求人を多く扱っています。

在宅で働くという選択肢

 

プログラマーは在宅で働ける職業としての認知が高いです。その自由なワークスタイルを目標にプログラミングを始めた人もいるのではないでしょうか。在宅の仕事は大きく2つに分けられますが、一つはクラウドソーシングもしくは自分で営業するなど個人で仕事を獲得するか、もしくは企業に在宅として雇われるかのどちらかです。ある程度の経験者であれば在宅という選択肢の獲得も難しい話ではないでしょう。しかし未経験者であればそのワークスタイルで安定して稼ぐためにはある程度の期間が必要になってきます。

現在の在宅フリーランス人口

現在の在宅フリーランス人口は、レバテックなどの就職サイトを見ると増えてきているようです。しかし、リモートのフリーランスで食べていけるプログラマーの比率はそれほど高くはありません。企業からしてみれば、何かあった時にすぐに仕事の話ができる状況の方が安心できますし、普段から顔を合わして会話ができないというのは不安なものです。そのため、リモートという契約でも週に何回かは出勤することを求められるのが通常です。在宅フリーランスと一言で言っても、フルリモート から週3出勤まで様々です。

案件

在宅で働くというのは企業からの信頼があって成り立ちます。重要な仕事ほど情報流出は恐れるものですし、リモートワーク とは疎遠になっていきます。当然ですが重要度が低い仕事の単価は高くありません。

単価の低い仕事だけクラウドソーシングで獲得してリモートワーク として成り立たせるのもかなり不安定な稼ぎ方ですし、そのようなスタイルで継続して稼げるのはほんの一握りです。クラウドソーシングで仕事を獲得する場合も、当然ですが発注者は実績が豊富な人に頼みたいと思います。そして受注者は過去の実績を提示することでその信頼を勝ち取ることができます。単価の高い案件がクラウドソーシング上も存在していますが、企業は実績が豊富で確実に仕事をやってくれる人間を探しますし、仕事を求めるプログラマーも多いので競争が激しく単価の高い仕事を獲得するのはかなり困難です。

企業に在宅ワークとして採用してもらうのにもある程度の実績が必要になります。その実績が信頼に繋がり、在宅でも雇おうかと考えるからです。求人で「在宅ワーク可」といったのもありますが、これもやはり経験者でないと採用担当者としては任せられないと思うのは当然なので厳しいです。未経験者の場合で在宅フリーランスを目指すのであれば、雇われてから企業の信頼を獲得し、その後フリーになりリモートワーク などを選択させてもらうというのがセオリーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プログラマーは自分で学んでいける環境が整っていて、学歴をそれほど重視されずに挑戦できる実力が求められる職業です。未経験でも十分にチャンスがあります。将来的には在宅で働くという選択肢も視野に入れることができる魅力的な職業です。ですが、一番大切なのはフリーランスという自由さに憧れることよりも、プログラマーとしてどんなサービスを生み出していけるかです。そのようなプログラマーであれば成長も早いですし、リモートワークという選択肢も自然に圏内に入ってくるはずでしょう。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%