「プログラマーとして転職したい」そんな方法を未経験者にも教えます | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

「プログラマーとして転職したい」そんな方法を未経験者にも教えます

IT業界は将来性が高いにも関わらず、IT人材が不足していることは知っていますか?

経済産業省によれば、先端的なITを担う人材は2030年に約45万人不足するとみられています。
(経済産業省 IT人材需給に関する調査

実際に求人サイトを見ても、実務経験のないIT人材であるプログラマーを募集している企業はあります。

しかし、未経験の人が本当にIT業界に転職できるのでしょうか?

この記事では、未経験からプログラマーへと転職する方法と、プログラマーへの転職先の見つけ方について説明していきます!

「未経験だけどプログラマーへと転職はできるのか?」
「プログラマーの転職方法を知りたい」
このようにプログラマー転職に興味がある方はこの記事を参考にしてください!

まずは、未経験の人がプログラマーへと転職する方法についてです。

未経験からプログラマーへの可能性

結論から言うと、未経験からプログラマーへと転職は可能です!

冒頭にも書いたようにIT業界は人材不足であり、求人サイトを見ても実務経験のない人をプログラマーとして募集している企業はあります。

しかし、本当に未経験で採用はされることは可能なのか不安ではありませんか?

まずは、未経験からの転職を成功させた実例を紹介します。

未経験からプログラマーへ転職成功させた実例

ここで、実際に未経験からプログラマーへと転職を成功させた方の話を紹介します。

世界で認められる人になりたい!未経験からエンジニアを目指した理由とは?

このように、一度プログラミング学習に挫折してしまった人でも、未経験から自分の希望に合った企業へ転職することは可能なのです!

また、転職した後も離職しないよう、自分に合った転職先を見つけることも大切です。

そのような自分の希望に合った企業に採用されるにはどうすれば良いのでしょう?
次に、採用における5つのポイントを紹介・解説していきます。

未経験のプログラマーが採用される為のポイントとは?

未経験の人がプログラマーへと転職する際に、採用となる評価のポイントを紹介します。

1. プログラミングの経験があるのか
2. プログラマーとして将来伸びる見込みがあるのか
3. 一緒に働きたい人材であるのか
4. どのような動機で応募し、仕事への熱意はあるのか
5. 未経験から転職できる年齢であるのか

1. プログラミングの経験があるのか

プログラマーとしての実務経験がなくても、自ら学習した経験があると担当者の評価が上がることが多いです。

・プログラミング学習をしたことがある
・自分でWebサイトやブログを作成してコードをいじったことがある

などの経験があると、「プログラミングに対して抵抗感がなく、適正の可能性がある」と認識してもらえ、選考で有利になります。

2. プログラマーとして将来伸びる見込みがあるのか

プログラマーに必要な素養として、

・論理的に物事を進めることができる
・自ら学習する姿勢がある
・1つのことに取り組む根気がある

などがあります。

プログラマーは専門的用語や求められる知識が多いのはもちろん、常に増えていく最新技術に適応するための「学習意欲」が大事です。

また、なかなか解決しないエラーの原因を特定し改善する作業には「どこが間違っているのか?」と論理的に考える能力や、「あきらめずに最後までやり抜く」根気が必要です。

このような要素があれば、未経験でもプログラマーとして将来的に活躍できる可能性が高くなります。
今までの人生や前職での経験の中で、アピールできる経験を整理しておきましょう。

3. 一緒に働きたい人材であるのか

プログラマーに限らず、企業に採用されるときは、「人間性」も大きな判断基準です。

高いスキルをもっていても、採用されることが難しい人が以下のような人です。

・組織で働けない人
・学習意欲や貢献意欲がない人

大抵の仕事にも同じことは言えますが、特にエンジニアに関しては上記のような人がマイナスの印象になります。

先程も書いたように、IT業界は日々進歩しており、自ら学習意欲を持ち成長しなければ会社に貢献することはできません。

また、エンジニアは複数人でプロジェクトを進めていくこともあるため「一緒に仕事をしたい人」を企業は求めています。

4. どのような動機で応募し、仕事への熱意はあるのか

未経験からプログラマーとして活躍するには、たくさんの専門知識を覚えて、それを実戦していく熱意が必要です。

「なぜ未経験からプログラマーを目指しているのか?」という動機が強い人ほど、辛い時に折れずに頑張ることができます。

熱意を担当者に伝えるために、自己分析を改めて行ったり、プログラマーとしてやっていく覚悟を示すために、プログラミングで勉強したことを形にしましょう。

ポートフォリオとよばれる、自分の制作物があると

・未経験からどのレベルまでできるようになったのか
・しっかりもの作りをやりきることができるのか

といった点を評価できるため、採用担当者の評価が上がると一般的に言われています。

自分のアプリやプロダクトが採用へ大きなアピールとなります。

5. 未経験から転職できる年齢であるのか

未経験から転職できる年齢は30歳がボーダーラインだと言われています。

若ければ若いほど転職しやすく、基本的に20代の方なら応募可能な案件も多いです。

30歳を超えると公開されている案件で応募できるものが少なくなるため、非公開案件をエージェントの方と協力して見つけたり、知り合いに紹介してもらうなどの工夫が必要です。

