学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

「プログラミング」が、就活が不安だった私を変えてくれた

学んだスキルを活かして将来はフリーランスで活動していきたいと夢を語る岩村さん
本日はWebスクの卒業生である彼女にインタビューをしてみました。

-本日は宜しくお願い致します!

よろしくお願いします。

-まずはお名前を教えて下さい。

岩村侑奈です。大学2年生です。

-大学2年生!お若いですね。何故プログラミングを始めようと思ったんですか?

実際に入学してみたら同年代の生徒が多くて安心しました!
プログラミングを始めたキッカケは、主婦になって子供が出来た時のために、家でできる仕事がしたいなと思っていました。
そんな時に、高校の時情報で少しやっていた、プログラミングが頭によぎったんです。
それでプログラミングやりたいなと思いました。iwamura-1

-今はクラウドソーシングもどんどん一般に認知されてきていますし、これからその環境はどんどん整いそうですね!

6ヶ月間のカリキュラムを終え、いよいよ卒業したわけですが、Webスクでの学びの中で最もためになったことを教えて下さい。
プログラミングの可能性を知ったことです。プログラミングの学習は、何かを創りだす技術を身に付けるだけでなく、論理的思考力や、問題解決能力飛躍的に向上します。

-なるほど。では自分の内面だけでなく、生活や周りの環境はどう変わりましたか?

身近なことで言えば、一日のパソコンに触れる時間が大きく増えました
そして、日に日に自分のスキルの向上を実感できていて、就活に対する焦りが無くなりました。

 

-岩村さんはプログラマーコースに進まれましたが、そこで学んだスキルはこれからどう活かしていきたいですか?

今のところ、将来的にはフリーランスで活動していきたいと思っています。
まだまだ未熟な部分がありますし、新しい技術にもどん どん触れていきたいので、プログラマー 専門のシェアハウスにも興味があります。
現在はWebスクの実務体験でWeb制作案件に取り組んだり、都内のプログラミングスクールで初心者にプログラミングを教えています。

何度も諦めず自分で解決することで、自己解決能力が付いていきます!

-6ヶ月でその成長は凄まじいですね。。。6ヶ月前を振り返ってみると岩村さんも勿論初心者だったわけですが、これから学習する人へメッセージをお願いします。

最初は、「本当に6ヶ月でwebサイトが作れるのかな」と疑問に思いながらも入学を決めましたが、Webスクで案件を受けたり、自分で試行錯誤したり、講師の方に積極的に聞いて解決していくことによってその不安はなくなりました。
冒頭でもお話しましたが、プログラミングに触れていると、将来の可能性が無限に広がります
私のように将来に対して漠然とした不安を持つ学生は多いはずです。 ずはパソコンに触れるところから始めてみてください
できないことも何度も諦めず自分で解決することで、自己解決能力が付いていきます!
これは本当に大事な力だと思っています!
Webスクには、それを実現する環境がそろっています。
講師のキャラが濃く、居心地の良い雰囲気の中で、同じ志を持った仲間と切磋琢磨して学習を行うことが出来ました。
Webスクでの6ヶ月という時間を人生最良の時間に出来るように頑張ってください。

-素晴らしいメッセージを有難うございます!本日はお忙しい中有難うございました。/h4>
こちらこそ有難うございました!<   Webスク-facebok-brie