プログラマーになるには?【勉強法から仕事内容まで完全解剖】 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーになるには?【勉強法から仕事内容まで完全解剖】

プログラマーになるにはのアイキャッチ

「プログラマーになりたい!」「プログラマーになるにはどうすればいいの?」
そんな風に考えたことはありますか?
プログラマーになるためにはまずプログラマーという働き方について知る必要があります。

例えば、プログラマーとエンジニアの違いについて知っているでしょうか?
この記事を読めば、プログラマーとエンジニアの違いからプログラマーになるためのステップまで知ることができます。

プログラマーについて知っていますか?

まずはじめに、そもそもプログラマーという職業そのものについて知っていますか?
仕事の内容やエンジニアとの違い、プログラマーの種類など基本について知っていくことにしましょう。

気になる仕事の内容

プログラマーとは、簡単にいうと”プログラムを作る人”のことです。
仕様書を元に実際にコーディングを行っていく人のことを指します。

コーディングとは?
プログラムを書くこと、もしくは、文字や画像、音声などのデータを特定のコードに置き換えること。 (参考:コトバンク)

実際の業務の流れとしては、システムエンジニアがクライアントと話し合って作成した仕様書を元に、プログラマーがコーディングをしていくことになります。
何系のプログラマーになるかによって、必要になる言語は異なってきます。

プログラマーとエンジニアの違い

プログラマーのことを知る上で、エンジニアとの違いを押さえておきましょう
ここでは、プログラマーとエンジニアの中でもシステムエンジニアに絞って違いをお話しします。

システムエンジニアとプログラマーは似ているように思えますが、実は業務の内容が大きく異なります。
簡単に説明すると、システムエンジニアが設計書を書き、プログラマーが設計書の通りにコードを書いていく人です。

エンジニア プログラマー 違い

プログラマーとは

プログラマーはシステムエンジニアが作った設計図を元に、実際にプログラミングを行ってサービスを形にしていきます。
しかし、プログラマーはただ設計通りにコーディングをすれば良いわけではありません。
どうすればシステムエンジニアが指示した設計を、効率よくコードで表現できるかを考えながらプログラミングを行います。
プログラマーが担当する、新しいサービスを実際にプログラミングして実装していく工程を「下流工程」と呼び、下流工程であるシステムの機能の構築を行うのが、プログラマーの仕事です。

システムエンジニアとは

システムエンジニアは主に、クライアントが作りたいと思うシステムの詳細を聞いてまとめる仕事を行います。
そして、まとめた内容を基にどうすれば必要な条件を満たしたサービスができるのかを考えて、設計図を作ります。
このように、クライアントと関わりながらシステム開発を進める工程を「上流工程」と呼び、システム開発の上流工程に関わるエンジニアが、システムエンジニアです。

プログラマーの職種

プログラマーの種類は大きく分けると下の9つです。

プログラマーの種類
・WEB ・アプリケーション系 ・ゲーム ・組み込み系 ・汎用系 ・通信系 ・オープン系 ・整備/制御系 ・社内システム系

一言でWEB系といっても、クライアントサイド(実際に使う人が見ている側)かサーバーサイド(サービスの裏側)に分かれているので、それぞれがどのような役割を持っているのか調べてみることをお勧めします。

一気に確認したい方はこちらを読んでみてください!

向いている人の特徴

プログラマーに向いている人はの特徴として下のものが考えられます。

・論理的思考ができる
・コミュニケーション能力がある
・独学で勉強ができる
・素直
・好奇心が強い
・新しいものが好き(特にガジェットやゲーム)

また、プログラマーになることが目的ではなく、何か目的を達成する手段がプログラマーになることである人の方が頑張ることができると考えられます。

プログラマーの現状

現状として、よく言われているのは「プログラマーが足りていない」ということです。
プログラマーは慢性的に不足している状況にあります。

実際に、経済産業省の「IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました(平成28年)」では、このような結果が挙げられていました。
この先どんどんとIT人材が減っていくことが確認できます。

ITがどんどんと発展し、それに伴うITサービスも需要が増えています。
人工知能でプログラムの自動化するの動きがあるものの、実際に現在ほとんどのプログラムを書いているのは人です。

そのため、企業側もどんどん採用していきたいと考えています。
本音では経験者が欲しいものの、なかなか採用することが難しいために近年では、未経験者を採用し自社で育てていこうと考えている企業も少なくはありません。

プログラマーを目指すためにどんな方法があるの?

では、実際にプログラマーを目指していくとき、どんな方法があるのでしょうか?
ここでは2つの方法についてお話ししていきます!

①独学で頑張ってみる方法

②プログラミングスクールに通う方法

①独学で頑張ってみる

まず1つ目は、独学で勉強を頑張ってみる方法です。
今はオンラインで学べる環境がどんどんと整ってきているので、前に比べると学びやすくなっています。

メリットとしては、時間や場所にとらわれずに勉強が進められるという、自由さが挙げられます。
反対に、デメリットとしてモチベーションを保つことの難しさわからないことが出てきた場合に止まってしまうということが挙げられます。

根気強く頑張れる方や、独学で何かを学んでいくことが好きな方には向いている方法かもしれません。
ですが、新卒採用ではなく転職となるとやはり開発経験が求められるので、チームでの開発経験は難しくても自分のポートフォリオとなる作品を作ることはやっておくべきだと考えられます。

