フリーランス プログラマーへの近道はコレだ【最強マニュアル】 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

フリーランス プログラマーへの近道はコレだ【最強マニュアル】

 

「プログラマー」や「フリーランス」という言葉を耳にする機会が増えています。

しかし、なんとなく頭ではわかっているつもりでも「フリーランス プログラマー」とは一体どのような仕事なのか、具体的に想像できないですよね。

フリーランスという働き方にも様々な形がありますし、プログラマーという職業にもいくつものタイプが存在します。

今回の記事では、「フリーランス プログラマー」の基本情報から、今までプログラミングに触れたことが無い方にも「フリーランスプログラマーを目指す方法」をわかりやすくご紹介します!

 

そもそも、フリーランス プログラマーって何?

上記でも説明したとおり、「フリーランスプログラマー」といってもその形や種類は様々です。

このセクションでは、「フリーランス」と「プログラマー」について説明していきます。

フリーランスとは

フリーランスとは、特定の企業や会社に属さず自分のスキルや知識を活かして仕事を契約する人を示します。

元々海外で広まった言葉で、アメリカでは、なんと5,730 万人が既にフリーランスとして働いているのです。

日本も例外ではなく、ここ数年でフリーランスとして仕事をする人は増えています。

皆さんの身近にもフリーランスとして働く人が増えているのではないでしょうか?

こちらのデータによると、2015年からの3年間だけでも200万人以上のフリーランスが誕生していることがわかります。

フリーランスとして契約を結び仕事をする人が増えている背景として、独立や副業のハードルが大幅に下がったことがあります。

具体的には、ビジネスチャットやビデオチャットの存在により、時間や場所にとらわれず仕事が出来るということです。

 

フリーランスの種類

「フリーランス」と一口に言っても、その種類は一つではありません。

フリーランス協会によると、フリーランスは大きく2つの傾向に分けられます。

①独立系フリーランス

  • 法人経営者や個人事業主が業務委託などで仕事を請け負う
  • フリーランスとして生計を立てる
  • 努力しだいで高年収の可能性も

②副業系フリーランス

  • 基本的に本業があり、スキマ時間を使って個人の名前で仕事をする
  • リスクが低く、始めやすい
  • 家事や育児の合間に働く主婦・主夫も

フリーランスの職種

フリーランスの職種は多岐に渡ります。一般的にフリーランスの職種に決まりはなく、あなたの身近にも実はフリーランスとして働いている人がいるかも知れません!

数年前には、「ドクターX」というテレビ朝日のドラマで、あの米倉涼子さんが特定の病院に属さずに活躍するフリーランスの女医外科医を演じ話題になったりもしました。

ベテランフリーランサー

ドラマの世界の話ではなく、実際にたくさんのフリーランス医者がいるよ!

 

上記ではユニークなパターンを紹介しましたが、実際にフリーランスとして多い職種はどんな分野なのでしょうか?

ズバリその答えは、プログラマーやエンジニアを指す「IT・クリエイティブ系」です。

 

プログラマーとは

プログラマーという職業は、主に各種のプログラミング言語を使ってコードを書いている姿が思い浮かびますよね。

「各種の言語」と言ったように、プログラミング言語の種類は数え切れないほどあります

例えば、みなさんがインターネットでショッピングをする際に「目に見えている」ような表面的な部分を作っているプログラマーもいれば、「目に見えない」仕組み(WEBシステムなど)を作っているプログラマーもいます。

使いこなせるプログラミング言語により、その需要の高さや年収も変わってくるのです。

プログラマー未経験者の方は、まず自分にはどのプログラミング言語が合っているのかを考えることで、フリーランス プログラマーとしてのデビューに大きく近づくでしょう!

 

【プログラミング言語についてもっと知りたい方におすすめの記事】

将来性あるプログラミング言語は?【現役エンジニアがおすすめ】

 

フリーランス プログラマーは案件が多く、年収1000万円も夢じゃない!?

みなさんも一度は、「IT業界は稼げる職業」と耳に聞いたことがありますよね。

その通りで、世界には、メジャーリーガー並の報酬で企業と契約を結んでいるプログラマーも少なくありません!

