6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

はじめに

子供をお持ちの保護者の方で、気にされていのが2020年にプログラミングが必修科目になる事ではないでしょうか。
以前から子供がプログラミング技術やその重要性を他の国の子供に比べてIT技術を学ぶ機会が少ないことは問題視されていましたが、ついに義務教育に組み込まれる形になります。

今後義務教育に組み込まれる事で、遠くない将来プログラミングが必須となる可能性もあります。

しかしプログラミングはどれぐらい子供に学ばせるのかなど、わからない事も多いと思います。
そこで今回はプログラミングの必須化について解説をしていきます。

そもそプログラミングって?

プログラミング

プログラミングやプログラムなど単語自体はテレビやネットを観ていると目にすると思いますが、それではプログラミングが具体的に何を指しているのかと質問されると言葉に詰まる方も多いのではないしょうか。

プログラミングの基本から解説を始めていきます。

プログラミングとは

プログラムを作る為にプログラミング言語を使って、プログラムを開発する事を言います。
プログラムはコンピュータに命令を纏めた物で、Microsoft Officeやスマートフォンのアプリなどになります。
プログラミング言語を習得し、プログラミングが出来るようになる事でプログラムを作るプログラマーの仕事についたり、事務員の方でも簡易なプログラムが出来るだけで仕事を簡略化・自動化する事が出来ます。

プログラミング必須言語一覧

プログラミング言語には多くの種類があり、作りたいシステムに応じて必須に近いプログラミング言語があります。
いくつか代表的なプログラミング言語を目的別に解説していきます。

web業界:JavaScript

webサイトを始めとするwebコンテンツ開発のクライアントサイドで動的ページを作る時にJavaScriptを使用する場合が多く、web開発を行うのであれば身に付けるべきプログラミング言語の1つです。

AI開発:Python

近年話題になっているAIの開発をPythonが大きなシェアを持っており、しばらくの間はAIを開発するプログラマーやシステムエンジニアを目指すのであれば、Pythonの習得は必須に近い状態になります。
またPythonはビッグデータ解析にも使用される事も多く需要が高い事からPythonプログラマーは他のプログラマーに比べて収入面が優れている為、収入面を重視する方にもおすすめです。

汎用性の高い言語:Java

Javaはプログラミング言語の中でも汎用性が高くサーバーサイド・クライアントサイドでもどんなOSでも動作する事からwebコンテンツ・デスクトップアプリ・スマートフォンアプリなど幅広いジャンルで一定のシェア数を持っています。
幅広い業界で活躍したい方には必須に近いプログラミング言語です。

スマートフォンアプリ:Swift

スマートフォンアプリ開発には、AndroidとiPhone向けのアプリ開発言語が必要です。

Androidの開発は既に解説をしたJavaが大きなシェアを持っており、iPhoneアプリ開発ではSwiftが使用されます。

仕事としてスマートフォンアプリ開発を行う場合は、JavaとSwiftのプログラミング言語を習得する事が必要になります。

プログラミングが必須化?

二進数

結論からお話しておくとこれからの数十年後は、プログラミングは必須と言っても過言ではありません。

プログラミングの必須化について解説をしていきます。

なぜ必修教育になるのか

なぜプログラミングが必須教育になるかですが、日本全体のIT業界の人材育成・ITリテラシー向上などが上げられます。
そして今後AI技術の進歩により多くの仕事がなくなってしまう可能性が高く、子供達が仕事を失わないなどの目的も含まれている事も考えられます。

それだけ世界的に見てもプログラミング技術は、社会の基盤となる技術だからです。

どう影響するの?メリットとデメリット

プログラミング教育が必修化される事でどの様な影響があるかをメリットとデメリットについて解説しています。

メリット:論理的思考が身につく

プログラミングを学習する過程で自然と論理的思考が身についてきます。
プログラミングを直接使用する仕事に就かない場合でも、社会に出た時に論理的思考は非常に役立ちます。

メリット:問題に対するアプローチ

プログラミングを本格的に学んで行くと必然的にエラーや疑問点にあたります。
何故エラーになったか?どんな構造になっているか?と言った対応を問題に対するアプローチの仕方や問題が出てきた時に諦めないと言う姿勢を身につけられます。

