将来の仕事はどう探す?【5つのヒントとおすすめ職業を紹介】 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

将来の仕事はどう探す?【5つのヒントとおすすめ職業を紹介】

仕事は日々の生活の大部分を過ごすものなので、将来どんな仕事を選ぶかは慎重に決めたいですね。

そんななかで、

「将来の仕事ってどうやって探せばいいんだろう」
「将来の仕事の選び方が知りたい」
「おすすめの仕事ってあるのかな?」

と考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では将来の仕事の探し方やおすすめの職業についてお伝えします。

将来の仕事で悩んでいる人は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

将来の仕事の探し方5つのヒント

いざ将来の仕事を探そうと思っても、探し方がわからなければ探せません。

将来の仕事を探すヒントを5つご紹介します。

夢中になれる好きなことの中から探す

自分が夢中になれる好きなことは、将来の仕事につながるかもしれません。

たとえば、文章を書くことが夢中になれるくらいに好きなら、書いた文章をブログなどに載せているうちにライターの仕事をもらえることもあるでしょう。

夢中になれる好きなことは、周囲の人やSNSで発信することで仕事につながる可能性があります。

また、好きなこと生かして仕事にする場合、率先して学ぶことができるためスキルアップにも繋がりやすいです。

好きなことなら続けやすいというメリットもあります。

得意なことの中から探す

自分の得意なことはなにかを考えて、そこから将来の仕事になるものを探す方法です。

たとえば、

  • コツコツ作業することが得意
  • 数字やデータを扱うのが得意
  • 物事を論理的に考えるのが得意

などであれば、それらを生かせる仕事を選ぶことができます。

上記のことが得意なら、エンジニアなどの仕事があてはまるでしょう。

周りから褒められることの中から探す

他人から褒められることは、他人より優れている部分です。

  • 絵が上手だね
  • デザインのセンスがあるね

などと褒められるのだとしたら、
イラストやデザインを扱う仕事が向いているかもしれません。

自分のこれまでを振り返ったり、身近な人に聞いてみたりして
客観的に自分のことを評価することで自分に合った仕事が見えてくるでしょう。

いろんな業界で働く友人・知人に話を聞く

友人や知人がどんな仕事をしているのか話を聞くことで、
将来の仕事の選択肢を広げたり、より具体的にイメージしたりできます

親しい間柄であれば、仕事の良い点だけではなく
大変な点や不満に感じる点も聞くことができるでしょう。

友人や知人のリアルな話は、自分に合った仕事を探す際に非常に参考になります。

将来どんなライフスタイルを送りたいか考える

自分が理想とする将来のライフスタイルから、仕事を探す方法もあります。

たとえば、

  • 時間や場所に縛られずに仕事がしたい
  • 海外に住みたい
  • ワークライフバランスを大事にしたい

などのライフスタイルを送りたいと考えるなら、それが可能な仕事を選びましょう。

最近はWeb系の仕事をして時間や場所にとらわれずに働き、海外で生活をしているという人も増えてきています。

理想のライフスタイル実現のためにおすすめな仕事とは?

「出勤や残業などの時間に縛られたくない」
「場所を選ばずに仕事ができるようにしたい」
「子どもとの時間をとれるように家で仕事がしたい」

など、誰しも理想とする働き方があるのではないでしょうか。

ここからは、理想のライフスタイル実現のためにおすすめな仕事の特徴をご紹介します。

柔軟な働き方ができる仕事

柔軟な働き方ができる仕事なら、ライフワークバランスを良好に保ちながら仕事ができます

  • リモートワーク
  • 在宅勤務
  • フレックスタイム制
  • 週休3日
  • 副業OK

などが認められている会社であれば、
好きな場所や時間で働けたり、自分の時間を確保できるでしょう。

会社以外でも自分の活動をしたい、趣味や子どもとの時間をとりたいという方は、柔軟な働き方ができる仕事がおすすめです。

専門的なスキルを用いる仕事

専門性の高いスキルを用いる仕事を選べば、
どこからも必要とされ高い給与が得られる人材になれます

たとえば、

  • エンジニア
  • Webマーケター
  • データサイエンティスト

などは専門的なスキルを持ち、今後のIT社会でも需要の高い存在です。

今後も伸びていく業界で専門性の高い職種につけば、
安定した生活と高い給与を得ることができます。

給与は仕事を選ぶ上でも重要なポイントであり、
理想のライフスタイル実現のためにも必要なものです。

AIに奪われない仕事

AIに奪われない仕事を選ぶことは、
今後のライフスタイルを左右されずに生きるために重要です

近年、企業へのAI導入が進んでおり、
システム化による人員削減を目指す傾向が増えています。

  • 事務職
  • 銀行の窓口

などは特に今後AIの代替が進む見込みです。

AIに奪われる仕事はシステム化が可能な単純作業であるという特徴があり、個人にスキルが身につかないことが多いです。

そのため、AIに仕事を奪われる人というのは
スキルを持たず転職がしにくいという懸念もあります。

今後のライフスタイルを左右されることなく、仕事を選びとっていくためには、AIに奪われない仕事で自分自身のスキルを身につける必要性があるでしょう。

長期的に需要のある仕事

長期的に需要のある仕事を選ぶことで、安定したライフスタイルを手に入れられます

  • 電気・水道・ガスなどのライフライン分野
  • IT系・WEB系など今後も成長する分野

などを選べば、急に仕事がなくなることはないでしょう。

一方で経済や流行などの要因から需要が上下するような仕事を選ぶ場合は、個人として安定するために対策を立てる必要があります。

安定したライフスタイルを実現したいと思うなら、今後も長期的に需要のある仕事を選びましょう。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

