こんにちは。インフラトップの大島です。

17日(土)にわたしの母校である茨城県立日立第一高等学校で約80名の高校一年生に向けて「スタートアップ経営者の仕事とは何か。」というテーマの講義を行いました。

今回のセミナー内容

・経営者は特別な存在ではなく、誰でもなりえる
・借金を負わなくても事業は伸ばせる
・失敗はつきものであり、次に生かすことが大切
そういった話をしました。
自身まだまだ経験が浅い部分もあるのですが、生徒のみなさんと年齢も近いからこそできた話があったのではと考えています。

12112152_818200544959320_2327387520264312638_n

実はこのセミナーは自身が会社を立ち上げるキッカケの一つになっているもので、とても思い入れのあるセミナーです。私が高校一年生の時に社会保険労務士の事務所を経営されている先生の話を聞いて、経営者になる方が圧倒的に面白そうという理由で後先考えずに部活も辞めてしまいました。

セミナーで一通り話を終えると、何人もの生徒さんから質問を受けました。とても意見交換も活発であり、当時の私より優秀だなと思いました。

今回機会をいただきました、菊池先生、沢畑先生、生徒指導部長の大高先生ありがとうございました。

(広報)
30日に開催されるwebスク、webcampの人事交流会にリクルート、LIG、プロトコーポレーション様とともにエウレカ様の登壇が決定しました。

 

おすすめの記事