将来性のある職種別に厳選!プログラミングに関する資格を紹介 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

将来性のある職種別に厳選!プログラミングに関する資格を紹介

「これからプログラマーとして仕事をしていきたいけど、プログラミングに資格って必要なの?」
「独学で学んだプログラミングだけど、仕事で通用するの?」

そんな疑問に答え、様々あるプログラマーの職業に合った資格をご提案します!

プログラミングを仕事にしたい方、資格習得の時間を無駄にしたくない方は必読です!

 

プログラミング関連の資格を持つメリット

資格を取ってプログラミングを仕事にしたい!という人もいると思いますが、

プログラミングを使うどの仕事にも、資格は必要とされていません。

例えば、教師免許のように業務を独占する資格はプログラミングにはありません!

そのため、特別な資格がなくてもプログラミングの仕事はできるので、資格を持たずに活躍しているプログラマーは多くいます。

しかし、プログラミングに関する資格は数多くあり、資格所有で良いこともあります。

まずは資格を持つことで何に役立つのか紹介します

プログラマーとしてのスキルの証明、アピール

プログラミング資格は、知識があることの証明となるため取得しておくと、就職や転職時に有利な評価を受けることができます。

それと同時に、資格取得のために努力をしたというのも評価のポイントになります。

また、クラウドソーシングのような、実際にプログラマーやエンジニアのスキルがわからない状況では、資格の提示をすれば案件を受けやすくなるでしょう。

プログラミングの仕事において資格取得は必須ではないですが、メリットとして仕事への姿勢の高さをアピールできるということが挙げられます。

プログラミングスキルの確認

独学でプログラミングを学んでいる時に、自分のスキルで仕事ができるのか不安に思ったことがありませんか?

または、仕事でプログラミングを使っている時に、自分のスキルはどの程度なのか分からないことはありませんか?

資格とは、公正に自分のレベルが評価されることです。

それによって次のレベルやキャリアへ目標設定ができます。

自分のプログラミングスキルを確認する目的での資格取得をおすすめします。

職業別にプログラミング資格を紹介

プログラミングを使う職業である、プログラマーとエンジニアには様々な種類があリます。

ここでは特に将来性のあるプログラミングを使う職業の紹介と、その職業に合った資格、またどのように資格を活かすのか説明していきます。

職業 おすすめ資格
webプログラマー PHP技術者認定試験
アプリケーションエンジニア システムアーキテクト試験

Oracle認定Java資格

Android技術者認定試験

AIエンジニア Python 3
ゲームプログラマー Ruby技術者認定試験
全てのITエンジニア 情報処理技術者試験

webプログラマーを目指す人へおすすめの資格

webプログラマーは、高いプログラミンングスキルを必要としません。

そのため、初心者でも比較的に目指しやすい職業です。

webサービスがなくならない限りはあり続ける職業と言われているため、将来性の高い職業です。

ここではwebプログラマーやwebデザイナーでも使われる、PHPの資格を紹介します。

PHP技術者認定試験

PHPは技術力が個人によって開いてきてしまっているプログラミング言語です。

そのため、この資格を持っていることでPHPのスキルが公平に評価されます。

この試験には、初級試験、上級試験、認定ウィザードの3種類の試験があります。認定ウィザードは、研究論文かコードを提出して審査を受ける方式です。

合格率は初級が68%、上級が10%となっています。

大企業もサイトで使っており、PHPはwebシステムをつくる上でこれからも需要のあり続ける言語のひとつです。

また、Javaの次にシェアの高い言語となっています。 

グレード 正答率 合格率 難易度
初級 50〜70% 68% 初心者向け
上級 70%以上 10% PHPの実務経験がある人向け
認定ウィザード 研究論文またはコードの申請の論文審査