将来の仕事におすすめな職業6選

ここからは、将来の仕事におすすめな職業をご紹介します。

どれも理想のライフスタイル実現のポイントをおさえている仕事ですので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

システムエンジニア

システムエンジニアは、IT技術によってシステムを作る技術者です。

プログラミングを用いて実際にシステム構築をしたり、システム構築に必要な設計図を作ったりします。

企業によっては柔軟な働き方を認めている場合も多く、専門的なスキルを必要とするため仕事が奪われる心配もありません。

IT業界は今後ますます成長していく分野です。

一方で、深刻な人材不足が懸念されており、その傾向は今後ますます強くなる見込みです。

そのためスキルさえ身につければ、転職しやすい仕事だといえます。

エンジニアについてはこの記事で詳しく知ることができます。

エンジニアとは?をわかりやすく【業務内容からよくある質問まで】

プログラマー

プログラマーは、プログラミングによってシステムを構築することを専門とする仕事です。

IT業界のなかでも基礎となる技術者で、今後も長期的に需要があります。

プログラマーになるにはプログラミングを学習し、実務経験を積むことが必要です。

ITの分野内で幅を広げてステップアップしていくこともできるため、将来性のある仕事として転職でも人気があります。

プログラマーがどんな仕事か知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラマーの仕事内容を解説【種類・やりがい・スキル】

Webマーケター

Webマーケターは、Web上のサービスなどを通して商品を売れるようにする仕事です。

IT・Web業界が伸びているからこそ、
そこでの商品やサービスを売れる仕組みづくりや考え方は今後どこからも求められるスキルです。

企業の利益につながる仕事なので、成果や実績さえあれば高い給与を得ることもできます。

専門性もあり、個人にスキルを身につけられる仕事なのでおすすめです。

Webマーケターについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

Webマーケターを徹底解剖。〜未経験からWebマーケターになるために必要なスキル〜

データサイエンティスト

データサイエンティストは、膨大なデータをビジネスに役立てる仕事です。

  • ビッグデータ
  • 統計データ
  • 企業の持つデータ

などを解析し、課題解決や企業利益に役立てることが仕事です。

またAIに必要なデータを収集し、学習させる業務をする場合もあり、AI技術をあつかう側になります。

最先端の科学技術に触れる仕事であり、高い専門性があることが特徴です。

しかし専門性の高さから人材が不足しており、ますます需要が高まっている現状があります。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを設計する仕事です。