メリット

  • 時間や場所に制限がない
  • 自分のペースで進められる
  • 費用がかからない

デメリット

  • つまづいた時のサポートがない
  • モチベーションを保ちにくい
  • プログラマーになれる保証はない

②プログラミングスクールに通う

2つ目の方法は、プログラミングスクールに通うことです。

完全オンラインから転職サポート付きのスクールまで、プログラミングスクールにも様々な種類があります。
自分にあったスクールを見つけるために、いくつかの候補を出して比べてみるといいかもしれません。

この方法のメリットは、わからない時にすぐに助けてもらえるサポートがあったり、チームで開発する経験が詰めたり、ということです。
デメリットとしては、初期費用の大きさ時間の制限などが挙げられます。
いずれにしても、スクールによって特徴が違うのでその点に関してはよく調べてみるようにしましょう。

メリット

  • わからない時にすぐに助けてもらえる
  • チーム開発の経験が積める
  • 転職サポートを受けることができる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 時間や場所に制限がある
  • スクール選びに時間がかかる

 

今やっておくべきことリスト

「プログラマーになりたい」「プログラマーに興味がある」と思った今、やっておくべきことをお伝えします。
こんなことは当たり前でしょ?と思われがちかもしれません。
その、当たり前だと思えることをしっかりやっておくことが大事になってきます。

①プログラマーの職業について知っておく

1つ目は、プログラマーという職業についての理解を深めておくことです。
自分はどんな分野のプログラマーになりたいのか、またそのためにはどの言語を学ぶ必要があるのかを考えてみましょう。

合わせて、自分がなぜプログラマーになりたいのかを考えてみることもオススメします。

②まずプログラミングに触れてみる

2つ目は、まずプログラミングに触れてみるということです。
実際に触れてみないと、楽しいと感じるかつまらないと感じるかわかりません。

オンラインで学ぶことのできるサイトをいくつか紹介します。
無料でできるものも多くあるので、一度学習をしてみて自分にあっていると感じたら有料会員になってみましょう。

Progate

引用:Progate

  • 実践的なレッスン
  • 全部で15のコースから選べる
  • 挫折しづらい学びの仕組み
Progateでは、実際にサイトの中でコードを書いてみることができます。
間違っているところを直すまで次に進むことはできないので、エラーの原因を探すことが一番難しいとも言えるプログラミングにおいて学びやすいサイトであると言えます。
初心者から、創れる人を生み出す」と初心者に対する思いがあるため、初心者にピッタリでしょう。

ドットインストール

  • 3分動画でマスター
  • 自分の達成度がわかる
  • 初心者〜中級者までカバー
1本の動画を3分で見終えることができるので、隙間時間に学ぶことができます。
言語別の分類の他に、「サイトを作る」「アプリを作る」といった用途別に分類されているため自分が学ぶ言語を決めるところから役に立ちます。
無料会員と有料会員ではみることのできる動画の種類が変わります。

paizaラーニング

引用:paiza

  • 3分動画で毎日続けられる
  • エンジニアに質問できる
  • ゲーム感覚で触れられるものもある
3分の動画で学ぶことができるので、毎日続けることができます。
わからないところがあれば、エンジニアに質問することができたりと充実のサポート体制があります。
完全無料から一部無料まで様々なコースがあるので、ぜひ一度触れてみてください。

未経験者からよくある質問

実際に「未経験からプログラマーを目指したい」と考えている方からよく聞かれる質問にお答えします。

①本当に未経験からプログラマーになれるの?

結論から言うと、なることはできます。

先ほどもお話しした通り、プログラマーは慢性的に不足しています。
そのため、未経験者であっても雇う企業が増えています。

しかし年齢や努力量、プログラマーの種類など様々な要因が絡んでいるので一概にはいうことができません。
本気でプログラマーを目指す場合は、転職保障付きのスクールに通うことをお勧めします。

②何の言語から学ぶのがおすすめ?

調べれば調べるほど、たくさんの言語が出てくるので決めるのは大変ですよね。
未経験からプログラミングを独学で学ぶ方にお勧めなのは、
1位:Python
2位:JavaScript
3位:Ruby
といった順番になっています!

その理由や、4位以降を知りたい方はこの記事を読んでみてください!

プログラミングの独学で学習するべき言語を教えます!【令和最新版】

③途中で挫折した経験があるんだけど大丈夫?

まずは、途中で挫折した理由を探してみましょう。

理由として考えることができるのは下の理由などが挙げられます。

・モチベーションが維持できなかった
・エラーが出ると解決できなかった
・どこかのポイントでつまづいてしまった
・時間がなかった

自分が挫折してしまった理由から考えることで、その対処ができるようになります。

例えば、うまくいかなかった原因が「モチベーションが続かなかったこと」なら、解決方法として「一緒に学ぶ仲間を見つけること」や「スクールに通うこと」などが考えられます。

 

④プログラマーを目指すのはやっぱり不安……

ここまで読んでみたはいいけれど、やっぱりプログラマーを目指すのが不安……という方ももちろんいますよね。
新卒就職ならまだしも、転職となるとさらに不安を感じるのではないでしょうか?

ここでは、そんな方の背中を押すために未経験からエンジニアになられた方のインタビュー記事をいくつか紹介します。
ご自分と似たような背景を持つ方の転職経験を選んで読んでみることをオススメします。

「自分の幸せを言葉にできたこと」これがエンジニア転職成功の理由でした。 Youtubeを見て知った、憧れの業界に。音楽×テクノロジー、29歳の挑戦 独自の自己分析で自分の本質と向き合う。熟考重ねて大納得の転職に成功

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラマーになりたい!と思ったらまずは、プログラマーという職業について知ること、実際にプログラミングに触れてみるうことから始めてみましょう。

オンラインで学べるものからスクールまで、学習環境が整っている現在、プログラマーになることも夢で終わらないはずです。