プログラマーとしての転職先の探し方

ここからは、プログラマー経験の有無に関わらず、プログラマーとしての転職先の探し方を3つ紹介していきます。

1. 求人サイトから探す
2. エージェントを使う
3. プログラミングスクールからの紹介

1. 求人サイトから探す

求人サイトから転職先を見つけるメリットとして、自分のペースで企業を見つけることができ、簡単に他社との比較ができるので自分の希望に合った転職先を見つけることができます。

数多くの求人サイトがありますが、ここではIT人材に特化した求人募集を掲載しているサイトを紹介します。

Green

Green(URL:https://www.green-japan.com/

紹介するのは、IT業界の求人を扱っていることで有名な「Green」です。

こちらのサイトは、ベンチャー企業の求人も多く掲載されているので、思ってもいなかったユニークな企業と出会えるかもしれません。

また、未経験の人への求人情報も多く掲載しているので、未経験の人がIT業界への転職を考えているのであれば、一度は見ておくと良いサイトですね。

特徴 IT業界を中心とした求人、企業からのスカウトが60%以上
案件数 15000件以上
未経験からOKな求人多数あり
検索 様々なIT系の業種、スキルから検索可能

dodaエンジニア IT

dodaエンジニア IT(URL:https://doda.jp/engineer/

転職サイトで知られている「doda」のエンジニア、ITへの転職サイトです。

初めての転職向けの個別相談会やおすすめの求人を紹介してくれるエージェントサービスもあるので、求人サイトだけでの転職活動は不安という方におすすめです。

また、dodaではIT業界以外の求人も扱っているので「IT業界への転職は迷っている」という方は一度みてみるといいと思います。

特徴 IT業界以外にも転職先を紹介してくれるサービス
案件数 IT エンジニア合計14492件
ゲーム制作・開発などのクリエイター合計3147件
検索 ITに関連した細かな業種でも求人検索が可能

Geek Out


Geek Out(URL : https://geek-out.jp/

「Geek Out」は、IT・WEB系エンジニアを経験したことがある人向けの求人紹介サイトです。

自分の興味のある分野や、スキルやこれまでの経験を登録しておくことで、自動でおすすめの求人を紹介してくれます。

また、エンジニアに特化した求人サイトのため、豊富な条件での求人検索が可能です。

業界専門の転職アドバイザーから履歴書の書き方や面接のアドバイスも受けることができます。

特徴 自分の興味やスキル、経験にマッチした転職先を提案してくれる
案件数 エンジニア 合計8041件
検索 iOSアプリエンジニアなどのIT業界にでの細かな検索が可能

 

2. エージェントを使う

エージェントを使うことで、求人サイトで転職先を見つけるよりミスマッチングを防ぐことができます。

基本的には一人ひとりに担当者が付き、自分が目指す職種で働くことの目標を達成するまで、豊富なサポートをしてくれるのです。

また、未経験であれば自分に合った企業を探すことにも苦労してしまうので、エージェントであれば安心して活動を行っていくことができます。

ここでは4つの無料で利用できるIT業界の転職に強いエージェントを紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント(URL:https://mynavi-agent.jp/

ITエンジニアで転職を目指す方に、まずおすすめしたいのがマイナビエージェントです。

・自社開発案件に携わりたい ・要件定義など上流工程kから関わる仕事がしたい ・Web系企業で新しいプロジェクトにチャレンジしたい

などといった転職先の希望条件から、

今よりも残業時間を減らしたい ・マネージャーなど、管理職へステップアップしたい ・将来のために年収をアップさせたい

といった働き方に関するニーズも汲み取った求人を、IT・Web業界の転職について詳しいキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

特徴 各業界、企業に詳しいアドバイザーによりマッチング力が高い
求人数 全体で37964件
IT・情報系が最も多い全体の33.6%
全体の80%が非公開または独占求人
サポート 無料のサポート、応募書類の添削、面接対策
アドバイザー 様々な業種の転職市場に詳しい「キャリアアドバイザー」が専任性で担当。
「リクルーティングアドバイザー」が企業側の要望等をキャリアアドバイザーと共有するのでミスマッチングが起きにくい。
Geekly

Geekly(URL:https://www.green-japan.com/

「Geekly」はIT、ウェブ、ゲーム業界専門の人材紹介会社です。

こちらは、プログラマーやIT業界での経験がある人におすすめの求人サイトです。
専属のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行って希望にあった企業を紹介してくれます。

特徴 IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェント
求人数 10000件以上
非公開または独占求人9000件以上
サポート 無料のサポート、面接対策、給与交渉のフォロー、転職後も相談可能
アドバイザー IT・Web業界に精通したコンサルタント
レバテック キャリア