  • デザインの知識
  • デザインツールをあつかうスキル
  • HTML&CSSのプログラミングスキル

などのスキルが必要で、IT業界で求められる分野で手に職をつけられる仕事です。

今後も長期的に需要が見込まれ、転職でも人気があります。

Webデザイナーについてもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

【在宅Webデザイナー】働き方や仕事内容、未経験者に必要なスキルとは

編集者・ライター

編集者・ライターは、特にWebの分野で活躍の場を広げていくことができます。

Webメディアや広告など、あらゆる媒体にライティングやその編集の技術は必要です。

文章を書ける人なら誰でも始めることができますが、今後のWeb業界で求められる人材となっていくためには

  • 文章作成の知識
  • ライティングの知識
  • 校正・編集スキル
  • ディレクションスキル

などのスキルを身につけていく必要があり、専門性を高める事で需要が高まります

始めるハードルが低いため副業としても人気があり、柔軟な働き方が可能です。

AIに奪われる仕事には注意しよう

将来の仕事を考えたときに注意すべきこととして、AIに奪われる仕事かどうかという点は重要です。

ここからは将来AIに奪われる可能性の高い2つの仕事をご紹介します。

事務・窓口業務

事務や窓口業務はシステム化が可能なものが多いため、AIに代替されていくと考えられている代表的な仕事です。

これらの仕事は誰でもできる内容であり、データ入力や管理などの単純作業が主になります。

これまで人員を割いてきた業務をAIシステムの導入により効率化できるようになってくると、
事務や窓口業務は真っ先に代替されるでしょう。

すでに受付システムを導入している企業も増えてきています。

バス・タクシーのドライバー

近年、AIによる自動運転機能搭載の自動車の開発が、実用化に向けて進められています。

そう遠くない未来に自動運転の自動車が普及すれば、バスやタクシーのドライバーという仕事は必要なくなるでしょう。

単なる移動手段としての乗り物であれば、AIによる自動運転で十分となります。

将来性のある企業5つの特徴

将来の仕事を考える際に、「将来性」があるかどうかは重要なポイントです。

将来性があると判断できる企業の特徴を5つご紹介します。

売上・利益が伸びている

売上や利益が伸びていることは、将来性を見極めるうえで1つの判断基準になります。

ここで重要なことは、長期的な視点で見た売上や利益である点。

長期的に売上や利益が伸びているということは一定以上の需要があり、
その需要を捉えた商品やサービスの提供が拡大できているという事です。

今後も売り上げや利益が伸びていくことが期待できれば、将来性があるといえるでしょう。

AIやITに事業が代替されない

今後普及することがわかっているAIやIT技術に代替されないという点が、将来性を考えるうえでは重要です。

今後あらゆる市場で、AIやIT技術が業務を効率化していくことは明白でしょう。

将来性のある仕事とは、
AIやIT技術をあつかう側となる仕事や、AIやIT技術それ自体ができない仕事です。

たとえば、AIのシステムを構築するエンジニア
AIに必要なデータを学習させるデータサイエンティストなどがあたります。

AIやITのシステムではできない人間ならではの対人サービスなども代替される事はないでしょう。

未来のビジョンが明確

未来のビジョンを明確にもち、先見性を持って事業を行う企業は将来性があるといえます。

企業の持つ未来のビジョンとは、将来の具体的な企業としてのあり方のことです。

未来のビジョンが明確であるということは、将来的な社会の変化や人々のニーズを予測し、
具体的にどんな価値提供をしていくかがはっきりしているということ。

その未来のビジョン実現のためにいま必要なことが明確で、実行しているということです。

そうした先見性を持って事業を行う企業は、将来性があります。

働き方改革を推進している

働き方改革を推進し、働き方への高い関心と柔軟な対応力を持つ企業は将来性があります。

働き方改革とは、

  • 長時間労働の是正
  • 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
  • 多様で柔軟な働き方の実現

という、主に3つの柱からなるものです。

今後は働き方が多様化し、柔軟に働ける労働環境のニーズがますます高まります。

労働者のニーズに応え、働きやすい環境をつくる対応力のある企業が伸びていくでしょう。

離職率が低い

離職率の低さから、将来性を判断することもできます。

内閣府の調査によると、離職の理由は

  • 1位:仕事が自分に合わなかったため
  • 2位:人間関係がよくなかったため
  • 3位:労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため

が上位です。

参考:内閣府 平成30年版「子供・若者白書」

離職率が低いということは、これらの問題が少ない企業だとみることができます。

特に人間関係や、労働環境は企業自体が改善をはかることのできる部分です。

働く社員の不満を減らし、のびのびと働ける環境の企業は将来性があります。

将来やりたい仕事に就くため今できること

将来やりたい仕事に就くために、今からできることをしておきましょう。

  • 必要なスキル・資格を身につける
  • 実際に働いている人から話を聞く
  • 就職・転職の情報を集める

早い段階からこの3つの行動をしておくことで、
理想の仕事に就職できる可能性を上げることができますよ。

必要なスキル・資格を身につける

将来性のある仕事は、スキルや資格が必要なものが多いです。

特に今後さらに伸びていくIT業界の仕事は、専門的な知識やスキルが求められます。

今のうちから学習を始めて身につけておくようにしましょう。

「スキルを身につけてそのまま転職したい」という場合は、転職サポート付きスクールを活用することも一つの手です。

DMM WEBCAMPでは、充実した転職サポートを受けられます。

DMM WEBCAMPのビジネス教養コースなら月額19800円で質問し放題!
ライフコーチがあなたの学習プランを提案し学習をサポートしてくれます。
教材も未経験者のために開発されているので未経験者の学習継続率も95%と非常に高いです。

興味のある方は、以下のバナーをクリックしてみてください。

実際に働いている人から話を聞く

仕事は一般的にイメージされるものと、実際の仕事内容ではギャップがあることも多いです。

就職してから後悔しないためにも、実際に働いてる人の話を聞いてみるといいでしょう。

仕事のいい面だけではなく、大変なことや不満に感じることなども聞いておくことで
より仕事のイメージが明確になります

また、実際に働く人の話を聞くと、いまからどんな準備をしておく必要があるのかがわかり
就職活動を有利に進めることができるでしょう。

就職・転職の情報を集める

将来やりたい仕事のことだけではなく、
就職や転職についても情報を集めておくことも重要です。

就職・転職には

  • 転職サイトを活用
  • 転職エージェントを活用

という2つの方法が一般的です。

転職サイトは求人を自分で検索して、企業と直接やりとりし面接に進みます。

一方で転職エージェントは自分が客観的に評価され、希望や適性に合った仕事を紹介してもらうことができる転職方法です。

企業とのやりとりも仲介してくれて、面接や履歴書のサポートもあるので、
就職活動に不安がある人にはおすすめといえます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

まとめ

今回は将来の仕事の探し方やおすすめの職業についてご紹介しました。

将来の仕事は、理想のライフスタイルが実現できるものを選びたいですね。

そのためには、

  • 柔軟な働き方ができる
  • 専門的なスキルを用いる
  • 長期的に需要がある

などのポイントが大切です。

特にIT系の仕事はこれらをおさえた分野なのでおすすめですよ。

将来を見据えて、自分に合った仕事を見つけましょう!

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点