• WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミング学習、初心者の方や独学の方だと挫折してしまいがちですよね。どうやったら挫折することなく続けることができるのでしょうか。今回は、初心者の方が挫折しやすいポイントや、対処法、心構えなどをご紹介します。

プログラミング学習で挫折してしまう理由

専門用語が難しい

今ではパソコンやスマートフォンなどの情報機器からテレビやエアコンなど家電まで、私たちの生活のいたるところにプログラムで動く機械が見られるようになりました。しかし、いざ自分でプログラミングをしてみると耳慣れない専門用語がたくさん登場するため一つ一つの理解に手惑い、挫折してしまう人が多いようです。
特に、プログラミングで登場するプログラミング言語の中には数学で登場する言葉と非常によく似ていたり、字面だけ見れば全く同じであるにも関わらず、数学で意味することと全く違うあるいは微妙に異なることを意味することがあるので、さらなる混乱を招いてしまいます。さらには、プログラミング専門用語の中には経験者でないと理解しにくい概念やものの考え方について表したものも少なくないため、経験がない人が無理やり理解しようとして異なった意味にとってしまうこともあります。

わからないところが増え続ける

一つわからないことがあってもそのまま先に進んでしまうと、一つわからなかったことが原因でどんどんわからないことが増えていってしまうということ、ありますよね。これは何を勉強するにしてもよくあることですが、プログラミングの勉強を始めてすぐにこの状態に陥って挫折してしまう方が多いようです。
入門書を開いて間も無く聞いたことのない言葉や理解が難しい記述が出てきて、「ここは飛ばしてもいいかな」と思って先に進めば、そのあとはそこを理解している前提で話が書かれている……。
プログラミングは、学習始めの基礎固めが難しいのです。

モチベーションがもたない

「プログラミングをやるぞ!」と意気込んで始めたはずが、だんだんと勉強に当てる時間が短くなり、間隔が開いて、いつのまにかやめていた……。または、「こんなに大変な思いをする必要ないんじゃないか」と思ってぱったりやめてしまったり。はたまた、「せっかく苦労して作ったプログラムだけど、誰も見てくれない」「困ったけど、聞ける人がいない」など、仲間がいないために徐々にモチベーションを失ってしまった。このような人も多いはずです。

挫折しないための具体的な対処方法

専門用語で挫折しないためには

学習の初めから頻繁に登場する耳慣れない専門用語が原因で挫折してしま人が多いと説明しましたが、これを避けるのはどうすれば良いのでしょうか。
対処法としては「理解する回数を増やす」実践を大事にする」「深追いしすぎない」の3つがあります。

理解する回数を増やす

始めに紹介する対処法は「理解する回数を増やす」ことです。どういうことかと言いますと、一つのプログラミング専門用語が出てきたら、まずは一度調べて理解しましょう。このときは、理解したつもりになっているだけでも大丈夫です。「なるほど、つまり〇〇はXXってことなんだな」と言えればそれでOKです。このときは、厳密な意味で正しい必要はありません。逆に言えば、「なるほど、つまり〇〇はXXってことなんだな」と言えるようにはなってください。このラインよりも曖昧なままではあとで躓いてしまいます。
そうして一度理解したら、入門書を読み進めたり、サンプルコードを動かして見ましょう。このようにして時間が経ったら、もう一度覚えた専門用語について調べて見てください。おそらく、入門書を読み進めて先の知識を仕入れたり、実際にコードを書いて動かしてみたことによって最初に理解したときよりも深い理解が可能になっているはずです。場合によっては最初の理解が間違っていたことに気がつくこともあるでしょう。
このようにして一つの専門用語を理解する回数を増やしていきます。こうしているうちに専門用語は次第におなじみの言葉になります。

実践を大事にする

プログラミングは知識だけ詰め込んでもできるようにはなりません。また、実際に手を動かさないと本当の意味を理解することはできないと思います。効率よく知識を身につけるためにも実践を第一に置きましょう。プログラミングにおける実践とは、コードを書くことです。そして動かすところです。コード書き、それが期待通りに動作することを確認するところまでを何度も何度も行いましょう。エラーが出ても慌てずにエラー文を読んで解決まで行いましょう。わからなければ関係のありそうなワードで Google 検索したり、関係のありそうなワードもわからなければエラー文をコピーアンドペーストして検索しましょう。
実践回数が増えると、それまでわかっていなかった専門用語の意味や細かいニュアンスがわかるようになります。とはいえ初心者の間はゼロからコードを書くことが難しいと思いますので、入門書や入門サイトのサンプルコードを写経してみましょう。ネット上のコードをコピーアンドペーストするだけ、本の内容を読むだけでわかった気にならず、実際に手を動かすことが大切です。

深追いしすぎない

そして最後に、「深追いしすぎない」ことです。プログラミングにおいて初歩の段階から登場する専門用語であっても、本質的な意味を把握するには大学の情報学科でもなかなか学習しないようなコンピューターサイエンスや量子力学の専門的な知識が必要になる場合があります。初心者の頃はそこまで厳密な理解は必要ありません。専門用語について調べるときは、入門書に書かれている意味がわかるようになって、自分で実践して不自由なく扱えると感じたら、その時点で十分だと認識しましょう。
実践をしていくうちに、不足している知識に気づくことがこれから先たくさんありますので、不足を感じるたびに調べれば良いのです。初めから完璧である必要はありません。