詳しい情報はここをクリック

アプリケーションエンジニアを目指す人へおすすめの資格

アプリケーションエンジニアには、webアプリ、スマートフォンアプリ、業務用アプリなどの種類があります。

この職業の業務はアプリの開発から設計、運用まで広く関わります。

そのため、プログラミングスキル以外にも、マネジメント力など幅広い知識が必要とされているのです。

最近は、自社でアプリ制作をしている企業が多くあります。

そのため、IT業界の人手不足の影響で、未経験でもエンジニアを採用することが増えています。

ここではアプリの開発から運用までにおいて、知識を得られる資格を紹介します。

システムアーキテクト試験

この試験は、システムの設計、開発、運用など、アプリ開発で求められる幅広い知識が問われている国家試験です。

合格率は平成30年度が12.6%で、難易度はやや難しいとされています。

試験方法は、選択法と論述の記述試験のみ。

国家試験のため企業からの信頼は厚く、就職や転職時にアピールができます。

試験名 合格率 難易度 試験方法
システムアーキテクト試験 12.6% やや難しい 記述

詳しい情報はここをクリック

Oracle認定Java資格

アプリ開発で使われるプログラミング言語である、Javaのスキルを問う資格です。

この資格は3つのレベルで別れています。

基礎問題を問うBronzeは、初心者でも試験対策を行うと比較的受かりやすいレベルです。

次のレベルのSilverは、実装できるレベルの人向けになっています。

上級のGoldは、設計から実装を自らの力でできる人向けです。

合格率はどれも非公開となっています。

試験方法は、会場試験かオンライン試験のどちらか自分に合った方を選べます。

アプリ開発では主にJavaが使われています。

しかしJavaの知識は、他のエンジニアでも使われることが多くあります。

例えば、IoTシステムやゲームソフトなどで、世界中のあらゆる場面で使われています。

そのため、Javaは長期的に需要のある言語であると言えます。

この資格を持っておくことで、アプリケーションエンジニア以外の職業でも、就職・転職に役立ちます。

グレード 合格ライン 合格率 難易度 試験方法
Bronze 60%以上 非公開 初心者向け CBT
Silver 65%以上 非公開 経験がある人向け CBT
Gold 非公開 高い難易度 CBT

詳しい情報はここをクリック

Android技術者認定試験

この試験は、アンドロイドアプリを開発するエンジニアのスキルを測る試験です。

資格にはアプリケーション技術者認定試験、プラットフォーム技術者認定試験の2種類の試験があり、レベルもそれぞれ、ベーシック、プロフェッショナルの2種類から選び受験する。

アンドロイドアプリにはJavaというプログラミング言語が使われているため、Javaの知識が必要とされる試験です。

どちらのレベルも広く様々な知識が知識が問われています。

アプリケーション技術者認定試験の合格率が44%。

プラットフォーム技術者認定試験の合格率が23.7%。

試験方法はどちらとも、コンピューターで行うCBT方式です。

この資格は持っている人が少ないので、持っていると話題性があり、尚且つ、世界中で認められている資格です。

海外で活躍したいエンジニアには特におすすめする資格です。

さらに、アンドロイドの普及はiOSと比べると高いため、エンジニアの需要が大きいです。

このことからAndoroid技術者認定試験を受験することは、将来性の充分ある資格と言えます。

試験名 グレード 正答率 合格率
アプリケーション技術者認定試験 ベーシック

プロフェッショナル

50〜70% 44%
プラットフォーム技術者認定試験 ベーシック

プロフェッショナル

70%以上 23.7%

詳しい情報はここをクリック

AIエンジニアを目指す人へおすすめの資格

AIエンジニアは市場価値が高く、需要が最も高い職業です。

そのためスキルがあれば就職・転職が容易な将来性の高い職業となっています。

一般的なエンジニアよりも、より高いスキルが必要とされている職業のため、それに見合う高収入が得られる職業でもあります。

そんなAIエンジニアが使う開発言語であるPythonの資格を紹介します。

Python 3

Python 3という試験には、Python 3 エンジニア認定基礎試験とPython 3 エンジニア認定データ分析試験(2019年夏開始予定)の2種類があります。

合格率は70〜80%と、初心者向けの試験内容となっています。

試験方法はどちらともCBT方式でコンピューターで行います。

先程も書いたように、PythonはAI開発で必要な言語です。

近年、AIスピーカーが普及してきており、さらに需要が伸びる言語になるでしょう。

これから学びたいプログラミング言語で上位に来ている言語のため、今から学習をしても遅くない将来性のある言語です。

この資格を持つことで、AIエンジニアへの就職や転職時に大きなアピールポイントとなります。

試験名 合格ライン 難易度 試験方法
エンジニア認定基礎試験 70%以上 初心者向け CBT(選択式)
エンジニア認定データ分析試験 70%以上 2019年夏開始予定 CBT(選択式)

