【9月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミング独学で利用すべきサイト厳選【これがあれば効率よく独学可能】

いざ独学を始めようとすると、自分にあった独学サイトってなんだろう・・・
有料でも効率よく学習できるサイトの方がいいのかもしれない・・・

このように感じることはありませんか?
そんな悩みを解決するために、この記事ではあなたにぴったりなサイトを提案します。

プログラミング学習サイトって何?

プログラミング学習サイトという言葉を聞いた事はありますでしょうか?

インターネットを活用して、プログラム言語が学べるWebサイトの事をプログラミング学習サイトと呼びます。
インターネット上には、独学でプログラミング言語を習得するための、無料や安価なプログラム学習サイトがたくさんあります。

本サイト「WEBCAMP NAVI」も、プログラミングを独学で学習できる記事を多数掲載しておりますが、今回は本サイト以外でお勧めのプログラミング学習サイトを3つに絞って紹介いたします。

プログラミング学習サイトの種類

プログラミング学習サイトと一括りに言っても、いくつかのタイプが存在します。

主に動画を視聴してプログラミング言語を学習するタイプブラウザ上でプログラミングを実際に実行しながら学習できるタイプです。

ブラウザとは、インターネットのサイトを見るためのソフトの名称です。IEGoogleChromeが有名です。

動画でプログラミングを学ぶ

インターネット上の動画を見て、プログラミングの書き方を学ぶ方法は書籍で学習する方法と異なり、誤植がありませんので初心者にお勧めの学習方法です。

但し、動画のプログラムをコピー&ペーストして使用する事はできませんので、実際に自分のパソコンでプログラムを試す際にはプログラムの打ち間違いが無いように注意する必要があります。

ハンズオン形式でプログラミングを学ぶ

ハンズオンとは手を動かして体験、学ぶ事を意味します。
ハンズオン形式の学習サイトでは、ブラウザ上にプログラムを入力し正しく動くかどうかを試すことができます。

プログラミング言語のインストールや環境構築の為のソフトウェアのインストールをする必要がないため、プログラミング初心者の方にお勧めできる学習方法です。

自分にあった学習スタイルを見つけよう

人によってタイプは様々です。
動画を視聴する学習方法だと飽きずに続けられ、モチベーションも維持できるという方もいれば、ハンズオン形式で実際にプログラムを記述していく事が楽しくてたまらないという方もいる事でしょう。

実際に試してみて、自分に合わないなと感じたら思い切って他の学習サイトや学習方法を試してみる事をお勧めします。

大事なことは、プログラミング学習を継続するという点です。

学ぶ言語を選択しよう

プログラミング学習サイトを決める前に、自分が学習する目的とそれにあった言語を決めましょう。
なぜなら、言語によってどのサイトを利用すべきかが決まるからです。

もうすでに決まっているという方は、こちらの見出しを飛ばしオススメ学習サイト3選を見て下さい。

全くの初心者の方でもWeb系のスキルが欲しいとか、スマホアプリを作りたいなどの目的がなんとなくはあるのではないでしょうか?

プログラミング言語は、数多く存在しますが全てを学ぶ必要はありません。
ご自身の目指す方向性にあったプログラミング言語を選択しましょう。

プログラミング言語の選び方についてはこちら!

あなたに最適なプログラミング言語を提案します!【2019年版】

オススメの学習サイト3選

Progate

「プロゲート」プログラミング初心者にとてもお勧めのサイトです。

複数の言語をカバーしており、レッスンも細かく分割して構成されているので、途中で挫折してしまう可能性が少ないです。

Progateの学習方法は、はじめにスライドを紙芝居のように読み進めます。
その後に、ブラウザ上にコードを記述するというハンズオン形式の学習方法が取られています。

Progate評価

オススメ度
★★★★
人気
★★★
対応言語 HTML、CSS、Javascript、Ruby、Ruby on Rails5、PHP、Java、Python、Go
形式 ハンズオン

