今回は見事第一志望の転職先に決まり、受講中も親交を深めていた卒業生の石原さん、相川さんのお二人と、そのお二人を担当していたDMM WEBCAMPキャリアアドバイザーの白井さんの3人に対談して頂きました。受講中の3ヶ月間でどんなことがあったのか、ざっくばらんにお話を伺いました。

 

<プロフィール>

石原さん(27)

元美容師。働いていた美容院で自社アプリの開発に携わり、初めてWebに触れる。そこで興味を持ち、エンジニアの道へ。

相川さん (25)

前職はドン・キホーテでマネジメント業務を担当。よりクリエイティブな仕事を求めエンジニアを志望。自己成長を主軸に転職先でもチャレンジ中。

白井さん

DMM WEBCAMPキャリアアドバイザー。石原さん、相川さんの担当を務める。

かけがえのない一服仲間 意識の高さお互いの刺激に

ーお二人がエンジニアを目指すことになったきっかけを教えてください。

 

石原さん:元々美容師をやっていましたが、アレルギーもあって続けることが難しかったんです。そんな中、勤めている美容院で自社アプリの開発に携わり、初めてWebというもの触れました。それがきっかけになり、無料サイトなどを使って独学でエンジニアの勉強するようになりました。

勉強を進める中でどんどん楽しいと感じるようになり、これなら将来的にずっと楽しんでやれるんじゃないかと思い、本腰を入れて勉強しようとDMM WEBCAMPに入りました。

 

相川さん:前職はドン・キホーテに勤めていました。新卒時にはクリエイティブな転職先を探していましたが、未経験でIT業界を4社受けて、全落ちするという経験をしました。

ドン・キホーテで2年半経った頃、マネジメントの業務を担当することになりました。しかし、マネジメント業務をする中で、「自分はもっとクリエイティブな仕事がしたい!」っていう気持ちが強くなりました。無料のeラーニングなどでエンジニアとしてのスキルの独学で勉強をしているうちにより本格的に勉強をしたいと思うようになりました。

 

ースクールをDMM WEBCAMPにしたのはなぜですか?

 

石原さん転職支援サポートに魅力を感じました。チーム開発を経験できて、自分で作ったポートフォリオを使って転職にアプローチできるカリキュラムにも惹かれました。

 

相川さん:初心者向けの教材などは、すでに環境が出来上がっているところから始めることが多いですが、DMM WEBCAMPは環境構築の段階からカリキュラムに入っていてぜひ経験したいと思いました。

自分の中で絶対の条件がオンラインではなくて、スクールに通えることでした。いつでもメンターがいて、すぐに質問できる環境で技術を習得したいと思っていました。

実はDMM WEBCAMPとテックエキスパート(別のプログラミングスクール)で迷っていました。しかし、DMM WEBCAMPのチーム開発を経験でき、転職活動で強みにできるところが魅力的でした。あとはWindowsのパソコンを買ったばかりで、テックにいくとMacしかダメだと言われて、それもあってDMM WEBCAMPを選びました(笑)。

 

ーお二人は受講中仲が良かったと伺っています。お互いの初めて会った時の印象は?

 

石原さん:…覚えていない(笑)。喫煙所で会って話すようになりました。

 

相川さん:一気に20人くらい同じ時期に入った人がいるんですが、特に仲良くなったのはタバコ仲間ですね。喫煙所で進み具合を報告し合ったり、勉強になりそうなサイトのURLを教え合ったりしました。

 

ープライベートでも繋がりはあったんですか?

 

石原さん:基本22:00までスクールにいて、相川さんは家も遠いので一緒に飲みに行きたくても行く暇もなかったです。

課題量が決まっているだけで後はどれだけ通うかどれだけの時間いるかはすべて自由。僕たちは毎日来て、いつも22:00まで残っていました。

 

相川さん喫煙所で情報共有をして、お互い毎日スクールで顔を合わせて、最後まで残っていたので、お互いの進み具合がよくわかっていました。僕は公言しないものの、とても意識して勉強に取り組むことができました。

 

充実のキャリアサポートで人生の軸が見つかる

ー入社して一週間ですね。このスクールでの学びが生きているところはありますか?