レバテックキャリア(URL:https://career.levtech.jp/?sip=o06700_028

レバテックキャリアは、エンジニア・クリエイターのための転職エージェントです。
そのため、テクニカルカウンセリングもあり、自分の強みを発見して書類添削をするため内定率が高いことが特徴です。

社内講習の制度があり、転職エージェント自体がIT知識を身につけているので企業とのミスマッチもしずらく、選考も進みやすいと人気です。

初めのカウンセリング以降はオンラインでアドバイザーとのやり取りができるため、多くの人が1週間〜1ヶ月で転職を成功させています。

また非公開求人も豊富なので、思わぬところから声がかかる可能性もあります。

特徴 IT・Web業界のエンジニア、クリエイター専門の転職エージェント
内定率の高さ
求人数 公開求人数3860件
フロントエンジニアやUXデザイナー等の項目で検索可能
サポート 書類審査に通過しやすい、技術スキルに合った履歴書の書き方をサポート
入社前に企業の内情がわかるため、希望の企業が見つかる
アドバイザー IT・Web知識が高いコンサルタント
リクルートエージェント

リクルートエージェント(URL:https://www.r-agent.com/

10万件以上もある、業界最大級の非公開案件を抱える転職エージェントです。

各業界に精通した実績豊富なキャリアアドバイザーが、「提出書類の添削」「面接対策」から、独自に分析した業界・企業情報の提供など、充実した転職サポートがあります。

特徴 業界最大級の求人数と充実のサポート
求人数 エンジニアの公開求人数30168件、非公開求人数49792件
サポート 書類添削、面接対策、企業の情報提供
アドバイザー スキルに合わせた企業を紹介してくれる各業界に精通したアドバイザー

 

3. プログラミングスクールからの紹介

これまで紹介したような、求人サイトやエージェントの他に、未経験から本気でプログラマーを目指すなら、就職・転職支援のあるプログラミングスクールに通うことが一番おすすめです。

特に未経験の人がIT業界への転職を目指すとなると、スキルも一から習得し、自分で転職先も探すことになり、時間がかかります。

また、未経験の人に限らず就職後も離職することなく、転職後も満足のいく企業を見つけるのは困難なものです。

そこで、一部のプログラミングスクールにある、就職・転職支援を受けられる制度を利用しましょう!

就職・転職支援のあるプログラミングスクールのメリットとして、以下の4つが挙げられます。

 

1. 転職に必要なプログラミング技術を効率よく習得することができる 2. スクールによってはポートフォリオの作成で、企業へのアピールポイントが増える 3. 転職後に必要となる、グループワークスキルを身につけられる 4. IT業界への転職に詳しいキャリアアドバイザリーによる最適なマッチングを行える

これらのメリットから、IT業界への転職が初めての人は、プログラミンングスクールの紹介で転職をすることをおすすめします。

冒頭で紹介した、未経験からプログラマーへ転職した実例の方も、プログラミンングスクールの紹介によって転職を成功させています。

そこで次にこれらのメリットを持つおすすめのプログラミングスクールの紹介をします。

おすすめのプログラミングスクール

転職保証付プログラミングスクール DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP(URL:https://web-camp.io/

ここでおすすめするのは、転職成功率98%のDMM WEBCAMPです。

さらに、未経験からの転職成功率は95%以上ととても高い数値で、もしも転職できなかった場合には全額返金されます。

企業への転職後の一年以内の離職率は1%ととても低く、専属のキャリアアドバイザーが生徒に合った転職先を提案してくれます。
そのため、企業とのミスマッチングが起きにくいです。

また、カリキュラムには転職時にポイントの上がるポートフォリオの作成や、転職後に役立つチーム開発の経験ができます。

スクールならではのメリットとして、一緒にキャリアアップを目指す仲間ができることです。
一緒にわからないところを教えあったり、辛い時に励ましあうような同期がいることは、大きな励みになります!

TECH ACADEMY


TECH::EXPERT(URL:https://tech-camp.in/expert/job_change

こちらのプログラミングスクールにも転職保証が付いており、未経験でも最短10週間でプロのエンジニアになることが可能です。

専属のキャリアアドバイザーによる未公開求人の紹介を受けることもできます。

また、教室に通わなくても自宅でオンライン学習ができるので時間のない社会人にはおすすめです!

あわせて読みたい!未経験からプログラマーを目指す人のための記事集

履歴書の書き方やプログラマーへの他の転職方法をもっと知りたい方は、是非こちらの記事も参考にしてくださいね!

【未経験からのプログラマー転職】職務経歴書を書く時の5つのポイント 足とSUCCESS中途採用で未経験からプログラマーに転職する方法を解説! フリーランス プログラマーへの近道はコレだ【最強マニュアル】

まとめ

この記事では、プログラマーとしての経験がない人、経験がある人の転職方法について説明しました。

転職先を見つける方法も、IT業界について全く知らない人とそうではない人では全然違ってきます。

自分に合った転職方法を見つけてみてはどうでしょうか?

希望の転職先と出会うため、ここで紹介したプログラマーへのコツを是非使ってみてください!

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。