比較的手がつけやすく、初心者にぴったりなサイトです。
ゲーム形式で親しみやすく、時々の自分の実力を把握しやすいのでオススメです。

無料で受講できる範囲

Progateは、無料で受講できる範囲と有料で受講できる範囲に分かれています。
しかし、登録日から1ヶ月の間は、有料の範囲も受講する事ができます。

有料会員は、月980円の月額課金制です。

Schoo

「Schoo」はプログラミングに限らず様々なジャンルの学習コンテンツを提供しているサイトです。
動画を視聴して学ぶ方式を取っており、「生放送」と「録画放送」の視聴の2種類に分かれます。

生放送では、講師へ質問する事も可能です。
録画放送では、チャプター毎に分かれた動画を好きなところから視聴する事ができます。

学生代表の方が、先生に質問するといった部分があり、テレビの教育番組を見ているような印象を受けます。

無料で受講できる範囲

生放送は、無料会員枠で視聴できます。
録画放送はお試し5分視聴の動画が多い点が残念ですが、有料会員になれば様々な言語を学習する事ができます。

有料会員は、月980円の月額課金制です。
1つの言語に対して複数の動画があるケースが多いので、自分のレベルやニーズにあった動画を選んで視聴する事が可能です。

Schoo評価

オススメ度
★★★★
人気
★★★★
対応言語 JavaScript、PHP、Java、Ruby、Ruby on Rails、Python、C#、C
形式 動画

 

Udemy

「Udemy」動画を視聴する形式の学習サイトです。
プログラミングに限らず様々なコンテンツがあります。

有料の動画コンテンツを購入する形式ですが、毎週のように7割引セールなどが開催されていますので、気になるコンテンツが安くなっているときに購入すると良いでしょう。

動画コンテンツを1度購入すると、ずっと視聴できますし講師へ質問をすることも可能です。

日本人の講師以外にも外国人の講師が大勢います。
英語を話す方がほとんどですが、日本語の字幕を表示できるコンテンツもあるので英語が苦手な方は、日本語字幕のあるコンテンツを選択すると良いでしょう。

もちろん、外国人講師へ質問するときは英語で質問する必要があります。

動画コンテンツの長さも、数時間程度のものから20時間を超えるものまで様々です。
自分の興味にあったコンテンツを選択する事ができますのでお勧めです。

Udemyで学習できるプログラミング言語

オススメ度
★★★★★
人気
★★★
対応言語 Python、C#、Java、C++、Go、C
形式 動画

 

同じ学習サイトを2回やりましょう

学習サイトは、1周すると満足感が得られますのでやり遂げた感を感じます。
しかし、1周だけでアウトプットできるレベルまで理解できる人は少ないでしょう。

当然、全部を覚える事は辞書を暗記するような作業ですのでそこまでは必要ないのですが、プログラムを書くにはその言語の基本構文等を理解している必要があります。

よって、1周目を終えたらもう1周同じサイトで学習する事をお勧めします。
もしくは、理解が曖昧で終わってしまった部分をもう一度やるという形でも良いでしょう。

1周目でなんとなく理解していた部分が、2周目をやることによってはっきりと理解できる事がよくあります。

1周目は最後まで続ける事を意識して取り組み、2周目ではじっくりと自分の中に落とし込むためにノートやメモに書き留める事をお勧めします。
書き留めた内容は、後々振り返った際に自分が理解できるようにまとめておく事がポイントです。

もうサイトでは勉強したくない、、でもプログラミングを身に付けたい!

サイトを使い独学をしていても、モチベーションが保てず学習が進められないと頭を悩ませている人もいると思います。
そういう方はプログラミングを諦めるのではなく、プログラミングスクールであるDMM WEBCAMPに通ってみては如何でしょうか。

DMM WEBCAMPでは分からないことがあればすぐメンターさんに質問することができることや、受講生と一緒に開発する経験が積めるので、モチベーションを保ちながら学習することができます。

また、独学でサービスを作るほどの力をつけるためには、年単位の時間がかかってしまうのが一般的ですが、スクールでは半年でサービスの開発までできる会社もあります。

なので、挫折しそうな人やもう挫折してしまった人は是非検討してみて下さい。

まとめ

いかがでしたのでしょうか?
3つの学習サイトを紹介いたしました。
この記事が皆様のプログラミング学習の一助になれば幸いです。

 

dmm webcamp

 

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある