プログラマーの仕事内容についてわかりやすく解説! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーの仕事内容についてわかりやすく解説!

カフェでパソコンをいじる男

「プログラマーの仕事って具体的にどんな内容なんだろう?」
「プログラミングだけできればいいイメージもあるけど、プログラマーは他にはどんなことをしてるの?」

プログラマーというと各種のプログラミング言語を使ってコードを書いている姿が思い浮かぶはずです。ひたすらキーボードをカタカタと鳴らし、孤独にプログラムを書き続ける…。確かにそのようなプログラマーも存在します。

しかし多くは、会社に所属して他の業務に携わる人間とコミュニケーションをとりながらプログラムを書いています。

そこで、今回の記事ではプログラマーの仕事内容について、以下のポイントを解説していきます。

・プログラマーの仕事に求められる内容
・プログラマーはチームでシステムを開発す
・自己研鑽を絶えず行うことで仕事を続けられる

現代におけるプログラマーは決して孤独な存在ではありません。専門技術を用いてコードを書きつつ、クライアントや社内の人間と細かくコミュニケーションをとって仕事を完成させていきます。あなたもプログラマーの仕事内容をのぞいてみましょう!

プログラミングだけではない

タイピング

はじめにプログラマーの仕事内容について詳しくみていきましょう。プログラマーは決してプログラミングだけを行っていれば良い職業ではないのです。最低限のスキルを備えつつ、人と積極的にコミュニケーションをとる必要があります。

求められるスキルは都度変わる

そもそもプログラマーに求められるスキルは常に一定ではありません。プロジェクトが変わり、その中に置ける自分の役目が変われば当然ながら求められるスキルも変わります。

プログラマーと似た職業としてSE(システムエンジニア)がありますが、一般的に両者には以下の違いがあります。

・SE:プログラムを用いて作るシステムの設計を担当する
・プログラマー:設計に基づいて実際にシステムを組み上げる

ただし、一応は上記のような分け方がなされているとはいえ、プログラマーとSEは非常に近しい性質を持っています。そのため経験を積んだプログラマーはSEとの境界線がひどく曖昧になるのです。つまり、プログラマーと一言で表しても、具体的に求められるスキルはプロジェクトや立場ごとに異なるというわけです。

コミュニケーション能力の重要性

プログラマーというと一昔前は暗い部屋ひたすらカタカタとキーボードを売っているイメージがありました。しかし、今やそんなプログラマーはほとんど存在しません。ほとんどのプログラマーは企業に属しており、会社としてシステムを組んでいます。

そのため他者とコミュニケーションをとる能力は必ず求められるのです。先ほど説明したとおり、プログラマーの仕事はSEの設計書に基づいてシステムを実際に組み上げるものです。つまりSEとのやりとりは必ず必要となります。

また時にはプログラマーがクライアントに直接質問する場合もあります。このように会社に所属してプログラマーとして働くのであれば、人とのやりとりを避けることはできません。現代においては、一流のプログラマーほどコミュニケーション能力も高くなっています。

答えを導き出す力

プログラミングで実際にシステムを組み上げることを考えた場合、「答えを導き出す力」というものはプログラマーにとって最重要といっても過言ではありません。SEから下りてくる設計書には当然ながら具体的なプログラムまでは記載されていません。それを考えるのがプログラマーの役目だからです。

つまりプログラマーとは、SEが用意したゴールまでも道筋を描き出す仕事なのです。そして道筋に唯一無二の正解というものはありません。プログラマーの数だけ道筋があるのです。

このようにプログラマーには、SEの設計書に対して自らの答えをもってシステムを組み上げることが求められます。もちろん経験を積むことでより効率的な道筋を描くことができるようになっていきますが、初心者プログラマーであっても自分なりの一つの答えを提示することを恐れてはならないのです。

テスト作業も個性が出る

プログラマーの仕事の過程で、テスト作業ほど繰り返し行われるものはありません。プログラマーは設計書の示すゴールを実現するために、実際にプログラミングをしていきますが、途中途中でプログラムの動作に問題がないかを確認するテスト作業を行うのです。

そしてテストの結果をみて、より効率的にできる点やバグを発見するのです。このテスト作業にもプログラマーの個性がよく出ます。神経質で慎重なプログラマーであれば、細かく細かくテストを行います。一方で大まかな部分を書いてからテストに臨む大胆な性格の人もいます。

このようにプログラマーの仕事については、テスト作業の頻度ひとつをとっても唯一無二の正解はないのです。あなたのスキルや性格に応じて、適切なかたちを見つけることができると仕事が楽しくなっていきます。

チーム開発がスタンダード

パソコンを教える人

会社に所属して開発をする場合、基本的にはチームでプロジェクトに臨むこととなります。チームであることには以下の2つのメリットがあるのです。

・それぞれの得意分野を組み合わせて大きなプロジェクトを実現できる
・効率やバグについて、異なる立場から検討を加えることができる

このようにチーム開発には大きなメリットがあります。そして、それをいかに活かすことができるかも一人ひとりのプログラマーのあり方にかかっているのです。

万能な人間はそうそういない

プログラマーというと、各種のプログラミング言語を習得しているイメージがありますが、実はそれほど万能な存在はいません。そもそもプログラミング言語は数百種類あり、そのすべてを治めることは不可能に近いのです。それよりは一人ひとりのプログラマーが専門の言語を持ち、プロジェクトに合わせて必要な人材を組み合わせていく方が遥かに効率的です。