プログラマーの人材不足が深刻化。フリーランスにも多くの案件がある。

プログラマーの収入が高い理由にはきちんとした理由があります。

もちろん、技術的なお仕事ということもありますが、プログラマーの年収が比較的高額な背景として「プログラマー不足が挙げられます。

IT業界の人材不足はここ数年で大きな問題になっており、経済産業省によると2030年には約59万人のIT人材が不足するのです!

この背景には、IT人材の需要の拡大に加え、若者のIT離れなどが挙げられます。

これはフリーランサーにも無関係ではなく、フリーランスプログラマー向けの案件も多くあります
大企業でも、委託業務としてフリーランス プログラマーに案件を依頼していることは珍しくありません!

フリーランス プログラマーの平均年収は〇百万円!

 

固定給を受け取る会社員とは違い、案件を自ら獲得する必要があるフリーランス プログラマーの年収には、バラつきがあると言われています。

「独立行政法人情報処理推進機構」によると、30代以下のフリーランスエンジニアの約28%が、年収300万円から500万円未満です。

その一方で、30代の年収において、700万円以上が約9%1000万円以上も約9%と、フリーランスプログラマーには夢があることもわかります。

実際にフリーランス プログラマーとして現在仕事をしている人の年収を見てみても、その挑戦性と大変さがわかりますよね。また、フリーランスプログラマーとして独立後は、国民健康保険や国民年金などの社会保障が自己負担になるのでしっかりと下調べをした上で決断することをおすすめします。

在宅でも稼げる!?フリーランス プログラマーの「時間の使い方」とは。

フリーランス プログラマーが注目され始めた要因として、その働き方における自由さが挙げられます。

フリーランス プログラマーは、「時間」に縛られず働ける!

フリーランス プログラマーの1番の魅力は、場所と時間の制約から解放されることです。

会社に所属しないフリーランス プログラマーは、どこで仕事をしようが、何時から仕事を始めようが、全部自由です

人によって集中できる場所や時間は異なりますから、この2つを自分で決めることができるというのは仕事をする上でとても大きなポイントですよね。

在宅案件が増え、家事や子育てをしながら自宅でも稼げる時代へ!

場所や時間にとらわれずに働けるということで、自分の都合が良い時間に仕事をし、時間が無駄になることが少なくなります。

外で働くのに体質が合っていないという人も、夜の方が仕事がはかどるという人も、育児、家事、介護などと両立しなければならないという人も、プログラマーやエンジニアになりたいという夢をかなえることができます。

最近では、インターネットで案件を仲介してくれるサービスも多数あり、それらを活用し働くママエンジニアや主夫エンジニアも増えているのです。

毎日、満員電車にのり通勤している方にとってはとても魅力的な働き方ですよね。

 

フリーランス プログラマーへの道は様々。

フリーランスプログラマーについて紹介してきましたが、「一体どのように目指すの?」という疑問を持った方も多いでしょう。

フリーランス プログラマーへの道は大きく分けて3つあると言われています。

1つ目は企業で経験を積んでフリーランスプログラマーになるパターン、2つ目はプログラミングスクールで得たスキルを活かし卒業後すぐにデビューするパターンで、最後に独学からフリーランスを目指すパターンがあります。

今回はそれぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介していきます!

パターン①:企業でエンジニア経験→フリーランス プログラマー

 

企業経験

信用性
(5.0)
成功確率
(4.0)

 

  • 堅実派。しっかりと経験を積んでから独立したい人。
  • 企業時代のコネクションを使い案件を獲得できる
  • 信用を得やすい
  • トラブル時に会社側がしっかりと守ってくれる
  • 独立までにある程度時間を要する

 

パターン②:プログラミングスクール卒業→フリーランス プログラマー

 

信用性
(3.0)
成功確率
(3.0)
  • リスクを気にせず、時間や会社に縛られず自由に働きたい人。
  • 効率よくプログラマーとしてのスキルを身につけられる
  • 挑戦しがいがある
  • 自分らしく働ける

 

パターン③:独学→フリーランス プログラマー

 

