プログラミング学習に適したパソコンとは?【ポイント解説】 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【3月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミング学習に適したパソコンとは?【ポイント解説】

「プログラミングを勉強するために、必要なパソコンのスペックは?」
「そもそも何を基準に、自分のパソコンを選べばいいの?」
このような悩みは、パソコンを買うときに誰しもが悩むことです。

パソコンを買うことは、人生において何度もあるわけではないため悩むのも当然です。

この記事を読めば、パソコンに関する基礎知識から
プログラミング用のパソコンを選ぶにあたって注意しておきたいポイント、
オススメのパソコンまで徹底的に解説していきます!

なぜプログラミングにおいてパソコンは大事なの?

そもそも、なぜプログラミングを勉強するためにパソコン選びが重要になるのでしょうか?
プログラミングを勉強するために、パソコン選びが重要になる理由は以下の2つです。

・Windows OSとMac OSでできることが違うから

・スペックによって作業効率が変わるから

詳しく、これらがなぜ「パソコン選びが重要になる理由」なのかを見ていくことにしましょう。

Mac OSとWindows OSでできることが違うから

まずはじめに、OS(オペレーティングシステム)という言葉を聞いたことはありますか?
これは、簡単にいうとパソコンやスマートフォンなどの基本的な動作を制御するためのシステムです。

パソコンに入っているOSは、ほとんどがMac OSWindows OSのどちらかです。
使用するソフトウェアやシステム、アプリケーションによっては、どちらかのOSでは使用できない場合があります。

例えば、ゲームのプログラミング言語の一部はMac PCを推奨していません。
また、iPhoneアプリの開発ツールはWindowsPCでは動作しません

自分が将来何を作りたいのかを明確にした上で、それが可能なOSなのかを必ず確認しましょう。

WindowsとMacの違いについて知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

プログラミングを学ぶならMacがおすすめ【WindowsとMacを比較】

スペックによって開発のしやすさが全然違う

パソコンでいうスペック(性能)とは、CPU・メモリ・ストレージを主に指します。

よく挙げられる例は、CPUは「頭の回転速度」メモリは「机の広さ」ストレージは「引き出しのサイズ」です。

頭の回転が早く、広い作業スペースがあり、収納も多いと作業が効率的に進むことは誰もが理解できますよね。
作業効率を良くするためにも、最低限のスペックを備えたパソコンを購入するようにしましょう。

プログラミングにおいてパソコン選びで大事なポイントは何か?

パソコンを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。

  • スペック
  • デスクトップかモバイルか
  • 画面の大きさ
  • 重さ
  • 値段

1つずつ解説していきます!!

スペック(メモリ、ストレージなど)

スペックはプログラミングにおいては非常に重要です。

簡単なプログラムであれば、スペックの低いパソコンでも問題なく作成することができます。

しかしながら、この記事をご覧いただいている方は、
「本格的にプログラミングに打ち込みたい」と考えている方が多いと思います。

学習を始めたての頃は、スペックの低いパソコンでも問題なく動作しますが、
複雑なプログラムを組むようになるとストレスを感じることが増えるはずです。
複数のアプリケーションを動かしてもスムーズに動くだけのスペックは必要になります。

学習・開発効率を高めるためにも、始めから十分なスペックを用意しておくことにしましょう。

参考にしてほしい実際のスペックは以下の通りです。

PCのスペック

デスクトップかモバイルか

プログラミングにはノートパソコンをオススメします。
開発するために必要なスペックは満たしているものも多く、持ち運びのできないデスクトップパソコンに比べ利便性が高いと言えます。

一方で、大きなサイズのデスクトップパソコンは持ち運びはできませんが、ノートパソコンよりも高いスペックを搭載することができます。
ゲームのプログラムや動画編集など高いスペックを必要とする作業の場合には、高スペックなデスクトップパソコンを選んだ方が良いでしょう。

画面の大きさ

画面の大きさは大きい方が開発しやすい人もいらっしゃいますが、基本的にはそこまで大きくなくても大丈夫です。
基本的には13インチがオススメですが、小さすぎなければ大丈夫です。

プログラミングでは文字を見続けることになるため、小さすぎると目が疲れる原因になります。
そのような操作性の面と、持ち運ぶことを考慮して画面の大きさを選ぶようにしましょう。

また、開発では複数の画面を見たいと感じる場面が多々あります。
そのため、外付けのディスプレイを利用して一度に複数の画面を見れるようにする人も多くいます

重さ

意外と見落とされがちなのがパソコンの重さです。

自宅でしか使わない場合は大丈夫ですが、職場やカフェなど様々な場所で使うことを想定している場合には重要です。
せっかくノートパソコンを選ぶなら、持ち運びのしやすい重さであるかを確認しましょう。

