• WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラマーをはじめとするIT系の仕事やIT業界に転職するには、何か特別な資格は必要なのでしょうか。

ITは専門性の高い仕事なので、もちろん資格は存在します。では資格にはどういった種類があるのでしょうか。

資格の重要性や習得年数、試験方式についてご紹介していきます。

プログラマー・エンジニアに資格っているの?

職業によっては必須

まず重要なことは、IT業界において業務独占資格というものは存在しないということです。業務独占資格とは、ある業務を行う上である資格を有するものがだけが行うことができると法令で定められているものです。例えば医師の仕事は医師の資格を持っている人でないと行うことができず、もし資格を持っていないのに医師として仕事をしたら法律違反になってしまいます。IT業界にはこのような業務独占資格は存在せず、資格はなくても仕事を行うことが可能です。しかしITの仕事の中でも資格を持っていることが常識とされる職業はあります。つまりIT業界では業務独占資格はないので誰でも仕事をすることはできるものの、職業によっては資格を持っていることが必須であるとされています。

もっているとプラスになる資格もあるが、必須でないものも多い。

先ほど説明したように、IT業界においては業務独占資格は存在しません。したがって資格を持っていてプラスにはなるものの、資格がなければ仕事ができないわけではありません。そもそも業務独占資格が必要となるのは、安全や衛生、取引の適正化について必要となるからです。例えば医師や看護師のような医療の仕事や、法曹や公認会計士、行政書士といった法律文書を扱う仕事がそれに当たります。近年では社会におけるITの重要性は大きくなってはいるものの、ITのエンジニアは他のエンジニアと同じく基本的には資格よりも実務経験が重視されます。資格の勉強をして知識だけ身についていても、実際の現場で使えるかどうかは別です。現場で活躍できるかどうかは、どれだけ現場で経験を詰んできたかによります。

どのような資格があるの?

ITパスポート

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/

ITパスポートとは独立行政法人情報処理推進機構が実施する国家試験の一つです。ITパスポートはエンジニアに限らず全ての職業人に必要なITの知識を問う試験になっています。近年ではエンジニアだけでなく事務職や営業職でもITの知識の必要性が高まってきています。多くの企業や省庁で採用の際にITパスポートの合格やスコアをチェックしているところが増えています。ITパスポートを取得することで就職が有利になるのは間違いありません。また大学にもよるのですが、ITパスポートに合格していることで入学試験で優遇措置が取られることがあります。試験内容としては広く浅くという感じで、経営戦略やシステム戦略といったストラテジ系や、プロジェクトマネジメントやサービスマネジメントなどのマネジメント系、基礎理論、コンピュータシステム、技術要素といったテクノロジ系の三つに分かれています。

習得可能年数

IT系の社会人なら1ヶ月から2ヶ月、非IT系の社会人なら2ヶ月から3ヶ月、学生なら4ヶ月から6ヶ月であるとされています。

試験方式

試験時間は120分、出題数は100問、出題形式は四肢択一式です。

基本情報処理技術者

https://www.jitec.ipa.go.jp/

基本情報処理技術者試験とは、独立行政法人情報処理推進機構が運営する試験です。IT系の資格の中では最もメジャーな資格で、歴史も古く、試験が開始されたのは昭和44年(1969年)です。基本情報処理技術者試験の内容はIT全般に渡るので非常に幅が広く、アルゴリズム、プログラミング、システム構成要素、データベース、ネットワーク、組込みシステムといったIT技術に関するものだけでなく、情報システム戦略、要件定義、プロジェクト・サービス管理、開発手法、システム結合、導入、システム監査といった領域までも含んでいます。独立行政法人情報処理推進機構が実施している様々な専門資格試験の中でも、基本的な知識や技能を問われるのが基本情報処理技術者試験です。基本情報処理技術者試験の合格者には資格手当や一時金といった報奨金を設けている企業や、資格を持っていることで採用の際に加点してくれる企業も少なくありません。また警察のサイバー犯罪捜査官やコンピューター犯罪捜査官を目指す人は、自治体によっては必須です。例えば警視庁や千葉県警、群馬県警、茨城県警、兵庫県警などは情報処理技術者試験の合格者であることが応募資格となっています。

習得可能年数

基本情報処理技術者の合格に必要な時間は、ITの知識が全くない人なら150〜200時間であると言われています。1日2時間の勉強で3ヶ月から4ヶ月ほど必要ということになります。つまり全くの初学者でも習得するのに一年もかからないことになります。それほど難易度の高い資格ではないと言えるでしょう。

試験の方式

基本情報処理技術者試験は午前試験と午後試験に分かれています。午前試験が小問形式で、全ての問題に回答する必要があります。午後試験は長文問題は13問出題され、その中から7問を選択して回答します。

Lpic

http://www.lpi.or.jp/

LpicとはNPO法人/ITプロフェッショナル認定機関「LPI-JAPAN」が実施しているLinux技術者の認定試験です。LinuxとはOSの一種ですが、オープンソースであるという点でWindowsやMacintoshとは異なります。Linuxはオープンソースなので無料で誰もが使えるOSなのです。そしてLinuxの大きな特徴としてマルチタスク・マルチユーザーをサポートしていることが挙げられます。つまり複数のユーザーが同時にOSを操作できるということです。日本企業の七割がLinuxを導入しており、インターネット関連のサーバーでは50%以上のシェアを有しています。Lpicを活かせる職種は幅広く、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、組込みエンジニア、ソフトウェアエンジニアなど様々なエンジニアにとって重要な資格です。Lpicの試験にはレベル1からレベル3まであり、上位の試験を受けるには下位試験に合格していなければなりません。試験内容は、レベル1であればシステムアーキテクチャ、Linuxのインストールとパッケージ管理、GNUとUNIXのコマンド、デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準となっています。