信用性
(1.0)
成功確率
(2.0)
  • 学生など「時間」に余裕がある人におすすめ
  • お金がかからない
  • 自己解決力がつく
  • ポートフォリオ(成果物)を自力で作成しなければならない

 

未経験からフリーランス プログラマーを目指す上でのポイント

どの分野においても、未経験でフリーランスとして独立することは難しいとされています。この理由は簡単です。

もし、みなさんがカフェのオーナーでお店のHPをを作りたいというとき、あなたなら「大企業でHP制作をしていたフリーランスプログラマー」と「一度もHP制作を行ったことのないフリーランサー」どちらにお金を払い契約を結びたいと思いますか?

大半の方が、大企業でHP制作をしていた経験あるフリーランス プログラマーに依頼したいと答えるでしょう。

フリーランスとして働くということは、「企業という看板」が無いので、会社員以上に確かな信用と豊富な経験が求められます。

ということで、今回はフリーランス プログラマーとして成功するための一番の近道を紹介します!

ポイント①フリーランス プログラマーとして稼げるスキルを習得する

上記でも挙げたように、フリーランス プログラマーとしてしっかりと稼いでいくためには、案件を定期的に獲得する必要があります。

そのためには、クライアントを納得させ、「この人にお願いしたい」と思わせる、確かなスキルは欠かせないのです。

フリーランス プログラマー、会社員プログラマーどちらを目指す上でも、最低限の経験と技術を早い段階で身につけておきましょう

プログラミング学習も、「お金をかけず独学で学ぶ方法」から「プログラミングスクールに通い数ヶ月で確実にスキルを得る方法」など多種多様です。

自分の性格や時間と相談しながら、自分にあった方法を見つけていく必要があります。

【プログラミング独学が不安の方におすすめの記事】

プログラミングの独学で挫折する理由は「モチベーション」と「○○」!?

ポイント②独立前にプログラマーとしての実務経験を最低数年積む

今の段階でプログラミング未経験であったとしても、数年の実務経験を積むことでフリーランス プログラマーして活躍出来る可能性は非常に高い確率で有り得ます。

もちろん、フリーランスとしていち早く独立し多くの案件をこなすことで、実務経験を積むことも不可能ではありません。

しかし、現在国内で活躍しているフリーランス プログラマーの多くが大企業や有名企業でエンジニア職に就いてから独立をしているのが現状です。

これは、有名企業の看板を得るということだけが重要ということではありません。

企業では、個人で請け負う案件以上に、大きいプロジェクトや開発に携わることができます。

そんな環境で磨いたスキルや経験は、独立後に他のフリーランス プログラマーには負けないアピールポイントへ確実になるのです。

【独立に向けプログラミングスクールについて調べたい方におすすめの記事】

プログラマーとしての就職支援のあるプログラミングスクール4選

まとめ

フリーランス プログラマーを目指す方向けに「一番の近道」を紹介しましたが、プログラマーの世界では毎日のように言語や情報がアップデートされています。インターネットでの情報収集ももちろん重要ですが、プログラミングやエンジニア転職に詳しい人から生の声を聴くことは絶対にしておくべきです

プログラマーが集まるコミュニティに行ってみよう!

現在ではSNSなどでプログラマーが集まるイベントやパーティなどが多く開かれています。

友達と気軽に参加できるものもありますので、積極的にこのような場を活用しましょう。

「プログラマー転職」のプロに無料で相談出来る!?

いきなり、イベントやパーティに参加することが心配な方も多いですよね?

プログラマー転職 相談

そんな方は、プログラミングスクールの無料カウンセリングを積極的に活用しましょう。

最近では、転職保証をしてくれるプログラミングスクールも増えているのです。そんなプログラミングスクールには、「エンジニア転職」に熟知したスタッフが多く在籍しています。

プログラミングスクールに通う気がなくても、一度彼らに質問をぶつけてみることで、フリーランス プログラマーへの道が一気に近づくでしょう!

満足度業界NO.1のプログラミングスクールに相談をしてみたい方はこちらから!

 

dmm webcamp

 

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%