WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー

こんにちは、Webスクです。

今回のブログでは、寿司職人からWebデザイナーとなり現在はWebCampでフロントエンド・ママコースの講師を務める宮脇さんの紹介です。

まずは自己紹介をお願いします。

宮脇洋介です。群馬県桐生市出身です。大学では卓球部に所属して、卓球メインの日々でした。就活では興味があった飲食系の業界を受けていました。ちょうどそのころアルバイトをしていたお弁当屋の常連のお客さんと仲良くなり、その常連さんの寿司屋で働くことになりました。飲食系の普通の会社に就職するとお客さんとの距離がありすぎるような気がしていて、個人経営のお店なら近い距離で仕事ができると感じたからです。1日13-4時間週6日勤務し、2年ほど働きました。親方からはお客さんを思いやる気持ちを学んだり、お越し下さるお業界業種問わず多くのお客様からいろんな社会人のあり方を学びました。

自分の働き方に疑問を持っていた。

Webスクに通った理由を教えてください。

働いていくうちに、自分の働き方に疑問を持っていったというのがあります。このまま5年10年経ったときに自分自身を振り返ると果たしてそれが格好いいか、周りに見せたい自分であるのか?という疑問がありました。親方の指示通りに言われて動くんじゃなくて、自分から能動的に動けるようになりたいと感じ、自分の理想の姿と重なるような働き方をしたいため転職したいと考えてました。そんな中、知り合いの紹介でWebデザインに興味を持っていろいろ調べていくと、自分が憧れる働き方はWeb業界が近いと感じて転職したいと考えるようになりました。ただ、仕事が忙しく転職するためのスキルを高める時間がなかったので、柔軟にスケジュールを調整できるWebスクに通って少ない休みを利用してスキルを磨いていきました。また、いろんなメディアを見るたびにプログラミングってワードが気になっていて、2020年から義務教育に導入されるという方針をみると今後必要な知識だと感じていたのもあります。

DSC08181②

Webスクで学んでいかがでしたか?

トレーナーの方がマンツーマンと感じるくらいに丁寧に指導してくださって良かったです。かなり濃密な時間を過ごすことができて、いつもスクールに行くのが楽しみでした。期限は決まっていましたけど終わってほしくないなと思っていましたね。教室もきれいで、トレーナーでない人も挨拶してくださって気持ちの良い環境でした。

最初はフロントエンド学んで、そこからデザインに入ったのですが、奥深さと面白さを感じました。自分が打ったものが目に見えて反映されていくっていうのが凄く面白くて、自分のイメージしたとおりの指示がそのままできたときは快感でしたね。

自ら進めながらも質問できる環境が保証されている。

学習していてうまくいかないときもあると思うのですが、どうやって乗り越えていましたか?

まずは自分で調べました。実務をしていていも新しいテクノロジーに関することは自分で調べる事が多く、わからないことを自分で調べて解決することもデザイナー・プログラマーに必要なスキルだと指導があったので、調べて解決する力をつけることを意識しました。ただ最初から自走を意識しすぎると時間がかかってしまうので、ある程度調べてわからない時はトレーナーに質問する形を取っていました。とにかくわからなくてもやってみる。手を動かすことが一番大事なので。そこでエラーが出たら調べる。ここで自ら情報をつかむ力を養います。それでもわからなかったら挫折してしまうので、トレーナーに聞く。この最後の質問できる環境が保証されているので、安心してすすめることができました。

また、いろんなWebサイトを見る癖もつきました。デザインやフロントエンドを学んでからいろんなWebサイトを見ると、そのサイトのHTMLの構成や使われているタグやレイアウト、使われているデザインなどで発見があります。

忙しい中、学習時間はどうやって確保していましたか?

夜11時〜12時くらいに仕事が終わって帰宅してから、ちょっと頑張って1時間〜2時間学習時間を確保していました。仕事の隙間時間にも学習できるように、携帯で学習教材のスクリーンショットを取って休憩中に見るようにしたり、その他のWeb上にあるサイトのコンテンツを見たりしていました。また、直接メッセージでトレーナーに質問したり、普段の生活でもなるべくプログラミングから離れないようにしてました。プログラミング学習ってとても難しいイメージがあると思うのですが、体系的に学ぶ教材があり、疑問点を解消できる環境があれば、あとは継続して学習することができれば挫折することなく続けられると思います!

DSC08220②

宮脇さんが作られたサイトの解説

スクリーンショット 2017-05-26 12.49.21

どんなサイトを作られましたか?

自分のポータルサイトをつくりました。Webデザイナーとして自分の制作実績を載せる名刺代わりのサイトです。

デザインのポイントはどこですか?

使いたい機能を色々詰め込みました。レスポンシブ対応はもちろんですが、wow.jsとAnimate.cssを使ってアニメーションを入れたり、スムーススクロールで移動体験を良くする、Font Awesomeでアイコン表示をするなどです。

DSC08227②

来てくれた生徒さんに想像以上のものを提供したい。

今後してみたいことはありますか?

卒業後の現在は、WebCampのフロントエンドのトレーナーと、ママコースのトレーナをしています。以前の職場と違い、自分で考えて行う仕事がとても多いので、なりたい自分の姿に少しづつですが近づいている感覚があります。トレーナーという立場で働く以上、プログラミング教育の肝となっている存在だと思うので、来てくれた生徒さんに対し想像以上のものを提供したいです。自分がデザインを担当しているので、デザインの良さや面白さを伝えていきたいです。会社の掲げるビジョンに、各自が望むキャリアを実現していくというのがあり、その選択肢の一つにWebデザイナーという選択を与えたいです。

最後に、これから学習する人にメッセージをお願いします。

プログラミングは人生を変えるものだと思います。よくわからないことに挑み、自分で考えて学んでいく経験は人生を豊かにするので、今の仕事や人生に不満を感じている方は絶対挑戦する価値はあると思います。もちろん難しいイメージがあると思うんですけど、そのために自分たちトレーナーがいます。自分の人生を変えるきっかけになるので、是非受けにきてください!

[CTABtn]

[CTABtn2]