わからないところを増やさないためには

わからないところを増やさないためには、一つわからないところが出てきたらわかるようになるまでその場で立ち止まることが重要です。とはいえ、独学だと一つわからないところがあれば一人で解決するのは難しく、いくら説明を読んでもわからないものはわからない、先に進んでしまいたい。そんな時もあるでしょう。
そんなときはインターネット上の検索を駆使して新たな情報を得たり、プログラミング専門質問サイト ( StackOverFlow, teratail など ) を利用して質問をしてみましょう。オンラインでプログラミングを教えてくれるサービスも最近は非常に充実していますので、そちらを利用してみるのも手です。
また、エンジニア界隈はインターネット上でのコミュニティが盛んですので、積極的に参加するのも良いでしょう。

モチベーションを高めるには

プログラミングにはかなり根気が必要ですから、もともとのやる気が挫折するかしないかに大きく関わってきます。「将来〇〇をやりたい!」「こんなサービス・アプリを作りたい!」という具体的な目的がないとなかなか難しいのかもしれません。また、仲間がいないためにモチベーションが下がってしまう場合は、インターネットを活用して仲間を得て見ましょう。エンジニア界隈はインターネット上でのコミュニティが非常に盛んですから、少し探せばたくさん出てくるはずです。初心者同士が集まって互いに切磋琢磨するコミュニティも多いです。また、connpass というサイトや TECH PLAY というサイトを使えばリアルで集まる勉強会を探すことができます。こちらも初心者向けのイベントから上級者向けのイベントまで豊富ですので、気になるイベントがあれば参加してみるもの良いでしょう。

挫折しないために大事なたった3つの心構え

冒頭に述べたように、プログラミングを始めてもすぐに挫折してしまったという人は非常に多いです。けれど、これから説明するたった3つの心構えをきちんと持っておくだけで、挫折する可能性はぐっと減ります。ぜひ、意識してみましょう。

落ち着くことと、勇気を持つこと。

大事なのは、落ち着いて、そして勇気を持つことです。わけのわからないエラー文が出てきたり、無限ループが起こって延々とログが出力される様子をみると、初心者であれば誰もひるんでしまいます。しかし、まずは落ち着いて出力されている文を読んでみてください。そして、自分が書いたコードをもう一度落ち着いて注意深く読んでみてください。修正したり、調査コードを仕込んだら、もう一度勇気を出して実行してみてください。
これができるかできないかで、挫折かするかしないかが決まってしまいます。「落ち着いて、勇気を持つこと」です。
また、人によってはインターネット上で不特定多数に質問をしたり、インターネット上のコミュニティに参加したり、イベントに参加することに抵抗がある場合もあると思います。なるべく大手の、人口の多いサイトであればほとんど危険はありませんのでそこも勇気をもって参加してみましょう。

目標を明確にしよう。

プログミングを始めようと思った時、そこにはなんらかの目標があったはずです。作りたいものがあった、憧れの人がプログラマーである、手に職をつけたい……。プログラミング学習で挫折しそうな時は、その目標を思い出しましょう。そして、目標はできるだけ具体的で明確なものにしておきましょう。手に職をつけたいというのは少し具体性に欠けるかもしれません。「エンジニアになって〇〇をしたい」というところまで落とし込めるといいでしょう。
また、何か作りたいものがあってそれさえ作れればいいのか、それともプロフェッショナルを目指すのかは早い段階で決められると良いと思います。どちらであるかによって学習する必要があることが変わってくるからです。
学習を始めた当初の目的を忘れず、変わっても構いませんが常に目標を失わずに学習を続けられるように心がけましょう。

とにかく楽しもう!

いろいろと書いてきましたが、結局はプログラミングを楽しむことあできるかで全ては決まります。
プログラミングの楽しみ方は人それぞれで、ロジックを考えるのが楽しいという人、考えたロジックをコードに落とし込むのが楽しいという人、考えたり書いている間は辛いけど書いたコードがきちんと動いた瞬間がたまらなく好きだという人、エラーを潰すのが大好きだという人、本当にいろいろな人がいます。
あなたはどこに楽しさを見出せるでしょうか。自分なりの楽しみ方を見つけて、それを原動力に楽しくプログラミングを続けていきましょう。

「Hello world. こんにちは、世界。」あなたがそう言えば、そう言ってプログラミング界の門戸を叩けば、きっとどこかで、何かが、誰かがこう言ってくれているはずです。

ようこそ、私たちの世界へ!

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • プログラム演習は技術向上に役立つ?【脱初心者】
  • プログラミング効率を上げるエディタの選び方とオススメ
  • プログラミングコンテストの応募内容と対策方法を徹底解説
  • 【中学生・高校生向け】プログラミング初心者にオススメの言語と教室
  • 【初心者向け】プログラミングを勉強するサークル7選!
  • プログラミング習得時間はどのくらい必要なのか?

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事