習得可能年数

Lpicの公式サイトにはレベル1だと1ヶ月から3ヶ月、レベル2だと3ヶ月から半年、レベル3だと半年から一年と書かれています。これらは事前知識のない初めての方の場合ですので、事前知識のある方、もともとIT業界にいた方ならさらに短い時間で合格は可能なのではないでしょうか。

試験の方式

レベル1では101試験と102試験の二つあり、両方に合格しなければ認定されません。
レベル2も同じように201試験と202試験の二つがあり、両方に合格する必要があります。
レベル3には300と303と304の三つがあり、いずれか一つに合格すれば認定されます。

問題数は約60問で、試験時間は90分です。

Ruby技術者認定試験

http://www.ruby.or.jp/ja/certification/examination/

Rubyとはまつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。WerbアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsの登場によって一気に有名になりました。Ruby技術者認定試験はシルバーとゴールドの二つに分かれています。シルバー試験ではRubyの文法やクラス、オブジェクトに関する基本的な知識を技術について問われます。ゴールド試験はシルバー試験をさらに掘り下げた内容が問われます。Rubyは比較的新しい言語なので、CやJava、PHPといったメジャーな言語に比べると習得者の数は少ないです。しかしRubyはWebアプリケーション開発においては最重要の言語といっても過言ではなく、今後さらに需要も増えていくと予想されます。Rubyの知識を持っているということはそれだけでRubyについて一定以上の知識と技術を持っていることをアピールすることができます。まだ習得者の数がそれほど多くはない今だからこそ、Rubyを習得することで他の人よりも差をつけることができます。

習得可能年数

シルバー、ゴールド共に1ヶ月が目安であるとされています。

試験方式

試験時間は90分でコンピューター試験です。ペーパーテストではないので気をつけてください。問題数は50問で選択式、合格ラインは75パーセントです。これはシルバー、ゴールドいずれも共通しています。

PHP技術者認定試験

https://www.phpexam.jp/

PHP技術者認定試験は、プログラミング言語のPHPの知識を認定するための試験です。PHPは案件数がとにかく多いのが特徴です。世界のwebサイトの80%以上で使用されていると言われています。全世界のサイトの4分の1で使用されているとされるWordpressでPHPが使用されています。PHPの特徴として文法が比較的覚えやすく初心者向きであることとデータベースとの連携が容易であることが挙げられます。またRubyと同様にWebアプリケーションの開発に特化した言語です。PHPの需要は大変高く、日本での求人数はJavaに次いで二番目に高いです。このことからPHPを学習する意義は高く、PHP技術者認定試験に合格することはPHPに関する知識や技術が一定以上あることのアピールになるでしょう。PHP技術者認定試験は初級試験と上級試験/準上級試験に分かれています。初級試験はPHPの基礎知識を問う試験で、上級試験/準上級試験はPHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問う試験です。

習得可能年数

初級試験であれば、プログラミング初心者なら100時間、PHP経験者なら10時間でテキストを舐めれば合格できると言われています。

上級試験ならプログラミングの実務経験5年の人で50時間程度です。

試験の方式

初級、上級共にコンピューター入力試験です。初級は問題数が40問で試験時間1時間、合格ライン70%です。上級は問題数が60問で試験時間2時間、合格ラインが70%です。

 

これから学ぶ初心者は資格を目指す必要があるのか

目指すエンジニアの種類によります。ITのエンジニアには大きく分けて二つあります。一つはプログラミング系、もう一つはインフラ系です。プログラミング系とは一般の人が想像するいわゆる「プログラマ」です。webアプリやスマホアプリ、webサービスなどを開発するのはこのプログラマです。最近流行っている人工知能や機械学習、ビッグデータを扱うのもプログラマです。もう一つのインフラ系とは、サーバーやネットワーク、データベースの設計や保守運用を行う仕事です。このインフラ系の仕事に就きたいなら、サーバーやネットワーク、データベースなどに関する資格を持っていることは重要です。これは仕事の性質の違いによるもので、プログラマなら就職や転職の際、自分の実力をアピールするのに人事担当者に「成果物」を見せます。この「成果物」とは自分が作ったサービスやアプリなどのことです。しかしインフラ系だとこういった成果物を人に見せることは難しいです。そこで資格を取得することで自分の知識や専門性の高さについてアピールすることができるのです。また資格の取得は自分のスキルレベルをチェックすることにも使えるので、そういった目的で資格の勉強をするのはいいことだと思います。ですがweb系のエンジニア、プログラマを目指すなら資格はそれほど重要ではありません。最も重要なのは自分が作ったwebアプリやサービスなどの「成果物」であるのは間違いありません。

まとめ

IT業界に業務独占資格はないので、資格を取らなくてもITエンジニアやプログラマになることはできます。では資格はなんのために必要なのかというと、資格の勉強をすることで業務に必要な知識を身につけたり、自分の実力をチェックしたりすることにも使えますし、就職や転職の際にアピールしたり昇給や昇進に繋がることもあります。特にweb系のプログラマよりもインフラ系エンジニアの場合は資格が重要です。しかしやはりエンジニアにとって最も重要なのは現場での実務経験なので、資格の勉強で知識だけ詰め込んでいても、それが現場で使えるかどうかは別です。知識と現場での経験のいずれも重要なので、両方ともバランスよく蓄積していくのが良いでしょう。またエンジニアでなくともITの知識は重要なので、非IT系の業界に勤めている人もITパスポートの勉強をしておくことは大いに意味はあるでしょう。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事