 

石原さん:正直、html以外の使う言語はまったくの別物。でもDMM WEBCAMPでポートフォリオやチーム開発をやりながら、自分で何時間もかけて調べるという経験が生きていて、まずは自分でチャレンジして調べながら頑張っています。あと、エラーメッセージは言語が違っても共通しているものがあり、読み方を覚えられて役立っています。

 

相川さん:キャリアサポートで自分の人生の軸が見つかったことが良かったです。自分にとって一番大切なことは自己成長ということがわかり、転職先もそこを踏まえて考えることができました。自分の中で一貫して楽しいことは「成長」。面接でもそれをしっかり伝えることができました。

 

白井さん:自己分析が一番大切。人生にとって一番大切なものが何かわかるのが、うちの自己分析の強みだと思います。その人の本質をあぶり出して、ちゃんと伝えること大切にしています。

 

ーキャリアサポート体制について感じたことは?

 

石原さん:まず、まったくの知識0のところからIT業界の転職がどういったものか教えてもらい、きちんと理解することができました。

その上で、自分が今後どうなっていきたいかをしっかりと引き出してもらう中で、自分の将来像が見えるようになっていった実感があります。元々美容師になったのも、人に喜んで貰えることがしたいから。それはIT業界に入っても一緒で、喜ばれるものを開発したいとわかりました。

 

相川さん:模擬面接が終わるまではスケジュールが緩く感じていたのが、途中から一気に豹変しました!(笑)。模擬面接後、突然4社の面接が決まってスケジュールがきつくなりました。

 

白井さん:受け手側からしたら豹変したように感じるかもしれませんが、私たちは豹変させているつもりはもちろんないです(笑)。

 

相川さん:内定承諾期間の兼ね合いでスケジュールがどうしてもきつくなりました。しかし、サポート体制が手厚く、その支援のお陰で安心して納得するまで転職活動を続けることができ、最終的に満足度5000%の転職先に決まりました!

 

白井さん:転職したい会社が転職活動を通して実際に現場の人と触れていく中で、どうしても変わっていくものです。現場に触れてもらい、その人の希望を尊重しつつ、納得のいく転職先を見つけてもらえるよう心がけています。

転職活動に成功される人の特徴として、二人のようにサポート体制を上手く使える人というのが挙げられますね。

 

ー今後のエンジニアとしてのビジョンはありますか?

 

石原さん:まずはこの3、4年は知識と技術を高めていきたいです。その後は自分が考えたサービスを作れるようになっていたいです。そしていつかはフリーランスにしろ、起業にしろ、自分で作ったサービスを広められるようになり、それを使って喜んでくれる人がいたら嬉しいです。

 

相川さん:ビジョンというより、自分自身の人生の中の軸ができました。成長することが何より楽しい。1年振り返って去年より成長が感じられるなら、それだけで走って行けます。

仕事においても人生においても満足です。

 

技術の習得は自分の努力次第!お客さま姿勢にならないで

 

ーこれからDMM WEBCAMPで受講を考えている人や今受講中の人にメッセージをお願いします。

 

石原さん:自分を信じて学べば確実に付いてくるものがあります。僕もそうでしたが、正直曖昧な気持ちでエンジニアを目指す人も多いと思います。でも、DMM WEBCAMPでカリキュラムをしっかりこなすうちに3ヶ月で確実に技術は身に付き、エンジニア業界についてもわかってきます。キャリアサポートで自分がどうなりたいかもわかるようになります。最初は曖昧な気持ちでも将来の自分の道が見えてくると思います。

 

相川さん:当初、50万の受講料は金額的に高いと感じていました。でも大切なのは価値。初期投資としては重いけど、受講して今後40年続けていく仕事に対して見える景色が180度変わりました。それが50万なら凄く安いと思います。ぜひ踏み切って欲しいです。

あと、一つ苦言を呈したいことがあります。とても充実したサポート体制ですが、ここに入ればなんとかなるわけではない。楽して転職はない!自分の努力が絶対に必要です。お客様姿勢でいるのはもったいないです。サポート体制を上手く活用して満足のいく転職をして欲しいと思います。

 

 

--石原さん・相川さん、本日はありがとうございました。

転職先は違えど、どちらもエンジニアとして高い目標を持ち、今後も活躍されることを楽しみにしています!

 

DMM WEBCAMP について

DMM WEBCAMPは、3ヶ月で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアとしての転職を保証するコースです。

プログラミング完全未経験でも、エンジニアになるための効率的なカリキュラムや、受講生のニーズに寄り添ったキャリアサポートにより、転職後の離職率は1%(2019年4月実績)です!

「プログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「将来性のあるスキルを学び、手に職をつけたい」
「ルーティンワークではなく、クリエイティブな仕事をしたい」

以上にあてはまる転職希望者の方は、ぜひこの機会に無料カウンセリングにお越し下さい。

DMM WEBCAMPで新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみてくださいね!

おすすめの記事