詳しい情報はここをクリック

ゲームプログラマーを目指す人へおすすめの資格

ゲームプログラマーは人手不足のため、多くの企業が未経験でも採用しています。

仕事内容は、ゲームデザイナーが書いた仕様書を元にして、プログラミングを書いていくことです。

ゲーム業界はIT業界の発展に伴って、大きく日々進歩している業界です。

ITを駆使したゲームが求められるようになってきているため、ゲームプログラマーの価値は大きくあると言えます。

ここでは、ゲーム開発に多く使われるRubyというプログラミング言語の資格を紹介します。

Ruby技術者認定試験

先程も書いたように、Rubyがゲーム開発で多く使用されているプログラミング言語です。

この試験には、Ruby経験者には比較的易しいSilverと、勉強の必要となるGoldの2種類の試験があります。

試験に認定されることにより、高いRubyのスキルがあると証明することができます。

Rubyを使うことで開発コストを抑えられるため、多くの企業で使われているプログラミング言語です。

Rubyから他の言語に変えることも少ないため、Rubyの需要はこれからもあります。

また、求人数の多いゲームプログラマー以外にも使われている言語です。

試験名 合格ライン 難易度 試験方法
Silver 75% 簡単 CBT(選択式)
Gold 75% 普通 CBT(選択式)

詳しい情報はここをクリック

どのIT分野の職業であっても取得をおすすめする資格

どのプログラマーやエンジニアにも共通して習得をおすすめする資格があります。

そのことによって、IT業界の幅広い知識が得られたり、基本的な知識が身につきます。

まだ就きたい職業が決まっていない人にも以下の資格を学ぶことで、就きたいプログラミング職を見つけることができると思います。

情報処理技術者試験

高いIT知識を持つ人材のために、基本的な知識と実戦的な力を持った人を対象とする国家試験です。

試験の種類はレベル別にそれぞれあるが、ここではレベル1と2とされるものを紹介します。

情報系の勉強経験がなくても、独学で習得可能な資格がITパスポート試験です。

技術面から、財務や企業経営の面、IT管理やシステム開発など幅広い分野が出題されます。

そのため、IT業界の職業を知るには最適な資格と言えるでしょう。

初心者がIT業界を目指すならば、この資格をまず取得するのをおすすめします。

レベル2の基本情報技術者試験は、情報処理について幅広い知識を学ぶことができ、IT業界についての広い知識を示すことができます。

難易度の高い国家資格ということもあり、IT業界全般の職業で、就職や転職時に大きなアピールとなるでしょう。

試験名 合格率 合格ライン 難易度 出題形式
ITパスポート試験 51.7% 60% 初心者向け CBT方式(選択式)
基本情報技術者試験 22.2% 60% やや高い CBT方式(選択式)

詳しい情報はここをクリック

資格取得後に何をすべきか

ここまで数々の資格を紹介してきました。

しかし、資格は習得しただけではただの知識です。

プログラミングを職業として使っていくには何をしたらいいのでしょう?

経験を積み、スキルを磨いていく

プログラミングを職業として仕事をしていくために、一番大事なのはプログラミング経験を実戦で積んでいくことです。
資格という知識があるだけでは、プログラミングを仕事にすることはできません。

経験を積む方法は、プログラミングを学び自分で仕事を請け負ったりすることでスキルを磨いていけます。
次に、実戦的なプログラミング経験を積む方法を紹介します。

インターンシップ

インターンシップを通じれば、プログラミングの知識を学ぶだけでなく、実戦的な業務を任してもらえる企業もあります。

そのような、学びと経験を積める手段は就職に役立つでしょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、プログラミングの案件が多数掲載されています。

実際に自分で案件を取り、実践でプログラミングスキルを磨いていくことも可能です。

しかし、資格を持つメリットでも書いたように資格の提示がなければ、未経験で案件を取り納品することになるので簡単なことではないでしょう。

スクール

プログラミングを仕事にしていくには、知識と経験が必要で、プログラミングの知識が問われる資格の習得は、就職や転職に有利だと言いました。

しかし、資格習得には時間がかかります。

資格習得に時間をかけるより、実務経験がない人はプログラミングスクールで業務経験を積むことをおすすめします。

プログラミングスクールを使うことで、学生以外でもプログラミングの経験を積み、スキルを伸ばしていくことが可能です。

こちらのサイトではプログラミングスクールを料金別や言語別にまとめています。

https://web-camp.io/magazine/archives/10814

ここで、おすすめするのが転職成功率98%のDMM WEBCAMPです。

知識だけでなく、実戦でスキルを磨いていけるプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPでより実践的な学びをしましょう!

詳しくはこちら

 

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。