また同じプログラミング言語の中でもプログラマーにより得意とする作業は異なります。それこそゼロからコードを書くのが得意な人材もいれば、ある程度書きあがったコードを効率的に変えていくのが得意な人材もいるのです。

そのためチームを組む際は、プロジェクトの目的と内容に応じて必要な人材を組み合わせていく必要があります。そしてプログラマーとしては、チームの中で自らに与えられた役割を理解し、それに沿った行動をする必要があるのです。

プログラマーというと自由奔放で社会の常識に囚われないイメージを持ちますが、チーム開発において一人が暴走することは絶対に避けなければなりません。むしろ積極的にチームに働きかけて、メンバーがそれぞれの個性を発揮しやすい環境を作ることができるのが優秀なプログラマーです。

時間は無限ではない

昨今のビジネスの動きは、一昔前と比較して非常に早くなっています。それこそ多くの同業他社の中に似たようなアイディアがあり、後はそれをどの会社が最も早く実現して市場でシェアを獲得できるかの競争が行われているのです。

その中でプログラマーには「良質なシステムをなるべく早く組み上げること」が求められます。そのためにもチーム開発は必要不可欠なのです。いくら万能なプログラマーがいたとしても、体には二本の腕しかありません。一つの仕事を1人で行うより、5人で行った方が早いのは当然です。

クライアントの中には一見すると無理な納期を設定してくるものもあります。こういったニーズにどれだけ応えていけるかは、チームの質にかかっているのです。

常に先を見据えた自己研鑽がカギ

パソコンで仕事する男性

ここまでプログラマーの仕事内容について解説してきました。思いのほかコミュニケーション能力が重視される点には、小さな驚きがあったのではないでしょうか。さいごに、ここではプログラマーが長く仕事を続けていくためのポイントをみていきます。

業界は日々激しく変動している

プログラマーの仕事も一昔前に比べるとずいぶんと体系化されました。それこそコンピューターやインターネットというものがはじめて登場した頃は、体系化された学びのルートも存在せず、まさにプログラマーは右も左もわからない状況で開発を続けていたのです。

その頃に比べると、現代はプログラマーという仕事を目指しやすくなっています。しかしビジネス自体は今も日々激しく変動しています。そのためクライアントのニーズも実に多様なのです。

こういったものに的確に応えていくためには、プログラマー自身が常に学びの姿勢を持つことが大切です。新しいプログラミング言語を学ぶことも、すでに習得した言語をより磨き上げることも同時に求められるのです。先ほど万能のプログラマーはいないと述べましたが、個人の業務の幅を広げることは有益です。

幅広い業務に積極的に携わることのできる環境を自ら構築していくことができると、プログラマーとしてさらに高みを目指すことができるでしょう。

栄枯盛衰

日々激しく変動するビジネスですが、それは裏を返すと一時は大流行したシステムやプログラミング言語も、次の瞬間には誰からも見向き去れなくなる恐れがあるということです。そのためプログラマー自身が業務の幅を広げる努力をすることは、仕事を失うリスクを小さくすることにつながります。

昨今は大きな企業であっても上場廃止となったり、倒産したりすることが増えてきました。このようにビジネスや会社の栄枯盛衰が当たり前となったことで、プログラマーはときに不安定な立場に置かれます。しかし、それも裏を返すと、一つのビジネスや会社に縛られずに様々なプロジェクトに参加する機会となります。

会社に所属してチームで働くことの多くなったプログラマーですが、心の底には一つの物事に縛られない自由な気持ちを持っておくことが重要です。

人間にしか出来ないこと

このようにプログラマーの仕事は単純な事務作業ではまったくなく、むしろクリエイティブで臨機応変な対応が求められるものです。そのためAIが発達しても、プログラマーの仕事が奪われるということは当分の間ありません。

プログラマーはまさに人間にしかできない仕事なのです。つまり、あなたには安心してプログラマーを目指してほしいということです。ここまで説明してきたとおり、プログラマーの仕事に唯一無二の正解はありせん。そのため、あなたにしか組むことのできないプログラムがきっと存在します。それを見つけて、チームやクライアントの役に立つことは大きなやり甲斐を伴うでしょう。

パソコン スキルアップしたいプログラマー必見!未経験者におすすめの勉強法も

まとめ

今回はプログラマーの仕事内容について解説しました。プログラマーといえども会社やチームに所属して働く以上は、高いコミュニケーション能力が求められるのです。いかに上手くプログラムを書くことができても、チームで効率的に行動できなければクライアントの示す納期を守ることも難しくなってしまうためです。

以下は今回の記事のポイントです。

・プログラマーにプログラミング言語のスキルが求められるのは当たり前
・その上で、会社やチームを盛り上げるコミュニケーション能力が高いレベルで必要
・プログラマーは自ら答えを導きださなければならない
・ビジネスは栄枯盛衰であるため、プログラマーには常に自己研鑽が必要

このようにチームで開発に臨むことの多いプログラマーは、コミュニケーション能力をフル活用していくことで、大きな成果をあげることができます。その先には孤独にプログラミングを行うだけでは味わうことのできない大きな達成感と喜びがあるでしょう。

あなたもチームとして人の役に立つことのできる現代的なプログラマーを目指してみてください。

 

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%