デメリット:学校の授業だけでは不十分

プログラミングが義務教育に組み込まれていきますが、国語や算数などの時間はなく、また教師もプログラミングの専門知識がある人とは限りません。
結果として最初の数年間は、学校の授業だけでプログラミングを習得する事は出来ない可能性が高いです。

デメリット:ライバルだけが増える

義務教育にプログラミングが組み込まれた事によって多くの子供や保護者がプログラミングに触れる機会が出来ます。
学校で習うだけでは不十分と判断すると家庭やプログラミングスクールに通わせてプログラミングを学ばせる家庭が増えていきます。
結果プログラミングが出来る事が前提の世代が登場するのもそれ程遠くありません。
ご自身の子供が働き始める頃やその後に、若い方の殆どがプログラミングに対する基礎知識を習得していると完全に出遅れてしまいます。

プログラミングが出来ると何が起こる?

プログラミングが必須になる事については、ここまで解説をしてきましたが、それでは実際にプログラミングが出来るようになる事で、どんな変化があるかはイメージ出来ていない方も多いと思います。

それではプログラミングが出来るようになる事で何が起こるかについて、解説していきます。

安定して仕事に就く事ができる

現在でもプログラミングを習得しておく事で、プログラマーを始めとするITエンジニアへの就職・転職を有利にできます。
10年後には仕事に有利なだけではなく、AIの進歩などにより今よりも職種の数が減ってしまいます。
しかし消えてしまう職種が増える中、ITエンジニアの仕事は更に需要が高まりプログラミング技術があれば安定して仕事に就く事ができます。

仕事を効率化できる

プログラミングはソフトウェア開発を専門で行うプログラマー・システムエンジニアだけでなく事務職でもマクロやVBAなどで簡単なプログラミングをして仕事を自動化したり効率化する事ができます。
逆にプログラミングの基本を習得している世代になってくると、簡単なプログラミングが出来ない方は事務職に就職する事も難しくなる可能性があります。

プログラミング教育について更に理解を深めたい方は下記のリンクをクリック!

必須教育になる前にやっておくべきこと

必須教育でプログラミングが導入する前にやっておくべきことについて、解説をしていきます。
まずプログラミングの学習が始まる前に、パソコンの基本的な操作ができる様に、子供に触れさせる事が重視です。
また学校の勉強だけでは、プログラミングを理解するのは難しい為、保護者の方がプログラミングを教えられる様にしておく事がおすすめです。

どうしたらいいの!?何もわからないあなたへ

子供も急にプログラミングを学び始めて戸惑うかもしれませんが、保護者の方も戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、プログラミングスクールを利用する方法です。
結局子供のプログラミング必須化に向けて重要なのは、子供がプログラミング技術の習得とその過程で得られる論理的思考などを身につけられる事です。
プログラミングスクールでは現役のエンジニアや専門の知識を持った講師がプログラミングを学ぶ事ができ、子供が苦手意識を持たずにプログラミングに触れる事ができます。

他の習い事と同じで保護者の方は送迎などの対応だけで任せる事ができます。

どのスクールに通ったらいいかわからないというあなたへ、厳選した20校を徹底比較した記事は下記のリンクをクリック!

みんながやってる!?必須化の前に周りと差をつけよう

プログラミングが必須化される前に周りと差をつける事が重要です。

またプログラミング先に学び始めている事で、学校の授業に自信を持てって参加する事ができ、子供本人の自信にも繋がります。

特に現在小学校高学年以上の子供が就職活動をするタイミングでは、まだプログラミングの知識が必須化されていない分、プログラミングスキルを持っている事で有利に仕事を決められます。

今プログラミングを本格的に始める事で得られるメリットは非常に大きく、最低でもプログラミングを学ばせた事を後悔する事はありません。

まとめ

今回はプログラミングの必須化について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

現在50代以上の方は、プログラマーやシステムエンジニアと聞くと悪いイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、現在では未経験者が転職する為にはプログラミング技術を身に着けていなければ希望しても中々採用されない程人気の職種になっています。

今後は更にITエンジニアの需要や社会的地位が高くなって行く傾向にあり、現在よりも更にITエンジニアとして働くには基本となる知識が求められる様になります。

プログラミングは一朝一夕で習得できる技術ではない為、小学校や中学校の時にプログラミングを学び始めると周りと大きな差をつける事ができます。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事