9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


よりよい職場環境や待遇、収入アップを目指して、転職を考えることが当たり前の世の中になりました。せっかく転職をするなら、転職先は将来性があり、さらにより役立つスキルが現場で身につく職場に入りたいですよね。

そこで今注目されているのがIT業界です。IT業界に転職をしたいという人は多く、たくさんの学生や社会人が、就職や転職のためにスクールでスキルを磨いています。IT業界に転職するためには、プログラミングのスキルが欠かせません。ではプログラミングスキルとはどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

IT転職に必須なスキルは?

パソコンと手

IT業界への転職、しかもこれまでの職種よりも高収入が望めて、働き方も選べ、さらに職場でより高い技術を磨けるような転職に必要なスキルとは、どういったスキルなのでしょうか。見ていきましょう。

プログラミングスキル

まず、IT業界に転職するために必須のスキルといえば、プログラミングスキルに他なりません。プログラミングスキルとは、プログラミング言語を使用して、コーディングを行い、コンピュータに指示を出すプログラムを組むことです。

プログラマーやコーダー、エンジニアなど、さまざまな呼び方をされる人々がプログラミングの作業を行っています。プログラミング言語はRubyやPython、JavaやJavaScript、HTMLやCSSなど実にたくさんの種類が存在しています。

プログラミングスキルは、これらプログラミング言語の中からどれを選ぶかによっても異なります。どんなプログラミングをするかは、Webサイト作成やアプリ作成、セキュリティサービスの作成など、場によって使用されるプログラミング言語が違ってくるからです。

まずは働きたい職場や業種を決め、自分がどのプログラミング言語を学びたいのか考えてみましょう。より具体的に学ぶべきことが分かってくるはずです。

プロジェクト管理能力

IT業界に転職したい、という場合は、プロジェクト管理能力が問われます。プロジェクトを任されたら、その完了までに必要なタスクを確実にピックアップし、それぞれの作業に必要な時間を配分します。こうすることでプロジェクトを遅刻することなく、手を抜くことなく確実に処理することが可能になります。

プロジェクト管理能力とは、いかに仕事の内容を理解・把握するかと、いかに時間配分を上手に行うかという能力になります。時間の使い方が上手いか否かは、普段の生活でもにじみ出てくるものです。

ちょっとした空き時間にさっと片付けたり、脱いだコートはハンガーにかけて、決してソファや椅子の背などにかけなかったり、帰宅後は荷物の整理とやるべき家事が終わるまで腰を落ち着けないなど、「時間の上手な使い方」を意識して生活してみるとちょっとした訓練になります。

顧客対応スキル

IT関連の仕事に転職したいという人の中には、「IT関係なら、お客や同僚とコミュニケーションをとる必要がないから」という人もいるようですが、それは違います。

IT関連企業でも、当然営業職などは存在しますし、将来フリーランスでやっていきたいという考えがあるならば、顧客対応スキルは絶対に必要になります。

また転職をして中途採用され、プロジェクトに入って仕事をする上で、コミュニケーションスキルは必要不可欠ですよね。揺らがない自信のある技術を身につけることで自分自身にも自信を持ち、人見知りを克服していきましょう。

コンプライアンス

情報を扱う職種に転職するということで、コンプライアンスも学んでおくべきでしょう。コンプライアンスとはビジネスコンプライアンスとも呼ばれ、企業や個人が法令を遵守し、法令違反を犯さないように気を付けることを指します。

最近、社員が動画を流出させるなどの不祥事が相次いでおり、最重要の顧客情報を扱うIT関連企業も敏感になっています。コンプライアンスについてよく理解し、企業のコンプライアンス強化に尽力する姿勢も、採用に関わってくるのではないでしょうか。

IT転職を考えているならまずはプログラミングスキル

プログラミング

IT関連企業への転職を考えているなら、まずはプログラミングスキルを磨く必要があることはご紹介しました。基本中の基本ということで、もう少し掘り下げてみましょう。

未経験者でもプログラミングスキルはすぐに身につく

IT関係未経験者でも、プログラミングスキルはすぐに身につきます。ヤル気があり、絶対に今よりもいい環境へ転職するんだ、IT関係企業に転職したいんだという強い気持ちがあれば、努力次第で誰でもプログラミングができるようになります。

2020年の学習指導要領改正で、プログラミングは小学生から必修になります。小学生でも、プログラミングの基本はマスターできるのです。子ども用プログラミングコンピュータも販売されており、子どもがコーディングをしてコンピュータに指示を出すことを学べるほどなのです。

仕事として活かせるプログラミングスキルは、もっと本格的で難しいものですが、基本的な考え方はそんなに変わりません。基礎からきちんと積み上げていけば、プログラミングスキルはすぐに身につけられる知識・スキルなのです。

およそ200時間で習得可能

プログラミングスクールなどのカリキュラムから考えると、プログラミングはおよそ200時間頑張れば習得できるとされています。200時間連続で頑張る必要はもちろんありません。毎日仕事が終わった後や、週末のお休みの日などに少しずつ頑張っても、200時間ならあっという間に終わります。

いくつものプログラミング言語を同時に学ぶとなると無理がかかってしまいますが、基礎的なものであれば、すぐに理解することができます。ではどのようなやり方が効率的なのでしょうか。

プログラミングスキルを身に着けるには?