たくさんプログラミングの学習をしたい人にこそ、手軽に持ち運べるパソコンをオススメします。

重さを確認したい場合は、500mlのペットボトルを用意してみてください。
4本で2㎏もあると考えると、重さの問題が意外に大きいことがわかると思います。

値段

モバイル式のパソコンの相場は10~20万円、デスクトップ式は5万から高いものだと100万を超えるものもあります。

初期投資はできるだけ抑えたいものですが、先ほど挙げた最低限のスペックは満たしているものを選びましょう。
多少値が張るものであっても、作業効率が落ちるほどの性能では勉強も続けることができません。
また「せっかくパソコンを買ったから」と頑張る理由になることも考えられます。

目的別におすすめのパソコンを紹介!

言語別

Rubyをやりたいなら

Rubyをやるなら、Macがおすすめです。

Macには最初からRubyがインストールされているため、購入してすぐに始めることができます。
Windowsの場合には、わざわざインストールする必要があ流ので一手間かかってしまいます。

Rubyについてもっと知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

初心者がRubyの独学を最短で成功させるためのマル秘情報

 Javaをやりたいなら

WindowsでもMacでもどちらでも問題ありません。
どちらもJDKをインストールして、開発環境を準備して始めることになります。

しかし、WindowsよりもMacの方が動作が比較的早いためどちらかと言えばMacの方がおすすめです。

Javaについて知りたい方はこちら!

【超メジャー言語】Javaプログラミングってどういう仕事内容なの?

ゲームプログラミングをする場合

たくさんの情報量を処理することになりますので、
高いスペックを積むことができるデスクトップタイプがよいでしょう。

また、パソコンのシェアは未だWindowsが多くを占めているため、
開発するゲームもWindows向けのものが多くなると想定されます。

開発環境としてもWindowsの方が充実しているので、
ゲームプログラミングをする場合にはWindowsをおすすめします。

iPhoneなどのApple製品のアプリを開発する場合

iPhoneやiPadなどのApple製品のアプリを開発する場合は、
同じApple製品のMacを使用しましょう。
Mac osでないとアプリケーションを作成することができないからです。

これらのアプリ開発には、Apple公式の開発ツール「Xcode」が必要になります。
XcodeはMac PCでのみ動作し、Windows用はありません。
Apple製品のアプリを開発する場合には、必ずMacを選びましょう。

Android向けのスマートフォンアプリを開発する場合

Windows PCでもMac PCでもどちらでも問題ありません。
どちらもAndroid Studioをインストールすることで、開発環境を整えることができます。

結局初心者は何がいいの?

プログラミング初心者にはMacBookをおすすめします!

Mac PCなので、Webで使用するHTMLやRubyはもちろん、
アプリ開発はApple製品(iPhoneやiPad)もAndroid製品どちらも対応できます。

どうしてもWindowsを使わなければいけない場面が出た場合は、Mac上に「仮想環境ソフト」をインストールしましょう。
Windowsをインストールすれば動作速度は落ちますが、Mac上でWindowsを使うことができます。

性能はもちろん、重さや薄さ・サポートまで問題ありません。
デザイン性に憧れる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

リーズナブルに抑えたい人にはこちら

Apple品質認定の整備済製品を利用する


【引用】Apple公式サイト

整備済製品」は不具合があって返品された製品を新品と同様のレベルまで修理したものです。

数に限りがあるため、自分の欲しいと思うスペックを兼ね備えているMacを見つけた場合はすぐに購入するようにしましょう。1年間の保証付ですので、価格を抑えてもスペックはできるだけ落としたくないという方は、こちらで探してみてみましょう。

 DELL 「New Inspiron 13 5000 プラチナ(MX250搭載)」 

DELL パソコン

【引用】DELL公式サイト New Inspiron 13 5000 プラチナ

OSがwindowsのコスパが良いDELL製品です。
Macはなかなか購入するのが難しいという方におすすめです。

メモリ8GB搭載、Core i7搭載にも関わらず、クーポン利用で9万円ほどで購入できます。
ただし、Apple製品向けのアプリを作成したいと考えている場合には、多少値が張ってもMacPCを選ぶことをおすすめいたします。

おわりに

いかがでしたか?

実際にプログラマとして活躍している人の中には、「Mac OSでプログラムを書いて、環境の確認はWindowsでも行う」という人もいます。
しかし、初めから二台とも準備するとお金がかさむので、どうしてもどちらかを選ばなくてはなりません。

OSによって開発できるものが異なるので、まずは将来どのようなプログラムを組みたいかを明確にすることが重要です。
本格的にプログラミングを学習するのであれば、相棒となるパソコンも見合ったものを準備しましょう。

3月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。