WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

「コードへの苦手意識がなくなりました」Web業界で長年働く広報担当者。

こんにちは、WebCamp(ウェブキャンプ)です。

今回は、WebCamp卒業生の、Web企業で社内広報を担当されている柳沢さんにお話を聞きました。

スキルアップを目指して東京に

– 柳沢さんのこれまでのキャリアを教えてください

まず、大学を卒業する時にデザイナーになりたいっていう気持ちがありまして、でも具体的に何のデザインをしたいのかはよくわからなくて、たまたま地元の茨城の中学校の先輩にグラフィックデザインのデザイン会社で働いている先輩に、「僕、デザイナーになりたいんです」って言ったら、うちでバイトしないかって言われて、グラフィックデザインの業界に入りました。その後、スキルアップを目指してデザイン修行をしに東京に出てきました。紙のフライヤーつくったり、お店のポップだったり、有名なところではドコモさんのポスターを作成したり、アシスタントデザイナーのような形でアートディレクターの下について、夜遅くまで仕事をする日々でした。その後、自分の趣味のスノーボードとサーフィンの情報サイトを運営している会社に転職し、そこで初めてWeb業界に入りました。

ただ、Webデザインをしたく入社したんですけど、デザイナーはアルバイトしか雇っていなかったので、正社員雇用のあった営業職になりました。今でいうオウンドメディアをやっている会社で、スノーボードの大会やスキー場のオープン情報を発信しているサイトだったので、そこのバナー枠をスキー場やメーカーに売りにいく営業をしていました。その時にデザイン系のソフトが使えるということで、大会のポスターや、簡単なHTMLに画像をはめ込む仕事もやるようになりました。そこで4年近く働いていましたが、メディアのPVが思ったより伸びなくて、より多くの人に見てもらうためのノウハウを身につけたく、Webメディアを運営するある会社に入りました。そこのコンサルチームを経て、現在の会社がブログを立ち上げることを聞き、0から立ち上げるフェーズを見ていきたいと思い転職しました。その後、ブログ運用から広報として動くことになり、クオーターごとに発行する社内報の雑誌をすべて一人で作成しています。

DSC06681

(社外秘ということで写真はお出しできないのですが、柳沢さんの作られた社内報は販売されている雑誌のようなとてもクオリティが高いものでした。)

Web上で表現をする時に形にしたかった

- WebCampで学ぼうと思った理由を教えてください。

Web業界に何年もいるのに実はWebデザインはしていなかったので、元々デザインしたい思いが心のどこかにありました。それまでもデザイナーとしてではないんですけど、ちょこちょこ何かを作ったり、友達がお店出すときの情報をチラシでつくったりしていまし、うちの実家がレストランをやってまして、前にそのサイトのデザインだけつくってコーディングは知り合いにやってもらい、それもずっとリニューアルしたいと思っていたのもありました。なにより、Web業界にいるのにHTML,CSSすら全然書けないしわからない、これいつまでもこうやってたらダメだなと思っていたところ、WebCampの存在を知りました。1ヶ月でWebスキルが身につくというキャッチコピーに惚れまして、33歳という年齢を考えても、今後を考えたらWebデザインを理解しておきたいと思って参加をしました。

– コーディング以外のWebデザインは経験していたのですね。

そうですね、誰に教わったわけでもなく見様見真似で「ここにグローバルメニュー置いて、でっかい写真ぼーんと置いたらかっこいいよな」ってそんな感じのデザインをしていました。Web業界にいるのにWebの中身の事をなにも知らないので、結局Web上で表現をしてみたいって思っても形にできない。一枚の画像は作れるけど、それを動かすことできないなってずっと悶々としてたんで、自分でもやりたいなって思って本を読んだりもしてるんですけど挫折もしていました。

– 本を読んで学ぶのはなかなか難しいですよね。

そうですね。途中でつまずくとそのまま放置するっていうことも何回かあったりしたんで。スクールに通えば嫌でもやるだろうなと思って参加しました。

DSC06672②

WebCampで学び、コードへの苦手意識がなくなりました

– 1ヶ月の勉強時間はどのくらいでしたか?

1日に1時間〜2時間は平均してやっていました。仕事が19時に定時なんですけど、仕事のボリュームによって定時に上がれないこともたくさんあります。その時は、うちのオフィスにはラウンジっていう共同スペースがあるので、そこで19時以降は1~2時間くらい勉強したらオフィスに戻って仕事をするサイクルをとって、家に帰ってからやるっていうことをせず時間をつくってやってましたね。WALSも書いてある内容とかすごく勉強しやかったです。

– 集団講義制の中で周りの人との交流はありましたか?

ありました。4人で1グループをつくっていたのですが、そのおかげでグループ内でわからないことを聞いたり、聞かれた時に答えることで知識を補ったり、相談もできたりしたので、全体的にもみんなそわそわせず、仲間同士という感じで、雰囲気も凄くいいと思いました。一人だと結構孤独だったりして、結構すぐ挫折しちゃうかもしれないですけど、周りに言って相談できる人たちがいたので、そういう意味ではグループワークはいいと思います。自分もそうなんですど、中には凄く進みの遅い人もいたり、元々知っていて更に強化したくて通われてる方に相談できるのがすごく良かったですね。そういう人たちの勉強の仕方を聞いて参考にもなりました。

コードへの苦手意識もなくなりました。また、僕の気づきとしてはより一層デザインの方に興味が湧いたことですね。最初はレスポンシブデザインでやろうって決めてたんですけど、PCのデザインをつくっていく上で、レスポンシブにすればスマホでもすんなり綺麗になるって感覚だったんですけど、デザイン作ってて思ったのは、以外とそんな風にならないんですよね。スマホ版にしたら、この画像がどこに配置されて、どうやって動かしたらいいか、このテキストとても長いけどスマホにしたらどう表示されるんだろうというのを試してみたくなり、PCとスマホ、別々につくりましたね。二つ作ることで、表現したかったデザインにより近づくことができました。

DSC06714

(※現在のWebCampは通い放題のフレックスコース+スキルアップ講座となっております。)

柳沢さんが作ったサイトはこちら

柳沢さんのご実家のフランス料理店のWebサイトです。

[茨城県石岡市にあるフランス料理店]Chezやなぎさわ

03-1

スクロールすると文字が浮きあがるアニメーションや、

04

写真がダイナミックにスライドするなど、とても洗練されたサイトです。
ページによって色合いが綺麗に分かれています。

詳しいサイトの解説と柳沢さんのWebCamp体験記はこちらから

DSC06635

スクールに通って良かった点

– スクールに通って良かった点を教えてください。

・挫折をしない環境がある
・分からないことをすぐに聞ける環境がある
・強制的に勉強をする
・Webへの恐怖心がなくなる
・学ぶという良いきっかけになる

というところが良かったと思います。勉強中は講師の方が親身になって教えてくれ、進行具合も置いてけぼりにならずにやって頂いていたので、本当にすごく学びやすかったなって思います。

DSC06649

最後にこれから学習する方に一言お願いいたします。

ありきたりになってしまいますが、1ヶ月間は学習する期間と決めて学習するのをお勧めします。教えてくれる方がいる環境でしっかり学習することで、短期間でスキルアップできます。数千円の参考書を買って、挫折してしまうより、少しお金がかかっても強制的にやることで、次のステップに確実に繋がると思うので、ご自身の先行投資と考えてもスクールに行くことをおすすめします。

DSC06721②

– 柳沢さん 、本日はありがとうございました!

[CTABtn]