プログラミングスキルを身につけるには、どうすれば良いのでしょうか。効率的にプログラミングを学ぶ方法を模索してみましょう。

独学

お金もあまりかからず、時間の拘束もないのが独学です。今はプロとして活躍しているプログラマーやエンジニアが、プログラミングなどのIT関係の仕事に関するブログなどを多く公開しています。

動画で説明してくれているサイトなどもありますし、書籍も無数に販売されています。独学でプログラミングを学んできた、という人も実際に活躍しています。

未経験者の独学では200時間の壁は厚い

しかし、未経験者で全く知識がない場合、独学で200時間、知らないことを学び続けるということはかなりの重荷になります。分からないことが出てきてつまずくと、そこから前に進めなくなり、結局嫌になってしまうこともあるでしょう。

独学は、とにかく努力が必要です。200時間の壁は、独学をする人にとってかなり厚い壁です。これまであまりパソコンなどに関することは得意分野ではなかった、という人は、無理をせずもっと効率的な方法を探しましょう。

プログラミングスクール

もうひとつの方法がプログラミングスクールです。

プログラミングスクールは子ども向けからプロ仕様の大人向けまでいろいろ存在しています。初心者向け、未経験者向けの講座もたくさんあるので、初めてという方にも安心です。

基本、メンターがつくので挫折しづらい

基本的に、メンターと呼ばれる指導者がついてくれます。子どもの学習塾では自習が基本というところもありますが、プログラミングスクールでは講師が説明してくれるところが一般的です。メンターとのコミュニケーションが生まれるため、挫折しづらいというメリットがあるのです。

IT転職なら断然プログラミングスクール!

スクール

IT関係への転職を目指してプログラミングを学ぶのであれば、断然プログラミングスクールがオススメです。

その理由をご紹介しましょう。

独学は挫折しやすい

独学は、先ほどもご紹介したように挫折しやすいという欠点があります。一度つまずくとテキストを開くことも嫌になってしまう、という人も少なくありません。転職を夢のままで終わらせないためにも、挫折は避けたいところですよね。

プログラミングを独学で学習するときになぜ挫折してしまうのか?徹底解明したサイトは下記のリンクをクリック!

https://web-camp.io/magazine/archives/23838

スクールは転職支援も豊富

プログラミングスクールは、先ほどもご紹介したようにメンターがついて指導してくれます。

そのため、分からないことが出てきてもすぐに質問をすることができます。またすぐに答えてくれるため、理解も早くなります。

さらにプログラミングスクールには、オンラインで完結するスクールや、非常に短い時間で学べるマンツーマンのスクール、自分の都合の良い時間でカリキュラムが組めるスクールなど、さまざまなタイプがあります。

オンラインと実際の講義を組み合わせているスクールなら、実際に学ぶ際も非常にわかりやすく、メンターとのやり取りで勉強になることもたくさんあります。プログラマーとして働くことの裏話を聞けたりするなどの経験もプライスレスでついてきます。

また、オンライン講座では、実際の講義で分からなかったポイントを、再度確認することができます。実際に講義を聞き、オンラインで復習をしていくうちに、意外と早く200時間は過ぎていきます。

またスクールによっては転職支援をしてくれるところも多く、転職・就職支援部門が確立しているスクールも珍しくありません。カウンセラーを置いているスクールもあります。中には転職成功率が非常に高く、転職できなければ全額返還という転職保証付きのスクールもあります。

また完全にオンラインで完結するスクールなら、地方で子育て中というママの再就職支援にもぴったりですね。子どもを育てながら、ちょっとした時間を使ってスキルアップが狙えるのです。

転職するステップが書かれているサイトは下記のリンクをクリック!

転職エージェントに比べて一石二鳥

good

転職エージェントとプログラミングスクールを比較してみても、プログラミングスクールがオススメです。転職エージェントの方が、転職の専門家だから頼りになるのでは?と感じますよね。

しかし、転職エージェントでは、プログラミングの勉強をすることはできません。またプログラマーとして実際に働くメンターとの触れ合いもあまりありませんよね。その点を考慮しても、プログラミングスクールの方が一石二鳥で効率的と言えるでしょう。

まとめ

IT関係企業への転職を考えるなら、プログラミングの知識・スキルは必須要件です。そこでプログラミングスクールへ通うことがおすすめです。プログラミングスクールならプログラミングを学ぶ事ができますし、転職支援があるスクールも数多く存在します。プロの先輩の話も聞くことができるので、自分の生活リズムに合ったスクールを選んで学びましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

*カウンセリング予約に面倒な電話の必要はございません!


おすすめの記事